にほんブログ村 競馬ブログへ

シュヴァルグラン

「アルゼンチン共和国杯 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。アルゼンチン共和国杯の出走登録は17頭。アルバートやスワーヴリチャードなどが出走予定です。ハンデ戦ながら好メンバーが集った。今週も手に汗握る好勝負を期待したい。

2017年11月5日(日) | 5回東京2日 | 15:35 発走
第55回 アルゼンチン共和国杯(GII)芝・左 2500m
Copa Republica Argentina (G2)

アルゼンチン共和国杯」は芝2500mで行われるハンデ戦で、1着馬には5,700万円が贈られる。

配当的には1番人気は2勝・2着1回・3着1回と複勝率は4割。ハンデ戦らしいといえばそれまでだが、ここからも馬券検討の難しさが伝わってくる。
二桁人気の馬は10年間で82頭が出走して1勝を含む馬券圏内は3頭。決して多くはない。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で2度と少ない。2009年こそ二桁人気の馬が2頭馬券に絡み90万円を超える大きな配当になったがそれ以外は落ち着いたもの。大ぶりな馬券予想は危険なようだ。

先週の注目レース

【天皇賞秋 2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

【天皇賞秋 2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

「天皇賞秋 2017」の動画・結果です。天皇賞秋の結果は1着:キタサンブラック、2着:サトノクラウン、3着:レインボーライン。「キタサンブラック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のアルゼンチン共和国杯に17頭が登録を済ませております。
フルゲートに満たないため全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • アルバート(A.シュタルケ)58.5kg
  • スワーヴリチャード(M.デムーロ)56.0kg
  • カレンミロティック(池添謙一)57.0kg
  • ヒットザターゲット(三浦皇成)57.0kg
  • デニムアンドルビー(田辺裕信)54.0kg
  • セダブリランテス(戸崎圭太)54.0kg
  • プレストウィック(V.シュミノー)55.0kg
  • サラトガスピリット(内田博幸)53.0kg
  • マイネルサージュ(柴田大知)54.0kg
  • トルークマクト(江田照男)53.0kg
  • ハッピーモーメント(津村明秀)54.0kg
  • レコンダイト(北村友一)55.0kg
  • シホウ(未定)53.0kg
  • カムフィー(勝浦正樹)52.0kg
  • タッチングスピーチ(未定)54.0kg
  • トウシンモンステラ(未定)53.0kg
  • ソールインパクト(福永祐一)53.0kg

出走予定馬・ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G2「アルゼンチン共和国杯」。
今年は17頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・スワーヴリチャード(Suave Richard)

共同通信杯 2017 スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・3歳牡馬
6戦2勝 [2-3-0-1]
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
馬名の由来:冠名+人名より
前走:日本ダービー・2着(3番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

今年のダービー2着馬「スワーヴリチャード」がここから再始動する。
共同通信杯を制し、皐月賞では2番人気に支持されるも6着。夢の大舞台・日本ダービーではレイデオロに最後まで詰め寄ったものの3/4馬身届かずに2着と涙をのんだ。
その後は疲れが出たため調整が遅れ、菊花賞や天皇賞秋に間に合わなかったものの、なんとか得意の東京コースで行われるアルゼンチン共和国杯に間に合った。
今回は初コンビとなるM.デムーロ騎手が手綱を取る。斤量56kgは決して楽ではないが、秋のG1へ向けていいスタートを切りたいところだ。

・アルバート(Albert)

アルバート

アルバート・6歳牡馬
25戦8勝 [8-2-2-13]
父:アドマイヤドン
母:フォルクローレ
母父:ダンスインザダーク
馬名の由来:人名より
前走:オールカマー・7着(4番人気)
(鞍上予定:A.シュタルケ)

今年のアルゼンチン共和国杯出走馬の中で古馬の大将格は「アルバート」で間違いない。
これまでに長距離の重賞を3勝しており、今年の天皇賞春でも5着と長距離では抜群の強さを見せている。
前走のオールカマーでは7着も休み明けで少し距離が足らなかったことを考えれば悲観する内容ではなかったはず。
この舞台は昨年2着と相性がいい。トップハンデの58.5kgをこなせれば4つ目の重賞タイトルが見えてくる。

・セダブリランテス(Seda Brillantes)

ラジオNIKKEI賞 2017 セダブリランテス

セダブリランテス・3歳牡馬
3戦3勝 [3-0-0-0]
父:ディープブリランテ
母:シルクユニバーサル
母父:ブライアンズタイム
馬名の由来:鮮やかに輝くシルク(西)。父名、母名より連想
前走:ラジオNIKKEI賞・1着(2番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

ここまで3戦3勝と負け知らずの「セダブリランテス」が古馬に挑戦状を叩きつける。
前走のラジオNIKKEI賞では54kgと恵まれた斤量ではあったものの粘り強い走りを見せ重賞初制覇を果たした。
レース後は菊花賞を目指しセントライト記念に出走予定だったものの右前脚の挫石で回避。幸い症状は軽く、回避後は順調に乗り込みを消化してきた。
半兄のモンドインテロがステイヤーズステークスで3着に入るなど長距離の重賞で活躍していて、距離をこなせる下地はある。
ここを突破するとさらにレース選択の幅が広がる。馬名のように「鮮やかに輝く」ことができるか。

他には長距離レースで実績のある「プレストウィック」や「カレンミロティック」、ジャパンカップや宝塚記念で2着の実績がある「デニムアンドルビー」なども出走予定となっています。

アルゼンチン共和国杯は2017年11月5日(日)の15時35分発走予定です。

予想オッズ

2017年・アルゼンチン共和国杯の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. スワーヴリチャード(2.5)
  2. アルバート(4.0)
  3. セダブリランテス(5.0)
  4. プレストウィック(7.5)
  5. ソールインパクト(13.0)
  6. デニムアンドルビー(20.0)
  7. カレンミロティック(25.0)
  8. レコンダイト(30.0)
  9. ハッピーモーメント(35.0)
  10. タッチングスピーチ(40.0)
  11. ヒットザターゲット(45.0)
  12. シホウ(☆)
  13. マイネルサージュ(☆)
  14. サラトガスピリット(☆)
  15. トルークマクト(☆)
  16. カムフィー(☆)
  17. トウシンモンステラ(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

アルゼンチン共和国杯 2017 オッズデータ

1番人気は【2-1-1-6】で複勝率40%と少し物足りないが、2~4番人気は計【6-8-4-12】と複勝率60%の好成績を残している。
上位人気がきっちり結果残しており、ハンデ戦ながら、上位人気を中心視したいレース。大振りには注意が必要。

主な前哨戦

アルゼンチン共和国杯に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、アルゼンチン共和国杯に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年5月28日(日)日本ダービー(GI)

2着:スワーヴリチャード

勝ちタイム:2.26.9 馬場:良

2017年7月2日(日)ラジオNIKKEI賞(GIII)

1着:セダブリランテス

勝ちタイム:1.46.6 馬場:良

2017年9月3日(日)丹頂ステークス

1着:プレストウィック
4着:マイネルサージュ
7着:タッチングスピーチ

勝ちタイム:2.44.2 馬場:良

2017年9月24日(日)オールカマー(GII)

7着:アルバート
8着:デニムアンドルビー
14着:マイネルサージュ

勝ちタイム:2.13.8 馬場:良

2017年10月9日(月)京都大賞典(GII)

5着:レコンダイト
7着:ヒットザターゲット
8着:カレンミロティック

勝ちタイム:2.23.0 馬場:良

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年11月5日(日)15時35分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・2500m


G2

1着賞金
5,700万円

アルゼンチン共和国杯・プレイバック

2016年11月6日(日)アルゼンチン共和国杯(GII)

1着:シュヴァルグラン
2着:アルバート(1/2馬身)
3着:ヴォルシェーブ(アタマ)
4着:モンドインテロ(1/2馬身)
5着:フェイムゲーム(1-1/4馬身)

勝ちタイム:2.33.4
勝利騎手:福永 祐一
馬場:良

2016年・アルゼンチン共和国杯

シュヴァルグラン

【アルゼンチン共和国杯 2016】動画・結果/シュヴァルグランが差し切り重賞2勝目

「アルゼンチン共和国杯 2016」の動画・結果です。アルゼンチン共和国杯の結果は1着:シュヴァルグラン、2着:アルバート、3着:ヴォルシェーブ。「シュヴァルグラン」が勝利したアルゼンチン共和国杯の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のアルゼンチン共和国杯は15頭での争いとなった。
前評判では前走の札幌日経オープンを制し、手ごろなハンデとなったモンドインテロが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた2番人気シュヴァルグランが、直線で先行各馬を交わして抜け出し、最後は同じく中団追走から脚を伸ばした4番人気アルバートに1/2馬身差をつけ優勝。さらにアタマ差の3着に3番人気ヴォルシェーブが入った。

勝ったシュヴァルグランは2016年の阪神大賞典に続き2勝目の重賞タイトルを手にした。

関連記事

・今週は大井でJBC競争が開催される。

【JBCレディスクラシック 2016】動画・結果/ホワイトフーガが人気に答え連覇達成

【JBCレディスクラシック 2017】出走予定馬・日程・賞金/女の熾烈な争い

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の砂の女王を決める一戦「JBCレディスクラシック」。JBCレディスクラシックは2017年で第7回を迎える。昨年はホワイトフーガが制した。JBCレディスクラシックの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

【JBCスプリント 2016】動画・結果/ダノンレジェンドが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

【JBCスプリント 2017】出走予定馬・日程・賞金/砂のスピードキング争い

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の短距離ダート王を決める一戦「JBCスプリント」。JBCスプリントは2017年で第17回を迎える。昨年はダノンレジェンドが制した。JBCスプリントの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

【JBCクラシック 2016】動画・結果/アウォーディーが6連勝で頂点に上り詰める

【JBCクラシック 2017】出走予定馬・日程・賞金/集いしダートの強豪たち

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の中距離ダートG1戦「JBCクラシック」。JBCクラシックは2017年で第17回を迎える。昨年はアウォーディーが優勝した。JBCクラシックの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・11月26日には日本対世界の馬がぶつかり合うジャパンカップが開催される。

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

2017年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演する「ジャパンカップ」。ジャパンカップは2017年で第37回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はキタサンブラックが制した。ジャパンCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。