【フラワーカップ2018】予想オッズ・出走予定馬/悩ましき路線選択

フラワーカップ 2017 ファンディーナ

フラワーカップ 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。フラワーカップの出走登録は15頭。出走予定馬にはロックディスタウンやトーセンブレスなどが名を連ねています。このレースの結果によって桜か樫かのプランが決まる。

2018年3月17日(土) | 2回中山7日 | 15:45 発走
第32回 フラワーカップ(GIII)芝・右 1800m
Flower Cup (G3)

過去の傾向

フラワーカップ」は芝1800mで行われる別定戦で、1着馬には3,500万円が贈られる。

配当的には1番人気は4勝・2着3回・3着1回と複勝率は8割。
力関係がわかりづらい3歳牝馬の一戦ながら、1番人気はきっちり馬券に絡んでいる。
ここ3年は勝ちきっており、さらに信頼度が増している印象。

二桁人気の馬は10年間で67頭が出走して1勝を含む馬券圏内は4頭。
二桁人気で勝利した馬は2009年のヴィーヴァヴォドカ。
43.6倍の11番人気で優勝、逃げ切りでの激走だった。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で1度。
もっとも荒れた年でも11万馬券とほとんど荒れない。
あまり大きな配当は期待できないようだ。

先週の注目レース

出走予定馬

2018年のフラワーカップに15頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭となっています。

賞金上位馬
  • ロックディスタウン(池添謙一)55.0kg
  • ノームコア(北村宏司)54.0kg
  • メサルティム(石橋脩)54.0kg
  • インヴィジブルワン(三浦皇成)54.0kg
  • ウスベニノキミ(内田博幸)54.0kg
  • オスカールビー(蛯名正義)54.0kg
  • カラリエーヴァ(江田照男)54.0kg
  • カンタービレ(M.デムーロ)54.0kg
  • ガールズバンド(未定)54.0kg
  • キープシークレット(柴田大知)54.0kg
  • トーセンブレス(柴田善臣)54.0kg
  • ノーブルカリナン(勝浦正樹)54.0kg
  • バケットリスト(F.ミナリク)54.0kg
  • ファストライフ(大野拓弥)54.0kg
  • モルフェオルフェ(吉田隼人)54.0kg
関連記事

出走予定馬・ピックアップ

中山競馬場で行われる芝G3「フラワーカップ」。
今年は15頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・ロックディスタウン(Rock This Town)

ロックディスタウン

ロックディスタウン・3歳牝馬
3戦2勝 [2-0-0-1]
父:オルフェーヴル
母:ストレイキャット
母父:Storm Cat
馬名の由来:曲名
前走:阪神ジュベナイルフィリーズ・9着(1番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

阪神ジュベナイルフィリーズで1番人気に支持された未完の大器「ロックディスタウン」。
休み明けだったG1戦は3か月ぶりの実戦と関西への長距離輸送で馬がエキサイトしてしまった。

デビューから2戦目に札幌2歳ステークスを制しており、距離には不安はない。
G1での大敗を糧に大きな成長を見せてほしい。

関連記事
・ノーブルカリナン(Noble Cullinan)

ノーブルカリナン

ノーブルカリナン・3歳牝馬
3戦1勝 [1-1-1-0]
父:ディープインパクト
母:ノーブルジュエリー
母父:Smarty Jones
馬名の由来:高品質な+世界最大のダイヤモンドの原石カリナン
前走:エルフィンステークス・2着(3番人気)
(鞍上予定:勝浦正樹)

エルフィンステークスで2着に入った「ノーブルカリナン」。
勝ち馬の末脚に屈したものの0.1秒差の2着なら悲観する必要はない。
初コンビとなる勝浦正樹がどのように乗るのかにも注目が集まる。

関連記事
・トーセンブレス(Tosen Bless)

トーセンブレス

トーセンブレス・3歳牝馬
3戦1勝 [1-0-0-2]
父:ディープインパクト
母:ブルーミンバー
母父:ファルブラヴ
馬名の由来:冠名+神が祝福する
前走:阪神ジュベナイルフィリーズ・4着(7番人気)
(鞍上予定:柴田善臣)

未知の可能性を感じさせる末脚の持ち主「トーセンブレス」。
ハマった時の爆発力は同世代でもトップクラスだろう。

これまで勝ち星こそデビュー戦の1勝のみだが、前走の阪神ジュベナイルフィリーズでも勝ち馬ラッキーライラックと同じ33.7のタイムで伸びてきており、流れが向けば突き抜けるだけの破壊力は示せた。

前走と比べれば手ごろなメンバー。
なんとかクラシック路線に乗るためにも賞金を加算したい。

関連記事
・メサルティム(Mesarthim)

メサルティム

メサルティム・3歳牝馬
3戦2勝 [2-0-1-0]
父:ディープブリランテ
母:ピンクアリエス
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:おひつじ座のγ星。母名より連想
前走:3歳500万下・1着(9番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

未勝利、500万下を連勝してきた「メサルティム」。
ともに1800m戦での勝利に価値があり、前走に至っては今回のフラワーカップと同じ中山コースでの勝利だった。

ただ、この短期間に2度目の関東遠征となる。
420kg前後と小さな馬体を維持できるかがポイントとなりそうだ。

他にはデビューから無傷の連勝中も休み明けの一戦となる「ノームコア」や牡馬相手の若竹賞で2着に入った経験のある「バケットリスト」、好調なM.デムーロ騎手が騎乗予定の「カンタービレ」なども出走予定馬に名を連ねています。

フラワーカップは2018年3月17日(土)の15時45分発走予定です。

予想オッズ

2018年・フラワーカップの予想オッズです。
カッコ内はオッズとなっています。

  1. ロックディスタウン(2.5)
  2. カンタービレ(3.5)
  3. トーセンブレス(5.0)
  4. メサルティム(7.5)
  5. ノーブルカリナン(12.0)
  6. ノームコア(16.0)
  7. ガールズバンド(30.0)
  8. オスカールビー(40.0)
  9. バケットリスト(45.0)
  10. モルフェオルフェ(☆)
  11. インヴィジブルワン(☆)
  12. カラリエーヴァ(☆)
  13. キープシークレット(☆)
  14. ウスベニノキミ(☆)
  15. ファストライフ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

10年間の人気別データ

フラワーカップ 2018 オッズデータ

馬券について

3歳重賞 2018 馬連5%up

JRAの発表によるとフラワーカップの「馬連」を対象に、通常の払戻金に売上げの5%相当額を上乗せして払戻しされます。なお、対象レースのオッズ・払戻金の表示は、売上げの5%相当の上乗せ分を含んだ倍率・金額となります。

日程・賞金

フラワーカップ 2016

日程・発走予定時刻
2018年3月17日(土)15時45分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
3,500万円

プレイバック

2017年3月20日(月)フラワーカップ(GIII)

1着:ファンディーナ
2着:シーズララバイ(5馬身)
3着:ドロウアカード(クビ)
4着:エバープリンセス(クビ)
5着:ハナレイムーン(3/4馬身)

勝ちタイム:1.48.7
勝利騎手:岩田康誠
馬場:良

2017年・フラワーカップ

フラワーカップ 2017 ファンディーナ

【フラワーカップ 2017】動画・結果/ファンディーナがモノの違いをみせ圧勝

「フラワーカップ 2017」の動画・結果です。フラワーカップの結果は1着:ファンディーナ、2着:シーズララバイ、3着:ドロウアカード。「ファンディーナ」が勝利した2017年のフラワーカップの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年のフラワーカップは13頭での争いとなった。
前評判では新馬戦、つばき賞を強い内容で連勝してきたファンディーナが1番人気に支持された。

レースは、2番手で進めた1番人気ファンディーナが、4コーナーで先頭に立つと、あとはほぼ持ったままで後続を突き放して独走。最後は2着の8番人気シーズララバイに5馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に7番人気ドロウアカードが入った。

勝ったファンディーナは新馬戦、つばき賞に続く無傷の3連勝での重賞初制覇となった。

レース後のコメント
1着 ファンディーナ(岩田康誠騎手)
「思った以上に走ってくれましたし、期待通りに成長してくれています。完歩の大きい馬で、無理に抑えることなく、スッと反応してくれました。距離は伸びても、短くなっても対応可能です。レースに行けば、言うことを聞いてくれる馬です。チャンスのある馬に乗せていただきましたし、この後も頑張ります」

関連記事