【フェブラリーステークス2018】データ・枠順/驚くほどデータは正直

チャンピオンズカップ 2017 ゴールドドリーム

フェブラリーステークス 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・フェブラリーSのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からフェブラリーステークスでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

2018年2月18日(日) | 1回東京8日 | 15:40 発走
第35回 フェブラリーステークス(GI)ダート・左 1600m
February Stakes (G1)

枠順

フェブラリーステークス 2018 枠順

フェブラリーステークス」の枠順が発表されました。
連覇を狙うゴールドドリームは7枠14番、古川騎手と悲願のG1制覇を狙うテイエムジンソクは5枠10番、前走の根岸ステークスで復活勝利を挙げたノンコノユメは6枠12番、川崎記念を制しG1連勝を目指すケイティブレイブは1枠2番に入った。

出走予定馬・予想オッズ

2018年・フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

フェブラリーステークス

【フェブラリーステークス2018】予想オッズ・出走予定馬/2018年のG1が始まる

「フェブラリーステークス 2018」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。フェブラリーSの出走登録は24頭、賞金は1着馬に1億円が贈られる。出走予定馬にはテイエムジンソクやゴールドドリームなどが名を連ねています。2018年最初のJRAG1戦となるフェブラリーステークス。砂を巻き上げ頂点を争う。

データ

2018年・フェブラリーステークスのデータです。
黄色はいいデータ赤色は悪いデータに該当する馬名となっております。

今週の注目レース

枠順別データ

フェブラリーステークス 2018 枠順別データ

(過去20年)

20年で好成績を挙げているのは「外枠」。
東京ダート1600mの特徴として大きなポイントなのは芝スタートなところ。
外枠の方が芝の部分を長く走れるためスタートからスピードに乗りやすく、欲しいポジションが取りやすい。
1枠から4枠の馬が6勝なのに対し、5枠から8枠の馬は14勝。
複勝率などを見てもあきらかに外の枠の方が成績はいい。
今回は複勝率が2割を超える「5枠・7枠・8枠」を良データとして取り上げる。

対照的に内枠は苦戦が続く。
中でも「4枠」は20年で勝ち馬ゼロ。複勝率も最低の数字となっている。
今年はデータを覆せるか。

〇・5枠、7枠、8枠

  • キングズガード
  • テイエムジンソク
  • レッツゴードンキ
  • ゴールドドリーム
  • ベストウォーリア
  • サンライズノヴァ

×・1枠、4枠

  • ニシケンモノノフ
  • ケイティブレイブ
  • ララベル
  • メイショウスミトモ

脚質別データ

フェブラリーステークス 2018 脚質別データ

(過去20年)
極端な脚質の馬には厳しいコースと言える。
逃げ・追い込み脚質の馬はともに複勝率が低い。
うまくレースに対応できる馬を選びたい。

種牡馬別データ

フェブラリーステークス 2018 種牡馬別データ

(東京競馬場のダート1600mで行われた過去5年)

東京ダート1600m戦を得意としている種牡馬は「ゴールドアリュール」だ。
勝ち数では2位のクロフネから2倍近い差をつけ独走。
勝率なども優秀な数字を残している。
フェブラリーステークスでも2008年以降で4勝、2着2回と抜群の相性。
しっかり押さえておきたい。

他には複勝率が優秀な「クロフネ」や「キングカメハメハ」をピックアップしておく。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ララベル(ゴールドアリュール)
  • メイショウスミトモ(ゴールドアリュール)
  • ゴールドドリーム(ゴールドアリュール)
  • サンライズノヴァ(ゴールドアリュール)
  • テイエムジンソク(クロフネ)
  • レッツゴードンキ(キングカメハメハ)

年齢別データ

フェブラリーステークス 2018 年齢別データ

(過去10回)

勝ち馬は4歳から6歳馬から出ている。
7歳以上も6頭が馬券に絡んでいるものの2着まで。紐程度に抑えておいた方がよさそうだ。

もっとも成績を残しているのは5歳馬
複勝率は37%とかなり高い数字を残している。

レース経験が生きてくるようだ。

〇・5歳馬

  • ケイティブレイブ
  • ロンドンタウン
  • ゴールドドリーム

×・7歳以上

  • ニシケンモノノフ
  • アウォーディー
  • サウンドトゥルー
  • インカンテーション
  • メイショウスミトモ
  • キングズガード
  • ベストウォーリア

前走のレース別データ

フェブラリーステークス 2018 前走のレース別データ

(過去10回)

前走G1組が好成績を残している。
中でもチャンピオンズカップからの直行組は半数が馬券に絡んでいる。
昨年のゴールドドリームも直行組だった。
他にも交流G1の川崎記念組も上々の成績と言える。

〇・前走チャンピオンズカップ、川崎記念組

  • ケイティブレイブ
  • アウォーディー
  • サウンドトゥルー
  • メイショウスミトモ
  • ゴールドドリーム

所属別データ

フェブラリーステークス 2018 所属別データ

(過去10回)

関東で行われるレースだが過去10年は関西馬が全勝している。
関東馬は3頭しか馬券に絡んでおらず、いずれも3番人気以内だった。
関東馬にはかなり厳しいデータとなってしまった。

〇・関西馬

  • ニシケンモノノフ
  • ケイティブレイブ
  • アウォーディー
  • インカンテーション
  • メイショウスミトモ
  • キングズガード
  • テイエムジンソク
  • ロンドンタウン
  • レッツゴードンキ
  • ゴールドドリーム
  • ベストウォーリア
  • サンライズノヴァ

出走馬の東京ダートコース相性データ

(複勝率5割以上)
東京ダートコースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
注目なのは全7勝中5勝を東京ダートで挙げているノンコノユメ。
コース相性は抜群だ。

他にも4戦して3勝2着1回のゴールドドリームにも注目が集まる。

〇・コース相性

  • ノボバカラ
  • サウンドトゥルー
  • インカンテーション
  • ノンコノユメ
  • ゴールドドリーム
  • ベストウォーリア
  • サンライズノヴァ

人気別データ

フェブラリーステークス 2018 オッズデータ

(過去10年)
過去10年、1~3番人気は複勝率50~80%と安定。人気に応えるケースが多い。
8番人気以下の馬で馬券に絡んだのは2頭のみ。
ほとんどのケースで7番人気以内の馬で決着している。
あまり大振りな予想は危ない。

追い切り・コメント

2018年・フェブラリーステークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

フェブラリーステークス 2018 追い切り

【フェブラリーステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

フェブラリーステークス 2018の追い切り・コメントの情報です。フェブラリーSに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

データから導かれる注目馬

上記のデータからフェブラリーステークスで注目したい三頭はこちらだ。

・ゴールドドリーム(Gold Dream)

ゴールドドリーム

ゴールドドリーム・5歳牡馬
13戦6勝 [6-2-1-4]
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:金の夢
前走:チャンピオンズカップ・1着(8番人気)
(鞍上予定:R.ムーア)

最初に取り上げたいのは前年度の覇者「ゴールドドリーム」だ。
あらゆるデータでゴールドドリームの名前が上がっている。
枠順、種牡馬、年齢、コース相性などどの面からみても走る気配に満ちている。
抗うことは危険。強さに敬意を払った方がよさそうだ。

・サンライズノヴァ(Sunrise Nova)

サンライズノヴァ

サンライズノヴァ・4歳牡馬
12戦4勝 [4-3-1-4]
父:ゴールドアリュール
母:ブライトサファイヤ
母父:サンダーガルチ
馬名の由来:冠名+新星
前走:根岸ステークス・2着(1番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

最多の5勝を挙げる8枠をゲットした「サンライズノヴァ」からも目が離せない。
8枠は複勝率も高く、単勝回収率も高い。長く芝コースを走れる利点が効いているようだ。
他にも種牡馬、所属、コース相性などでもサンライズノヴァの馬名が挙がっている。
歴戦の先輩たちを倒し、世代交代を狙う。

・テイエムジンソク(T M Jinsoku)

テイエムジンソク

テイエムジンソク・6歳牡馬
25戦9勝 [9-6-4-6]
父:クロフネ
母:マイディスカバリー
母父:フォーティナイナー
馬名の由来:冠名+迅速
前走:東海ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:古川吉洋)

テイエムジンソク」もデータ的には走りごろ。
5枠はもっとも複勝率が高く、父クロフネもコース成績はいい。
前走東海ステークスもG1組ほどではないが好成績の部類に入る。

ポイントはテイエムジンソクが初の東京マイル戦なところだろう。
長い直線が吉と出るか、凶と出るか。

危険な人気馬

上記のデータから厳しいデータが揃ってしまった人気馬を1頭ピックアップした。

・アウォーディー(Awardee)

アウォーディー

アウォーディー・8歳牡馬
39戦10勝 [10-6-8-15]
父:ジャングルポケット
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:受賞者
前走:川崎記念・3着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

今年のフェブラリーステークスで危険な人気馬は「アウォーディー」。
成績の良くない不利な内に入ってしまった。
他にも8歳馬で東京コースにも実績がない。

初のマイル戦で新たな面が見られればいいのだが…。

関連記事