【フェブラリーステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

フェブラリーステークス 2018 追い切り

フェブラリーステークス 2018の追い切り・コメントの情報です。フェブラリーSに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

2018年2月18日(日) | 1回東京8日 | 15:40 発走
第35回 フェブラリーステークス(GI)ダート・左 1600m
February Stakes (G1)

出走予定馬・想定騎手

2018年・フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

フェブラリーステークス

【フェブラリーステークス2018】予想オッズ・出走予定馬/2018年のG1が始まる

「フェブラリーステークス 2018」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。フェブラリーSの出走登録は24頭、賞金は1着馬に1億円が贈られる。出走予定馬にはテイエムジンソクやゴールドドリームなどが名を連ねています。2018年最初のJRAG1戦となるフェブラリーステークス。砂を巻き上げ頂点を争う。

関連記事

追い切り

フェブラリーステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り

・アウォーディー

前走時追い切り・川崎記念(3着)
栗東・CW・稍重
6F 82.8-67.5-53.2-38.7-13.4

最終追い切り
2月15日・栗東・CW・良
6F 80.5-65.1-51.1-37.9-11.7

松永幹師
「しまいをやる予定で、テンも結構速かったですね。集中して走れるんじゃないかと思う」

・インカンテーション

前走時追い切り・東京大賞典(7着)
栗東・坂路・良
800m 53.1-38.5-12.9

1週前追い切り
2月8日・栗東・CW・良
6F 83.1-65.6-51.2-37.7-12.1

羽月師
「弟(併せ馬で相手を務めたサンティーニ)は稽古で動くけど、この馬は逆に動かない。最後まで一生懸命、走っていたし、この時計なら上出来。元気いっぱいですよ」

最終追い切り
2月14日・栗東・CW・稍重
6F 83.1-67.3-53.3-39.7-12.8

羽月師
「先週までにしっかりやってますから。順調です。思った通りに来ている」

・キングズガード

前走時追い切り・根岸ステークス(6着)
栗東・CW・稍重
6F 86.1-69.9-54.9-39.5-12.5

1週前追い切り
2月8日・栗東・坂路・良
800m 53.8-39.5-12.7

寺島師
「先週は楽をさせたぶん、しっかりとやりました。テンから落ち着きすぎていたので、ちょうどいいテンションにできた」

内山助手
「しっかり動けています。状態はいいですよ。しまいはいい脚を使えるし、うまく展開がかみ合えば。」

最終追い切り
2月14日・栗東・CW・稍重
6F 85.1-69.6-54.1-40.0-12.1

寺島師
「状態はすごく良さそう。冬の割に硬くなっていないし、しっかりしまいまで集中していた」

・ケイティブレイブ

前走時追い切り・川崎記念(1着)
栗東・坂路・稍重
800m 55.8-40.3-12.3

1週前追い切り
2月8日・栗東・坂路・良
800m 58.2-43.2-14.7

目野師
「変わりないよ。レース後も馬は元気。元気があり過ぎて困るくらい」

最終追い切り
2月14日・栗東・坂路・良
800m 51.6-37.4-24.5-12.5

福永騎手
「今朝は、またがった瞬間から脚の運びが良かった。ここにきて乗り越えた感があって状態はいい。モマれない位置でさえ競馬ができれば」

目野師
「そんなにやるつもりはなかったのですが、乗り役が乗ってくれたら、気合いが乗って行くのでしょう。このくらいの時計が出るのは、走る脚があるということだと思いますので、期待はしています」

・ゴールドドリーム

前走時追い切り・チャンピオンズカップ(1着)
栗東・坂路・良
800m 51.1-37.3-11.8

1週前追い切り
2月7日・栗東・坂路・良
800m 51.1-37.2-12.1

平田師
「先週までそんなにやっていなかったし、今朝はしっかり追った。この馬らしい動き。思った通りにやれた。」

最終追い切り
2月14日・栗東・坂路・良
800m 49.8-36.6-23.9-12.1

平田師
「(調教で騎乗した)藤懸が乗れば時計が出るのは分かっていたけど、そんなに速いようには見えなかった。能力があると再認識した」

・サウンドトゥルー

前走時追い切り・川崎記念(5着)
美浦・坂路・稍重
800m 54.7-40.1-13.0

最終追い切り
2月15日・美浦・坂路・良
800m 54.7-39.7-25.6-12.5

ミナリク騎手
「手応えも良く、非常に落ち着いている馬なのでリラックスしてリズム良く調教できました。GI馬の調教に乗ることができてすごく嬉しかったですし、とにかくフィーリングは全く問題なかったです」

高木師
「間隔も詰まっていたので、正直あまりやりたくないというのがありましたので、ちょうど良いと思っています」

・サンライズノヴァ

前走時追い切り・根岸ステークス(2着)
栗東・坂路・稍重
800m 53.2-38.4-12.4

最終追い切り
2月14日・栗東・坂路・良
800m 52.2-38.0-24.7-12.2

音無師
「中2週で間隔も詰まっているからこの1本で十分。状態は変わりない」

・テイエムジンソク

前走時追い切り・東海ステークス(1着)
栗東・CW・稍重
6F 83.3-66.4-51.3-38.2-12.6

1週前追い切り
2月7日・栗東・CW・良
6F 84.6-67.1-50.8-37.7-11.9

木原師
「落ち着いているし、悪くない。しまいに負荷をかけられたし、体もできている」

追い切りで手綱を取った武英師
「テンはゆっくり入れたし、ちょうどいい感じに追い切れました。元々イレ込むタイプでチャンピオンズCの頃はそれがひどくてパニック気味。今はしっかり自分を保てています」

最終追い切り
2月14日・栗東・CW・稍重
6F 82.3-66.0-51.1-37.9-12.3

古川騎手
「内容は良かったですよ。この前、一度使っているので動きはさらに良くなっています。」

木原師
「東海Sを使ったことでガス抜きができて、落ち着いている。思った通りの追い切りができた。良く伸びていた。動きはまずまず」

・ニシケンモノノフ

前走時追い切り・シルクロードステークス(15着)
栗東・坂路・稍重
800m 50.9-37.4-13.2

1週前追い切り
2月8日・栗東・坂路・良
800m 56.3-40.4-13.0

庄野師
「このひと追いで来週に向けて調子が上がってきそう。千六だとしまい苦しくなると思うので枠とか展開でカバーできれば。」

最終追い切り
2月14日・栗東・坂路・良
800m 52.4-38.2-25.1-12.5

庄野師
「スムーズに動けていたし、調子は上がっているよ」

・ノボバカラ

前走時追い切り・根岸ステークス(10着)
美浦・南W・重
5F 69.3-53.8-39.2-13.2

1週前追い切り
2月8日・美浦・南W・良
5F 68.2-52.1-38.5-12.9

最終追い切り
2月14日・美浦・南W・良
4F 51.6-38.2-13.2

天間師
「いつも通りの雰囲気。マイルは少し長いが、スピードに乗れる芝スタートのコースは合っている」

・ノンコノユメ

前走時追い切り・根岸ステークス(1着)
美浦・南W・重
6F 83.5-67.4-53.1-38.4-13.2

1週前追い切り
2月7日・美浦・坂路・稍重
800m 58.8-43.6-14.3

最終追い切り
2月14日・美浦・南W・良
6F 84.4-68.3-53.5-38.9-13.7

内田騎手
「前回同様、良い感じの追い切りだったので、非常に期待をしています。前走の追い切りに比べると、前の馬を追走する気迫が良かったと思います」

加藤征師
「今回のテーマは体調を維持すること。引き続きいい状態を保っている」

・ベストウォーリア

前走時追い切り・根岸ステークス(取消)
栗東・坂路・稍重
800m 53.0-38.4-13.0

1週前追い切り
2月7日・栗東・CW・良
6F 84.7-67.3-52.7-39.3-12.4

古泉助手
「今朝はジワジワ伸ばす感じ。元気だし、食欲も旺盛。毛ヅヤが良くて体の張りもあるよ。」

最終追い切り
2月14日・栗東・坂路・良
800m 52.9-38.3-25.2-12.6

石坂師
「順調ですよ。前回(根岸S)はフレグモーネで出走を取り消したが、回復は早かった。問題はない」

・メイショウスミトモ

前走時追い切り・川崎記念(7着)
栗東・坂路・稍重
800m 53.5-38.8-13.0

最終追い切り
2月15日・栗東・坂路・良
800m 54.0-39.1-25.0-12.3

・ララベル

最終追い切り
2月14日・小林・ダート・良
5F 66.1-50.4-37.1-11.4

青柳調教厩務員
「非常に良かった。JBCよりいいくらい。万全の状態で出せます」

・レッツゴードンキ

1週前追い切り
2月8日・栗東・坂路・良
800m 49.7-36.2-12.0

最終追い切り
2月15日・栗東・坂路・良
800m 50.9-36.3-24.0-12.4

西原助手
「休み明けなので、ある程度テンから飛ばしていった。この馬らしいしっかりとした動き。これで仕上がるはず」

・ロンドンタウン

前走時追い切り・東京大賞典(5着)
栗東・CW・稍重
6F 83.5-66.7-51.3-37.6-11.8

1週前追い切り
2月7日・栗東・CW・良
6F 81.4-65.8-51.6-38.6-12.6

宇田助手
「今朝はジョッキー(岩田)騎乗で、しまいの反応を確かめる追い切り。順調ですよ。軽いダートが合っているので大井から東京に替わるのは良さそう。」

最終追い切り
2月14日・栗東・CW・稍重
6F 80.5-65.0-51.0-37.8-12.1

牧田師
「前走(東京大賞典=5着)よりしっかり負荷をかけてやれている。今朝も予定通りのメニューで、いい動きだった」

関連記事
注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする