にほんブログ村 競馬ブログへ

「福島牝馬ステークス 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。福島牝馬ステークスの出走登録は19頭。クインズミラーグロやクロコスミアなどが出走予定です。福島牝馬ステークスは2017年4月22日(土)、福島競馬場・芝1800mで開催されます。

【福島牝馬ステークス 2017】出走予定馬・想定騎手/波乱多き牝馬の一戦

2017年4月22日(土) | 1回福島5日 | 15:25 発走
第14回 福島牝馬ステークス(GIII)芝・右 1800m
Fukushima Himba Stakes (G3)

福島牝馬ステークスは芝1800mで行われる別定戦で、1着馬には3,800万円が贈られる。さらに1着馬にはヴィクトリアマイルへの優先出走権が付与される。

2017年で14回目を迎える。
過去の勝ち馬にはオールザットジャズが連覇したり、ブラボーデイジーが福島牝馬ステークスを制した後にヴィクトリアマイルで2着に入った。昨年はマコトブリジャールが優勝した。

配当的には1番人気が過去10年で連対率4割と芳しくない。二桁人気の馬も10年で7回来ており、穴馬の激走に注意したい。

関連記事

・ヴィクトリアマイルは5月14日に行われる。

【ヴィクトリアマイル 2017】出走予定馬・日程・賞金/新マイル女王が決まる

この記事を詳しく読む

2017年5月14日に東京競馬場で行われる春のマイル女王を決める一戦「ヴィクトリアマイル」。2017年で第12回を迎える。昨年はストレイトガールが連覇を達成した。2017年はどの馬が頂点に立つのか。ヴィクトリアマイルの出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

2017年・福島牝馬ステークス

出走予定馬・想定騎手

2017年の福島牝馬ステークスに19頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭になります。

賞金上位馬

  • タマノブリュネット(丸山)54.0kg
  • エテルナミノル(菱田)54.0kg
  • ウキヨノカゼ(吉田隼)54.0kg
  • クインズミラーグロ(武豊)54.0kg
  • ウインファビラス(松岡)54.0kg
  • ペイシャフェリス(川須)54.0kg
  • クロコスミア(戸崎)54.0kg
  • フロンテアクイーン(北村宏)54.0kg
  • ハピネスダンサー(北村友)54.0kg
  • リーサルウェポン(丹内)54.0kg
  • ショウナンアデラ(柴山)54.0kg
  • デンコウアンジュ(秋山)54.0kg
  • ギモーヴ(鮫島駿)54.0kg
  • トウカイシェーン(未定)54.0kg
  • ブリガアルタ(勝浦)54.0kg
  • ロッカフラベイビー(津村)54.0kg

除外対象馬

  • ウエスタンレベッカ(未定)54.0kg
  • ウインオリアート(未定)54.0kg
  • ノットフォーマル(未定)54.0kg

福島牝馬ステークス 注目出走予定馬ピックアップ
福島競馬場で行われる芝G3・福島牝馬ステークス。
今年は19頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・クインズミラーグロ(Queen’s Milagro)

クインズミラーグロ・5歳牝馬
23戦5勝 [5-3-5-10]
父:マンハッタンカフェ
母:ジャストトゥートゥー
母父:In Excess
馬名の由来:冠名+奇跡(西)
前走:中山牝馬S・3着(7番人気)
(鞍上予定:武豊)

昨年末の条件戦を勝利し、今年に入っての重賞2戦ではともに3着と好調キープのクインズミラーグロ。特に前走の中山牝馬ステークスでは勝ち馬と0.1秒差まで詰め寄った。
今回は2015年の未勝利戦(1着)以来となる武豊騎手とのコンビが発表されている。心強いパートナーと初重賞制覇を狙う。

・クロコスミア(Crocosmia)

クロコスミア・4歳牝馬
14戦2勝 [2-1-3-8]
父:ステイゴールド
母:デヴェロッペ
母父:ボストンハーバー
馬名の由来:花の名。花言葉は気品ある精神
前走:阪神牝馬S・4着(7番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

これまでG2戦で2着、G3戦で3着2回と重賞でも好走経験があるクロコスミア。なかでもローズステークスではシンハライトとハナ差の接戦を演じた。
最近のレースでは逃げの戦法が板についてきた。直線の短い福島コースで持ち味を生かせるか。

・フロンテアクイーン(Frontier Queen)

フロンテアクイーン・4歳牝馬
13戦2勝 [2-3-1-7]
父:メイショウサムソン
母:ブルーボックスボウ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:最先端+女王
前走:中山牝馬S・8着(4番人気)
(鞍上予定:北村宏司)

こちらも重賞勝ち鞍こそないもののクイーンカップや紫苑ステークスで馬券圏内を確保。重賞でもいい走りを見せている。
今年初戦となった初音ステークスでは上り最速の脚で差し切り勝ち、前走の中山牝馬ステークスでも8着ながらタイム差は0.3秒に健闘した。
展開が向けば一気に差し切るシーンが見られそう。

・ウインファビラス(Win Fabulous)

ウインファビラス・4歳牝馬
14戦1勝 [1-2-2-9]
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ
母父:アドマイヤコジーン
馬名の由来:冠名+とても素敵な
前走:東風S・9着(4番人気)
(鞍上予定:松岡正海)

・デンコウアンジュ(Denko Ange)

デンコウアンジュ・4歳牝馬
11戦2勝 [2-0-0-9]
父:メイショウサムソン
母:デンコウラッキー
母父:マリエンバード
馬名の由来:冠名+天使(仏)
前走:阪神牝馬S・7着(10番人気)
(鞍上予定:秋山真一郎)

他には重賞2勝のウキヨノカゼや、2014年の2歳女王・ショウナンアデラなども出走予定。

福島牝馬ステークスは2017年4月22日(土)の15時25分発走予定です。

追い切りタイム

福島牝馬ステークスに出走を予定している馬の追い切りタイムです。

(※今週の追い切りは4月19日・20日に更新予定です)

主な前哨戦

福島牝馬ステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回福島牝馬ステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2016年12月17日(土)ターコイズステークス(重賞)

4着:ウキヨノカゼ
5着:ウインファビラス
7着:エテルナミノル
タイム:1.33.6 馬場:良

【ターコイズステークス 2016】動画・結果/マジックタイムが外から鋭く差し切る

2017年2月18日(土)京都牝馬ステークス(GIII)

6着:ウインファビラス
9着:ペイシャフェリス
15着:エテルナミノル
タイム:1.22.5 馬場:稍重

【京都牝馬ステークス 2017】動画・結果/レッツゴードンキが力の違いを見せつける

2017年3月12日(日)中山牝馬ステークス(GIII)

3着:クインズミラーグロ
6着:ウキヨノカゼ
8着:フロンテアクイーン
タイム:1.49.4 馬場:良

【中山牝馬ステークス 2017】動画・結果/トーセンビクトリーが抜け出す

2017年3月26日(日)六甲ステークス

2着:ペイシャフェリス

タイム:1.34.2 馬場:良

2017/03/26 阪神11R 六甲S(OP)【アスカビレン】

2017年4月8日(土)阪神牝馬ステークス(GII)

4着:クロコスミア
5着:エテルナミノル
7着:デンコウアンジュ
タイム:1.34.3 馬場:重

【阪神牝馬ステークス 2017】動画・結果/ミッキークイーンが女王の意地を見せる

福島牝馬ステークス・プレイバック

2016年4月23日(土)福島牝馬ステークス(GIII)

1着:マコトブリジャール 牝6 北村 友一 1.47.5
2着:シャルール 牝4 横山 典弘 1.47.7 1-1/4馬身
3着:オツウ 牝6 加藤 祥太 1.47.7 クビ
4着:アースライズ 牝4 丸山 元気 1.47.9 1-1/4馬身
5着:クインズミラーグロ 牝4 幸 英明 1.47.9 ハナ

2016年・福島牝馬ステークス

【福島牝馬ステークス 2016】動画・結果/マコトブリジャールが抜け出し波乱を演出

この記事を詳しく読む

「福島牝馬ステークス 2016」の動画・結果です。福島牝馬ステークスの結果は1着:マコトブリジャール、2着:シャルール、3着:オツウ。「マコトブリジャール」が勝利した2016年の福島牝馬ステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の福島牝馬ステークスは16頭での争いとなった。
前評判では条件戦3連勝でここに挑んできたシャルールが1番人気に支持された。

レースは、2番手で進めた15番人気マコトブリジャールが、直線に入って抜け出し、最後は先団の後ろから差を詰めてきた1番人気シャルールに1-1/4馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着には、逃げた13番人気オツウに入った。

勝ったマコトブリジャールは、今回の勝利が重賞初勝利となった。

関連記事

・今月の30日には注目の長距離G1・天皇賞春が開催される。

【天皇賞春 2017】出走予定馬・予想オッズ・賞金/春の盾は誰の手に

この記事を詳しく読む

2017年4月30日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦「天皇賞春」。天皇賞春は2017年で第155回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はキタサンブラックがハナ差の接戦を制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。