にほんブログ村 競馬ブログへ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 追い切り

「京成杯オータムハンデキャップ 2017」の追い切り・コメントの情報です。京成杯AHに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

2017年9月10日(日) | 4回中山2日 | 15:45 発走
第62回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)芝・右・外 1600m
Keisei Hai Autumn Handicap (G3)

出走予定馬・予想オッズ

2017年・京成杯オータムハンデキャップの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【京成杯オータムハンデキャップ 2016】動画・結果/ロードクエストが得意のマイル戦を制する

【京成杯オータムハンデキャップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/秋を告げるハンデ戦

「京成杯オータムハンデキャップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。京成杯AHの出走登録は20頭。マルターズアポジーやロードクエストなどが出走予定です。秋競馬を告げる伝統のハンデ戦。混戦メンバーで予想は難解?

追い切りタイム

京成杯オータムハンデキャップに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイムなどです。

・アスカビレン

前走時追い切り・中京記念(4着)
7月19日・栗東・坂路・不良
800m 51.1-37.3-24.7-12.4

最終追い切り
9月6日・栗東・坂路・良
800m 53.2-38.5-25.0-12.6

中尾師
「テンを加減して、しまいだけサッと。前走と同じぐらいの出来にはある。阪神で勝っているように、坂のある中山も合うはず。」

・ガリバルディ

前走時追い切り・ダービー卿CT(9着)
3月29日・栗東・坂路・良
800m 52.4-38.0-24.2-12.1

最終追い切り
9月6日・栗東・CW・良
4F 53.8-39.0-12.0

藤原英師
「久々にしては順調。乗り難しいところがあるから、ジョッキーの手綱さばき一つ。内で我慢して…というイメージはあるけどね。」

・グランシルク

前走時追い切り・中京記念(2着)
7月19日・美浦・南W・良
5F 67.0-52.9-39.5-13.4

最終追い切り
9月6日・美浦・南W・重
5F 66.2-51.4-37.6-12.5

戸田調教師
「前走(中京記念=2着)後は放牧を挟んでここを目標。暑い中も順調そのもの。前回勝った馬は馬場のいい内側を通ったし、こちらは外へ出す分の差もあったからね。折り合いに進境を見せているし、中山も実績のあるコースなので改めて期待したい。もう何とかしたいね」

・ダイワリベラル

最終追い切り
9月6日・美浦・南W・重
5F 68.1-52.7-38.6-12.5

菊沢師
「少しズブさがあるので、早めに動いていく感じ。荒れた馬場でもよく動けていた。」

・ダノンプラチナ

前走時追い切り・関屋記念(5着)
8月9日・美浦・坂路・稍重
800m 51.6-37.6-24.9-12.6

最終追い切り
9月6日・美浦・坂路・重
800m 53.8-38.8-25.0-12.4

国枝師
「テンがゆっくり過ぎた(最初の1F15秒0)が、動きは良かった」

・ダノンリバティ

前走時追い切り・関屋記念(3着)
8月9日・栗東・坂路・稍重
800m 50.8-37.3-24.6-12.4

最終追い切り
9月6日・栗東・坂路・良
800m 54.1-39.2-25.6-12.4

音無師
「先週やっているから今朝はしまい重点。動きは良かった。去年は良くなかった(3番人気10着)から中山はどうか。真ん中より内めでも引ければ」

中原助手
「輸送もあるのでこれで十分でしょう。中間の調整がうまくいったのでいい感じに仕上がりました」

・トーセンデューク

最終追い切り
9月6日・栗東・CW・良
4F 52.6-38.0-11.8

藤原英師
「前走はかなり外を回したけど、脚は使っていた。流れがかみ合えば…という感じはある。」

・ブラックスピネル

前走時追い切り・安田記念(18着)
5月31日・栗東・坂路・良
800m 54.1-39.0-25.1-12.2

最終追い切り
9月6日・栗東・坂路・良
800m 51.7-37.9-24.8-12.5

音無師
「遅れたが動きは良かった。やらないと走れない。今回もしっかりやってきた」

浜田助手
「相手は攻め駆けする馬だし、こちらは長距離輸送も控えている。やろうと思えばもっと時計は出せるけど、今回はこれで十分。(それでも)稽古はしっかりやってきたけど、やっぱり少し余裕があるかな。輸送で絞れてくれれば」

・ボンセルヴィーソ

前走時追い切り・NHKマイルC(3着)
5月3日・栗東・坂路・良
800m 55.4-40.6-26.5-13.0

最終追い切り
9月6日・栗東・坂路・良
800m 55.2-39.8-25.7-12.5

池添学調教師
「馬体に張りも出て順調な仕上がり。古馬相手にどうかですが、自分のペースなら堅実に走ってくれるので」

・マイネルアウラート

前走時追い切り・中京記念(16着)
7月19日・美浦・南W・良
5F 70.2-54.6-39.7-12.8

最終追い切り
9月6日・美浦・南W・重
5F 70.5-55.3-39.9-12.6

高橋裕師
「先週しっかりやったのでサラッと。元気いっぱいで中山も合う。」

・マルターズアポジー

前走時追い切り・関屋記念(1着)
8月9日・美浦・南W・稍重
5F 68.7-52.5-38.2-12.1

最終追い切り
9月6日・美浦・南W・重
6F 81.0-66.3-52.3-38.8-12.4

堀井調教師
「前走(関屋記念=1着)は自分のリズムで運べたし、距離も合っていたね。中山マイルも合っていると思うし、再度自分の形で運べれば」

鈴木助手
「これまでは1週前にびっしりやって当週は単走でサラッとでしたが、今回はレース間隔が詰まるのでパターンを変えました」

・ミッキージョイ

最終追い切り
9月6日・美浦・南W・重
5F 66.2-51.8-38.1-12.9

萩原師
「動きは良かったし、間隔は空いたが良い状態で出走できる。恵まれたハンデを生かせれば。」

・ロードクエスト(※回避

最終追い切り
9月6日・美浦・南W・重
4F 55.2-39.8-12.6

小島茂調教師
「(今週だと)鞍上が決まっていなかったこともあるし、ハンデも考慮して決めました。富士Sは56キロで出られるので」

・ロサギガンティア

前走時追い切り・関屋記念(7着)
8月9日・美浦・坂路・稍重
800m 54.5-40.5-26.5-12.7

最終追い切り
9月6日・美浦・南W・重
4F 52.5-38.5-12.4

藤沢和師
「状態は凄くいい。前走もよく走っているし、ここでも期待。」

関連記事

・今週は他に紫苑ステークスやセントウルステークスが行われる。

【紫苑ステークス 2016】動画・結果/ビッシュが楽な手ごたえで差し切る

【紫苑ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/昨年はここから秋華賞馬が

「紫苑ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。紫苑Sの出走登録は23頭。ライジングリーズンやディアドラなどが出走予定です。重賞になってからは2度目の開催で昨年はヴィブロスがここから秋華賞馬に。今年はどうなる?

紫苑ステークス 2017 追い切り

【紫苑ステークス 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「紫苑ステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。紫苑Sに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

【セントウルステークス 2016】動画・結果/ビッグアーサーがスピードの違いで逃げ切る

【セントウルステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/スピードのその先に

「セントウルステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。セントウルSの出走登録は17頭。ダンスディレクターやフィドゥーシアなどが出走予定です。G1へ続く重要な一戦。開幕週の電撃戦を制すのは?

セントウルステークス 2017 追い切り

【セントウルステークス 2017】追い切り・コメント/追い切りが結果につながる

「セントウルステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。セントウルSに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。