【朝日杯フューチュリティステークス 2017】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

ききょうステークス 2017 タワーオブロンドン

「朝日杯フューチュリティステークス 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・朝日杯フューチュリティステークスのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から朝日杯FSでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

2017年12月17日(日) | 5回阪神6日 | 15:40 発走
第69回 朝日杯フューチュリティステークス(GI)芝・右・外 1600m
Asahi Hai Futurity Stakes (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2017年・朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

朝日杯フューチュリティステークス 2016 サトノアレス

【朝日杯フューチュリティステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/未来ある若駒たち

「朝日杯フューチュリティステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。朝日杯フューチュリティステークスの出走登録は18頭。タワーオブロンドンやダノンプレミアムなどが出走予定です。スピードだけでは超えられない試練の壁に立ち向かう。

枠順

朝日杯フューチュリティステークス 2017 枠順

朝日杯フューチュリティステークス」の枠順が発表されました。
京王杯2歳ステークスを制し、鞍上にC.ルメール騎手を配してきたタワーオブロンドンは2枠3番、無傷の2連勝でサウジアラビアロイヤルカップを制しているダノンプレミアムは1枠1番、朝日杯フューチュリティステークスとホープフルステークス勝利でG1全制覇となる武豊騎手が騎乗するアサクサゲンキは3枠6番に入った。

朝日杯フューチュリティステークス・データ

2017年・朝日杯フューチュリティステークスのデータです。
青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

2017年・有馬記念

・来週は中山競馬場で2017年の競馬の総決算・有馬記念が開催される。

サトノダイヤモンド

【有馬記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/年末の大一番は豪華絢爛

「有馬記念」は2017年12月24日に中山競馬場で行われる1年の締め括りの大一番。有馬記念は2017年で第62回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

枠順別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 枠順別データ

(2012年以降に行われた阪神芝1600m戦)

・「外枠強し」

朝日杯フューチュリティステークスが阪神開催になって今年で4年目。データが少ないため今回は2012年以降に行われた阪神芝1600m戦のデータを参考にしたい。

好走が目立つのは外目の枠。中でも5枠から外は複勝率が2割を超え、複勝回収率も優秀。過去3回の朝日杯フューチュリティステークスでも外枠の馬が好成績を残している。(2014年:1着・1枠、2着・3枠、3着・7枠。2015年:1着・8枠、2着・6枠、3着・7枠。2016年:1着・8枠、2着・5枠、3着・2枠。)最低でも1頭は馬券に入れたい。

〇・5枠から8枠

  • ムスコローソ
  • ステルヴィオ
  • カシアス
  • ダノンスマッシュ
  • アイアンクロー
  • ダブルシャープ
  • ケイティクレバー
  • イシマツ

脚質別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 脚質別データ

(過去3年)
過去3年のデータではあるが、「差し」の活躍が特に目立つ。毎年馬券内の馬を輩出している。道中折り合い良く進み、直線で末脚を爆発させられる馬を探せ。
昨年ボンセルヴィーソが逃げて馬券に絡んだが、なかなか逃げ・先行馬は馬券に絡めない傾向にある。割り引いて考えたい。

種牡馬別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた阪神芝1600m戦)

阪神芝1600m戦で勝ち数トップの種牡馬は「ディープインパクト」。2位以下に3倍以上の勝利数の差があるほど他の種牡馬を圧倒している。複勝率も飛びぬけて良く、抗うのは危険。今年はディープ産駒の参戦は2頭となっている。押さえておきたい。
今年の出走馬の中で注目したいのは「ケイティクレバー」。父ハービンジャーの成績もいいのだが、母父にディープインパクトが入っている。阪神芝1600m戦との相性がいい2つの血が入っているケイティクレバー。どんな走りを見せてくれるだろう。
今年は話題の新種牡馬・ロードカナロア産駒が2頭出走している。先週の阪神ジュベナイルフィリーズでも新種牡馬のオルフェーヴル産駒・ラッキーライラックが優勝しているように新種牡馬にはデータに表れない魅力がある。ここら辺の取捨選択がカギになりそうだ。
他にも4勝以上を挙げ、複勝率が3割近くだったり、単勝・複勝回収値が高い活躍を見せている種牡馬の産駒をピックアップした。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ダノンプレミアム(ディープインパクト)
  • ケイアイノーテック(ディープインパクト)
  • フロンティア(ダイワメジャー)
  • ケイティクレバー(ハービンジャー)

騎手別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた阪神芝1600m戦)

今年参戦している騎手で注目したいのは浜中俊騎手だ。勝ち数トップも素晴らしいが、勝率や探勝回収値の高さも抜群。このコースの特徴をつかんでいるようだ。他には騎乗数が少ないので順位は下のほうだが抜群の勝率&複勝率を誇っているC.デムーロ騎手にも要チェックだ。
他には4勝以上していて複勝率が3割近くの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • カシアス(浜中俊)
  • ダノンプレミアム(川田将雅)
  • ダノンスマッシュ(福永祐一)
  • フロンティア(岩田康誠)
  • タワーオブロンドン(C.ルメール)
  • ステルヴィオ(C.デムーロ)

馬体重別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 馬体重別データ

(過去3年)

好成績を残している馬体重は460kgから499kgの馬たちでこの馬体重の成績は【2-3-3-24】。昨年のサトノアレス(1着・500kg)以外は460kgから499kgの馬だった(サトノアレスも500kgなのでほぼこの好走データに当てはまっている)。
今年は人気が予想されるタワーオブロンドンやダノンスマッシュがこの好走データに当てはまらなかった。波乱となってしまうのか。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・460kg~499kgの馬

  • ダノンプレミアム
  • ライトオンキュー
  • ケイアイノーテック
  • ヒシコスマー
  • ムスコローソ
  • カシアス
  • ダノンスマッシュ
  • ダブルシャープ
  • イシマツ

調教後の馬体重

朝日杯フューチュリティステークス 2017 調教後の馬体重

JRAが発表した朝日杯フューチュリティステークス出走馬の調教後に計測した馬体重です。
二桁を超える大きな増減はアサクサゲンキ(+20kg)、カシアス(+12kg)、ステルヴィオ(+12kg)、ダノンプレミアム(+13kg)となっています。
調教後の馬体重の時点で前走より馬体重を減らしているのはイシマツ(-12kg)、ヒシコスマー(-2kg)、ライトオンキュー(-2kg)。まだ体が出来上がっていない2歳馬たちなのでこの変動がどうなのか。
ここからレースまでに変動があると思いますので、当日の馬体重にもご注目ください。

前走のレース別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 前走のレース別データ

(過去10回)
朝日杯フューチュリティステークスと相性のいい前哨戦は東京スポーツ杯2歳ステークスと東京で行われた500万下戦。この路線組が10年で6勝している。
今年は東京スポーツ杯2歳ステークスからの参戦はゼロ。東京で行われた500万下戦組のムスコローソをしっかり精査したい。

〇・東京で行われた500万下戦

  • ムスコローソ

前走の着順別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 前走の着順別データ

(過去10回)

前走勝ってここに挑んできた馬たちが圧倒的に強い。10年間で9勝。唯一前走負けていて巻き返し1着を勝ち取ったのはゴスホークケン(前走4着)のみだ。
馬券圏内で見てみても前走4着までには入っていないと厳しい。唯一5着以下から馬券圏内に来たのは2011年のマイネルロブスト(前走9着)だけ。そのマイネルロブストも2走前に重賞で3着に入るなど実績はあった。

×・前走5着以下

  • アイアンクロー
  • ダブルシャープ
  • イシマツ

所属別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 所属別データ

(過去10回)

阪神競馬場で行われるレースだが、関東馬の活躍が特に目立つ。複勝率で見ると関西馬の倍ほど活躍している。阪神で開催されるようになったここ3年でも関東馬が2勝している。データからは関東馬を上位に見たい。

〇・関東馬

  • タワーオブロンドン
  • ファストアプローチ
  • ムスコローソ
  • ステルヴィオ

人気別データ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 オッズデータ

(過去10年)
過去10年、1番人気は【3-2-1-4】で複勝率60%とマズマズの成績。阪神競馬場への移行後の3回でも2連対とその信頼性に変化はなさそうだ。
また、2番人気以下は広く好走馬が分散しているが、特に阪神開催のここ3年では、連対馬6頭中3頭が6番人気以下。高配当を狙うなら下位人気の馬の見極めが重要になる。

追い切り・コメント

2017年・朝日杯フューチュリティステークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

朝日杯フューチュリティステークス 2017 追い切り

【朝日杯フューチュリティステークス 2017】追い切り/抜群の動きを見せたのは

「朝日杯フューチュリティステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。朝日杯フューチュリティステークスに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

データから導かれる注目馬

上記のデータから朝日杯フューチュリティステークスで注目したい三頭はこちらだ。

・ステルヴィオ(Stelvio)

ステルヴィオ

ステルヴィオ・2歳牡馬
3戦2勝 [2-1-0-0]
父:ロードカナロア
母:ラルケット
母父:ファルブラヴ
馬名の由来:イタリア北部にある国立公園
前走:サウジアラビアRC・2着(1番人気)
(鞍上予定:C.デムーロ)

最初に取り上げたいのは関東馬の「ステルヴィオ」だ。
関東馬は朝日杯フューチュリティステークスとの相性抜群。今年もこの馬が好成績を受け継ぐ。
ステルヴィオは他にも阪神1600mを得意とするC,デムーロ騎手が騎乗し、枠順、馬格、前走の着順のデータなどでも名前が挙がった。
前走は絶望的な位置からよく伸びて2着に入った。新種牡馬のロードカナロア産駒のステルヴィオ。父に初のG1タイトルをプレゼントすることができるか。

・ダノンプレミアム(Danon Premium)

ダノンプレミアム

ダノンプレミアム・2歳牡馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:Intikhab
馬名の由来:冠名+高品質。格別な働きを期待して
前走:サウジアラビアRC・1着(2番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

阪神マイル戦で絶対軽視できないディープインパクト産駒から「ダノンプレミアム」に注目したい。
とにかく阪神マイルコースとディープ産駒の相性は抜群。先週の阪神ジュベナイルフィリーズでも3着にマウレアが、4着にトーセンブレスが入った。
他にも騎手、馬格、前走の着順のデータなどでもダノンプレミアムの名前が挙がった。
無傷の3連勝で2歳マイル王の座に就くことができるか。

・ムスコローソ(Muscoloso)

ムスコローソ

ムスコローソ・2歳牡馬
3戦2勝 [2-0-0-1]
父:ヘニーヒューズ
母:ルナレガーロ
母父:アドマイヤムーン
馬名の由来:筋肉が逞しい、マッチョな(伊)
前走:2歳500万下・1着(2番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

穴馬から「ムスコローソ」をピックアップしたい。
このレースでは東京コースの500万下戦を勝ち上がってきた馬が強く、今年のメンバーで唯一該当するのがムスコローソ。
他にも関東馬で、馬格も好走データに当てはまり、阪神マイルコースに強いアドマイヤムーンの血が入っている。
勝負強い池添騎手が一発を狙う。

関連記事

・前哨戦の京王杯2歳ステークス・サウジアラビアロイヤルカップなどをしっかりチェックしよう!

・今週は他にターコイズステークスが行われる。

ターコイズステークス 2016 マジックタイム

【ターコイズステークス 2017】予想オッズ・出走予定馬/波乱の風が吹き荒れる

「ターコイズステークス 2017」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。ターコイズステークスの出走登録は17頭。リエノテソーロやラビットランなどが出走予定です。2年前には295万馬券と大きく荒れた。ハンデ差が予想を困難にする。

ターコイズステークス 2017 追い切り

【ターコイズステークス 2017】追い切り/各馬の状態を見極めろ

「ターコイズステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。ターコイズステークスに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

・12月23日には障害レースの大一番・中山大障害が開催される。

【中山大障害 2016】動画・結果/オジュウチョウサンが圧勝で春秋制覇達成

【中山大障害 2017】出走予定馬・日程・賞金/ハードルを越えたその先に

「中山大障害」は2017年12月23日に中山競馬場で行われる秋の障害ビッグレース。中山大障害は2017年で第140回を迎える。昨年はオジュウチョウサンが圧勝した。中山大障害の出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

・12月28日には2歳中距離王を決める戦い・ホープフルステークスが開催される。

ホープフルステークス 2016 レイデオロ

【ホープフルステークス 2017】出走予定馬・賞金・日程/ひかり輝く希望の先に

「ホープフルステークス」は2017年12月28日に中山競馬場で行われる2歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2017年で34回目を迎える。昨年はレイデオロが制した。ホープフルSの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・年が明けても競馬は続く!

中山金杯 2017 ツクバアズマオー

【中山金杯 2018】出走予定馬・日程・賞金/ここから一年が始まる

「中山金杯」は2018年1月6日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2018年で第67回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年の中山金杯はツクバアズマオーが優勝した。中山金杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

京都金杯 2017 エアスピネル

【京都金杯 2018】出走予定馬・日程・賞金/今年もマイル路線は混戦模様

「京都金杯」は2018年1月6日に京都競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2018年で第56回を迎える。昨年はエアスピネルが優勝した。京都金杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。