【日本ダービー2018】データ・枠順/驚くほどデータは正直

朝日杯フューチュリティステークス 2017 ダノンプレミアム

日本ダービー 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・日本ダービーのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から日本ダービーでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

さぁ、日本ダービーを楽しもう!

2018年5月27日(日) | 2回東京12日 | 15:40 発走
第85回 日本ダービー(GI)芝・左 2400m
Tokyo Yushun(Japanese Derby) (G1)

枠順

日本ダービー 2018 枠順

日本ダービー」の枠順が発表されました。
一冠目の皐月賞を制したエポカドーロは6枠12番、昨年の2歳マイル王で弥生賞以来のレースとなるダノンプレミアムは1枠1番、3戦3勝と無敗で日本ダービーに歩を進めてきたブラストワンピースは4枠8番、皐月賞で1番人気に支持されたものの7着に敗れたワグネリアンは8枠17番に入った。

出走予定馬・予想オッズ

2018年・日本ダービーの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

日本ダービー 2017 レイデオロ

【日本ダービー2018】予想オッズ・出走予定馬/生涯一度の夢舞台

日本ダービー 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。日本ダービーの出走登録は21頭。出走予定馬にはエポカドーロやダノンプレミアムなどが名を連ねています。生涯一度の夢舞台に挑む精鋭たち。栄光をつかみ取るのは?

データ

2018年・日本ダービーのデータです。
黄色はいいデータ赤色は悪いデータに該当する馬名となっております。

関連記事

枠順別データ

日本ダービー 2018 枠順別データ

(過去20年)

もはや競馬ファンなら知っていて当然なレベルで日本ダービーは「1枠」が強い。
20年で7勝は驚異的な数字と言っていいだろう。
このデータは頭に入れておかなければいけない。

他には複勝率が2割を超える「2枠」も注意しておいて損はない。

逆に成績が良くないのは「8枠」。
勝率は1%程度で複勝率も10%をわずかに超える程度。
8枠に入った馬はことごとく苦戦を強いられている。

今年8枠に入った3頭の調教師も皆、落胆の色を見せた。
よほど抜けた力がないと厳しい。

他には複勝率&複勝回収率が最低の「5枠」もマイナス評価としておきたい。

〇・1枠、2枠

  • ダノンプレミアム
  • タイムフライヤー
  • テーオーエナジー
  • アドマイヤアルバ

×・5枠、8枠

  • オウケンムーン
  • ステイフーリッシュ
  • ジェネラーレウーノ
  • ワグネリアン
  • サンリヴァル

脚質別データ

日本ダービー 2018 脚質別データ

(過去20年)
脚質的には先行・差し脚質の馬が優勢。
ただ、追い込み馬も4勝しておりそこまで割り引く必要はない。
さほど脚質にこだわる必要はなさそうだ。

種牡馬別データ

日本ダービー 2018 種牡馬別データ

(東京競馬場の芝2400mで行われた過去5年)

東京芝2400mを特に得意としている種牡馬は「ディープインパクト」。
ほとんどの距離でトップに立つディープがこの距離でも勝率から複勝率まで傑出した成績を残している。
先週のオークスでは7頭(1頭取消)を送り込んだものの、レッドサクヤの4着が最高着順だった。
日本ダービーには3頭のディープ産駒が参戦。
結果が欲しいところだ。

他には勝率が二桁を超える「ステイゴールド」や「キングカメハメハ」、「ハービンジャー」、「ルーラーシップ」までチェックしておきたい。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ダノンプレミアム(ディープインパクト)
  • キタノコマンドール(ディープインパクト)
  • ワグネリアン(ディープインパクト)
  • ステイフーリッシュ(ステイゴールド)
  • エタリオウ(ステイゴールド)
  • コズミックフォース(キングカメハメハ)
  • ブラストワンピース(ハービンジャー)
  • サンリヴァル(ルーラーシップ)

通算出走数別データ

日本ダービー 2018 キャリア数別データ

(過去10年)

これまでの通算出走別でみると特に活躍しているのは4戦~5戦の馬が良く馬券に絡んでいる。
多すぎなく少なすぎない、いいバランスなのがこのぐらいのキャリアなのだろう。

3戦以下の馬や9戦以上の馬は勝率がかなり低く、割り引いて考えてもよさそう。
今年は人気が予想されるキタノコマンドールとブラストワンピースがいずれもキャリア3戦。
経験の浅さがどんな結果をもたらすか。

〇・4戦~5戦

  • ダノンプレミアム
  • テーオーエナジー
  • コズミックフォース
  • オウケンムーン
  • ステイフーリッシュ
  • ジャンダルム
  • エポカドーロ
  • グレイル
  • ジェネラーレウーノ
  • ワグネリアン
  • サンリヴァル

×・3戦以下&9戦以上

  • アドマイヤアルバ
  • キタノコマンドール
  • ブラストワンピース

馬体重別データ

日本ダービー 2018 馬体重別データ

(過去10年)

馬体重別でみると480kgを超える馬たちが良く絡んでいるのがわかる。
馬格がある馬たちをしっかりチェックしておこう。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・480kg以上

  • ダノンプレミアム
  • テーオーエナジー
  • キタノコマンドール
  • ゴーフォザサミット
  • ブラストワンピース
  • ジャンダルム
  • エポカドーロ
  • グレイル
  • ジェネラーレウーノ
  • サンリヴァル

調教後の馬体重

日本ダービー 2018 調教後の馬体重

JRAが発表した日本ダービーに出走する馬の調教後に計測した馬体重です。
二桁を超える大きな増減はゴーフォザサミット(+14kg)、ブラストワンピース(+17kg)、エタリオウ(+18kg)、ステルヴィオ(+12kg)となっています。

調教後の馬体重の時点で前走より馬体重を減らしている馬はダノンプレミアム(-6kg)、キタノコマンドール(-2kg)、グレイル(-2kg)。
ここからレースまでに変動があると思いますので、当日の馬体重にもご注目ください。

芝2000メートル以上の重賞での最高着順別データ

日本ダービー 2018 芝2000メートル以上の重賞での最高着順別データ

(過去10年)

3歳のこの時期に2400mの距離を経験した馬は少ない。
そこでここでは芝2000メートル以上の重賞での最高着順に注目したデータを紹介したい。
過去10年の勝ち馬の内、8頭は2000m以上の重賞で優勝経験があった。
1着経験がある馬を積極的に狙いたい。

逆に10着以下しかない馬や芝2000m以上の重賞に出走したことがない馬は成績が振るわない。
減点しておこう。

〇・1着

  • ダノンプレミアム
  • タイムフライヤー
  • ゴーフォザサミット
  • ステイフーリッシュ
  • エポカドーロ
  • グレイル
  • ジェネラーレウーノ

×・10着以下&未出走

  • テーオーエナジー
  • ブラストワンピース
  • オウケンムーン

前走の人気別データ

日本ダービー 2018 前走の人気別データ

(過去10年)

前走で5番人気以内に入っていた馬たちはいずれも複勝率2割を超えている。
ある程度前走でも評価されていた馬たちが、日本ダービーでも結果を残すケースが多い。

〇・前走5番人気以内

  • ダノンプレミアム
  • テーオーエナジー
  • キタノコマンドール
  • コズミックフォース
  • ブラストワンピース
  • オウケンムーン
  • ジャンダルム
  • ステルヴィオ
  • ワグネリアン

前走のレース別データ

日本ダービー 2018 前走のレース別データ

(過去10回)

連対馬20頭はいずれもG1かG2を使ってきていた。
それ以外の路線から挑んだ馬はことごとく苦戦している。

×・前走G1・G2以外のレース

  • テーオーエナジー
  • コズミックフォース
  • ブラストワンピース

オープンクラスの芝のレースの勝利時における2着馬との最大タイム差別データ

日本ダービー 2018 オープンクラスの芝のレースの勝利時における2着馬との最大タイム差別データ

(過去10年)

JRAのサイトでおもしろいデータを見つけた。
オープンクラスの芝のレースの勝利時における2着馬との最大タイム差別で見たデータだ。
これをみるとオープンクラスの芝のレースで0.2秒以上の差をつけて勝った経験がある馬たちが複勝率3割以上の成績を残している。
高いクラスのレースで着差をつけられる強さを見せた馬たちを狙いたい。

〇・最大タイム差が0.2秒以上

  • ダノンプレミアム
  • タイムフライヤー
  • ゴーフォザサミット
  • ブラストワンピース
  • ステイフーリッシュ
  • ジャンダルム
  • エポカドーロ
  • ワグネリアン
  • サンリヴァル

出走馬の東京芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
東京芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
特に東京芝コースを得意としているのは2戦2勝のブラストワンピース。
東京2400mでの優勝経験はとても心強い。

東京芝コースが初めてなのはタイムフライヤーとテーオーエナジー、アドマイヤアルバ、キタノコマンドール、ジャンダルム、エポカドーロ、サンリヴァルの7頭となっている。

〇・コース相性

  • ダノンプレミアム
  • ゴーフォザサミット
  • コズミックフォース
  • ブラストワンピース
  • オウケンムーン
  • エタリオウ
  • ステルヴィオ
  • ジェネラーレウーノ
  • ワグネリアン

人気別データ

日本ダービー 2018 オッズデータ

(過去10年)
日本ダービーは過去10年、1番人気は【4-1-3-2】で複勝率80%と安定している。
特に近年は上位人気の安定感が光っており、ここ5年の連対馬10頭中9頭が3番人気、残る1頭も5番人気と、穴馬は好走しても3着までに終わっている。
あまり大穴狙いは危険な傾向にある。

追い切り・コメント

2018年・日本ダービーの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

日本ダービー 2018 追い切り

【日本ダービー2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

日本ダービー 2018の追い切り・コメントの情報です。日本ダービーに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

関連記事

データから導かれる注目馬

上記のデータからオークスで注目したい三頭はこちらだ。

・ダノンプレミアム(Danon Premium)

朝日杯フューチュリティステークス 2017 ダノンプレミアム

ダノンプレミアム・3歳牡馬
4戦4勝 [4-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:Intikhab
馬名の由来:冠名+高品質。格別な働きを期待して
前走:弥生賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

今年の日本ダービーで最初に取り上げたいのは「ダノンプレミアム」。
データだけで見たらもうダノンプレミアムが勝ったといってもいいほど好データばかりだ。
もっとも優勝に近いといえる1枠に入ったのがとても大きく、1番人気の成績の良さも後押しする。
他にも血統、馬格、コース相性などでも好データを獲得している。

皐月賞は直前のアクシデントで無念の回避を余儀なくされた。
万全を期した日本ダービーで2歳王者の輝きを再び取り戻す。

・エポカドーロ(Epoca d’Oro)

皐月賞 2018 エポカドーロ

エポカドーロ・3歳牡馬
5戦3勝 [3-1-1-0]
父:オルフェーヴル
母:ダイワパッション
母父:フォーティナイナー
馬名の由来:黄金の時代(伊)。父名、母父名より連想
前走:皐月賞・1着(7番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

一冠目・皐月賞を制した「エポカドーロ」を軽視してはいけない。
ダノンプレミアムほどではないものの、キャリア数や馬格、芝2000メートル以上の重賞での最高着順などでエポカドーロの馬名が挙がった。

オルフェーヴル産駒のラッキーライラックが先週のオークスで3着に入る走りを見せた。
今週はエポカドーロが東京2400mの舞台で躍動する。

・ゴーフォザサミット(Go for the Summit)

ゴーフォザサミット

ゴーフォザサミット・3歳牡馬
6戦3勝 [3-0-0-3]
父:ハーツクライ
母:ラグジャリー
母父:Storm Cat
馬名の由来:頂点を目指す
前走:青葉賞・1着(6番人気)
(鞍上予定:蛯名正義)

蛯名騎手と日本ダービーに挑む「ゴーフォザサミット」も注目の一頭。
前走の青葉賞で2着と0.3秒差つけての勝利はプラス材料。
他にも馬格、芝2000メートル以上の重賞での最高着順、コース相性でもゴーフォザサミットの好走を後押しする。

2000m以上の距離では2戦2勝。
蛯名騎手に悲願のダービー制覇をプレゼントできるか。

危険な人気馬

上記のデータから厳しいデータが揃ってしまった人気馬を1頭ピックアップした。

・ステルヴィオ(Stelvio)

ステルヴィオ

ステルヴィオ・3歳牡馬
6戦3勝 [3-2-0-1]
父:ロードカナロア
母:ラルケット
母父:ファルブラヴ
馬名の由来:イタリア北部にある国立公園
前走:皐月賞・4着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

スプリングステークスで皐月賞馬・エポカドーロを破った経験がある「ステルヴィオ」に危険信号が灯った。
多くのデータで加点が得られておらず、枠順も外目の7枠に入ってしまった。
先週のオークスで優勝したルメール騎手&ロードカナロア産駒と共通点が多いのだが、データでは推せない。

過去5回の危険な人気馬の成績
  • マイラーズカップ ヤングマンパワー 12着(5番人気)
  • 天皇賞春 アルバート 8着(6番人気)
  • NHKマイルカップ レッドヴェイロン 3着(9番人気)
  • ヴィクトリアマイル レッドアヴァンセ 3着(7番人気)
  • オークス カンタービレ 13着(7番人気)
関連記事