にほんブログ村 競馬ブログへ

【京王杯2歳ステークス 2016】動画・結果/モンドキャンノが差し切り重賞初制覇

「京王杯2歳ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。京王杯2歳Sの出走登録は12頭。アサクサゲンキやタワーオブロンドンなどが出走予定です。小頭数ながら濃いメンバー構成。2歳戦線の主役に名乗りを上げるのは?

2017年11月4日(土) | 5回東京1日 | 15:35 発走
第53回 京王杯2歳ステークス(GII)芝・左 1400m
Keio Hai Nisai Stakes (G2)

京王杯2歳ステークス」は芝1400mで行われる定量戦で、1着馬には3,800万円が贈られる。

配当的には1番人気は1勝・2着2回・3着2回と複勝率は5割。ここ3年は連続で1番人気が馬券に絡んでいる。
二桁人気の馬は10年間で59頭が出走して2勝を含む馬券圏内4頭と決して少なくない数字。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で6度と多いものの、ここ4年は10万円を超えていない。近年は比較的平穏な決着が続いている。

先週の注目レース

【天皇賞秋 2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

【天皇賞秋 2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

「天皇賞秋 2017」の動画・結果です。天皇賞秋の結果は1着:キタサンブラック、2着:サトノクラウン、3着:レインボーライン。「キタサンブラック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年の京王杯2歳ステークスに12頭が登録を済ませております。
フルゲートに満たないため全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • アサクサゲンキ(武豊)55.0kg
  • カシアス(浜中俊)55.0kg
  • タイセイプライド(M.デムーロ)55.0kg
  • タワーオブロンドン(C.ルメール)55.0kg
  • エントシャイデン(蛯名正義)55.0kg
  • ダークリパルサー(未定)55.0kg
  • トキノメガミ(野中悠太郎)54.0kg
  • トーセンアンバー(横山和生)54.0kg
  • ニシノウララ(未定)54.0kg
  • ピースユニヴァース(内田博幸)55.0kg
  • マイティーワークス(三浦皇成)54.0kg

地方所属馬

  • モリノラスボス(五十嵐冬樹)55.0kg
追い切り・コメント

2017年・京王杯2歳ステークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

京王杯2歳ステークス 2017 追い切り

【京王杯2歳ステークス 2017】追い切り・コメント/各馬の状態を見極めろ

「京王杯2歳ステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。京王杯2歳Sに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

出走予定馬・ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G2「京王杯2歳ステークス」。
今年は12頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・タワーオブロンドン(Tower of London)

ききょうステークス 2017 タワーオブロンドン

タワーオブロンドン・2歳牡馬
3戦2勝 [2-1-0-0]
父:Raven’s Pass
母:スノーパイン
母父:Dalakhani
馬名の由来:ロンドン塔
前走:ききょうステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

前走のききょうステークスを圧勝し注目を集める「タワーオブロンドン」。
札幌での2戦でも光るものを見せていたが、前走のききょうステークスで圧倒的なパフォーマンスを披露した。
直線で鋭く伸び、他馬より1秒以上早い上りタイムを計測。2着馬に3馬身半の差をつけ圧勝した。
破った相手は小倉2歳ステークスで上位争いを演じた馬。そのまま評価していい内容だ。
ルメール騎手がデビューから乗り続ける期待の一頭。ここでも堂々主役を演じる。

・アサクサゲンキ(Asakusa Genki)

小倉2歳ステークス 2017 アサクサゲンキ

アサクサゲンキ・2歳牡馬
4戦2勝 [2-1-0-1]
父:Stormy Atlantic
母:Amelia
母父:Dixieland Band
馬名の由来:冠名+元気
前走:小倉2歳ステークス・1着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

小倉の2歳王者に輝いた「アサクサゲンキ」が参戦する。
デビュー3戦目で初勝利を挙げ、勝利の勢いで挑んだ前走の小倉2歳ステークスでは初コンビとなった武豊騎手に導かれ重賞初制覇を果たした。
姉には今年のローズステークスを制したラビットランがおり、勢いのある血統。
鞍上の武豊騎手も先週の天皇賞秋を制し勢い十分。勝利への体制は整った。

・カシアス(Cassius)

函館2歳ステークス 2017 カシアス

カシアス・2歳牡馬
3戦2勝 [2-1-0-0]
父:キンシャサノキセキ
母:ラブディラン
母父:ディラントーマス
馬名の由来:人名より
前走:函館2歳ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:浜中俊)

こちらは函館の2歳王者「カシアス」。
2戦目の未勝利戦を好タイムで勝ち上がり、3戦目となった函館2歳ステークスでも1番人気に応え優勝した。
その後は京王杯2歳ステークスを目標にしっかり調整が進められてきた。
カシアスの調教師は先週のキタサンブラックの調教師の清水久詞師。
現役最強馬を育てた調教師がここでも有力馬を送り込む。

他にはダリア賞を制した「タイセイプライド」やサフラン賞で3着に入った「トーセンアンバー」、地方から「モリノラスボス」なども出走予定となっています。

京王杯2歳ステークスは2017年11月4日(土)の15時35分発走予定です。

予想オッズ

2017年・京王杯2歳ステークスの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. タワーオブロンドン(2.0)
  2. アサクサゲンキ(4.0)
  3. タイセイプライド(5.0)
  4. カシアス(6.5)
  5. エントシャイデン(10.0)
  6. ダークリパルサー(25.0)
  7. トーセンアンバー(45.0)
  8. ピースユニヴァース(☆)
  9. ニシノウララ(☆)
  10. マイティーワークス(☆)
  11. モリノラスボス(☆)
  12. トキノメガミ(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

京王杯2歳ステークス 2017 オッズデータ

過去10年、1番人気は【1-2-2-5】で複勝率50%とやや物足りない成績。2番人気以下にも広く好走馬が出ており、2桁人気でも2008年のゲットフルマークス(14番人気)、2014年のセカンドテーブル(11番人気)と、2頭の優勝馬を含む4頭が激走している。
ただ、近4年で見ると好走馬12頭中11頭は6番人気以内で、7番人気以下は1頭だけ。比較的平穏な決着が続いている。今年は頭数も少なくあまり荒れないかもしれない。

主な前哨戦

京王杯2歳ステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、京王杯2歳ステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年7月23日(日)函館2歳ステークス(GIII)

1着:カシアス

勝ちタイム:1.10.0 馬場:良

2017年8月5日(土)ダリア賞

1着:タイセイプライド

勝ちタイム:1.22.4 馬場:良

2017年9月3日(日)小倉2歳ステークス(GIII)

1着:アサクサゲンキ

勝ちタイム:1.09.1 馬場:良

2017年9月23日(土)ききょうステークス

1着:タワーオブロンドン

勝ちタイム:1.21.7 馬場:良

2017年10月1日(日)サフラン賞

3着:トーセンアンバー
4着:ニシノウララ

勝ちタイム:1.35.2 馬場:良

2017年10月22日(日)くるみ賞

3着:マイティーワークス

勝ちタイム:1.29.3 馬場:不良

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年11月4日(土)15時35分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1400m


G2

1着賞金
3,800万円

京王杯2歳ステークス・プレイバック

2016年11月5日(土)京王杯2歳ステークス(GII)

1着:モンドキャンノ
2着:レーヌミノル(1/2馬身)
3着:ディバインコード(3馬身)
4着:コウソクストレート(ハナ)
5着:タイセイブレーク(クビ)

勝ちタイム:1.21.9
勝利騎手:C.ルメール
馬場:良

2016年・京王杯2歳ステークス

【京王杯2歳ステークス 2016】動画・結果/モンドキャンノが差し切り重賞初制覇

【京王杯2歳ステークス 2016】動画・結果/モンドキャンノが差し切り重賞初制覇

「京王杯2歳ステークス 2016」の動画・結果です。京王杯2歳ステークスの結果は1着:モンドキャンノ、2着:レーヌミノル、3着:ディバインコード。「モンドキャンノ」が勝利した京王杯2歳ステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の京王杯2歳ステークスは13頭での争いとなった。
前評判では小倉2歳ステークスを6馬身差で圧勝したレーヌミノルが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた3番人気モンドキャンノが、直線で外から脚を伸ばして、2番手追走から一旦は先頭に立った1番人気レーヌミノルを捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝。さらに3馬身差の3着は、4番人気ディバインコードが入った。

勝ったモンドキャンノは1番人気で2着に敗れた前走の函館2歳ステークスの悔しさを晴らす勝利となった。

関連記事

・今週は大井でJBC競争が開催される。

【JBCレディスクラシック 2016】動画・結果/ホワイトフーガが人気に答え連覇達成

【JBCレディスクラシック 2017】出走予定馬・日程・賞金/女の熾烈な争い

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の砂の女王を決める一戦「JBCレディスクラシック」。JBCレディスクラシックは2017年で第7回を迎える。昨年はホワイトフーガが制した。JBCレディスクラシックの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

【JBCスプリント 2016】動画・結果/ダノンレジェンドが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

【JBCスプリント 2017】出走予定馬・日程・賞金/砂のスピードキング争い

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の短距離ダート王を決める一戦「JBCスプリント」。JBCスプリントは2017年で第17回を迎える。昨年はダノンレジェンドが制した。JBCスプリントの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

【JBCクラシック 2016】動画・結果/アウォーディーが6連勝で頂点に上り詰める

【JBCクラシック 2017】出走予定馬・日程・賞金/集いしダートの強豪たち

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の中距離ダートG1戦「JBCクラシック」。JBCクラシックは2017年で第17回を迎える。昨年はアウォーディーが優勝した。JBCクラシックの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・11月26日には日本対世界の馬がぶつかり合うジャパンカップが開催される。

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

2017年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演する「ジャパンカップ」。ジャパンカップは2017年で第37回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はキタサンブラックが制した。ジャパンCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。