にほんブログ村 競馬ブログへ

ロックディスタウン

「阪神ジュベナイルフィリーズ 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・阪神ジュベナイルフィリーズのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から阪神JFでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

2017年12月10日(日) | 5回阪神4日 | 15:40 発走
第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)芝・右・外 1600m
Hanshin Juvenile Fillies (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2017年・阪神ジュベナイルフィリーズの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

阪神ジュベナイルフィリーズ 2016 ソウルスターリング

【阪神ジュベナイルフィリーズ 2017】出走予定馬・予想オッズ/若さゆえの危うさ

「阪神ジュベナイルフィリーズ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。阪神ジュベナイルフィリーズの出走登録は23頭。ロックディスタウンやベルーガなどが出走予定です。才能あふれる2歳の乙女が火花を散らす。

枠順

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 枠順

阪神ジュベナイルフィリーズ」の枠順が発表されました。
札幌2歳ステークスを制し、鞍上にC.ルメール騎手を配してきたロックディスタウンは8枠18番、無傷の3連勝でG1制覇をもくろむオルフェーヴル産駒・ラッキーライラックは6枠11番、姉に桜花賞馬アユサンがいる良血馬で戸崎騎手が騎乗するマウレアは2枠4番に入った。

阪神ジュベナイルフィリーズ・データ

2017年・阪神ジュベナイルフィリーズのデータです。
青字はいいデータ赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

枠順別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 枠順別データ

(過去10回)

・「極端な偏りなし」

この10年で勝ち数が多い枠は「1枠」と「7枠」の3勝。ただ、複勝率で見れば突出した成績とは言えない。全体的に見れば外枠の「6枠から8枠」が6勝しているので外枠の馬が勝ちきることが多い。阪神ジュベナイルフィリーズでは外枠の「6枠から8枠」の馬を好データとしてピックアップする。

逆に成績が悪いのは「3枠」と「4枠」だ。ともに複勝率は1割で寂しい数字となっている。どちらも人気馬が少なかったのが数字の伸び悩みに関わっていそう。今回のデータの中では悪いデータとしておく。

〇・6枠から8枠

  • ラッキーライラック
  • ソシアルクラブ
  • トーセンアンバー
  • ノーブルアース
  • ナディア
  • モルトアレグロ
  • コーディエライト
  • ロックディスタウン

×・3枠、4枠

  • ラスエモーショネス
  • マドモアゼル
  • リリーノーブル
  • トーセンブレス

脚質別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 脚質別データ

(過去10年)
もっとも勝利している脚質は「差し」。10年で7勝を挙げている。道中うまく折り合って、阪神競馬場の長い直線をうまく生かして脚を伸ばせそうな馬を探したい。
逃げ馬は過去10年掲示板にも載れていない。目標にされると厳しい。先行馬はここ2年ともに優勝しているが(2015年メジャーエンブレム、2016年ソウルスターリング)、ともに1番人気だった。よほど戦前から評価されている馬出ないと前目から押し切ることは難しいようだ。

種牡馬別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた阪神芝1600m戦)

・「阪神マイルはディープの庭」

阪神芝1600m戦で勝ち数トップの種牡馬は「ディープインパクト」。2位以下に3倍以上の勝利数の差があるほど他の種牡馬を圧倒している。複勝率も飛びぬけて良く、抗うのは危険。今年はディープ産駒の参戦は3頭となっている。押さえておきたい。
今年はロードカナロアやオルフェーヴルといった話題の新種牡馬の産駒が出てきているためデータからは読みづらいところがある。ここら辺の取捨選択がカギになりそうだ。
他にも4勝以上を挙げ、複勝率が3割近くだったり、単勝・複勝回収値が高い活躍を見せている種牡馬の産駒をピックアップした。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ラテュロス(ディープインパクト)
  • マウレア(ディープインパクト)
  • トーセンブレス(ディープインパクト)
  • コーディエライト(ダイワメジャー)

騎手別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた阪神芝1600m戦)

今年参戦している騎手で注目したいのはC.ルメール騎手だ。勝ち数こそ6位ながら複勝率は5割越えの驚異的な数字を残す。2回に1回は馬券圏内に来ているのには驚きだ。リーディング争い独走中のルメール騎手の手綱さばきに注目したいところだ。他には関東の騎手で騎乗数が少なく勝ち数こそ少ないものの複勝率がすばらしい戸崎騎手にも要チェックだ。
他には4勝以上していて複勝率が3割近くの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • リリーノーブル(川田将雅)
  • ソシアルクラブ(福永祐一)
  • ロックディスタウン(C.ルメール)
  • マウレア(戸崎圭太)

馬体重別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 馬体重別データ

(過去10年)

好成績を残している馬体重は440kgから479kgの馬たちでこの馬体重の成績は【7-8-7-77】と馬券内の多くを占めている。軽すぎても重すぎても厳しいようだ。昨年のソウルスターリングは472kgでの優勝だった。
今年は人気が予想されるオルフェーヴル産駒の2頭(ラッキーライラック・486kg、ロックディスタウン・490kg)がこの好走データに当てはまらなかった。波乱となってしまうのか。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・440kg~479kgの馬

  • サヤカチャン
  • グリエルマ
  • マウレア
  • ラスエモーショネス
  • マドモアゼル
  • トーセンブレス
  • レグルドール
  • ソシアルクラブ
  • トーセンアンバー
  • ノーブルアース
  • モルトアレグロ
  • コーディエライト

調教後の馬体重

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 調教後の馬体重

JRAが発表した阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬の調教後における馬体重です。
二桁を超える大きな増減はコーディエライト(+10kg)、サヤカチャン(+20kg)となっています。
調教後の馬体重の時点で前走より馬体重を減らしているのはグリエルマ(-2kg)、ソシアルクラブ(-4kg)、トーセンブレス(-6kg)、ノーブルアース(-4kg)。まだ体が出来上がっていない2歳馬たちなのでこの変動がどうなのか。
ここからレースまでに変動があると思いますので、当日の馬体重にもご注目ください。

JRAのレースにおいて4着以下に敗れた経験の有無別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 JRAのレースにおいて4着以下に敗れた経験の有無別データ

(過去10回)
阪神ジュベナイルフィリーズでは4着以下に敗れたことのある馬はガクッと成績を落とす。馬券外を経験したことのある馬は10年間優勝していない。
どんなレースでも常に上位争いを演じられるくらいの馬でないと優勝するのは厳しい。馬単や3連単を購入予定なら頭に入れておきたいデータだ。

×・4着以下になったことがある馬

  • サヤカチャン
  • ラスエモーショネス
  • トーセンブレス
  • レグルドール
  • ハイヒール
  • トーセンアンバー
  • ノーブルアース

JRAの1600m以上のレースにおける優勝経験の有無別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 JRAの1600m以上のレースにおける優勝経験の有無別データ

(過去10回)

・「経験を武器に」

デビューからのレースで1600mの距離を経験している馬が強さを見せている。
阪神ジュベナイルフィリーズでは本番と同じ距離かそれ以上の距離で優勝した経験がある馬が馬券圏内の30頭中24頭を占める。実に8割の馬がマイル以上の距離で力を示してきた馬となっている。データでは初めてのマイル戦の馬には少し分が悪いようだ。

〇・JRAの1600m以上のレースにおける優勝経験のある馬

  • サヤカチャン
  • ラテュロス
  • マウレア
  • リリーノーブル
  • トーセンブレス
  • ラッキーライラック
  • ソシアルクラブ
  • トーセンアンバー
  • ノーブルアース
  • ロックディスタウン

所属別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 所属別データ

(過去10回)

阪神競馬場で行われるレースだが、関東馬の活躍が特に目立つ。複勝率で見ると関西馬の倍ほど活躍している。データからは関東馬を上位に見たい。

〇・関東馬

  • マウレア
  • マドモアゼル
  • トーセンブレス
  • トーセンアンバー
  • モルトアレグロ
  • ロックディスタウン

人気別データ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 オッズデータ

(過去10年)
過去10年、1番人気は【4-1-1-4】で勝ち数トップで複勝率も優秀な部類。優勝馬10頭はすべて5番人気以内で、2~4番人気は複勝率40%で横並び。配当妙味も含めれば、5番人気が一番の狙いという考え方もできそうだ。
外回りコースが新設された2006年以降、基本的には波乱の少ないレースとなっており、実力馬同士の決着のケースが目立つ。

追い切り・コメント

2017年・阪神ジュベナイルフィリーズの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 追い切り

【阪神ジュベナイルフィリーズ 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「阪神ジュベナイルフィリーズ 2017」の追い切り・コメントの情報です。阪神ジュベナイルフィリーズに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

データから導かれる注目馬

上記のデータから阪神ジュベナイルフィリーズで注目したい三頭はこちらだ。

・マウレア(Mau Lea)

マウレア

マウレア・2歳牝馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母父:Storm Cat
馬名の由来:永遠の喜び(ハワイ語)
前走:赤松賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

最初に取り上げたいのは阪神マイル戦で圧倒的な成績を残すディープインパクト産駒の「マウレア」だ。
ディープインパクトは種牡馬別の成績で他の種牡馬を寄せ付けない驚異的なペースで勝利を量産している。
マウレアは他にも騎手、所属、馬格、マイル以上の距離経験のデータなどでも名前が挙がった。
新種牡馬のオルフェーヴル産駒やロードカナロア産駒に注目が集まっているが、ここではやはりディープ産駒でしょう。無傷の3連勝でG1の栄冠を勝ち取る。

・ロックディスタウン(Rock This Town)

札幌2歳ステークス 2017 ロックディスタウン

ロックディスタウン・2歳牝馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:オルフェーヴル
母:ストレイキャット
母父:Storm Cat
馬名の由来:曲名
前走:札幌2歳ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

阪神マイル戦の特徴を完全に手中に入れているルメール騎手が騎乗する「ロックディスタウン」にも注目したい。
ルメール騎手は阪神ジュベナイルフィリーズを連勝中で、コース相性も抜群とくれば外すことはできない。
他にも枠順、所属、マイル以上の距離経験のデータなどでも名前が挙がった。
父・オルフェーヴルに初のG1タイトルをプレゼントできるか。

・ソシアルクラブ(Social Club)

ソシアルクラブ

ソシアルクラブ・2歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:キングカメハメハ
母:ブエナビスタ
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:社交クラブ
前走:2歳新馬戦・1着(2番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

良血馬「ソシアルクラブ」にも期待したい。
母のブエナビスタは2008年の阪神ジュベナイルフィリーズの覇者。その後の大活躍は周知のとおり。
データ的にも枠順、騎手、マイル以上の距離経験、馬格などでソシアルクラブの名前が挙がった。
まだ1戦1勝の身ながら血統の良さから大きな期待が寄せられている。新たなスターホースの誕生なるか。

関連記事

・前哨戦の札幌2歳ステークス・アルテミスステークスなどをしっかりチェックしよう!

・今週は他にカペラステークスが行われる。

カペラステークス 2016 ノボバカラ

【カペラステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/波乱多きダートの電撃戦

「カペラステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。カペラステークスの出走登録は23頭。サイタスリーレッドやブルドッグボスなどが出走予定です。1番人気が9年間勝利していない。波乱のにおいがプンプンする。

カペラステークス 2017 追い切り

【カペラステークス 2017】追い切り・コメント/追い切りが結果につながる

「カペラステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。カペラステークスに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

・来週は阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが開催される。

朝日杯フューチュリティステークス 2016 サトノアレス

【朝日杯フューチュリティステークス 2017】出走予定馬・日程・賞金/2歳マイル王に君臨するのは

「朝日杯フューチュリティステークス」は2017年12月17日に阪神競馬場で行われる2歳マイル王者を決める一戦。朝日杯フューチュリティステークスは2017年で第69回を迎える。昨年はサトノアレスが制した。朝日杯FSの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・12月10日には香港カップが開催され、日本馬の参戦が予定されている。

香港カップ 2016 モーリス

【香港カップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/日本勢3連覇に挑む

「香港カップ」は2017年12月10日に香港・シャティン競馬場で行われる国際G1戦。香港カップは距離は2000m戦で、世界各地から強豪馬が参戦する。昨年はモーリスが制した。香港カップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・12月24日には2017年の競馬の総決算・有馬記念が開催される。

サトノダイヤモンド

【有馬記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/年末の大一番は豪華絢爛

「有馬記念」は2017年12月24日に中山競馬場で行われる1年の締め括りの大一番。有馬記念は2017年で第62回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。