にほんブログ村 競馬ブログへ

【エプソムカップ 2016】動画・結果/ルージュバックが鋭い末脚で差し切る

「エプソムカップ 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。エプソムカップの出走登録は19頭。マイネルミラノやフルーキーなどが出走予定です。東京のこの舞台を得意とするのは誰だ?

2017年6月11日(日) | 3回東京4日 | 15:45 発走
第34回 エプソムカップ(GIII)芝・左 1800m
Epsom Cup (G3)

エプソムカップは芝1800mで行われる別定戦で、1着馬には4,100万円が贈られる。

2017年で34回目を迎え、楽しみな中距離馬が集結した。
過去の勝ち馬にはマーベラスサンデーやエイシンデピュティ、エイシンヒカリといった後のG1馬が名を連ねる。

配当的には1番人気が過去10年で4勝・2着3回・3着1回とかなり高い確率で馬券に絡んでいる。
二桁人気の馬は10年で3着が2度しかなく、あまり波乱の展開は期待できない。

先週の注目レース

安田記念 2017 サトノアラジン

【安田記念 2017】動画・結果/サトノアラジンが外から差し切る

「安田記念 2017」の動画・結果です。安田記念の結果は1着:サトノアラジン、2着:ロゴタイプ、3着:レッドファルクス。「サトノアラジン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のエプソムカップに19頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭です。

賞金上位馬

  • マイネルミラノ(丹内)58.0kg
  • フルーキー(北村宏)58.0kg
  • ヒストリカル(横山典)57.0kg
  • トーセンレーヴ(石川裕)57.0kg
  • デンコウアンジュ(蛯名)54.0kg
  • レッドレイヴン(内田博)56.0kg
  • ベルーフ(大野)56.0kg
  • クラリティスカイ(田辺)56.0kg
  • パドルウィール(池添)56.0kg
  • アストラエンブレム(M.デムーロ)56.0kg
  • タイセイサミット(戸崎)56.0kg
  • ダッシングブレイズ(浜中)56.0kg
  • マイネルハニー(柴田大)56.0kg
  • ナスノセイカン(丸山)56.0kg
  • カムフィー(吉田隼)56.0kg
  • バーディーイーグル(吉田豊)56.0kg
  • リーサルウェポン(未定)54.0kg
  • メドウラーク(石橋脩)56.0kg

除外対象馬

  • クラリティシチー(未定)56.0kg

エプソムカップ 注目出走予定馬ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G3・エプソムカップ。
今年は19頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・アストラエンブレム(Astra Emblem)

【フローラルウォーク賞 2016】動画・結果/アストラエンブレムが人気にこたえる

アストラエンブレム・4歳牡馬
11戦5勝 [5-2-1-3]
父:ダイワメジャー
母:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
馬名の由来:矢(サンスクリット)+母名の一部
前走:メイS・2着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

これまで11戦してすべて4着以内と安定した成績を残すアストラエンブレム。
重賞では3戦していずれも4着とあと一歩のところまで来ている。
得意としている1800m戦で重賞獲得なるか。

・タイセイサミット(Taisei Summit)

メイステークス 2017 タイセイサミット

タイセイサミット・4歳牡馬
14戦5勝 [5-3-2-4]
父:ダイワメジャー
母:ヴァインドレッサー
母父:エンドスウィープ
馬名の由来:冠名+頂上
前走:メイS・1着(3番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

条件戦勝利の勢いで挑んだ前走のメイステークスではアストラエンブレムとクビ差の接戦を制し、オープン特別初勝利を飾った。
ただ、斤量が2.5kgあったのも恵まれていた。今回は別定戦となる。
連勝の勢いでライバルたちに挑む。

・デンコウアンジュ(Denko Ange)

デンコウアンジュ

デンコウアンジュ・4歳牝馬
13戦2勝 [2-1-0-10]
父:メイショウサムソン
母:デンコウラッキー
母父:マリエンバード
馬名の由来:冠名+天使(仏)
前走:ヴィクトリアM・2着(11番人気)
(鞍上予定:蛯名正義)

前走のヴィクトリアマイルでは11番人気と低評価だったが、上り最速タイの脚で追い込み2着と健闘した。
東京コースは得意としており、2歳時にはG1を2勝するメジャーエンブレム相手に重賞制覇も果たしている。
牝馬だからと言って侮れないぞ。

・マイネルミラノ(Meiner Milano)

【函館記念 2016】動画・結果/逃げたマイネルミラノが直線で後続を引き離し快勝

マイネルミラノ・7歳牡馬
38戦8勝 [8-4-3-23]
父:ステイゴールド
母:パールバーリー
母父:Polish Precedent
馬名の由来:冠名+鳶(西)
前走:福島民報杯・1着(7番人気)
(鞍上予定:丹内祐次)

昨年3着のマイネルミラノが今年も参戦。
7歳になったが衰えを見せておらず、前走の福島民報杯ではトップハンデをものともせず押し切って見せた。
暑い季節はよく走っており、今年も要注意。

・フルーキー(Fluky)

フルーキー

フルーキー・7歳牡馬
27戦7勝 [7-4-3-13]
父:Redoute’s Choice
母:サンデースマイルII
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:偶然に、まぐれ当たりの
前走:新潟大賞典・4着(4番人気)
(鞍上予定:北村宏司)

エプソムカップはこれまで2回挑戦して4着、3着といい競馬をしている。
順番で言えば今年は2着だが、一気に優勝する姿が見たい。

・クラリティスカイ(Clarity Sky)

クラリティスカイ

クラリティスカイ・5歳牡馬
20戦3勝 [3-2-4-11]
父:クロフネ
母:タイキクラリティ
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:澄み切った空
前走:メイS・3着(5番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

一刻の不調を脱し、重賞レースでも上位に顔を出すようになってきたクラリティスカイ。
東京競馬場はG1を制した舞台。そのG1以来となる久々の勝利なるか。

他には重賞を制しているベルーフやマイネルハニーなども出走予定。

エプソムカップは2017年6月11日(日)の15時45分発走予定です。

主な前哨戦

エプソムカップに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、エプソムカップに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年4月16日(日)福島民報杯

福島民報杯 2017 マイネルミラノ

1着:マイネルミラノ
11着:バーディーイーグル

タイム:1.58.5 馬場:良

2017/04/16 福島11R 福島民報杯(OP)【マイネルミラノ】

2017年5月7日(日)新潟大賞典(GIII)

新潟大賞典 2017 サンデーウィザード

4着:フルーキー
8着:トーセンレーヴ

タイム:1.58.6 馬場:稍重

【新潟大賞典 2017】動画・結果/サンデーウィザードが叩き合いを制する

2017年5月13日(土)都大路ステークス

都大路ステークス 2017 ダノンメジャー

2着:クラリティシチー
3着:メドウラーク
4着:パドルウィール

タイム:1.49.0 馬場:不良

2017/05/13 京都11R 都大路S(OP)【ダノンメジャー】

2017年5月14日(日)ヴィクトリアマイル(GI)

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

2着:デンコウアンジュ
16着:リーサルウェポン

タイム:1.33.9 馬場:稍重

【ヴィクトリアマイル 2017】動画・結果/アドマイヤリードが差し切りG1初制覇

2017年5月20日(土)メイステークス

メイステークス 2017 タイセイサミット

1着:タイセイサミット
2着:アストラエンブレム
3着:クラリティスカイ

タイム:1.46.0 馬場:良

2017/05/20 東京11R メイS(OP)【タイセイサミット】

スポンサーリンク

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年6月11日(日)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
4,100万円

エプソムカップ・プレイバック

2016年6月12日(日)エプソムカップ(GIII)

1着:ルージュバック
2着:フルーキー(2-1/2馬身)
3着:マイネルミラノ(クビ)
4着:ロジチャリス(1/2馬身)
5着:レコンダイト(3/4馬身)

勝ちタイム:1.46.2
勝利騎手:戸崎圭太
馬場:良

2016年・エプソムカップ

【エプソムカップ 2016】動画・結果/ルージュバックが鋭い末脚で差し切る

【エプソムカップ 2016】動画・結果/ルージュバックが鋭い末脚で差し切る

「エプソムカップ 2016」の動画・結果です。エプソムカップの結果は1着:ルージュバック、2着:フルーキー、3着:マイネルミラノ。「ルージュバック」が勝利した2016年のエプソムカップの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のエプソムカップは18頭での争いとなった。
前評判では3月に行われた中山牝馬ステークスで2着に入り、前走のヴィクトリアマイルでも5着になっていたルージュバックが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた1番人気ルージュバックが、直線で外から一気に突き抜け、最後は後方から追い上げてきた3番人気フルーキーに2-1/2馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に6番人気マイネルミラノが入った。

勝ったルージュバックは、牡馬を破って鬱憤を晴らし重賞2勝目を飾った。

関連記事

・同日には牝馬G3戦・マーメイドステークスが行われる。

【マーメイドステークス 2016】動画・結果/リラヴァティが粘りきって重賞初勝利

【マーメイドステークス 2017】出走予定馬・想定騎手/ハンデ差がレースを面白くする

「マーメイドステークス 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。マーメイドステークスの出走登録は12頭。トーセンビクトリーやマキシマムドパリなどが出走予定です。賞金を加算し秋につなげる馬は?

・6月末には春のG1総決算・宝塚記念が開催される。

【宝塚記念 2012】CM「The WINNER【宝塚記念】」

【宝塚記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/春のグランプリは一強か

2017年6月25日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦「宝塚記念」。宝塚記念は2017年で第58回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はマリアライトが制した。出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。