にほんブログ村 競馬ブログへ

CBC賞

「CBC賞 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。CBC賞の出走登録は18頭。メラグラーナやシャイニングレイなどが出走予定です。夏競馬を告げる電撃戦を制すのは?

ハンデ差が馬券妙味を生む

2017年7月2日(日) | 3回中京2日 | 15:35 発走
第53回 CBC賞(GIII)芝・左 1200m
CBC Sho (G3)

CBC賞は芝1200mで行われるハンデ戦で、1着馬には3,900万円が贈られる。

2017年で53回目を迎え、秋のG1を目指すスピード自慢のメンバーが集結した。
過去の勝ち馬には短距離で活躍した馬が多く、サニングデールやスリープレスナイト、レッドファルクスなどがここを勝利し、その後G1タイトルを獲得した。

配当的には1番人気が過去10年で2勝・2着1回・3着1回とハンデ戦らしく苦戦傾向。
二桁人気の馬は10年で2勝・3着3回と程よく絡んでおり、波乱を演出している。

先週の注目レース

宝塚記念 2017 サトノクラウン

【宝塚記念 2017】動画・結果/サトノクラウンが栄冠を勝ち取る

「宝塚記念 2017」の動画・結果です。宝塚記念の結果は1着:サトノクラウン、2着:ゴールドアクター、3着:ミッキークイーン。「サトノクラウン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のCBC賞に18頭が登録を済ませております。
フルゲートが18頭のため全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • スノードラゴン(大野)58.0kg
  • メラグラーナ(戸崎)55.0kg
  • ラインスピリット(森一)56.0kg
  • エイシンスパルタン(藤岡佑)56.0kg
  • メイソンジュニア(菱田)53.0kg
  • ナリタスターワン(和田)55.0kg
  • タイムトリップ(幸)52.0kg
  • ティーハーフ(国分優)57.0kg
  • シャイニングレイ(北村友)56.0kg
  • トーセンデューク(武豊)55.0kg
  • アリンナ(高倉)50.0kg
  • アルティマブラッド(福永)53.0kg
  • トウショウドラフタ(横山典)56.0kg
  • オウノミチ(未定)54.0kg
  • ラヴァーズポイント(川須)52.0kg
  • オメガヴェンデッタ(荻野極)56.0kg
  • アクティブミノル(酒井)56.0kg
  • セカンドテーブル(水口)56.0kg

CBC賞 注目出走予定馬ピックアップ

中京競馬場で行われる芝G3・CBC賞。
今年は18頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・メラグラーナ(Melagrana)

【セプテンバーステークス 2016】動画・結果/メラグラーナが鮮やかに外から差し切る

メラグラーナ・5歳牝馬
16戦7勝 [7-1-0-8]
父:Fastnet Rock
母:Ghaliah
母父:Secret Savings
馬名の由来:ざくろ(伊)
前走:高松宮記念・10着(3番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

今年のオーシャンステークスで重賞初制覇を果たし、その勢いで挑んだ高松宮記念では3番人気に支持されたが10着と大敗した。
緩い馬場があまり得意ではなく、近走敗れた京成杯も高松宮記念も良馬場ではなかった。
中京芝1200m戦は好タイムで勝利経験があり、良馬場なら見直したい。

・メイソンジュニア(Mayson Junior)

福島2歳ステークス 2017 メイソンジュニア

メイソンジュニア・3歳牡馬
7戦2勝 [2-1-1-3]
父:Mayson
母:アナアメリカーナ
母父:American Post
馬名の由来:父名+息子
前走:ニュージーランドT・2着(8番人気)
(鞍上予定:菱田裕二)

今年に入っての2戦はファルコンステークス3着、ニュージーランドトロフィー2着と重賞で上位争いを演じてきた。
1200m戦では2勝挙げ、中京競馬場はファルコンステークスで経験済み。
スピードを生かして重賞初制覇を目指す。

・スノードラゴン(Snow Dragon)

スノードラゴン

スノードラゴン・9歳牡馬
48戦8勝 [8-12-6-22]
父:アドマイヤコジーン
母:マイネカプリース
母父:タヤスツヨシ
馬名の由来:ユリ科の常緑多年草
前走:北海道SC・3着(3番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

9歳になったスノードラゴン。勝ち星も2014年のスプリンターズステークス以来遠ざかっている。
多少衰えてきた感じもあるが、今年の高松宮記念ではよく追い上げ0.7秒差の7着に頑張り、前走の北海道スプリントカップでは3着と馬券圏内に入った。
ハンデや開幕週の前残り馬場など条件面的には厳しそうだが、キャリアを武器に上位を狙う。

・シャイニングレイ(Shining Lei)

ホープフルステークス 2014 シャイニングレイ 動画・結果

シャイニングレイ・5歳牡馬
6戦3勝 [3-0-0-3]
父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
馬名の由来:輝く+母名の一部。競走馬として輝かしい歴史を創ることを願って
前走:安土城S・1着(6番人気)
(鞍上予定:北村友一)

2014年のホープフルステークスを制しクラシック候補に挙げられたシャイニングレイ。しかし、弥生賞7着後に屈腱炎を発症し長期休養を余儀なくされた。
今年の3月にダート戦で戦線復帰。復帰3戦目となった前走の安土城ステークスでは初の1400m戦をこなし見事に勝利を挙げた。
今回は初の1200m戦となる。電撃戦のペースに惑わなければ楽しみな存在。

・ティーハーフ(Teehaff)

函館スプリントステークス 2015 ティーハーフ 動画・結果

ティーハーフ・7歳牡馬
35戦6勝 [6-3-6-20]
父:ストーミングホーム
母:ビールジャント
母父:Green Desert
馬名の由来:Tee(T字型の)とHaff(ドイツ語の潟)からの造語
前走:安土城S・3着(3番人気)
(鞍上予定:国分優作)

高松宮記念に二年連続で挑戦し6着、4着と健闘した。7歳になったが今年の4戦は常に掲示板を確保しており、あと一歩の競馬を続けている。
展開一つで末脚が炸裂する。

・アリンナ(Arinna)

葵ステークス 2017 アリンナ

アリンナ・3歳牝馬
7戦3勝 [3-1-0-3]
父:マツリダゴッホ
母:ヴンダーゾンネ
母父:グラスワンダー
馬名の由来:ヒッタイト神話の太陽の女神。母名より連想
前走:葵S・1着(2番人気)
(鞍上予定:高倉稜)

7戦中6戦で逃げている韋駄天・アリンナ。
開幕週の前残り馬場はこの馬にとってプラスに働きそう。粘り込みに注意。

他には武豊騎手とコンビを組むトーセンデュークや、重賞2勝馬のアクティブミノルなども出走予定。

CBC賞は2017年7月2日(日)の15時35分発走予定です。

予想オッズ

2017年・CBC賞の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. メラグラーナ(2.5)
  2. シャイニングレイ(4.5)
  3. アリンナ(5.0)
  4. アルティマブラッド(7.0)
  5. エイシンスパルタン(8.0)
  6. メイソンジュニア(9.0)
  7. セカンドテーブル(12.0)
  8. スノードラゴン(18.0)
  9. ティーハーフ(20.0)
  10. トウショウドラフタ(25.0)
  11. タイムトリップ(30.0)
  12. ラヴァーズポイント(33.0)
  13. トーセンデューク(35.0)
  14. アクティブミノル(45.0)
  15. ラインスピリット(☆)
  16. オウノミチ(☆)
  17. ナリタスターワン(☆)
  18. オメガヴェンデッタ(☆)

☆印は50倍以上と予想

今年の出走馬の中で1番人気はメラグラーナ。この1年の走りは充実している。コース経験もありチャンス十分。
2番人気は安土城ステークスで復活Vのシャイニングレイ、3番人気予想は3歳牝馬のアリンナと予想します。

10年間の人気別データ

CBC賞 2017 オッズデータ

1番人気【2-1-1-6】は複勝率40%とイマイチで、二桁人気が5頭馬券に絡んでいる。
ただ、中京競馬場が新装された2012年以降は、1~3番人気の馬が【4-3-4-4】で複勝率73%とかなり堅実。二桁人気も1頭しか来ておらず、ハンデ戦の割には荒れていない。

データ・追い切り

CBC賞 2017 枠順

【CBC賞 2017】データ・追い切り/データから導かれる激走馬は?

「CBC賞 2017」のデータ・追い切り・コメントの情報です。CBC賞のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

主な前哨戦

CBC賞に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、CBC賞に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年3月26日(日)高松宮記念(GI)

高松宮記念 2017 セイウンコウセイ

4着:ティーハーフ
7着:スノードラゴン
10着:メラグラーナ

タイム:1.08.7 馬場:稍重

【高松宮記念 2017】動画・結果/セイウンコウセイが抜け出しG1初制覇

2017年4月8日(土)ニュージーランドT(GII)

ニュージーランドトロフィー 2017 ジョーストリクトリ

2着:メイソンジュニア
5着:タイムトリップ

タイム:1.36.0 馬場:稍重

【ニュージーランドトロフィー 2017】動画・結果/ジョーストリクトリが内から伸び重賞初制覇

2017年4月16日(日)春雷ステークス

春雷ステークス 2017 フィドゥーシア

3着:アルティマブラッド
5着:オメガヴェンデッタ
9着:トウショウドラフタ

タイム:1.07.5 馬場:良

2017/04/16 中山10R 春雷S(OP)【フィドゥーシア】

2017年5月13日(土)葵ステークス

葵ステークス 2017 アリンナ

1着:アリンナ

タイム:1.10.5 馬場:不良

2017/05/13 京都10R 葵S(3歳OP)【アリンナ】

2017年5月13日(土)京王杯スプリングC(GII)

京王杯スプリングカップ 2017 レッドファルクス

5着:トウショウドラフタ
8着:トーセンデューク

タイム:1.23.2 馬場:重

【京王杯スプリングカップ 2017】動画・結果/レッドファルクスが差し切る

2017年5月28日(日)安土城ステークス

安土城ステークス 2017 シャイニングレイ

1着:シャイニングレイ
3着:ティーハーフ
10着:セカンドテーブル

タイム:1.19.8 馬場:良

2017/05/28 京都10R 安土城S(OP)【シャイニングレイ】

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年7月2日(日)15時35分発走予定

場所・距離
中京競馬場・芝・1200m


G3

1着賞金
3,900万円

CBC賞・プレイバック

2016年7月3日(日)CBC賞(GIII)

1着:レッドファルクス
2着:ラヴァーズポイント(クビ)
3着:ベルカント(クビ)
4着:サドンストーム(1/2馬身)
5着:ベルルミエール(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.07.2
勝利騎手:M.デムーロ
馬場:良

2016年・CBC賞

CBC賞

【CBC賞 2016】動画・結果/レッドファルクスが前残りの展開を外から差し切る

「CBC賞 2016」の動画・結果です。CBC賞の結果は1着:レッドファルクス、2着:ラヴァーズポイント、3着:ベルカント。「レッドファルクス」が勝利した2016年のCBC賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のCBC賞は13頭での争いとなった。
前評判ではオーシャンステークスを制し、高松宮記念でも5着に健闘したエイシンブルズアイが1番人気に支持された。

レースは、中団後方で進めた3番人気レッドファルクスが、直線で馬群の一番外から脚を伸ばして、逃げ粘る2番人気ベルカント・好位から脚を伸ばす7番人気ラヴァーズポイントを差し切り優勝。2着はクビ差でラヴァーズポイント、3着はさらにクビ差でベルカントに入った。

勝ったレッドファルクスは、前走でダートの欅Sを勝っていたが、芝替わりのここでも見事な末脚を発揮し、初めての重賞制覇を果たした。

関連記事

・今週は他にもG3・ラジオNIKKEI賞が行われる。

【ラジオNIKKEI賞 2016】動画・結果/ゼーヴィントが馬場の真ん中から差し切る

【ラジオNIKKEI賞 2017】出走予定馬・予想オッズ/群雄割拠

「ラジオNIKKEI賞 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。ラジオNIKKEI賞の出走登録は14頭。サトノクロニクルやライジングリーズンなどが出走予定です。秋のビッグレースへむかうために、賞金加算が必須。

・8月20日には豪華メンバーが予想される札幌記念が開催される。

【札幌記念 2016】動画・結果/ペースを握ったネオリアリズムが金星を挙げる

【札幌記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/北の大地が熱狂する

2017年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース「札幌記念」。2017年で第53回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はネオリアリズムが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。