【エプソムカップ2018】予想オッズ・出走予定馬/人気決着の傾向強し

エプソムカップ 2017 ダッシングブレイズ

エプソムカップ 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。エプソムカップの出走登録は16頭。出走予定馬にはダイワキャグニーやスマートオーディンなどが名を連ねています。毎年固い決着に収まることが多い。今年もガチガチ?

人気決着の傾向強し

2018年6月10日(日) | 3回東京4日 | 15:45 発走
第35回 エプソムカップ(GIII)芝・左 1800m
Epsom Cup (G3)

過去の傾向

エプソムカップ」は芝1800mで行われる別定戦で、1着馬には4,100万円が贈られる。

配当的には1番人気は4勝・2着4回・3着0回と複勝率は8割。
コース形態的にも紛れが少なく、力通りの決着になりやすい模様。
ここ3年も1番人気が連続で馬券に絡んでいる。

二桁人気の馬は10年間で80頭が出走して馬券圏内は2頭。
3着に2回入ったのみで、連対馬はゼロ。
穴馬の激走は少ない。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で2度。
10年中7度フルゲートになるほど出走数が多い年ばかりにしては荒れていない。
過去の傾向からみると大穴狙いの予想は危険。

先週の注目レース

出走予定馬

2018年のエプソムカップに16頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭となっています。

賞金上位馬
  • マイネルミラノ(丹内祐次)58.0kg
  • マイネルフロスト(柴田大知)56.0kg
  • ダイワキャグニー(横山典弘)56.0kg
  • ゴールドサーベラス(柴山雄一)56.0kg
  • シャイニープリンス(勝浦正樹)56.0kg
  • アデイインザライフ(北村宏司)56.0kg
  • サーブルオール(C.ルメール)56.0kg
  • スマートオーディン(武豊)56.0kg
  • トーセンマタコイヤ(柴田善臣)56.0kg
  • グリュイエール(福永祐一)56.0kg
  • サトノアーサー(戸崎圭太)56.0kg
  • ハクサンルドルフ(川田将雅)56.0kg
  • エアアンセム(藤岡佑介)56.0kg
  • ブラックスピネル(石川裕紀人)56.0kg
  • バーディーイーグル(三浦皇成)56.0kg
  • ベルキャニオン(石橋脩)56.0kg
関連記事
今月末には阪神競馬場で宝塚記念が開催される。
【宝塚記念2018】出走予定馬・日程・賞金/春競馬の締めくくり

出走予定馬・ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G3「エプソムカップ」。
今年は16頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・ダイワキャグニー(Daiwa Cagney)

セントポーリア賞 2017 ダイワキャグニー

ダイワキャグニー・4歳牡馬
10戦5勝 [5-0-1-4]
父:キングカメハメハ
母:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+人名より
前走:メイステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

充実著しい「ダイワキャグニー」が重賞初制覇を狙う。
前走のメイステークスは好タイムで快勝。
トップハンデでの勝利は価値がある。

これまで5勝すべてを東京コースで挙げる東京巧者。
負けたものの東京新聞杯(3着)や毎日王冠(4着)でも強敵相手に善戦している。

舞台設定は絶好。
勝って秋の飛躍につなげたい。

関連記事
・スマートオーディン(Smart Odin)

京都新聞杯

スマートオーディン・5歳牡馬
7戦4勝 [4-1-0-2]
父:ダノンシャンティ
母:レディアップステージ
母父:Alzao
馬名の由来:冠名+北欧神話の主神
前走:日本ダービー・6着(5番人気)
(鞍上予定:武豊)

未完の大器「スマートオーディン」がターフに帰ってくる。
重賞を3勝し日本ダービーでも6着に入り今後の活躍に期待されたものの故障により長い休養に入っていた。
なかなかケガが良くならず、2年という長い休養期間を要した。

エプソムカップは長い休み明けとなるが、中間の調教は鳴尾記念を制したストロングタイタンと坂路で併せ馬をするなどしっかり負荷がかけられてきた。
1週前の追い切りでは坂路で800m 51.0-12.8と上々の動きを見せている。

どこまで状態が戻ってきているのか。
切れ味さえ衰えていなければいきなりの激走も十分にあり得そうだが。

関連記事
・サトノアーサー(Satono Arthur)

【2歳新馬戦】動画・結果/スズカフロンティアとサトノアーサーが同着で優勝

サトノアーサー・4歳牡馬
10戦3勝 [3-3-2-2]
父:ディープインパクト
母:キングスローズ
母父:Redoute’s Choice
馬名の由来:冠名+人名より
前走:メイステークス・3着(2番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

G1戦以外では馬券圏内を外していない「サトノアーサー」。
重賞は勝てていないもののG3戦で2度の2着があるなど重賞でも十分に勝負になる力を持っている。

前走のメイステークスでは差し届かず3着に敗れたものの、休み明けを考慮すればまずまずの内容。
馬体重が-10kgだったあたり本来の状態ではなかった可能性が高い。

しっかり状態が戻ればもっと切れ味が増すはず。
悲願の重賞制覇を目指して。

関連記事
・サーブルオール(Sable Or)

【黄梅賞 2016】動画・結果/サーブルオールが差し切り2勝目を挙げる

サーブルオール・5歳牡馬
11戦5勝 [5-2-1-3]
父:ハービンジャー
母:モンローブロンド
母父:アドマイヤベガ
馬名の由来:金の砂(仏)。母名より連想
前走:美浦ステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

先週の安田記念を制したルメール騎手とコンビを組む予定の「サーブルオール」。
ルメール騎手とのコンビでは【4-0-1-1】と抜群の相性を見せる。
鞍上の勢いを背に一気に重賞取りを狙う。

・グリュイエール(Gruyeres)

【名古屋城ステークス 2016】動画・結果/グリュイエールが日本レコードタイムで大激走

グリュイエール・6歳牡馬
13戦5勝 [5-1-1-6]
父:ディープインパクト
母:ウィンターコスモス
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:スイス南部の美しい城下町
前走:府中ステークス・1着(3番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

条件戦連勝中の「グリュイエール」。
前走は屈腱炎からの休養明けで実に2年ぶりのレースとなったが危なげなく抜け出し快勝した。
反動が出なければ重賞でも楽しみな存在。

6歳でもまだまだ若い。
連勝記録はどこまで伸びる?

・エアアンセム(Air Anthem)

エアアンセム

エアアンセム・7歳牡馬
25戦4勝 [4-4-5-12]
父:シンボリクリスエス
母:エアマグダラ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+聖歌
前走:都大路ステークス・2着(6番人気)
(鞍上予定:藤岡佑介)

昇級初戦となった都大路ステークスで2着に入った「エアアンセム」。
勝ち馬の決め手に屈したものの堂々の2着。
悲観する内容ではなかった。
3歳以来となる重賞挑戦でも上位争いを期待したい。

・マイネルミラノ(Meiner Milano)

【函館記念 2016】動画・結果/逃げたマイネルミラノが直線で後続を引き離し快勝

マイネルミラノ・8歳牡馬
46戦8勝 [8-4-4-30]
父:ステイゴールド
母:パールバーリー
母父:Polish Precedent
馬名の由来:冠名+鳶(西)
前走:アメリカジョッキークラブカップ・3着(8番人気)
(鞍上予定:丹内祐次)

1月のアメリカジョッキークラブカップ以来の実戦となる「マイネルミラノ」。
エプソムカップは今年で3年連続の出走となり、2016年には3着に入った舞台。

成績に波があり、なかなか狙いづらいタイプ。
楽に先手が取れれば怖い存在だ。

関連記事

他には2016年の新潟記念以来の重賞制覇を狙う「アデイインザライフ」や鋭い決め手を武器に戦う「ハクサンルドルフ」、マイラーズカップで5着に入った「ベルキャニオン」なども出走予定馬に名を連ねています。

エプソムカップは2018年6月10日(日)の15時45分発走予定です。

予想オッズ

2018年・エプソムカップの予想オッズです。
カッコ内はオッズとなっています。

  1. ダイワキャグニー(2.0)
  2. サトノアーサー(3.0)
  3. サーブルオール(4.5)
  4. スマートオーディン(6.5)
  5. グリュイエール(10.0)
  6. エアアンセム(15.0)
  7. ハクサンルドルフ(20.0)
  8. マイネルフロスト(27.0)
  9. ブラックスピネル(33.0)
  10. トーセンマタコイヤ(45.0)
  11. ベルキャニオン(☆)
  12. ゴールドサーベラス(☆)
  13. バーディーイーグル(☆)
  14. マイネルミラノ(☆)
  15. アデイインザライフ(☆)
  16. シャイニープリンス(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

10年間の人気別データ

エプソムカップ 2018 オッズデータ

日程・賞金

【エプソムカップ 2016】動画・結果/ルージュバックが鋭い末脚で差し切る

日程・発走予定時刻
2018年6月10日(日)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
4,100万円

プレイバック

2017年6月11日(日)エプソムカップ(GIII)

1着:ダッシングブレイズ
2着:アストラエンブレム(1/2馬身)
3着:マイネルハニー(ハナ)
4着:クラリティシチー(3/4馬身)
5着:バーディーイーグル(3/4馬身)

勝ちタイム:1.45.9
優勝騎手:浜中俊
馬場:良

2017年・エプソムカップ

エプソムカップ 2017 ダッシングブレイズ

【エプソムカップ 2017】動画・結果/ダッシングブレイズが内から抜け出す

「エプソムカップ 2017」の動画・結果です。エプソムカップの結果は1着:ダッシングブレイズ、2着:アストラエンブレム、3着:マイネルハニー。「ダッシングブレイズ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年のエプソムカップは18頭での争いとなった。
前評判で2走前の大阪城ステークスを勝利し、前走のメイステークスでも僅差の2着に入ったアストラエンブレムが1番人気に支持された。

レースは、好位で進めた5番人気ダッシングブレイズが、直線で1番人気アストラエンブレムと6番人気マイネルハニーの追い比べを制し優勝。2着は1/2馬身差でアストラエンブレム、3着はさらにハナ差でマイネルハニーが入った。

勝ったダッシングブレイズはデビューから通算18戦目で待望の重賞初制覇を果たした。

レース後のコメント
1着 ダッシングブレイズ(浜中騎手)
「スタートが良くて、自然とあの位置になりました。馬のリズムを最優先に進めました。坂を上がってからもう一度頑張ってくれました。初めての距離でしたが、戦前から大丈夫だろうと思っていました。この馬とは2月に落馬してしまい、申し訳ないことをしたという気持ちがずっと心にありました。彼ともう一度頑張れるのではと思っていました。祈りが叶って嬉しいです」

関連記事