【北海道スプリントカップ2018】予想オッズ・枠順/スピード自慢が各地から集結

北海道スプリントカップ 2017 ニシケンモノノフ

北海道スプリントカップ 2018の予想オッズ・枠順・出走予定馬の情報です。2018年・北海道スプリントカップの出走予定馬にはニシケンモノノフやテーオーヘリオスなどが名を連ねています。全国からスピード馬が集結。北の大地が熱狂する。

スピード自慢が各地から集結

2018年6月7日(木)門別 第11競走
ダート1200m(右)20:00発走

農林水産大臣賞典 日刊スポーツ賞
第22回 北海道スプリントカップ・Hokkaido Sprint Cup(JpnIII)
(サラブレッド系 3歳以上 別定)
賞金:1着 22,000,000円

枠順

北海道スプリントカップ 2018 枠順

2018年・北海道スプリントカップの枠順が発表されました。

昨年のJBCスプリント覇者ニシケンモノノフは5枠9番、交流重賞初挑戦のテーオーヘリオスは2枠3番、地元門別で連勝中のサトノプリンシパルは3枠6番、メンバー最高齢・10歳のスノードラゴンは5枠10番に入った。
北海道スプリントカップは2018年6月7日(木)20時00分発走予定です。

出走予定馬

門別競馬場で行われるダートJpn3「北海道スプリントカップ」。
今年は16頭が出走する。出走馬から注目したい馬をピックアップした。

・ニシケンモノノフ(Nishiken Mononofu)

JBCスプリント 2017 ニシケンモノノフ

ニシケンモノノフ・7歳牡馬
40戦12勝 [12-7-1-20]
父:メイショウボーラー
母:グリーンヒルコマチ
母父:アフリート
馬名の由来:冠名+武士
前走:東京スプリント・8着(2番人気)
(鞍上:横山典弘)

ディフェンディングチャンピオン「ニシケンモノノフ」が今年も参戦する。
昨年の北海道スプリントカップは不良馬場での戦いだったがレコードタイムで快走し、後続を4馬身千切る圧勝劇を見せた。

昨年秋にはG1を制したものの、今年の3戦はいずれも大敗と精彩を欠いている。
昨年は57kgでの勝利だったが今年は59kgを背負うのがどう結果に影響するか。

得意の門別で復活勝利を挙げて復活の狼煙をあげたい。

関連記事
・テーオーヘリオス(T O Helios)

妙見山ステークス 2015 テーオーヘリオス 動画・結果

テーオーヘリオス・6歳牡馬
24戦6勝 [6-5-1-12]
父:Fusaichi Pegasus
母:リーグルメアリー
母父:Afternoon Deelites
馬名の由来:冠名+ギリシャ神話の太陽神
前走:天王山ステークス・1着(5番人気)
(鞍上:浜中俊)

初の交流重賞挑戦となる6歳馬「テーオーヘリオス」。
前走の天王山ステークスの勝利で飛躍のきっかけをつかんだ。

早めに函館入りし、しっかり調整されてきた。
近走は脚質に幅が出てきており、激しい先手争いに巻き込まれなければチャンス十分。
うまくリズムに乗れればいきなり重賞でも。

・コパノマイケル(Copano Michael)

コパノマイケル

コパノマイケル・5歳牡馬
13戦5勝 [5-2-0-6]
父:ゴールドアリュール
母:ジョウノイザベラ
母父:ウォーニング
馬名の由来:冠名+人名より
前走:黒船賞・10着(5番人気)
(鞍上:宮崎光行)

全5勝を1200mで挙げているスピード馬「コパノマイケル」。
初の交流重賞戦となった前走の黒船賞は1400mで10着と大敗。
1200mに戻るのはプラス。
地元・宮崎光行騎手を背に、スピード勝負に打って出る。

・スノードラゴン(Snow Dragon)

スノードラゴン

スノードラゴン・10歳牡馬
56戦8勝 [8-13-6-29]
父:アドマイヤコジーン
母:マイネカプリース
母父:タヤスツヨシ
馬名の由来:ユリ科の常緑多年草
前走:東京スプリント・7着(8番人気)
(鞍上予定:五十嵐冬樹)

10歳になって現役の「スノードラゴン」。
さすがに近走は衰えが見え始めた印象。
前走も前が止まらない展開だったとはいえ、前ほどの末脚が使えなかった。
相性のいい門別でもう一花咲かせられるか。

関連記事

予想オッズ

2018年・北海道スプリントカップの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. ニシケンモノノフ(3.0)
  2. テーオーヘリオス(4.5)
  3. サトノプリンシパル(5.5)
  4. スノードラゴン(7.0)
  5. コパノマイケル(7.5)
  6. ラブバレット(9.0)
  7. カツゲキライデン(20.0)
  8. コールサインゼロ(40.0)
  9. トドイワガーデン(☆)
  10. ディナスティーア(☆)
  11. シングンヴィグラス(☆)
  12. コスタアレグレ(☆)
  13. メイショウノーベル(☆)
  14. ナリユキマカセ(☆)
  15. モリデンシーザー(☆)
  16. ミッキーヘネシー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

日程・賞金

【北海道スプリントカップ 2016】動画・結果/ダノンレジェンドが人気馬同士の叩き合いを制する

日程・発走時刻
2018年6月7日(木)20時00分発走予定

場所・距離
門別競馬場・ダート・1200m


Jpn3

1着賞金
2,200万円

出走条件
3歳以上

プレイバック

2017年の北海道スプリントカップを制したのは「ニシケンモノノフ(Nishiken Mononofu) 」。後続に4馬身の差をつけ圧勝。レコードタイムのおまけつきだった。

2017年6月8日(木)北海道スプリントカップ・Hokkaido Sprint Cup

1着:ニシケンモノノフ
2着:ショコラブラン(4馬身)
3着:スノードラゴン(クビ)
4着:ゴーイングパワー(2-1/2馬身)
5着:トウカイビジョン(2-1/2馬身)

勝ちタイム:1:09:4(レコード)
優勝騎手:横山 典弘
馬場:不良

2017年・北海道スプリントカップ

北海道スプリントカップ 2017 ニシケンモノノフ

【北海道スプリントカップ 2017】動画・結果/ニシケンモノノフが圧逃レコードV

「北海道スプリントカップ 2017」の動画・結果です。北海道スプリントカップの結果は1着:ニシケンモノノフ、2着:ショコラブラン、3着:スノードラゴン。「ニシケンモノノフ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント
1着 ニシケンモノノフ(横山典弘騎手)
「前走(黒船賞=5着)はフェブラリーSの疲れが残っていたが、今回は返し馬から状態の良さを感じていました。スタートしてからはスピードの違いで僕はただ乗っかっているだけでした。故郷に錦を飾れましたし、秋のJBCスプリントに出走できればいいですね」
関連記事