にほんブログ村 競馬ブログへ

日本ダービー

「日本ダービー 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。日本ダービーの出走登録は19頭。アルアインやアドミラブルなどが出走予定です。栄光のダービー馬に輝くのは?

第84代ダービー馬に輝くのは

2017年5月28日(日) | 2回東京12日 | 15:40 発走
第84回 日本ダービー(GI)芝・左 2400m
Japanese Derby (G1)

日本ダービーは芝2400mで行われる定量戦で、1着馬には20,000万円が贈られる。

2017年で84回目を迎え、楽しみな3歳牡馬が集結した。
過去の勝ち馬には牡馬クラシック3冠馬をはじめ、多くの名馬を輩出している。
レースレコードは2015年に優勝したドゥラメンテ(2:23.2)が記録している。

配当的には1番人気が過去10年で4勝・2着1回・3着3回と多くの馬が馬券に絡んでいる。ここ4年連続で馬券圏内に来ている。
二桁人気の馬は10年で四頭しか絡んでおらず、あまり大荒れの展開は期待しづらい。

先週の注目レース

オークス 2017 ソウルスターリング

【オークス 2017】動画・結果/ソウルスターリングが馬場の真ん中から突き抜け優勝

「オークス 2017」の動画・結果です。オークスの結果は1着:ソウルスターリング、2着:モズカッチャン、3着:アドマイヤミヤビ。「ソウルスターリング」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年の日本ダービーに19頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭となっております。

優先出走馬

  • アドミラブル(M.デムーロ)57.0kg
  • アルアイン(松山)57.0kg
  • クリンチャー(藤岡佑)57.0kg
  • ダイワキャグニー(北村宏)57.0kg
  • ダンビュライト(武豊)57.0kg
  • ベストアプローチ(岩田)57.0kg
  • ペルシアンナイト(戸崎)57.0kg

賞金上位馬

  • カデナ(福永)57.0kg
  • レイデオロ(C.ルメール)57.0kg
  • ウインブライト(松岡)57.0kg
  • ジョーストリクトリ(内田博)57.0kg
  • アメリカズカップ(松若)57.0kg
  • スワーヴリチャード(四位)57.0kg
  • サトノアーサー(川田)57.0kg
  • キョウヘイ(高倉)57.0kg
  • トラスト(丹内)57.0kg
  • マイスタイル(横山典)57.0kg
  • マイネルスフェーン(柴田大)57.0kg

除外対象馬

  • サトノクロニクル(田辺)57.0kg

日本ダービー 注目出走予定馬ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G1・日本ダービー。
今年は19頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・アルアイン(Al Ain)

皐月賞 2017 アルアイン

アルアイン・3歳牡馬
5戦4勝 [4-0-0-1]
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
馬名の由来:UAE東部にある遺跡群で、ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉の意
前走:皐月賞・1着(9番人気)
(鞍上予定:松山弘平)

9番人気と低評価だった皐月賞では好位から抜け出しビッグタイトルを獲得したアルアイン。
不利があったシンザン記念こそ6着に敗れているが、他の4戦では勝利を収めている。
ここでも距離がカギになってくるだろう。
克服できれば2つ目のG1タイトルが見えてくる。

・アドミラブル(Admirable)

青葉賞 2017 アドミラブル

アドミラブル・3歳牡馬
4戦3勝 [3-0-0-1]
父:ディープインパクト
母:スカーレット
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:賞賛すべき、立派な
前走:青葉賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

デビュー戦は9着に敗れ、その後に喉の手術を受けた。
手術後は3戦全勝。この走りは本物。特に前走の青葉賞ではダービーレコードに0.4秒差に迫る好タイムで快勝した。
青葉賞馬はダービーを勝てないジンクスもこの馬なら破ってくれそうな気配がある。
馬名のように「賞賛すべき、立派な」結果を残してくれそう。

・レイデオロ(Rey de Oro)

ホープフルステークス 2016 レイデオロ

レイデオロ・3歳牡馬
4戦3勝 [3-0-0-1]
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想
前走:皐月賞・5着(5番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

ホープフルステークスからぶっつけとなった皐月賞では5着に敗れたものの休み明けにしては上々の成績だった。
レースを使って調子は上昇気配。前走以上の走りに期待したい。

・サトノアーサー(Satono Arthur)

【2歳新馬戦】動画・結果/スズカフロンティアとサトノアーサーが同着で優勝

サトノアーサー・3歳牡馬
4戦2勝 [2-2-0-0]
父:ディープインパクト
母:キングスローズ
母父:Redoute’s Choice
馬名の由来:冠名+人名より
前走:毎日杯・2着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

毎レース鋭い脚で差してくるもののここ2戦は差し届かずの2着に敗れているサトノアーサー。
良馬場の東京コースならこの馬の切れ味は魅力的。
鞍上の川田騎手はダービー連覇の偉業もかかっており、目が離せない。

・ペルシアンナイト(Persian Knight)

アーリントンカップ

ペルシアンナイト・3歳牡馬
6戦3勝 [3-2-1-0]
父:ハービンジャー
母:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:ペルシャの騎士
前走:皐月賞・2着(4番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

皐月賞ではクビ差の2着に敗れたペルシアンナイト。
デムーロ騎手がアドミラブルを選択したため、新コンビ戸崎騎手とダービーに挑む。

・ダンビュライト(Danburite)

ダンビュライト

ダンビュライト・3歳牡馬
6戦1勝 [1-1-3-1]
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン
前走:皐月賞・3着(12番人気)
(鞍上予定:武豊)

皐月賞では12番人気で3着に激走したダンビュライト。
兄にはダイヤモンドS・2着のラブラドライトなどがおり距離はこなせそう。
しぶとい末脚で上位を狙う。

他にはプリンシパルSを勝ったダイワキャグニーや、皐月賞で上位人気だったスワーヴリチャードやカデナなども出走予定。

日本ダービーは2017年5月28日(日)の15時40分発走予定です。

主な前哨戦

日本ダービーに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、日本ダービーに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年3月25日(土)毎日杯(GIII)

1着:アルアイン
2着:サトノアーサー
5着:トラスト

タイム:1.46.5 馬場:良

【毎日杯 2017】動画・結果/アルアインが早め抜け出しで粘り込む

2017年4月16日(日)皐月賞(GI)

1着:アルアイン
2着:ペルシアンナイト
3着:ダンビュライト

タイム:1.57.8 馬場:良

【皐月賞 2017】動画・結果/アルアインがレースレコードで優勝

2017年4月29日(土)青葉賞(GII)

青葉賞 2017 アドミラブル

1着:アドミラブル
2着:ベストアプローチ
9着:マイネルスフェーン

タイム:2.23.6 馬場:良

【青葉賞 2017】動画・結果/アドミラブルが快勝でダービーに名乗りを挙げる

2017年5月6日(土)プリンシパルステークス

プリンシパルステークス 2017 ダイワキャグニー

1着:ダイワキャグニー

タイム:1.58.3 馬場:良

【プリンシパルステークス 2017】動画・結果/ダイワキャグニーが鋭く抜け出す

2017年5月7日(日)NHKマイルカップ

NHKマイルカップ 2017 アエロリット

8着:トラスト
12着:ジョーストリクトリ
14着:キョウヘイ

タイム:1.32.3 馬場:良

【NHKマイルカップ 2017】動画・結果/アエロリットが抜け出しG1初制覇

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年5月28日(日)15時40分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・2400m


G1

1着賞金
20,000万円

日本ダービー・プレイバック

2016年5月29日(日)第83回 日本ダービー(GI)

1着 2 3 マカヒキ 牡3 川田 将雅 2.24.0
2着 4 8 サトノダイヤモンド 牡3 C.ルメール 2.24.0 ハナ
3着 1 1 ディーマジェスティ 牡3 蛯名 正義 2.24.1 1/2馬身
4着 3 5 エアスピネル 牡3 武 豊 2.24.4 2馬身
5着 6 12 リオンディーズ 牡3 M.デムーロ 2.24.5 1/2馬身

2016年・日本ダービー

日本ダービー

【日本ダービー 2016】動画・結果/マカヒキが大接戦を制し3歳の頂点に輝く

「日本ダービー 2016」の動画・結果です。日本ダービーの結果は1着:マカヒキ、2着:サトノダイヤモンド、3着:ディーマジェスティ。「マカヒキ」が勝利した2016年の日本ダービーの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の日本ダービーは18頭での争いとなった。
前評判では一冠目の皐月賞を制したディーマジェスティが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた3番人気マカヒキが、直線で馬群を割って先頭に立ち、その外から脚を伸ばしてきた2番人気サトノダイヤモンドとの競り合いをハナ差制し優勝。さらに1/2馬身差の3着に1番人気ディーマジェスティに入った。

勝ったマカヒキは、皐月賞では追い込み届かず2着に敗れたが、ここで見事接戦を制し、2013年生まれのサラブレッド6913頭の頂点に立った。

関連記事

・来週には春のマイル王決定戦・安田記念が開催される。

安田記念

【安田記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/混戦マイル界を勝ち抜くのは

2017年6月4日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦「安田記念」。2017年で第67回を迎える。昨年はロゴタイプが逃げ切った。2017年はどの馬が頂点に立つのか。安田記念の出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。