【ダイヤモンドステークス2018】予想オッズ・出走予定馬/過酷な距離を克服し

ダイヤモンドステークス 2017 アルバート

ダイヤモンドステークス 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。ダイヤモンドSの出走登録は18頭。出走予定馬にはフェイムゲームやプレストウィックなどが名を連ねています。G3では最長距離となる過酷な一戦。スタミナ自慢が集結する。

2018年2月17日(土) | 1回東京7日 | 15:45 発走
第68回 ダイヤモンドステークス(GIII)芝・左 3400m
Diamond Stakes (G3)

ダイヤモンドステークス」は芝3400mで行われるハンデ戦で、1着馬には4,100万円が贈られる。

配当的には1番人気は6勝・2着1回・3着0回と複勝率は7割。
ハンデ戦ということを考慮すれば優秀な成績を残していると言える。
1番人気でここ5年で4勝と近年は特に強さを見せている。
昨年はアルバートがハンデ戦らしからぬ2.1倍の支持を受け優勝している。

二桁人気の馬は10年間で61頭が出走して馬券圏内は1勝を含む4頭。
優勝したのは2012年のケイアイドウソジン。190.0倍の15番人気での優勝だった。
ハンデ戦っぽくいい感じで穴馬が馬券に絡んでいる。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で4度。
もっとも高配当だったのは2012年の947,270円。
4度はいずれも2012年より前で、ここ5年はあまり荒れていない。
昨年に至っては万馬券にすらならなかった。

近年の傾向で行けばハンデ戦といえどあまり大穴狙いは危険なのかもしれない。

先週の注目レース

スポンサーリンク

出走予定馬

2018年のダイヤモンドステークスに18頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭となっています。

賞金上位馬

  • フェイムゲーム(C.ルメール)58.5kg
  • プレストウィック(戸崎圭太)55.0kg
  • レジェンドセラー(田辺裕信)54.0kg
  • ソールインパクト(福永祐一)54.0kg
  • ラブラドライト(中谷雄太)53.0kg
  • デビルズハーツ(武藤雅)53.0kg
  • グランアルマダ(三浦皇成)54.0kg
  • ヤマカツライデン(未定)55.0kg
  • ハッピーモーメント(津村明秀)54.0kg
  • サイモントルナーレ(未定)48.0kg
  • トウシンモンステラ(北村宏司)53.0kg
  • ホウオウドリーム(松岡正海)52.0kg
  • リッチーリッチー(内田博幸)54.0kg
  • リッジマン(蛯名正義)52.0kg
  • フレンドスイート(江田照男)48.0kg
  • ネイチャーレット(野中悠太郎)52.0kg
  • トレジャーマップ(未定)50.0kg
  • ダウンザライン(未定)48.0kg
関連記事

出走予定馬・ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G3「ダイヤモンドステークス」。
今年は18頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・フェイムゲーム(Fame Game)

目黒記念 2017 フェイムゲーム

フェイムゲーム・8歳せん馬
27戦6勝 [6-3-1-17]
父:ハーツクライ
母:ホールオブフェーム
母父:アレミロード
馬名の由来:殿堂入りが決まった選手のセレモニーに開催されるNFLの試合より
前走:ステイヤーズステークス・2着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

長距離界を牽引し続ける古豪「フェイムゲーム」。
長距離レースには常に参戦しており、スタミナ勝負には自信を持っている。

ダイヤモンドステークスには今年で5年連続の出走となる。
2014・2015年は連覇。2016年2着、2017年6着とこのレースにはなくてはならない存在となっている。

昨年も目黒記念を制し、ステイヤーズステークスで2着とまだまだ衰えを見せていない。
若い者にはまだまだ負けられない。ここはフェイムゲームが輝く舞台だ。

・プレストウィック(Prestwick)

【グリーンステークス 2016】動画・結果/プレストウィックがしぶとく伸びて差し切る

プレストウィック・7歳牡馬
34戦6勝 [6-4-5-19]
父:ダイワメジャー
母:フーラクサ
母父:Linamix
馬名の由来:スコットランドの町名
前走:ステイヤーズステークス・3着(3番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

着実に力をつけてきた7歳馬「プレストウィック」。
昨年の丹頂ステークスでオープン特別戦を初勝利、前走のステイヤーズステークスでは重賞で初めて馬券に絡む3着の走りを見せた。

ダイヤモンドステークスは昨年5着。ただ、その頃よりレース内容は充実しており、今年はさらなる飛躍が期待できそう。
しっかり賞金を加算して春には大きな舞台でプレストウィックの姿を見たい。

・レジェンドセラー(Legend Cellar)

レジェンドセラー

レジェンドセラー・4歳牡馬
13戦4勝 [4-3-2-4]
父:ルーラーシップ
母:トップセラー
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:伝説の地下貯蔵庫
前走:AJCC・7着(4番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

成長盛りの4歳馬「レジェンドセラー」。
条件戦連勝の勢いで挑んだ前走のアメリカジョッキークラブカップでは7着と敗れたものの、多少距離が短かった。

これまでの勝ち星の最長距離は2600m。
さすがに3400mの経験はないが、スタミナには不安はなさそう。

ハンデは54.0kg。斤量差を生かして上位を狙う。

・ソールインパクト(Sole Impact)

ソールインパクト

ソールインパクト・6歳牡馬
33戦4勝 [4-5-11-13]
父:ディープインパクト
母:クリームオンリー
母父:Exchange Rate
馬名の由来:唯一の衝撃。父名、母名より連想
前走:日経新春杯・11着(5番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

重賞で2度の馬券圏内の走りを見せている「ソールインパクト」。
昨年の七夕賞で3着、アルゼンチン共和国杯で2着に入っている。
中でもアルゼンチン共和国杯ではスワーヴリチャードやセダブリランテス、アルバートらと戦い価値ある2着。

好走と凡走が極端でつかみどころが難しいタイプの馬。
今回は走ってくる番なのか?

他には前走の万葉ステークスで2着に入った「リッジマン」や目黒記念で3着の経験がある「ハッピーモーメント」、ステイヤーズステークスで6着に入った「グランアルマダ」なども出走予定馬に名を連ねています。

ダイヤモンドステークスは2018年2月17日(土)の15時45分発走予定です。

予想オッズ

スポンサーリンク

2018年・ダイヤモンドステークスの予想オッズです。
カッコ内はオッズとなっています。

  1. フェイムゲーム(2.5)
  2. プレストウィック(4.0)
  3. ホウオウドリーム(5.5)
  4. レジェンドセラー(6.0)
  5. ソールインパクト(8.0)
  6. リッジマン(15.0)
  7. ヤマカツライデン(20.0)
  8. リッチーリッチー(30.0)
  9. ハッピーモーメント(45.0)
  10. ラブラドライト(☆)
  11. グランアルマダ(☆)
  12. ダウンザライン(☆)
  13. トウシンモンステラ(☆)
  14. ネイチャーレット(☆)
  15. サイモントルナーレ(☆)
  16. デビルズハーツ(☆)
  17. トレジャーマップ(☆)
  18. フレンドスイート(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

10年間の人気別データ

ダイヤモンドステークス 2018 オッズデータ

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2018年2月17日(土)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・3400m


G3

1着賞金
4,100万円

プレイバック

2017年2月18日(土)ダイヤモンドステークス(GIII)

1着:アルバート
2着:ラブラドライト(1-1/4馬身)
3着:カフジプリンス(1-1/4馬身)
4着:トウシンモンステラ(1馬身)
5着:プレストウィック(1/2馬身)

勝ちタイム:3.35.2
勝利騎手:R.ムーア
馬場:良

2017年・ダイヤモンドステークス

ダイヤモンドステークス 2017 アルバート

【ダイヤモンドステークス 2017】動画・結果/アルバートが大外から豪快に差し切る

「ダイヤモンドステークス 2017」の動画・結果です。ダイヤモンドステークスの結果は1着:アルバート、2着:ラブラドライト、3着:カフジプリンス。「アルバート」が勝利した2017年のダイヤモンドSの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年のダイヤモンドステークスは15頭での争いとなった。
前評判では長距離重賞で強さを見せていて鞍上にR.ムーア騎手を配してきたアルバートが1番人気に支持された。

レースは、道中後方に構えた1番人気アルバートが、直線で外に出して一気に脚を伸ばし、好位追走から一旦は抜け出した6番人気ラブラドライトを捕らえて、これに1-1/4馬身差をつけ優勝。さらに1-1/4馬身差の3着に2番人気カフジプリンスが入った。

勝ったアルバートは連覇を果たしたステイヤーズステークスに続き、得意の長丁場で新たな重賞タイトルを獲得した。

レース後のコメント
1着 アルバート(R.ムーア騎手)
「長い距離のレースは、ペースが速かったり遅かったり一定でなく難しいのですが、今日はステイヤーズSのときより馬の状態も良く、直線はものすごい脚で伸びてくれました。春の天皇賞でもいい走りを見せてくれると、期待してもらってもいいと思います」

関連記事