【チャンピオンズカップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/群雄割拠の時代に突入

チャンピオンズカップ 2016 サウンドトゥルー 2

「チャンピオンズカップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。チャンピオンズカップの出走登録は23頭。テイエムジンソクやサウンドトゥルーなどが出走予定です。各世代のダートの強者が集結。混戦を抜け出すのは。

2017年12月3日(日) | 4回中京2日 | 15:30 発走
第18回 チャンピオンズカップ(GI)ダート・左 1800m
Champions Cup (G1)

チャンピオンズカップ」はダート1800mで行われる定量戦で、1着馬には9,700万円が贈られる。

配当的には1番人気は4勝・2着1回・3着2回と複勝率は7割。これには東京&阪神競馬場時代のジャパンカップダートのデータを含んでいる。ジャパンカップダート時代の7年では【4-0-2-1】なのに対し、チャンピオンズカップになってからの3年は【0-1-0-2】と明らかに成績が下がっている。かなりの注意が必要だ。
二桁人気の馬は10年間で58頭が出走して1勝を含む馬券圏内は3頭。二年連続で二桁人気の馬が馬券に絡んでおり波乱の可能性は十分だ。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で3度とそこまで多くはない。あまりムチャな高配当狙いは危険。

先週の注目レース

ジャパンカップ 2017 シュヴァルグラン

【ジャパンカップ 2017】動画・結果/シュヴァルグランが差しきり悲願のG1初制覇

「ジャパンカップ 2017」の動画・結果です。ジャパンカップの結果は1着:シュヴァルグラン、2着:レイデオロ、3着:キタサンブラック。「シュヴァルグラン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のチャンピオンズカップに23頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭です。

優先出走馬

  • テイエムジンソク(古川吉洋)57.0kg

賞金上位馬

  • コパノリッキー(田辺裕信)57.0kg
  • サウンドトゥルー(大野拓弥)57.0kg
  • アウォーディー(武豊)57.0kg
  • アポロケンタッキー(内田博幸)57.0kg
  • ケイティブレイブ(福永祐一)57.0kg
  • ゴールドドリーム(R.ムーア)57.0kg
  • ロンドンタウン(岩田康誠)57.0kg
  • ノンコノユメ(C.デムーロ)57.0kg
  • ミツバ(松山弘平)57.0kg
  • モルトベーネ(秋山真一郎)57.0kg
  • キングズガード(藤岡康太)57.0kg
  • カフジテイク(C.ルメール)57.0kg
  • グレンツェント(H.ボウマン)57.0kg
  • ローズプリンスダム(戸崎圭太)56.0kg
  • メイショウスミトモ(吉田隼人)57.0kg

除外対象馬

  • サンライズノヴァ(戸崎圭太)56.0kg
  • メイショウウタゲ(未定)57.0kg
  • サンライズソア(未定)56.0kg
  • アスカノロマン(未定)57.0kg
  • トップディーヴォ(未定)57.0kg
  • ピオネロ(未定)57.0kg
  • スリータイタン(未定)57.0kg

出走予定馬・ピックアップ

中京競馬場で行われるダートG1「チャンピオンズカップ」。
今年は23頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・テイエムジンソク(T M Jinsoku)

テイエムジンソク

テイエムジンソク・5歳牡馬
23戦8勝 [8-5-4-6]
父:クロフネ
母:マイディスカバリー
母父:フォーティナイナー
馬名の由来:冠名+迅速
前走:みやこステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:古川吉洋)

今年の夏に一気に力をつけてきた「テイエムジンソク」が注目を集めている。
昨年5月の東大路ステークスを勝ってから馬券圏内には来るものの勝ちきれずもがいていたテイエムジンソクだったが、今年の東大路ステークスで一気に開花した。
鞍上が古川騎手に替わってから一気に3連勝。重賞初挑戦となったエルムステークスでは足元をすくわれ2着に敗れたものの、その後のみやこステークスでは早め先頭から押し切り強い競馬を見せた。
安定感抜群でこれまで23戦してきたが馬券圏内は17回と馬券の軸にしやすい馬だ。
今回は初のG1の舞台に上がる。一気にメンバーが強化されるが、今の勢いなら世代交代を果たせそう。
父クロフネが見せたダートでの輝きを息子テイエムジンソクが引き継ぐ。

・サウンドトゥルー(Sound True)

JBCクラシック 2017 サウンドトゥルー

サウンドトゥルー・7歳せん馬
44戦10勝 [10-10-13-11]
父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
馬名の由来:本当らしい、本物らしい
前走:JBCクラシック・1着(4番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

昨年のチャンピオンズカップ覇者「サウンドトゥルー」が堂々参戦する。
昨年は6番人気と伏兵の一頭のポジションでしかなかったが、レースでは鮮やかにライバルを差し切り中央のG1タイトルを手にした。
春競馬ではいまいち結果を残せなかったが、前走のJBCクラシックでは抜群の末脚で差し切って見せた。
今年は有力候補の一頭。人気を背負うプレッシャーの中、連覇の快挙に挑む。

・ケイティブレイブ(K T Brave)

帝王賞 2017 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ・4歳牡馬
23戦7勝 [7-6-4-6]
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
馬名の由来:冠名+勇士
前走:JBCクラシック・2着(3番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

春に行われた帝王賞の覇者「ケイティブレイブ」。
4歳馬ながらすでに23戦をこなすタフネスっぷりを見せている。
春の地方競馬のグランプリと言っていい帝王賞では出遅れながらも直線でズバッと差し切りうれしいG1初制覇を果たした。その後も日本テレビ盃3着、JBCクラシック2着と接戦を演じており勢いは十分にある。
ここを制せば最優秀ダート馬のタイトルをぐっと引き寄せることができる。先行するのか差しに出るのか、脚質にも注目したい。

・アウォーディー(Awardee)

アウォーディー

アウォーディー・7歳牡馬
37戦10勝 [10-6-7-14]
父:ジャングルポケット
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:受賞者
前走:JBCクラシック・4着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

昨年のチャンピオンズカップ2着からのリベンジを狙うのは「アウォーディー」。
昨年は6連勝の勢いそのままに2.2倍の1番人気に支持されての一戦だったがゴール前でサウンドトゥルーに差し切られ惜しくもタイトルを逃した。
その後も東京大賞典2着や帝王賞3着などがあるものの去年までの勢いはない。
前走の敗戦後、武豊騎手が「左回りのレースのほうがスムーズ」とコメントした。今回は左回りでの一戦。また強いアウォーディーが帰ってくるか。

・コパノリッキー(Copano Rickey)

コパノリッキー

コパノリッキー・7歳牡馬
31戦15勝 [15-3-2-11]
父:ゴールドアリュール
母:コパノニキータ
母父:ティンバーカントリー
馬名の由来:冠名+人名より
前走:JBCスプリント・2着(1番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

これまでG1を10勝と歴史的名馬級の活躍を見せている「コパノリッキー」。ここを制せば史上最多G1勝ち数の「11」となる。
前走は最後追い上げてきたものの2着と惜しい競馬。ハマればまだまだ強烈な脚は持ち合わせている。
リッキーはチャンピオンズカップと東京大賞典の2走で引退を表明している。G1最多勝へチャンスは2回。
背中を知り尽くした田辺騎手がどのようにエスコートするかも楽しみだ。

・ロンドンタウン(London Town)

エルムステークス 2017 ロンドンタウン

ロンドンタウン・4歳牡馬
20戦7勝 [7-3-0-10]
父:カネヒキリ
母:フェアリーバニヤン
母父:Honour and Glory
馬名の由来:曲名
前走:コリアカップ・1着(2番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

韓国で行われたコリアカップを制した「ロンドンタウン」も要注意だ。
2走前のエルムステークスでは今回のチャンピオンズカップで人気が予想されるテイエムジンソクを差し切った。前走のコリアカップでもクリソライトに4馬身の差をつけ圧勝。充実著しい。
帰国初戦となるため状態が気になるところ。しっかりチェックしたい。

他には復活を目指す「ノンコノユメ」や昨年のチャンピオンズカップで4着に健闘した「カフジテイク」、昨年の東京大賞典を制した「アポロケンタッキー」なども出走予定となっています。

チャンピオンズカップは2017年12月3日(日)の15時30分発走予定です。

予想オッズ

2017年・チャンピオンズカップの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. テイエムジンソク(3.5)
  2. サウンドトゥルー(4.0)
  3. アウォーディー(6.0)
  4. ケイティブレイブ(7.0)
  5. ロンドンタウン(9.0)
  6. カフジテイク(15.0)
  7. ノンコノユメ(17.0)
  8. キングズガード(19.0)
  9. グレンツェント(20.0)
  10. コパノリッキー(25.0)
  11. アポロケンタッキー(27.0)
  12. サンライズソア(32.0)
  13. ゴールドドリーム(38.0)
  14. ミツバ(☆)
  15. サンライズノヴァ(☆)
  16. ローズプリンスダム(☆)
  17. アスカノロマン(☆)
  18. メイショウスミトモ(☆)
  19. モルトベーネ(☆)
  20. ピオネロ(☆)
  21. トップディーヴォ(☆)
  22. メイショウウタゲ(☆)
  23. スリータイタン(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

チャンピオンズカップ 2017 オッズデータ

過去10年、1番人気は複勝率70%だが、11年までの5戦4勝から、近年は成績を落としている。
また、チャンピオンズカップになった過去3年で、複数の好走馬を輩出しているのは3番人気のみ。傾向が掴みづらくこのデータからも難解そうな気配が漂う。

主な前哨戦

チャンピオンズカップに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
下記の動画は参考レースが取り上げられてる動画です。

下のレース前に書いてある時間ごとにレース動画がご覧いただけます。

「00:14」武蔵野ステークス
勝ちタイム:1.35.5 馬場:良

「01:16」みやこステークス
勝ちタイム:1.50.1 馬場:良

「02:27」JBCクラシック
勝ちタイム:2.04.5 馬場:重

「04:00」JBCスプリント
勝ちタイム:1.11.4 馬場:重

「05:33」マイルCS南部杯
勝ちタイム:1.34.9 馬場:稍重

「07:15」シリウスステークス
勝ちタイム:2.03.9 馬場:良

「08:11」日本テレビ盃
勝ちタイム:1.52.9 馬場:稍重

「09:03」エルムステークス
勝ちタイム:1.40.9 馬場:重

「10:04」レパードステークス
勝ちタイム:1.52.9 馬場:良

「10:57」ジャパンダートダービー
勝ちタイム:2:05:8 馬場:良

「11:56」プロキオンステークス
勝ちタイム:1.22.9 馬場:良

「12:49」帝王賞
勝ちタイム:2.04.4 馬場:重

「14:24」ユニコーンステークス
勝ちタイム:1.35.9 馬場:良

「15:15」アンタレスステークス
勝ちタイム:1.49.9 馬場:良

「16:05」フェブラリーステークス
勝ちタイム:1.35.1 馬場:稍重

「17:09」2016年・東京大賞典
勝ちタイム:2.05.8 馬場:重

「18:10」2016年・チャンピオンズカップ
勝ちタイム:1.50.1 馬場:良

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年12月3日(日)15時30分発走予定

場所・距離
中京競馬場・ダート・1800m


G1

1着賞金
9,700万円

プレイバック

2016年12月4日(日)チャンピオンズカップ(GI)

1着:サウンドトゥルー
2着:アウォーディー(クビ)
3着:アスカノロマン(1/2馬身)
4着:カフジテイク(クビ)
5着:アポロケンタッキー(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.50.1
勝利騎手:大野 拓弥
馬場:良

2016年・チャンピオンズカップ

チャンピオンズカップ 2016 サウンドトゥルー 2

【チャンピオンズカップ 2016】動画・結果/サウンドトゥルーが外から鋭く差しきる

「チャンピオンズカップ 2016」の動画・結果です。チャンピオンズカップの結果は1着:サウンドトゥルー、2着:アウォーディー、3着:アスカノロマン。「サウンドトゥルー」が勝利したチャンピオンズCの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のチャンピオンズカップは15頭での争いとなった。
前評判ではダートに転向して6戦6勝と抜群の強さを見せているアウォーディーが1番人気に支持された。

レースは、後方2番手に構えた6番人気サウンドトゥルーが、直線で外に持ち出して一気に脚を伸ばし、中団追走から一旦は先頭に立った1番人気アウォーディーを捕らえて、これにクビ差をつけ優勝。さらに1/2馬身差の3着に10番人気アスカノロマンが入った。

勝ったサウンドトゥルーは2015年末の東京大賞典以来の勝利にして、待望のJRA・GI初制覇を果たした。

関連記事

・今週は他にチャレンジカップとステイヤーズステークスが開催される。

チャレンジカップ 2016 マイネルハニー

【チャレンジカップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/今年から別定戦に

「チャレンジカップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。チャレンジカップの出走登録は13頭。サトノクロニクルやモンドインテロなどが出走予定です。昨年まではハンデ戦で行われていたが今年からは別定戦に戻る。距離も2000mに延長され注意が必要だ。

ステイヤーズステークス 2017 アルバート

【ステイヤーズステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/3連覇の偉業に挑む

「ステイヤーズステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。ステイヤーズステークスの出走登録は10頭。アルバートやフェイムゲームなどが出走予定です。JRAで最長距離で行われる一戦。騎手の駆け引きを楽しもう。

・来週は阪神競馬場で阪神ジュベナイルフィリーズが開催される。

阪神ジュベナイルフィリーズ 2016 ソウルスターリング

【阪神ジュベナイルフィリーズ 2017】出走予定馬・日程・賞金/若き才女を探せ

「阪神ジュベナイルフィリーズ」は2017年12月10日に阪神競馬場で行われ、2歳女王を決める一戦。阪神ジュベナイルフィリーズは2017年で第69回を迎える。昨年はソウルスターリングが制した。阪神JFの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・12月10日には香港カップが開催され、日本馬の参戦が予定されている。

香港カップ 2016 モーリス

【香港カップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/日本勢3連覇に挑む

「香港カップ」は2017年12月10日に香港・シャティン競馬場で行われる国際G1戦。香港カップは距離は2000m戦で、世界各地から強豪馬が参戦する。昨年はモーリスが制した。香港カップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・12月24日には2017年の競馬の総決算・有馬記念が開催される。

サトノダイヤモンド

【有馬記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/年末の大一番は豪華絢爛

「有馬記念」は2017年12月24日に中山競馬場で行われる1年の締め括りの大一番。有馬記念は2017年で第62回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

シェアする

フォローする