にほんブログ村 競馬ブログへ

春雷ステークス 2017 フィドゥーシア

「セントウルステークス 2017」のデータ・枠順の情報です。セントウルSのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

2017年9月10日(日) | 4回阪神2日 | 15:35 発走
第31回 セントウルステークス(GII)芝・右 1200m
Centaur Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ

2017年・セントウルステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【セントウルステークス 2016】動画・結果/ビッグアーサーがスピードの違いで逃げ切る

【セントウルステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/スピードのその先に

「セントウルステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。セントウルSの出走登録は17頭。ダンスディレクターやフィドゥーシアなどが出走予定です。G1へ続く重要な一戦。開幕週の電撃戦を制すのは?

枠順

セントウルステークス 2017 枠順

セントウルステークスの枠順が発表されました。
人気が予想されるフィドゥーシアは8枠14番、デムーロ騎手とコンビを組むファインニードルは5枠7番、シルクロードステークス以来の競馬となるダンスディレクターは8枠13番に入った。

セントウルステークスの気になるデータ

2017年・セントウルステークスのデータです。
青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

枠順別データ

セントウルステークス 2017 枠順別データ

(過去10回)

「8枠」が飛び抜けた成績を残している。複勝率4割は立派な数字と言える。中には2008年のシンボリグラン(11番人気・2着)や2009年のコスモベル(11番人気・3着)、2012年のアンシェルブルー(12番人気・3着)など穴馬の激走も目に付く。昨年の8枠は2頭とも馬券に絡まなかっただけに、そろそろ今年は…と思わせる。

逆に成績が良くないのは「5枠」。10年でたった2頭(2011年エーシンヴァーゴウ・2番人気・1着、2012年ロードカナロア・1番人気・2着)でともに人気の馬だった。5枠の馬が上位人気かどうかをしっかり見極めてみたい。

〇・8枠

  • ダンスディレクター
  • フィドゥーシア

×・5枠

  • ファインニードル
  • ワキノブレイブ

脚質別データ

セントウルステークス 2017 脚質別データ

(過去10年)
開幕週の馬場を活かして逃げ・先行馬が抜群の活躍を見せている。特に逃げ馬はとにかく回収値が高い。必ず押さえておきたいところ。
追い込み馬で馬券になった2頭はともに上位人気の馬。よほど力がないと馬券に絡むことはできない。

種牡馬別データ

セントウルステークス 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた阪神芝1200m戦)

阪神芝1200m戦で勝ち数トップの種牡馬は「アドマイヤムーン」。勝ち数・複勝率など他を大きく引き離し独走状態。サクラバクシンオーを抑えての1位は価値がある。
今年はアドマイヤムーン産駒が2頭出走している。目が離せない。
他にも3勝以上を挙げ、複勝率が3割近くだったり、単勝・複勝回収値が高い活躍を見せている種牡馬の産駒をピックアップした。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • プレイズエターナル(アドマイヤムーン)
  • ファインニードル(アドマイヤムーン)
  • ワキノブレイブ(マイネルラヴ)
  • ラヴァーズポイント(マイネルラヴ)
  • ミッキーラブソング(キングカメハメハ)

騎手別データ

セントウルステークス 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた阪神芝1200m戦)

今年参戦している騎手で注目したいのはM.デムーロ騎手だ。複勝率は驚異の5割。騎乗した半数が馬券になっている計算になる。単勝・複勝回収値も高い。このコースでの信頼度は高い。
他には4勝以上していて複勝率が3割近くの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • ダンスディレクター(浜中俊)
  • アルティマブラッド(藤岡康太)
  • ファインニードル(M.デムーロ)

馬体重別データ

セントウルステークス 2017 馬体重別データ

(過去10年)

好成績を残している馬体重は460~519kgの馬。この馬体重の馬たちの成績は【9-10-8-85】と馬券内のほとんどを占める。
しっかりチェックしておきたい。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・460~519kg

  • アドマイヤゴッド
  • アルティマブラッド
  • ツィンクルソード
  • プレイズエターナル
  • ラインミーティア
  • ファインニードル
  • ワキノブレイブ
  • ミッキーラブソング
  • ワキノヒビキ
  • スノードラゴン
  • ラヴァーズポイント
  • フィドゥーシア

年齢別データ

セントウルステークス 2017 年齢別データ

(過去10年)
優勝馬は3歳から5歳馬の中から出ており、複勝率で見てもこの世代の馬たちが強い。
7歳を超えると成績はガクッと下がる。

〇・3歳から5歳馬

  • アドマイヤゴッド
  • メラグラーナ
  • アルティマブラッド
  • ファインニードル
  • ワキノヒビキ
  • フィドゥーシア

騎乗別データ

セントウルステークス 2017 騎乗別データ

(過去10年)
前走と同じ騎手で臨んだ馬の成績がいいことがわかる。乗り替わりの馬は減点したい。

〇・前走と同じ騎手

  • メラグラーナ
  • ラインミーティア
  • ファインニードル
  • ミッキーラブソング
  • スノードラゴン
  • ラヴァーズポイント
  • フィドゥーシア

前走のレース別データ

セントウルステークス 2017 前走のレース別データ

(過去10年)
上記の表から特に注目したいデータは前走「アイビスサマーダッシュ」組だ。10年間で9頭が参戦し4頭も馬券に絡んでいる。
好相性のレースと言える。

〇・前走アイビスサマーダッシュ

  • ラインミーティア
  • フィドゥーシア

出走馬の阪神芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
阪神の芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
中でも特に好成績なのはフィドゥーシアで【1.2.1.2】と複勝率6割オーバーの数字を残す。

〇・コース相性

  • メラグラーナ
  • ラヴァーズポイント
  • フィドゥーシア

人気別データ

セントウルステークス 2017 オッズデータ

(過去10年)
1番人気は【1-5-2-2】と安定し、ここ5年は連続連対を果たしている。ただ、そのうち優勝したのは昨年のビッグアーサーのみ。アタマ固定は危険。
2番人気以下にも勝利を手にするチャンスは大きい。ここ5年にかぎると、その1番人気連続連対など、連対馬10頭中9頭は6番人気以内の馬。

追い切り・コメント

2017年・セントウルステークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

セントウルステークス 2017 追い切り

【セントウルステークス 2017】追い切り・コメント/追い切りが結果につながる

「セントウルステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。セントウルSに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

スポンサーリンク

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・フィドゥーシア(Fiducia)

春雷ステークス 2017 フィドゥーシア

フィドゥーシア・5歳牝馬
23戦7勝 [7-5-2-9]
父:Medaglia d’Oro
母:ビリーヴ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:信頼(伊)より
前走:アイビスSD・2着(1番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

相性のいい前走アイビスサマーダッシュ組から注目したいのは「フィドゥーシア」。
フィドゥーシアは阪神芝コースとの相性も良く、他にも枠順、馬格、年齢、前走と同じ騎手でも好データを得た。
重賞初制覇のチャンスは十分と見た。

・ファインニードル(Fine Needle)

ファインニードル

ファインニードル・4歳牡馬
32戦4勝 [4-3-3-22]
父:アドマイヤムーン
母:ニードルクラフト
母父:Mark of Esteem
馬名の由来:細針
前走:北九州記念・5着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

阪神芝1200mでかなりの好成績を残すデムーロ騎手が騎乗する「ファインニードル」。
父アドマイヤムーンも阪神芝1200mを特に得意としていて、他にも馬格、年齢、前走と同じ騎手で加点を得た。
前走の北九州記念では悔しい5着に終わったが、ここで巻き返しなるか。

・ラヴァーズポイント(Lovers Point)

ラヴァーズポイント

ラヴァーズポイント・7歳牝馬
38戦4勝 [4-4-7-23]
父:マイネルラヴ
母:ハートフルシフォン
母父:タマモクロス
馬名の由来:恋人岬(グアム)より
前走:北九州記念・10着(12番人気)
(鞍上予定:川須栄彦)

3頭目には穴馬の「ラヴァーズポイント」をピックアップしたい。
種牡馬のマイネルラヴはこのコースを得意としており、馬格、前走と同じ騎手、コース相性などでも好走データに当てはまった。
昨年のセントウルステークスでは3着と好走した。再現を狙う。

予想

管理人が独断と偏見で予想した「セントウルステークス」!
◎・[最強]競馬ブログランキングへ
(競馬の魅力・ブログ紹介文に記載しています。)
〇・ファインニードル
▲・ダンスディレクター
★・アルティマブラッド
△・プレイズエターナル・ミッキーラブソング・ラヴァーズポイント

本命は[最強]競馬ブログランキングに書かせていただきました。
阪神コースを得意とするこの馬を本命にした。重賞勝ちこそないものの、いつでも勝てそうな走りを見せている。G1で見たい一頭だ。

対抗はファインニードル。2走前の水無月ステークスの走りを見てもこのコースは合うはず。前走の悔しさをバネに。
他には復帰戦となる実績馬ダンスディレクターや5歳牝馬のアルティマブラッドなどを選出した。

関連記事

・今週は他に紫苑ステークスや京成杯オータムハンデキャップが行われる。

【紫苑ステークス 2016】動画・結果/ビッシュが楽な手ごたえで差し切る

【紫苑ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/昨年はここから秋華賞馬が

「紫苑ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。紫苑Sの出走登録は23頭。ライジングリーズンやディアドラなどが出走予定です。重賞になってからは2度目の開催で昨年はヴィブロスがここから秋華賞馬に。今年はどうなる?

紫苑ステークス 2017 追い切り

【紫苑ステークス 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「紫苑ステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。紫苑Sに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

【京成杯オータムハンデキャップ 2016】動画・結果/ロードクエストが得意のマイル戦を制する

【京成杯オータムハンデキャップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/秋を告げるハンデ戦

「京成杯オータムハンデキャップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。京成杯AHの出走登録は20頭。マルターズアポジーやロードクエストなどが出走予定です。秋競馬を告げる伝統のハンデ戦。混戦メンバーで予想は難解?

京成杯オータムハンデキャップ 2017 追い切り

【京成杯オータムハンデキャップ 2017】追い切り・コメント/各馬の状態を見極めろ

「京成杯オータムハンデキャップ 2017」の追い切り・コメントの情報です。京成杯AHに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。