にほんブログ村 競馬ブログへ

ジャパンカップ 2017 追い切り

「ジャパンカップ 2017」の追い切り・コメントの情報です。ジャパンカップに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

2017年11月26日(日) | 5回東京8日 | 15:40 発走
第37回 ジャパンカップ(GI)芝・左 2400m
Japan Cup(G1)

データ・枠順

2017年・ジャパンカップのデータ・枠順に関する記事を公開しました。記事には枠順別や脚質別データなどさまざまなレースデータを書いております。

ジャパンカップ 2017 枠順

【ジャパンカップ 2017】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

「ジャパンカップ 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・ジャパンカップのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からジャパンCでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬・想定騎手

2017年・ジャパンカップの出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/日本競馬の祭典が始まる

「ジャパンカップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。ジャパンカップの出走登録は19頭。キタサンブラックやレイデオロなどが出走予定です。日本競馬vs世界の競馬。意地と意地がぶつかり合う。

追い切りタイム

ジャパンカップに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイムなどです。

・アイダホ

最終追い切り
11月23日・東京競馬場・芝・稍重
7F 94.7-81.2-67.4-54.0-40.1-12.6

トーマス・コマフォード調教助手
「馬の出走については管理するオブライエン調教師が決定しており、今回も日本に遠征することが望ましいと調教師が判断して参戦しました。スタートが良い馬なので、位置取りにはこだわらずどこからでもいけます。速いペースであればこの馬にとっては良いです。柔らかい馬場については問題ないと思っています。ヨーロッパでもキングジョージの時は柔らかい馬場でしたが問題ありませんでした。カナダでのレースは速いペースでタフなレースでしたが、日本についてからはとても良い状態が続いており、輸送は成功したと思います。他の陣営も希望しているでしょうが、真ん中より内側の枠に入れれば、スタートが良い馬なので、ペースにもよりますが上手く走ってくれると思います」

・イキートス

最終追い切り
11月22日・東京競馬場・ダートコース
ダク3/4周、キャンター1+1/2周

レーゼ助手
「今日もいつも変わりなく気持ち良く動いています。予定通り調整が進んでおり、昨年と比較して馬の状態に変化はありません。昨年より馬体重は増えているかもしれませんが、常に100%の力を出してくれる正直な馬です。本国のレースは多くても8~9頭立てなので、通常は後方からレース展開をうかがいながら仕掛けるのですが、今回は多頭数なので位置取りはあまり後ろになりすぎないところになると思います。明日も今日と同じような内容の運動になると思います。強めの運動をするとしたら金曜日になると思いますが、調教師の判断次第です」

・キタサンブラック

前走時追い切り・天皇賞秋(1着)
栗東・CW・重
6F 83.7-68.1-53.6-39.5-12.7

1週前追い切り
11月15日・栗東・CW・稍重
6F 80.7-65.2-50.6-37.3-11.9

黒岩騎手
「元々回復の早い馬でいつも通りの動き。疲れは感じませんでした」

清水久師
「さすがにあの馬場を勝った後なので、毎日様子を見ながらの調整。多少の疲れはあったが、すぐに乗りだせた。ここまで予定通りです」

最終追い切り
11月22日・栗東・CW・良
6F 84.8-69.4-54.1-40.1-12.9

武豊騎手
「(追い切りの印象は)先にどういう内容なのかを聞いていなかったので、思ったより静かな追い切りだな、という印象でしたね。」

黒岩騎手
「いつもの感じですね。天皇賞はあの馬場(不良)で多少の疲れは出たと思うけど、先週あたりから上向き。体にも張りが出てきた。これだけの馬なので、上積みを求めるよりも普通の状態以上で出せるのが一番だと思う」

清水久師
「無事最終追いを終え、一安心ですね。完成の域?そう考えていただいていいと思う。昨年(1着)以上の出来で出せる。新たに3歳馬も加わりますが、いつものことながら、相手は考えず、自分のことだけを考え、しっかり仕上げるだけです。ジョッキー(武豊)に任せるだけです」

・ギニョール

最終追い切り
11月22日・東京競馬場・ダートコース
15秒ベースの強めキャンターで1周

カデドゥ騎手
「少し速く追うところもありましたが、全体的にはゆっくりめのキャンターでした。逃げ切りで好成績を挙げていますが、ペースが流れれば必ずしも逃げなくてはならない訳ではありません。本国とは異なり、大観衆の前で馬が緊張するかもしれませんが、ここではスクーリングを重ねています。明日も今日と同様の運動になると思います。追い切りについては調教師が判断することになります」

・サウンズオブアース

前走時追い切り・京都大賞典(13着)
栗東・CW・良
7F 97.3-65.8-51.8-38.6-12.3

1週前追い切り
11月15日・栗東・CW・稍重
6F 80.4-64.8-50.3-36.9-12.0

藤岡師
「前走(京都大賞典13着)は軽めの調整で結果が出なかったので、今回は1週前にしっかりやっておきたかった」

最終追い切り
11月22日・栗東・CW・良
6F 85.0-67.9-51.5-37.7-11.7

藤岡師
「先週(6F80秒4)しっかりとやって、硬さは残っていなかった。当週はいつも通り上がり重点に。しまいの反応は良かった」

・サトノクラウン

前走時追い切り・天皇賞秋(2着)
美浦・南W・重
4F 53.9-38.4-13.0

1週前追い切り
11月16日・美浦・南W・良
5F 69.9-54.1-39.2-13.2

森助手
「天皇賞(2着)が厳しいレースだったので、状態を確認しながら調整。幸い大きなダメージもなかったし、疲れは抜けている。1週前追いとしては余裕残しで、動きもまだ重めだが、来週に向けてちょうど良くなると思う」

最終追い切り
11月23日・美浦・南W・重
4F 54.5-38.4-14.0

森助手
「幸い大きなダメージはなかったし、(調教で騎乗した)ムーア騎手も“動きも精神面もパーフェクト”と言ってくれた。いい状態で臨めそう。ダービーでは負けたけど、いい内容での3着。一番適した舞台だし、瞬発力勝負でも力は出せる」

・シャケトラ

前走時追い切り・天皇賞秋(15着)
栗東・芝・重
5F 72.7-55.8-39.6-12.4

1週前追い切り
11月15日・栗東・CW・稍重
6F 84.2-66.9-51.3-37.2-11.5

福永騎手
「乗りやすい馬で感触は良かった。ストライドが大きいので長くいい脚を使えそう。」

最終追い切り
11月22日・栗東・CW・良
6F 84.8-68.2-52.9-39.2-11.6

辻野助手
「道悪の前走(天皇賞・秋=15着)は走り切っていないのでダメージも少なかった。体つきがシャープになったことで上積みは見込めていい」

・シュヴァルグラン

前走時追い切り・京都大賞典(3着)
栗東・坂路・良
800m 53.5-39.0-12.7

1週前追い切り
11月16日・栗東・CW・稍重
6F 83.3-66.7-51.6-37.3-11.6

友道師
「追い掛ける形で十分負荷は掛けられた。攻め馬は動かないタイプだが、以前と比べると若干動くようになっている」

最終追い切り
11月22日・栗東・坂路・良
800m 56.0-41.0-26.5-12.7

友道師
「前走(京都大賞典=3着)後は在厩で順調に調整できた。昨年(3着)より調整過程がいい」

・ソウルスターリング

前走時追い切り・天皇賞秋(6着)
美浦・南W・良
5F 65.7-51.2-37.9-12.5

1週前追い切り
11月15日・美浦・南W・稍重
4F 55.4-40.6-13.5

藤沢和師
「天皇賞の反動もなく、いい感じ。体は減っていないし、むしろ増えてきている。」

最終追い切り
11月22日・美浦・南W・良
5F 68.3-52.1-38.3-12.1

ルメール騎手
「彼女もトップコンディションにある。(ライバルとして)心配します」

藤沢和師
「馬は随分元気が良かったですし、他の厩舎の馬と一緒になったりもして、ゴールしてからも結構走っていたのですけど、息遣いも動きも良かったと思っています」

・ディサイファ

前走時追い切り・天皇賞秋(7着)
美浦・芝・稍重
5F 67.3-51.5-37.7-11.9

1週前追い切り
11月15日・美浦・坂路・稍重
800m 56.1-41.3-12.7

小島良助手
「動きが柔らかく、しなやかに走っていた。大きな上積みはないけど、いい状態をキープ。」

最終追い切り
11月22日・美浦・坂路・良
800m 55.6-40.6-26.4-13.4

柴山騎手
「坂路では動かない馬なので。体調は問題ない。2400メートルも問題なく、あとは気持ち良く走らせるように頑張る」

・ブームタイム

最終追い切り
11月21日・東京競馬場・芝
6F 83.2-11.8

フェネシー助手
「メルボルンカップに向けて既にタフな調教をしてきたので、馬体というよりは精神面の仕上げとして、最後の600mを強めに追いました。芝の感触も良く、騎乗者も日ごとに良化していると言っています。競馬学校では軽く追ってはいましたが、今朝の芝での運動が本格的な最終追い切りとなります。レース5日前に追い切りを行うのはいつものことです。馬も新しい環境を気にすることなく、順調に調教をこなしています。この馬の距離適性は2400mで、脚質が先行なので内寄りの枠が理想です。明日はダートで2周ほど、軽い運動をする予定です」

・マカヒキ

前走時追い切り・天皇賞秋(5着)
栗東・芝・重
5F 67.9-53.2-38.9-11.6

1週前追い切り
11月15日・栗東・CW・稍重
7F 95.0-79.8-64.5-50.0-37.0-11.8

友道師
「単走で長めから追った。(2走前の)毎日王冠よりも今回の方が状態はいい。この条件は合っているので。」

最終追い切り
11月22日・栗東・坂路・良
800m 51.3-37.8-25.2-12.9

大江助手
「サッとやっただけですけど、良かったですよ。前走(不良馬場をしまいは差し込んで復活の兆しを見せた天皇賞・秋=5着)からさらに良くなっている感じ。あとは普通の馬場でやれれば。そこだけですね」

・ヤマカツエース

前走時追い切り・天皇賞秋(11着)
栗東・CW・重
6F 86.3-69.9-54.0-38.8-12.4

1週前追い切り
11月15日・栗東・CW・稍重
6F 83.9-67.1-51.9-37.9-11.6

池添騎手
「体は仕上がっているので、今朝は反応を確かめる程度。馬場が悪い中でしっかりと動けていた。」

最終追い切り
11月22日・栗東・CW・良
6F 80.6-65.6-51.0-37.8-11.5

池添兼師
「いい走りだったね。前回(天皇賞・秋=11着)も状態は良かったけど、引き続き好調を維持できている。強い相手にどこまでやれるか見てみたい」

池添騎手
「ラスト1ハロンから1頭になったが、集中して走れていた。いい状態」

・ラストインパクト

前走時追い切り・京都大賞典(6着)
栗東・CW・良
5F 64.6-50.4-38.5-12.9

最終追い切り
11月22日・栗東・CW・良
5F 64.0-49.5-37.6-12.4

・レイデオロ

前走時追い切り・神戸新聞杯(1着)
美浦・南W・良
5F 67.6-51.1-38.2-12.7

1週前追い切り
11月15日・美浦・南W・稍重
5F 69.1-54.3-39.8-13.0

ルメール騎手
「凄く良くなりました。ズブかった前走(神戸新聞杯1着)とは違って、ハミを取ってからの集中力が完璧です」

最終追い切り
11月22日・美浦・南W・良
4F 54.1-40.1-13.1

ルメール騎手
「好きに乗ってくれとの指示。直線はよく動いていたし、完璧なコンディション」

藤沢和師
「休み明けの前走より落ち着いている。追走も楽だったし、併走してからも穏やかに走っていた。体調はいい」

・レインボーライン

前走時追い切り・天皇賞秋(3着)
栗東・坂路・重
800m 55.1-39.9-13.1

最終追い切り
11月22日・栗東・坂路・良
800m 56.9-41.5-26.9-12.9

若松厩務員
「前走(天皇賞・秋=3着)のダメージもなく、いい感じ。相手は強いけど、いつもこちらが思っている以上の走りを見せてくれる馬なので楽しみ」

・ワンアンドオンリー

前走時追い切り・天皇賞秋(17着)
栗東・坂路・重
800m 55.5-40.5-13.2

1週前追い切り
11月16日・栗東・坂路・稍重
800m 51.8-37.7-12.4

甲斐助手
「坂路で時計が出て動きは良かった。前走のダメージは全くない。」

最終追い切り
11月22日・栗東・坂路・良
800m 56.7-40.5-26.1-13.0

橋口師
「レース週に強く追わない方がレース時に活気があるし、これで十分」

関連記事

・今週は他に京都2歳ステークスが行われる。

2016 京都2歳ステークス カデナ

【京都2歳ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/未来のG1馬を探せ

「京都2歳ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。京都2歳Sの出走登録は11頭。タイムフライヤーやグレイルなどが出走予定です。過去の勝ち馬にはG1馬に駆け上がった馬が多数。出世レースを制すのはどの馬か。

・来週は中京競馬場でチャンピオンズカップが開催される。

サウンドトゥルー

【チャンピオンズカップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/戦国ダート界を制すのは

2017年12月3日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦「チャンピオンズカップ」。チャンピオンズカップは2017年で第18回を迎える。昨年はサウンドトゥルーが制した。チャンピオンズカップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・12月10日には香港カップが開催され、日本馬の参戦が予定されている。

香港カップ 2016 モーリス

【香港カップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/日本勢3連覇に挑む

「香港カップ」は2017年12月10日に香港・シャティン競馬場で行われる国際G1戦。香港カップは距離は2000m戦で、世界各地から強豪馬が参戦する。昨年はモーリスが制した。香港カップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・12月24日には2017年の競馬の総決算・有馬記念が開催される。

サトノダイヤモンド

【有馬記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/年末の大一番は豪華絢爛

「有馬記念」は2017年12月24日に中山競馬場で行われる1年の締め括りの大一番。有馬記念は2017年で第62回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。