【川崎記念 2018】予想オッズ・枠順/距離適性を生かして

川崎記念 2017 オールブラッシュ

川崎記念 2018」の予想オッズ・枠順・出走予定馬の情報です。2018年・川崎記念の出走予定馬にはケイティブレイブやサウンドトゥルーなどが名を連ねています。今年の交流G1の第一戦。G1馬5頭集まる豪華なメンバーの一戦を制すのは。

2018年1月31日(水)川崎 第11競走
ダート2100m(左)16:10発走

農林水産大臣賞典【指定交流】
第67回 川崎記念(Kawasaki Kinen)JpnI
(サラブレッド系 4歳以上 定量)
賞金:1着 60,000,000円

枠順

2018年・川崎記念の枠順が発表されました。

川崎記念 2018 枠順

昨年の帝王賞を制したケイティブレイブは6枠6番、昨年のJBCクラシックを制しているサウンドトゥルーは4枠4番、2016年のJBCクラシック以来の勝利を目指すアウォーディーは3枠3番に入った。
川崎記念は2018年1月31日(水)16時10分発走予定です。

出走予定馬・ピックアップ

川崎競馬場で行われるダートJpn1「川崎記念」。
今年は10頭が出走する。出走馬から注目したい馬をピックアップした。

・ケイティブレイブ(K T Brave)

帝王賞 2017 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ・5歳牡馬
25戦7勝 [7-6-5-7]
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
馬名の由来:冠名+勇士
前走:東京大賞典・3着(1番人気)
(鞍上:福永祐一)

昨年は9走も走ったタフガイ「ケイティブレイブ」。
全国各地を飛び回り、これまでの交流重賞数は5勝。
中でも昨年の帝王賞では並み居る強豪を差し切りG1初制覇を果たした。

去年の川崎記念は5着だったものの、そこから大きく成長した。
ここ4走は勝ちきれていないものの常に上位争いを演じており、今回も期待せざる負えない。

・サウンドトゥルー(Sound True)

JBCクラシック 2017 サウンドトゥルー

サウンドトゥルー・8歳せん馬
46戦10勝 [10-11-13-12]
父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
馬名の由来:本当らしい、本物らしい
前走:東京大賞典・2着(2番人気)
(鞍上:大野拓弥)

8歳になったが衰えをみせない「サウンドトゥルー」。
昨年はJBCクラシックを勝ち、川崎記念や東京大賞典でも2着と切れ味は健在。

川崎記念は2年連続2着中。
3度目の正直となるか。

・アウォーディー(Awardee)

アウォーディー

アウォーディー・8歳牡馬
38戦10勝 [10-6-7-15]
父:ジャングルポケット
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:受賞者
前走:チャンピオンズカップ・5着(4番人気)
(鞍上:武豊)

こちらも8歳になった「アウォーディー」。
昨年はドバイワールドカップで日本馬最先着の5着と健闘したものの、帰国後の3戦は3着、4着、5着と2016年の時の勢いは感じられなかった。

リフレッシュ休養で英気は十分。
再び連勝街道を突き進みたい。

・アポロケンタッキー(Apollo Kentucky)

東京大賞典 2016 アポロケンタッキー

アポロケンタッキー・6歳牡馬
24戦9勝 [9-3-2-10]
父:Langfuhr
母:Dixiana Delight
母父:Gone West
馬名の由来:冠名+アメリカの州名
前走:東京大賞典・4着(6番人気)
(鞍上:内田博幸)

2016年の東京大賞典勝ち馬の「アポロケンタッキー」。
昨年は日本テレビ盃しか勝てずに悔しい1年を過ごした。
2100mは3勝を挙げている距離。
復活なるか。

予想オッズ

2018年・川崎記念の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. サウンドトゥルー(2.5)
  2. ケイティブレイブ(3.0)
  3. アウォーディー(5.0)
  4. アポロケンタッキー(10.0)
  5. メイショウスミトモ(13.0)
  6. ディアドムス(20.0)
  7. グレンツェント(45.0)
  8. イッシンドウタイ(☆)
  9. キャッスルクラウン(☆)
  10. コスモカット(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

日程・賞金

川崎記念

日程・発走時刻
2018年1月31日(水)16時10分発走予定

場所・距離
川崎競馬場・ダート・2100m


Jpn1

1着賞金
6,000万円

出走条件
4歳以上

プレイバック

2017年の川崎記念を制したのは「オールブラッシュ(All Blush)」。3連勝で一気に重賞取りを達成した。

2017年2月1日(水)
川崎記念(Kawasaki Kinen)JpnI

1着:オールブラッシュ
2着:サウンドトゥルー(3馬身)
3着:コスモカナディアン(1-1/2馬身)
4着:ミツバ(クビ)
5着:ケイティブレイブ(ハナ)

勝ちタイム:2.14.6
勝利騎手:C.ルメール
馬場:良

2017年・川崎記念

川崎記念 2017 オールブラッシュ

【川崎記念 2017】動画・結果/オールブラッシュが圧勝でスタミナ勝負を制する

「川崎記念 2017」の動画・結果です。川崎記念の結果は1着:オールブラッシュ、2着:サウンドトゥルー、3着:コスモカナディアン。「オールブラッシュ」が勝利した2017年の川崎記念の詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする

フォローする