にほんブログ村 競馬ブログへ

【アルテミスステークス 2016】動画・結果/リスグラシューが直線抜け出し重賞初制覇を飾る

「アルテミスステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。アルテミスSの出走登録は16頭。トーセンブレスやトロワゼトワルなどが出走予定です。歴史は浅いが毎年G1で活躍馬を輩出する出世レース。今年はどの馬がG1戦線に名乗りを上げる?

2017年10月28日(土) | 4回東京8日 | 15:45 発走
第6回 アルテミスステークス(GIII)芝・左 1600m
Artemis Stakes (G3)

アルテミスステークス」は芝1600mで行われる定量戦で、1着馬には2,900万円が贈られる。

歴史が浅く、今年で6回目。配当的には1番人気は2勝・2着2回・3着0回と複勝率は8割。2013年のクリスマス(7着)以外の1番人気に支持された馬は連対を果たしている。
二桁人気の馬は10年間で39頭が出走して馬券圏内は2頭と決して少なくない数字。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは5年で2度と多い。1番人気が絡むケースが多いのに三連単は波乱傾向。二桁人気の馬の激走に注目したいところ。

先週の注目レース

菊花賞 2017 キセキ

【菊花賞 2017】動画・結果/キセキが雨を切り裂き栄冠を勝ち取る

「菊花賞 2017」の動画・結果です。菊花賞の結果は1着:キセキ、2着:クリンチャー、3着:ポポカテペトル。「キセキ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のアルテミスステークスに16頭が登録を済ませております。
フルゲートに満たないため全頭出走可能です。

JRA所属馬

  • アリア(丸山元気)54.0kg
  • ウラヌスチャーム(戸崎圭太)54.0kg
  • グランドピルエット(田辺裕信)54.0kg
  • サヤカチャン(松岡正海)54.0kg
  • シスターフラッグ(北村宏司)54.0kg
  • シンデレラメイク(中谷雄太)54.0kg
  • スカーレットカラー(太宰啓介)54.0kg
  • タイドオーバー(柴田大知)54.0kg
  • ダノングレース(蛯名正義)54.0kg
  • トロワゼトワル(福永祐一)54.0kg
  • トーセンブレス(C.ルメール)54.0kg
  • ハイヒール(内田博幸)54.0kg
  • パッセ(岩部純二)54.0kg
  • ラッキーライラック(石橋脩)54.0kg
  • ラテュロス(秋山真一郎)54.0kg

地方所属馬

  • ミスマンマミーア(宮崎光行)54.0kg
追い切り・コメント

2017年・アルテミスステークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

アルテミスステークス 2017 追い切り

【アルテミスステークス 2017】追い切り・コメント/各馬の状態を見極めろ

「アルテミスステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。アルテミスステークスに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

注目出走予定馬ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G3「アルテミスステークス」。
今年は16頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・トーセンブレス(Tosen Bless)

トーセンブレス

トーセンブレス・2歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:ブルーミンバー
母父:ファルブラヴ
馬名の由来:冠名+神が祝福する
前走:2歳新馬戦・1着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

まず最初に注目したいのは「トーセンブレス」。
稍重馬場で行われた中山マイルでの新馬戦で強烈なデビューを果たした。
道中はほぼ最後方に構えながら短い直線で末脚を爆発。他馬と1秒以上違う上りタイムを記録し瞬く間にライバルたちを差し切って見せた。
2着馬がこの後勝ち上がっていて、レースの質が低かったわけではなさそう。
東京コースではさらにトーセンブレスの末脚の磨きがかかりそうだ。

・トロワゼトワル(Trois Etoiles)

トロワゼトワル

トロワゼトワル・2歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:ロードカナロア
母:セコンドピアット
母父:ハーツクライ
馬名の由来:三ツ星(仏)
前走:2歳新馬戦・1着(2番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

注目の新種牡馬ロードカナロアの「トロワゼトワル」も注目の1頭だ。
中京マイル戦でのデビュー戦だったが2番手から抜け出し勝利を収めた。
今年の新種牡馬の中で安定した成績を残すロードカナロア産駒。ステルヴィオがサウジアラビアロイヤルカップで2着に入ったもののまだ重賞は制していない。
父に産駒初重賞をプレゼントできるか。

・ラッキーライラック(Lucky Lilac)

ラッキーライラック

ラッキーライラック・2歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)
前走:2歳新馬戦・1着(2番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

こちらも新種牡馬オルフェーヴル産駒の「ラッキーライラック」。
新潟のマイル戦を勝ち上がってきた。デビュー戦では上りタイムが33.1とキレキレの脚を見せてくれた。
ロードカナロア産駒と比べるとオルフェーヴル産駒はあまり成績を残せていないものの、ロックディスタウンが重賞制覇を果たすなど決して悪いわけではない。
父のように大舞台で活躍するためにもここで結果を残しておきたい。

他には函館2歳ステークスで3着に入った「アリア」や札幌2歳ステークスで4着の「シスターフラッグ」、好タイムで未勝利戦を勝ち上がってきた「スカーレットカラー」なども出走予定となっています。

アルテミスステークスは2017年10月28日(土)の15時45分発走予定です。

予想オッズ

2017年・アルテミスステークスの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. トーセンブレス(2.5)
  2. ラッキーライラック(5.0)
  3. ウラヌスチャーム(6.0)
  4. ダノングレース(6.5)
  5. ラテュロス(8.0)
  6. アリア(10.0)
  7. トロワゼトワル(12.0)
  8. シンデレラメイク(20.0)
  9. グランドピルエット(23.0)
  10. ミスマンマミーア(30.0)
  11. スカーレットカラー(35.0)
  12. ハイヒール(45.0)
  13. シスターフラッグ(☆)
  14. サヤカチャン(☆)
  15. タイドオーバー(☆)
  16. パッセ(☆)

☆印は50倍以上と予想

5年間の人気別データ

アルテミスステークス 2017 オッズデータ

1番人気は【2-2-0-1】と好成績を残しており、2番人気もまずまずの成績。どちらかが必ず連対している。
3着はすべて5番人気以下なので、ヒモ荒れを警戒しつつ、大きめの配当を狙ってみたい。

主な前哨戦

アルテミスステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、アルテミスステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年7月2日(日)2歳新馬戦

1着:トロワゼトワル

勝ちタイム:1.36.8 馬場:良

2017年8月5日(土)2歳新馬戦

1着:ウラヌスチャーム
7着:タイドオーバー

勝ちタイム:1.38.2 馬場:良

2017年8月19日(土)2歳新馬戦

1着:ダノングレース

勝ちタイム:1.30.5 馬場:良

2017年8月20日(日)2歳新馬戦

1着:ラッキーライラック

勝ちタイム:1.36.4 馬場:良

2017年9月2日(土)札幌2歳ステークス(GIII)

4着:シスターフラッグ
7着:ミスマンマミーア

勝ちタイム:1.51.4 馬場:良

2017年9月16日(土)野路菊ステークス

3着:シンデレラメイク

勝ちタイム:1.49.3 馬場:重

2017年9月17日(日)2歳新馬戦

1着:トーセンブレス

勝ちタイム:1.37.5 馬場:稍重

2017年9月23日(土)2歳新馬戦

1着:グランドピルエット

勝ちタイム:1.36.8 馬場:稍重

2017年10月8日(日)りんどう賞

2着:アリア
5着:サヤカチャン

勝ちタイム:1.21.7 馬場:稍重

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年10月28日(土)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1600m


G3

1着賞金
2,900万円

アルテミスステークス・プレイバック

2016年10月29日(土)アルテミスステークス(GIII)

1着:リスグラシュー
2着:フローレスマジック(1/2馬身)
3着:シグルーン(3-1/2馬身)
4着:アピールバイオ(1馬身)
5着:サトノアリシア(1/2馬身)

勝ちタイム:1.35.5
勝利騎手:武 豊
馬場:良

2016年・アルテミスステークス

【アルテミスステークス 2016】動画・結果/リスグラシューが直線抜け出し重賞初制覇を飾る

【アルテミスステークス 2016】動画・結果/リスグラシューが直線抜け出し重賞初制覇を飾る

「アルテミスステークス 2016」の動画・結果です。アルテミスステークスの結果は1着:リスグラシュー、2着:フローレスマジック、3着:シグルーン。「リスグラシュー」が勝利したアルテミスステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のアルテミスステークスは18頭での争いとなった。
前評判では前走の2歳未勝利戦をレコードタイムで勝ち上がってきたリスグラシューが1番人気に支持された。

レースは、中団から徐々にポジションを上げた1番人気リスグラシューが、直線で先行各馬を交わして抜け出し、外から追い上げてきた2番人気フローレスマジックを1/2馬身振り切り優勝。さらに3-1/2馬身差の3着に5番人気シグルーンが入った。

勝ったリスグラシューはレコード勝ちを決めた未勝利戦に続く2連勝で重賞制覇を果たした。

関連記事

・今週は他にスワンステークスと天皇賞秋が開催される。

【スワンステークス 2016】動画・結果/サトノアラジンが勝利し、「サトノ」のワンツーフィニッシュ

【スワンステークス 2017】出走予定馬・日程・賞金/淀のスピード比べ

2017年10月28日に京都競馬場で行われるマイルG1へつながる一戦「スワンステークス」。スワンステークスは2017年で第60回を迎える。昨年はサトノアラジンが優勝した。2017年はどの馬が勝利するのか。スワンSの出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。

モーリス 天皇賞秋 2016

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・11月26日には日本対世界の馬がぶつかり合うジャパンカップが開催される。

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

2017年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演する「ジャパンカップ」。ジャパンカップは2017年で第37回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はキタサンブラックが制した。ジャパンCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。