にほんブログ村 競馬ブログへ

ナンヨープランタン

「函館2歳ステークス 2017」のデータ・追い切り・コメントの情報です。函館2歳Sのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

2017年7月23日(日) | 2回函館6日 | 15:25 発走
第49回 函館2歳ステークス(GIII)芝・右 1200m
Hakodate Nisai Stakes (G3)

出走予定馬・想定騎手

2017年・函館2歳ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【函館2歳ステークス 2016】動画・結果/レヴァンテライオンが世代最初の重賞馬に輝く

【函館2歳ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/世代最初の重賞戦

「函館2歳ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。函館2歳Sの出走登録は17頭。アリアやナンヨープランタンなどが出走予定です。2017年の2歳世代最初の重賞戦。スピード対決を制するのは?

枠順

函館2歳ステークス 2017 枠順

函館2歳ステークスの枠順が発表されました。
人気が予想されるナンヨープランタンは1枠2番、浜中騎手とコンビを組むカシアスは6枠11番、地方から参戦するヤマノファイトは5枠9番に入った。

スポンサーリンク

函館2歳ステークスの気になるデータ

2017年・函館2歳ステークスのデータです。
青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

枠順別データ

函館2歳ステークス 2017 枠順別データ

(過去10回)

内外の枠で大きな成績の差はない。

枠番の中で特に好成績を収めているのは「3枠」。複勝率は3割近い成績でトップ。ここ3年連続で馬券圏内の馬を輩出している。

成績が悪いのは隣の「4枠」。2008年のナムラミーティア(1番人気で2着)以来まったく馬券に絡めていない。
その間には1番人気だったマイネルエスパスや3番人気だったビービーブレインなど人気馬がいても馬券外に飛んでいる。
減点が必要そうだ。

〇・3枠

  • ベイビーキャズ
  • ガウラミディ

×・4枠

  • アリア
  • ウインジェルベーラ

脚質別データ

函館2歳ステークス 2017 脚質別データ

(過去10年)
函館の短い直線を活かして前残りの展開が多いのかと思われたが、なかなか前が残れない。
折り合って差し脚を活かせる馬が活躍している。

種牡馬別データ

函館2歳ステークス 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた函館芝1200m戦)

函館芝1200m戦を特に得意としている種牡馬は「ダイワメジャー」。
勝ち数トップで、単勝回収値も100近い数字となっている。

他にも複勝率3割越えなど好成績の種牡馬の産駒をピックアップした。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • アリア(ダイワメジャー)
  • カシアス(キンシャサノキセキ)
  • リンガラポップス(キンシャサノキセキ)

騎手別データ

函館2歳ステークス 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた函館芝1200m戦)

函館芝1200m戦を得意としている騎手は岩田康誠騎手。勝ち数は2位を大きく引き離し、複勝率も5割近い。
他には6勝以上していて複勝率が3割越えの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • ナンヨープランタン(岩田)
  • デルマキセキ(藤岡康)
  • アリア(丸山)
  • ダンツクレイオー(池添)

馬体重別データ

函館2歳ステークス 2017 馬体重別データ

(過去10年)

大型馬は苦戦傾向。480kgを超えると大きく成績を下げる。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

×・480kg~

  • パッセ
  • ガウラミディ
  • ヤマノファイト
  • キタノユウキ

誕生月別データ

函館2歳ステークス 2017 誕生月別データ

(過去10年)
早生まれほど成績がいい。大きなアドバンテージになっているようだ。
5月以降生まれの馬は減点したい。

〇・1・2月生まれ

  • ナンヨープランタン
  • パッセ
  • モルトアレグロ

×・5月以降生まれ

  • リンガラポップス
  • キタノユウキ
  • ジェッシージェニー

前走のレース別データ

函館2歳ステークス 2017 前走のレース別データ

(過去5年)
馬券に絡んだ15頭中13頭が新馬勝ちを収めていた。
未勝利勝ち、地方馬は苦戦傾向が目立つ。

×・未勝利勝ち、地方馬

  • ヤマノファイト
  • ダンツクレイオー
  • カシアス
  • リンガラポップス

人気別データ

函館2歳ステークス 2017 オッズデータ

(過去10年)
1番人気【3-3-0-4】は複勝率60%とまずまずで、2番人気【4-1-3-2】は複勝率80%と堅実。毎年1、2番人気のどちらが馬券に絡んでいるので簡単には外せない。
たまに大荒れになるが、基本的には堅い決着が多い。

追い切りタイム

函館2歳ステークス 2017 追い切り

函館2歳ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイムなどです。

・アリア

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 69.2-53.9-39.5-12.4

丸山騎手
「まだ走りが分かっていない。今日もハミを取っていない」

・ウインジェルベーラ

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 67.9-53.5-39.5-13.4

松岡騎手
「使って少しテンションが高くなっている。冷静に競馬ができれば。」

・ガウラミディ

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
4F 57.3-41.1-12.3

城戸騎手
「しまい重点でしっかり動かす指示。血統はダートだけど、奇麗な走りで芝が駄目とは感じない。」

・カシアス

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 70.8-55.0-41.0-13.3

浜中騎手
「賢いし無駄なことをしない。新馬、未勝利と走って収穫十分」

・キタノユウキ

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 67.2-52.5-38.8-13.3

柴山騎手
「フットワークが良くて、操縦性もいい。長くいい脚を使えそう」

・ジェッシージェニー

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 69.5-54.1-40.6-13.1

菱田騎手
「いい感じです。この馬の長所は前向きで操縦性が高いところ。新馬戦の時も馬群の中で我慢できた」

・スズカマンサク

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 71.7-55.6-40.6-13.1

橋田師
「先週もやっているし、しまいだけ。使って体も締まった。タイプ的に雨は疑問。」

・ダンツクレイオー

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 71.4-55.2-40.1-12.8

本田師
「2回使っているので調整程度。うちのが一番速いでしょう。今までと違う競馬をする必要がないレースだから。」

・デルマキセキ

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 69.5-54.2-40.0-12.7

・ナンヨープランタン

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 69.4-54.4-40.2-12.8

額田助手
「結構やりました。元々、反応がいいけど、今日の動きはさらに伸びていくという感じ」

・パッセ

最終追い切り
7月19日・函館・D・稍重
5F 67.5-53.2-39.3-12.4

蛯名師
「ほぼ仕上がっているので反応を見る程度。落ち着いているのが何より。」

・ベイビーキャズ

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
5F 70.5-55.3-40.4-12.9

矢野師
「数字以上に動きが良かった。1回使って張りが出た。初戦(芝1000メートル)の上がり3Fを、1200メートルでも使えれば。」

・モルトアレグロ

最終追い切り
7月19日・函館・芝・良
5F 67.0-50.4-37.1-12.2

吉田隼人騎手
「しまい重点で反応も良かった。1頭になるとフワフワする面はあるけど、2戦目としてはまずまず。(新馬を)使った上積みが、レースでも出てくれれば。芝は問題ない」

武井師
「相手も動く馬。先週よりもさらに良かった。馬の後ろで我慢させる稽古を普段からさせ、教えたことを習得してくれている。学習能力が高い」

・リンガラポップス

最終追い切り
7月19日・函館・W・良
4F 55.7-40.5-12.6

田中助手
「短期間での3戦になるけれど、馬は元気だしよく耐えてくれています。素直ですごくセンスがいいし、どんな形でもしっかりと走ってきてくれます」

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・ナンヨープランタン(Nanyo Printemps)

ナンヨープランタン

ナンヨープランタン・2歳牡馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:ルーラーシップ
母:テキサスルビー
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:冠名+春(仏)
前走:2歳新馬戦・1着(4番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

最初にピックアップしたいのはナンヨープランタン。
鞍上の岩田騎手は函館コースをとても得意としていて心強い。早生まれ、馬格、前走レースなどでも好データを獲得した。
世代最初の重賞馬の資格は十分に持ち合わせている。

・アリア(Aria)

アリア

アリア・2歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:ダイワメジャー
母:ラプターセイハート
母父:トワイニング
馬名の由来:叙情的、旋律的な特徴の強い独唱曲で、オペラなどの中に含まれるもの
前走:2歳新馬戦・1着(4番人気)
(鞍上予定:丸山元気)

こちらも多くのデータがあてはまったアリア。
枠順こそマイナスデータだったが、種牡馬、騎手・馬格など加点が多かった。
夏に強い牝馬がここでも上位を賑わすか。

・デルマキセキ(Derma Kiseki)

デルマキセキ

デルマキセキ・2歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:Scat Daddy
母:Tashawak
母父:Night Shift
馬名の由来:冠名+奇跡
前走:2歳新馬戦・1着(1番人気)
(鞍上予定:藤岡康太)

少し人気がなさそうなところからのデルマキセキをピックアップしたい。
外国産馬で未知の部分も多いが、馬格や騎手など好データ多数。
「奇跡」ではなく実力で重賞勝ちを。

予想

管理人が独断と偏見で予想した「函館2歳ステークス」!
◎・[最強]競馬ブログランキングへ
(競馬の魅力・ブログ紹介文に記載しています。)
〇・アリア
▲・ダンツクレイオー
★・デルマキセキ
△・ベイビーキャズ・カシアス・モルトアレグロ

本命は[最強]競馬ブログランキングに書かせていただきました。
新馬戦のレース内容はここで十分に通用するものを見せてくれた。世代最初の重賞馬はこの馬と見た。

対抗はアリア。この馬も新馬の内容が良かった。楽しみな一頭。
他には人気になりそうなダンツクレイオーやデルマキセキなどを選出した。

関連記事

・今週は他に中京記念が行われる。

【中京記念 2016】動画・結果/ガリバルディが外から豪快に差し切る

【中京記念 2017】出走予定馬・予想オッズ/波乱必至なハンデ戦

「中京記念 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。中京記念の出走登録は18頭。ブラックムーンやウインガニオンなどが出走予定です。夏開催に移行からは波乱続き。今年も荒れるのか?

・8月20日には豪華メンバーが予想される札幌記念が開催される。

【札幌記念 2016】動画・結果/ペースを握ったネオリアリズムが金星を挙げる

【札幌記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/北の大地が熱狂する

2017年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース「札幌記念」。2017年で第53回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はネオリアリズムが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。