にほんブログ村 競馬ブログへ

【函館記念 2016】動画・結果/逃げたマイネルミラノが直線で後続を引き離し快勝

「函館記念 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。函館記念の出走登録は18頭。サトノアレスやマイネルミラノなどが出走予定です。人気馬が苦戦するケースが多いが今年はどうなる?

波乱多きハンデ戦

2017年7月16日(日) | 2回函館4日 | 15:25 発走
第53回 函館記念(GIII)芝・右 2000m
Hakodate Kinen (G3)

「函館記念」は芝2000mで行われるハンデ戦で、1着馬には4,100万円が贈られる。

配当的には1番人気が過去10年で0勝・2着2回・3着0回と馬券に絡めないケースがとても多い。ハンデ戦らしく難解な結果となりやすい。
ただ二桁人気の馬は10年で4回馬券になっており、中位人気の馬をうまく絡ませて高配当を狙っていきたい。

先週の注目レース

プロキオンステークス 2017 キングズガード

【プロキオンステークス 2017】動画・結果/キングズガードが重賞初制覇

「プロキオンステークス 2017」の動画・結果です。プロキオンSの結果は1着:キングズガード、2着:カフジテイク、3着:ブライトライン。「キングズガード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

七夕賞 2017 ゼーヴィント

【七夕賞 2017】動画・結果/ゼーヴィントがゴール前で差し切る

「七夕賞 2017」の動画・結果です。七夕賞の結果は1着:ゼーヴィント、2着:マイネルフロスト、3着:ソールインパクト。「ゼーヴィント」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年の函館記念に18頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭です。

賞金上位馬

  • サトノアレス(C.ルメール)54.0kg
  • マイネルミラノ(丹内)58.0kg
  • ツクバアズマオー(吉田豊)57.0kg
  • ステイインシアトル(武豊)57.0kg
  • タマモベストプレイ(吉田隼)56.5kg
  • サクラアンプルール(蛯名)56.0kg
  • レッドソロモン(岩田)56.0kg
  • パリカラノテガミ(未定)53.0kg
  • ケイティープライド(鮫島駿)52.0kg
  • ヤマカツライデン(池添)55.0kg
  • スーパームーン(未定)55.0kg
  • アングライフェン(北村友)55.0kg
  • カムフィー(勝浦)54.0kg
  • ナリタハリケーン(藤岡康)54.0kg
  • ルミナスウォリアー(柴山)55.0kg
  • ダンツプリウス(丸山)56.0kg

除外対象馬

  • トウシンモンステラ(未定)53.0kg
  • ジョルジュサンク(未定)53.0kg

函館記念 注目出走予定馬ピックアップ

函館競馬場で行われる芝G3・函館記念。
今年は18頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・サトノアレス(Satono Ares)

朝日杯フューチュリティステークス 2016 サトノアレス

サトノアレス・3歳牡馬
8戦4勝 [4-2-0-2]
父:ディープインパクト
母:サトノアマゾネス
母父:デインヒル
馬名の由来:冠名+ギリシャ神話の戦の神
前走:巴賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

昨年の2歳王者が夏の函館に登場する。
春のクラシックはスプリングステークス4着、皐月賞11着と結果を残せなかったものの、前走の巴賞では断然人気に答え快勝。
馬体も+10kgと函館記念を想定したような仕上げ。この勝利は価値があった。
再びルメール騎手とのコンビ継続も大きい。秋の大きい舞台へ向け、いい競馬をしたいところ。

・ステイインシアトル(Stay in Seattle)

鳴尾記念 2017 ステイインシアトル

ステイインシアトル・4歳牡馬
10戦5勝 [5-2-0-3]
父:ステイゴールド
母:シアトルサンセット
母父:Belong to Me
馬名の由来:父名、母系より連想
前走:鳴尾記念・1着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

前走の鳴尾記念で勝利し悲願の重賞初制覇を果たしたステイインシアトル。
6歳馬だがまだ10戦と馬は若い。
全5勝すべて逃げ切り勝ちと、ペースを握るとしぶとく粘る。
函館競馬場は初参戦。北の大地で2つ目の重賞タイトル取りを狙う。

・ツクバアズマオー(Tsukuba Azuma O)

ツクバアズマオー

ツクバアズマオー・6歳牡馬
29戦7勝 [7-4-5-13]
父:ステイゴールド
母:ニューグランジ
母父:Giant’s Causeway
馬名の由来:冠名+東の王様
前走:日経賞・11着(8番人気)
(鞍上予定:吉田豊)

今年初戦となった中山金杯で勝利し重賞タイトルを獲得したツクバアズマオー。
その後はG2戦を2戦使って勝てなかったが、G3戦に戻れば主役候補。
昨年の函館記念では9番人気と低評価だったが3着に健闘。洋芝は走る。
仕切り直しの一戦で結果がほしい。

・マイネルミラノ(Meiner Milano)

福島民報杯 2017 マイネルミラノ

マイネルミラノ・7歳牡馬
39戦8勝 [8-4-3-24]
父:ステイゴールド
母:パールバーリー
母父:Polish Precedent
馬名の由来:冠名+鳶(西)
前走:エプソムC・7着(8番人気)
(鞍上予定:丹内祐次)

昨年の函館記念の覇者が今年も参戦。
今年はオープン特別の福島民報杯こそ勝利したものの重賞の2戦では掲示板にも載れなかった。

・サクラアンプルール(Sakura Empereur)

サクラアンプルール

サクラアンプルール・6歳牡馬
18戦5勝 [5-3-1-9]
父:キングカメハメハ
母:サクラメガ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+皇帝(仏)
前走:大阪杯・13着(9番人気)
(鞍上予定:蛯名正義)

2走前の中山記念ではロゴタイプやヴィブロスといったG1馬に先着し2着に健闘した。
今回のメンバーなら実績上位の存在。まだ手にしていない重賞タイトルを手にできるか。

他には巴賞で2、3着のアングライフェンやナリタハリケーンなども出走予定。

函館記念は2017年7月16日(日)の15時25分発走予定です。

スポンサーリンク

予想オッズ

2017年・函館記念の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. サトノアレス(3.0)
  2. ステイインシアトル(4.0)
  3. ツクバアズマオー(5.0)
  4. サクラアンプルール(6.0)
  5. マイネルミラノ(8.0)
  6. ルミナスウォリアー(12.0)
  7. アングライフェン(16.0)
  8. ヤマカツライデン(25.0)
  9. ケイティープライド(30.0)
  10. ジョルジュサンク(35.0)
  11. ダンツプリウス(45.0)
  12. タマモベストプレイ(☆)
  13. スーパームーン(☆)
  14. レッドソロモン(☆)
  15. パリカラノテガミ(☆)
  16. カムフィー(☆)
  17. ナリタハリケーン(☆)
  18. トウシンモンステラ(☆)

☆印は50倍以上と予想

今年の出走馬の中で1番人気はサトノアレス。前哨戦の巴賞の勝ち方、ルメール騎手、3歳馬で軽斤量。この条件なら人気になるはず。
2番人気は前走重賞勝ちのステイインシアトル、3番人気予想は中山金杯を制しているツクバアズマオーと予想します。

10年間の人気別データ

函館記念 2017 オッズデータ

1番人気は【0-2-0-8】で10連敗中。92年から02年にかけても11連敗があり、もし今年も敗れれば並ぶことになる。
一方で、優勝馬10頭中9頭は2~4番人気と、勝ち馬のほとんどは上位人気から出ている。

2着馬の10頭中8頭は7番人気以下、3着馬も7頭が7番人気以下と、2~3着には穴馬が多い。
うまく組み合わせて高配当を狙いたい。

主な前哨戦

函館記念に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、函館記念に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年2月26日(日)中山記念(GII)

中山記念 2017 ネオリアリズム

2着:サクラアンプルール
6着:ツクバアズマオー
9着:マイネルミラノ

タイム:1.47.6 馬場:良

【中山記念 2017】動画・結果/ネオリアリズムが抜け出し重賞2勝目を挙げる

2017年4月16日(日)福島民報杯

1着:マイネルミラノ
6着:ステイインシアトル
7着:ケイティープライド

タイム:1.58.5 馬場:良

2017/04/16 福島11R 福島民報杯(OP)【マイネルミラノ】

2017年6月3日(土)鳴尾記念(GIII)

鳴尾記念 2017 ステイインシアトル

1着:ステイインシアトル
10着:レッドソロモン

タイム:1.59.4 馬場:良

【鳴尾記念 2017】動画・結果/ステイインシアトルが重賞初制覇

2017年6月11日(日)エプソムカップ(GIII)

エプソムカップ 2017 ダッシングブレイズ

7着:マイネルミラノ
13着:カムフィー

タイム:1.45.9 馬場:良

【エプソムカップ 2017】動画・結果/ダッシングブレイズが内から抜け出す

2017年7月2日(日)巴賞

1着:サトノアレス
2着:アングライフェン
3着:ナリタハリケーン

タイム:1.46.5 馬場:良

2017/07/02 函館11R 巴賞(OP)【サトノアレス】

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年7月16日(日)15時25分発走予定

場所・距離
函館競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
4,100万円

一週前予想

管理人が独断と偏見で予想した「函館記念」!
一週前予想です。最終予想と異なる可能性があるので、本予想を記載する枠順発表後の「【函館記念 2017】データ・追い切り」の記事を見ていただけると光栄です。

◎・[最強]競馬ブログランキングへ
(競馬の魅力・ブログ紹介文に記載しています。)
〇・サトノアレス

本命は[最強]競馬ブログランキングに書かせていただきました。
父キングカメハメハは函館コースを得意としており、斤量も恵まれた。勝利気配十分。

対抗はサトノアレス。前走の巴賞の勝ち方もよく、3歳馬で斤量54kgなら。
他にはステイインシアトル、アングライフェンなども気になっています。

函館記念・プレイバック

2016年7月17日(日)函館記念(GIII)

1着:マイネルミラノ
2着:ケイティープライド(2馬身)
3着:ツクバアズマオー(1-1/2馬身)
4着:マデイラ(1/2馬身)
5着:バイガエシ(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.59.0
勝利騎手:丹内 祐次
馬場:稍重

2016年・函館記念

【函館記念 2016】動画・結果/逃げたマイネルミラノが直線で後続を引き離し快勝

【函館記念 2016】動画・結果/逃げたマイネルミラノが直線で後続を引き離し快勝

「函館記念 2016」の動画・結果です。函館記念の結果は1着:マイネルミラノ、2着:ケイティープライド、3着:ツクバアズマオー。「マイネルミラノ」が勝利した2016年の当レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の函館記念は16頭での争いとなった。
前評判では前走の洞爺湖特別を制し、斤量にも恵まれたバイガエシが1番人気に支持された。

レースは、先手を取った3番人気マイネルミラノが、そのままゴールまで逃げ切り、直線内で脚を伸ばしてきた13番人気ケイティープライドに2馬身差をつけ優勝。さらに1-1/2馬身差の3着に9番人気ツクバアズマオーに入った。

勝ったマイネルミラノは、前年2番人気8着に終わった悔しさを晴らし、念願の重賞初制覇を果たした。

関連記事

・8月20日には豪華メンバーが予想される札幌記念が開催される。

【札幌記念 2016】動画・結果/ペースを握ったネオリアリズムが金星を挙げる

【札幌記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/北の大地が熱狂する

2017年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース「札幌記念」。2017年で第53回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はネオリアリズムが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。