にほんブログ村 競馬ブログへ

カペラステークス 2016 ノボバカラ

「カペラステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。カペラステークスの出走登録は23頭。サイタスリーレッドやブルドッグボスなどが出走予定です。1番人気が9年間勝利していない。波乱のにおいがプンプンする。

2017年12月10日(日) | 5回中山4日 | 15:20 発走
第10回 カペラステークス(GIII)ダート・右 1200m
Capella Stakes (G3)

カペラステークス」はダート1200mで行われるハンデ戦で、1着馬には3,500万円が贈られる。

配当的には9年間で1番人気は0勝・2着1回・3着1回と複勝率は22%。多くの1番人気馬が期待を裏切ってきた。歴史は繰り返されるのか。
二桁人気の馬は9年間で60頭が出走して馬券圏内は1勝を含む3頭。唯一の勝利は2014年のダノンレジェンド(12番人気)。のちのG1馬だが、レース当時は穴馬の一頭だった。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは9年で3度。2014年には165万馬券が飛び出すなど波乱のケースが多い。

先週の注目レース

チャンピオンズカップ 2017 ゴールドドリーム

【チャンピオンズカップ 2017】動画・結果/ゴールドドリームが差しきり接戦を制する

「チャンピオンズカップ 2017」の動画・結果です。チャンピオンズカップの結果は1着:ゴールドドリーム、2着:テイエムジンソク、3着:コパノリッキー。「ゴールドドリーム」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のカペラステークスに23頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭です。

地方馬

  • ブルドッグボス(内田博幸)57.0kg

賞金上位馬

  • スノードラゴン(大野拓弥)58.0kg
  • ノボバカラ(北村宏司)57.0kg
  • グレイスフルリープ(三浦皇成)58.0kg
  • コーリンベリー(松山弘平)56.0kg
  • モンドクラッセ(柴田大知)56.0kg
  • サイタスリーレッド(V.シュミノー)57.0kg
  • ショコラブラン(未定)56.0kg
  • キタサンサジン(未定)57.0kg
  • ブルミラコロ(秋山真一郎)56.0kg
  • ニットウスバル(吉田豊)56.0kg
  • キクノストーム(横山典弘)56.0kg
  • ドラゴンゲート(田辺裕信)56.0kg
  • ナンチンノン(丸田恭介)56.0kg
  • ディオスコリダー(津村明秀)55.0kg
  • キャプテンシップ(江田照男)56.0kg

除外対象馬

  • ゴーイングパワー(未定)56.0kg
  • テイエムヒッタマゲ(未定)55.0kg
  • アールプロセス(勝浦正樹)56.0kg
  • ドリームドルチェ(未定)56.0kg
  • ペイシャモンシェリ(未定)56.0kg
  • ベストマッチョ(未定)56.0kg
  • ベック(未定)56.0kg

出走予定馬・ピックアップ

中山競馬場で行われるダートG3「カペラステークス」。
今年は23頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・サイタスリーレッド(Saita Three Red)

オーバルスプリント 2017 サイタスリーレッド

サイタスリーレッド・4歳牡馬
19戦6勝 [6-2-2-9]
父:ダノンシャンティ
母:ユメノラッキー
母父:Salt Lake
馬名の由来:咲いた+3+赤。咲いた3つの赤い実
前走:室町ステークス・13着(1番人気)
(鞍上予定:V.シュミノー)

今年のオーバルスプリントで重賞馬の仲間入りを果たした「サイタスリーレッド」。
今年の2月までは芝でのレースばかりを使っていて500万下戦でもがいていたが、3月の500万下のダート戦で快勝してから一気に開花、4連勝でオープン特別の栗東ステークスを制す。その後はクラスターカップで3着に敗れるものの、次のオーバルスプリントでは2着のレーザーバレットに2馬身の差をつけ快勝した。
前走の室町ステークスでは5番手を追走するも馬群にもまれレースにならず15着とダートでは初の大敗を喫した。
仕切り直しの一戦。初コンビとなるシュミノーの手綱さばきにも注目だ。

・ブルドッグボス(Bulldog Boss)

【室町ステークス 2016】動画・結果/ブルドッグボスが1番人気に答える

ブルドッグボス・5歳牡馬
24戦8勝 [8-6-5-5]
父:ダイワメジャー
母:リファールカンヌ
母父:デインヒル
馬名の由来:犬の品種名+ボス
前走:JBCスプリント・3着(3番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

JBCスプリントで3着に入った地方馬「ブルドッグボス」も参戦する。
JRA所属時代から交流レースで活躍しており2016年のかきつばた記念やクラスターカップで2着に入るなど短距離戦で実績を挙げていた。
中央のダート短距離戦はレース数が少ないため、今年の5月にレースが充実している地方に移籍した。
8月のクラスターカップで優勝し、その後も東京盃2着、JBCスプリント3着と惜しい競馬を続けている。2つ目の重賞タイトルを目指し、古巣JRAの重賞へ殴り込む。

・ノボバカラ(Nobo Baccara)

【プロキオンステークス 2016】動画・結果/ノボバカラが人気に答え快勝

ノボバカラ・5歳牡馬
29戦7勝 [7-5-5-12]
父:アドマイヤオーラ
母:ノボキッス
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:冠名+ゼロ(伊)
前走:JBCスプリント・12着(6番人気)
(鞍上予定:北村宏司)

昨年のカペラステークス覇者の「ノボバカラ」が連覇に挑戦する。
これまでに重賞3勝しており実績的にはメンバートップクラス。今年は芝に挑戦したり距離延長したりいろいろチャレンジしている。
2走前のマイルチャンピオンシップ南部杯ではカフジテイクやゴールドドリームに先着する2着に健闘するなど先手を取れればまだまだ力を秘めている。
ペースをつかめれば今年も上位争い可能だ。

・グレイスフルリープ(Graceful Leap)

グレイスフルリープ

グレイスフルリープ・7歳牡馬
37戦9勝 [9-8-2-18]
父:ゴールドアリュール
母:ラビットフット
母父:Seeking the Gold
馬名の由来:優雅な跳躍
前走:コリアスプリント・1着(6番人気)
(鞍上予定:三浦皇成)

韓国でG1を制した「グレイスフルリープ」が帰国初戦に挑む。
昨年のサマーチャンピオン以降苦戦が続いていたが初の海外遠征となったコリアスプリントでは武豊騎手とのコンビで初のG1タイトルを手にした。
その後はJBCスプリントを目指したものの賞金が足らず除外され、目標をカペラステークスに絞って調整された。帰国初戦の状態が気がかりだ。

・スノードラゴン(Snow Dragon)

スノードラゴン

スノードラゴン・9歳牡馬
52戦8勝 [8-12-6-26]
父:アドマイヤコジーン
母:マイネカプリース
母父:タヤスツヨシ
馬名の由来:ユリ科の常緑多年草
前走:JBCスプリント・7着(7番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

9歳になってもまだまだ元気な「スノードラゴン」。
今年も北海道スプリントカップ3着、G1・スプリンターズステークスでも4着など展開がハマれば上位争いに顔を出す。
2014年のスプリンターズステークス以来の勝利を目指す。

他にはオータムリーフステークスを制した「ニットウスバル」や2015年のJBCスプリント勝ち馬「コーリンベリー」、前走の室町ステークスを制した「ブルミラコロ」なども出走予定となっています。

カペラステークスは2017年12月10日(日)の15時20分発走予定です。

予想オッズ

2017年・カペラステークスの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. サイタスリーレッド(3.0)
  2. ブルドッグボス(5.0)
  3. ニットウスバル(6.0)
  4. ノボバカラ(7.5)
  5. グレイスフルリープ(9.0)
  6. コーリンベリー(10.0)
  7. ブルミラコロ(15.0)
  8. スノードラゴン(17.0)
  9. ベストマッチョ(25.0)
  10. ディオスコリダー(35.0)
  11. ショコラブラン(45.0)
  12. ドラゴンゲート(☆)
  13. キクノストーム(☆)
  14. キタサンサジン(☆)
  15. ナンチンノン(☆)
  16. アールプロセス(☆)
  17. キャプテンシップ(☆)
  18. テイエムヒッタマゲ(☆)
  19. ゴーイングパワー(☆)
  20. モンドクラッセ(☆)
  21. ドリームドルチェ(☆)
  22. ペイシャモンシェリ(☆)
  23. ベック(☆)

☆印は50倍以上と予想

9年間の人気別データ

カペラステークス 2017 オッズデータ

1番人気【0-1-1-7】と2番人気【1-1-1-6】は今ひとつの成績だが、3番人気が【3-2-0-4】と奮起している。
6番人気以下が過去9年で12頭も馬券に絡んでおり、下位人気の激走に注意する必要がありそうだ。

主な前哨戦

カペラステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
下記の動画は参考レースが取り上げられてる動画です。

下のレース前に書いてある時間ごとにレース動画がご覧いただけます。

「00:00」JBCスプリント
勝ちタイム:1.11.9 馬場:重

「01:20」コリアスプリント
勝ちタイム:1.10.7 馬場:良

「02:44」オータムリーフステークス
勝ちタイム:1.11.2 馬場:良

「04:03」室町ステークス
勝ちタイム:1.09.9 馬場:不良

「05:19」霜月ステークス
勝ちタイム:1.23.2 馬場:良

「06:48」東京盃
勝ちタイム:1.12.1 馬場:良

「08:07」オーバルスプリント
勝ちタイム:1.25.1 馬場:稍重

「09:41」NST賞
勝ちタイム:1.10.4 馬場:良

「10:56」西陣ステークス
勝ちタイム:1.10.5 馬場:重

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年12月10日(日)15時20分発走予定

場所・距離
中山競馬場・ダート・1200m


G3

1着賞金
3,500万円

プレイバック

2016年12月11日(日)カペラステークス(GIII)

1着:ノボバカラ
2着:ニシケンモノノフ(1-3/4馬身)
3着:コーリンベリー(1-1/4馬身)
4着:ゴーイングパワー(アタマ)
5着:タールタン(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.10.2
勝利騎手:内田 博幸
馬場:良

2016年・カペラステークス

カペラステークス 2016 ノボバカラ

【カペラステークス 2016】動画・結果/ノボバカラが粘り込む

「カペラステークス 2016」の動画・結果です。カペラステークスの結果は1着:ノボバカラ、2着:ニシケンモノノフ、3着:コーリンベリー。「ノボバカラ」が勝利したカペラSの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のカペラステークスは16頭での争いとなった。
前評判ではこの年の東京スプリントを制し、前走のJBCスプリントでも3着に入ったコーリンベリーが1番人気に支持された。

レースは、先手を取った3番人気ノボバカラが、そのままゴールまで逃げ切り、中団から追い上げてきた2番人気ニシケンモノノフに1-3/4馬身差をつけ優勝。さらに1-1/4馬身差の3着に1番人気コーリンベリーが入った。

勝ったノボバカラはこの秋は東京盃と武蔵野ステークスでともに9着に敗れていたが、ここで巻き返し3つ目の重賞タイトルを獲得した。

関連記事

・今週は阪神ジュベナイルフィリーズや中日新聞杯が開催される。

阪神ジュベナイルフィリーズ 2016 ソウルスターリング

【阪神ジュベナイルフィリーズ 2017】出走予定馬・日程・賞金/若き才女を探せ

「阪神ジュベナイルフィリーズ」は2017年12月10日に阪神競馬場で行われ、2歳女王を決める一戦。阪神ジュベナイルフィリーズは2017年で第69回を迎える。昨年はソウルスターリングが制した。阪神JFの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

【中日新聞杯 2016】動画・結果/トップハンデのサトノノブレスが抜け出す

【中日新聞杯 2017】出走予定馬・予想オッズ/ハンデ差を活かし

「中日新聞杯 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。中日新聞杯の出走登録は22頭。マウントロブソンやミッキーロケットなどが出走予定です。年末に戻ってきた中京G3戦。ハンデ差を考慮しつつ予想を検討したい。

・今週の10日には香港カップが開催され、日本馬の参戦が予定されている。

香港カップ 2016 モーリス

【香港カップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/日本勢3連覇に挑む

「香港カップ」は2017年12月10日に香港・シャティン競馬場で行われる国際G1戦。香港カップは距離は2000m戦で、世界各地から強豪馬が参戦する。昨年はモーリスが制した。香港カップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・12月24日には2017年の競馬の総決算・有馬記念が開催される。

サトノダイヤモンド

【有馬記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/年末の大一番は豪華絢爛

「有馬記念」は2017年12月24日に中山競馬場で行われる1年の締め括りの大一番。有馬記念は2017年で第62回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。