【有馬記念 2017】追い切り/抜群の動きを見せたのは

有馬記念 2017 追い切り

「有馬記念 2017」の追い切り・コメントの情報です。有馬記念に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

2017年12月24日(日) | 5回中山8日 | 15:25 発走
第62回 有馬記念(GI)芝・右 2500m
Arima Kinen (The Grand Prix) (G1)

出走予定馬・想定騎手

2017年・有馬記念の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

サトノダイヤモンド

【有馬記念 2017】予想オッズ・出走予定馬/最高のフィナーレへ向けて

「有馬記念 2017」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。有馬記念の出走登録は16頭。キタサンブラックやサトノクラウンなどが出走予定です。2017年の競馬を締めくくる名馬の祭典。どのようなフィナーレが待っているのか。

スポンサーリンク

追い切りタイム

有馬記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイムなどです。

・カレンミロティック

前走時追い切り・アルゼンチン共和国杯(5着)
栗東・坂路・良
800m 52.6-38.4-12.7

1週前追い切り
12月13日・栗東・CW・良
6F 84.5-67.8-53.0-39.7-12.7

平田師
「CWコースではあまり動かないからね。いい感じできてるし、前走を見てるとまだまだやれそう。」

最終追い切り
12月20日・栗東・坂路・良
800m 52.7-38.7-25.6-13.1

平田師
「動く馬ではないから、しまいの時計はかかったけど、今日は全体的に(しまいの)時計がかかっていた。順調に使えてるのがいい。年齢は感じさせないし、張りもあって衰えはない」

・キタサンブラック

前走時追い切り・ジャパンカップ(3着)
栗東・CW・良
6F 84.8-69.4-54.1-40.1-12.9

1週前追い切り
12月13日・栗東・CW・良
7F 95.0-78.6-64.1-50.6-37.9-12.2

清水久師
「(鞍上の)黒岩がこんなにゴール前で手を動かしたのは初めてみたよ」

黒岩騎手
「目いっぱいいきました。前をつかまえる時は反応してくれた。いい状態で使えると思います」

最終追い切り
12月20日・栗東・CW・良
6F 86.1-70.1-54.3-39.8-12.4

武豊騎手
「本当にキタサンブラックもいよいよラストランなので、本当にこの馬には僕自身も、感謝…がいちばん…なんていうんですかね、まぁ感謝しかないというか、ひじょうに励まされた馬なので、最後一緒に勝てれば…というか、ぜひ勝ちたいと思っていますので応援してください。」

清水久師
「良かったと思いますよ。秋三走目ですのでね、それほど目一杯やる必要もないですし。いい状態できていると思います。」

黒岩騎手
「時計はそこまで問題じゃない。先週ビシッとやって馬が分かってきたし、状態としては何の問題もないと思う」

・クイーンズリング

前走時追い切り・エリザベス女王杯(7着)
栗東・CW・良
6F 84.3-68.2-53.2-39.4-12.1

1週前追い切り
12月13日・栗東・CW・良
7F 99.3-81.5-65.7-51.0-37.3-11.6

吉村師
「この馬の一番時計じゃないかな。1週前なのでしっかりやりました。間隔もちょうどいいし、調整もしやすい」

最終追い切り
12月20日・栗東・CW・良
7F 99.9-83.8-68.2-53.5-39.3-12.0

C.ルメール騎手
「リラックスしてよく伸びた。いい状態。乗りやすかった。2500メートルはちょっと長いかも。もしスローならいける。速いとスタミナがいるから」

吉村師
「1週前に負荷をかけているので、もう時計はいらない。ジョッキーも『調子は良さそう』と言っていたし、いいイメージを持ってくれているはず。あとは距離だけど、スローだった2200メートルの前走で折り合っていたし、2500メートルもこなしてくれると思う」

・サウンズオブアース

前走時追い切り・ジャパンカップ(12着)
栗東・CW・良
6F 85.0-67.9-51.5-37.7-11.7

1週前追い切り
12月13日・栗東・CW・良
6F 83.3-66.6-51.3-37.9-11.7

C.デムーロ騎手
「前半は行きたがっていたけど、元気いっぱい。最後はいっぱいに追った。調子は良さそう」

藤岡師
「この時季は調子を上げてくるし、動きも申し分ない」

最終追い切り
12月20日・栗東・CW・良
6F 81.0-65.3-50.5-37.6-12.3

藤岡師
「今日は闘魂注入。このところ不甲斐ないけど、やった分、良くなってくれると思います」

・サクラアンプルール

前走時追い切り・天皇賞秋(8着)
美浦・南W・良
5F 71.8-55.7-40.3-12.7

1週前追い切り
12月14日・美浦・坂路・良
800m 52.7-37.9-24.6-12.2

金成師
「馬場状態を考えて坂路へ。1週前としては予定通りで普通の状態。距離は心配あるけど、スタミナはある馬なのでこなしてくれれば」

最終追い切り
12月20日・美浦・坂路・良
800m 53.3-38.9-25.5-13.0

金成師
「前に馬を置いて、しまいの反応を見る。瞬発力を示して、いつも通りの動き」

・サトノクラウン

前走時追い切り・ジャパンカップ(10着)
美浦・南W・重
4F 54.5-38.4-14.0

1週前追い切り
12月14日・美浦・南P・良
5F 65.6-50.5-36.4-11.5

森助手
「今日は(併せ馬で)多少遅れ気味だったが、時計は出ているし、併せた相手も調教は動く馬なので。状態は悪くない」

最終追い切り
12月20日・美浦・南P・良
5F 66.2-51.5-37.0-12.0

堀師
「メンタル面と、背腰への負担を考えてポリトラックで追い切った。先週より動きが良く、いい状態にもってこれた。前走は負けるときは大敗というこの馬の悪いパターンが出ただけで、決して悲観していない。2500メートルはちょっと長いので工夫が必要だが、いいレースを見せられれば」

・サトノクロニクル

前走時追い切り・チャレンジカップ(1着)
栗東・CW・良
6F 86.1-69.0-53.4-39.6-12.6

1週前追い切り
軽めで調整

兼武助手
「前走(チャレンジC=1着)から中2週なので、直前でサラッとやる程度で十分。中間も変わりないですね。前走は最後まで抜かせない感じで着差以上に強かった。加速するのに手間取るところがある馬なので、中山でスムーズに運べるかがカギ」

最終追い切り
12月20日・栗東・CW・良
4F 52.4-37.8-11.5

池江師
「いい感じ。中2週で輸送もあるし、これで十分すぎるぐらい。やりすぎは良くない。2500メートルはいいと思う。まだまだ完成は先だけど、徐々に良くなっている」

・シャケトラ

前走時追い切り・ジャパンカップ(11着)
栗東・CW・良
6F 84.8-68.2-52.9-39.2-11.6

1週前追い切り
12月13日・栗東・CW・良
6F 85.4-69.0-53.6-38.4-11.5

福永騎手
「ビシッとやったけど、状態はいいと思う。右回りの中山(日経賞)で、重賞を勝っているから」

最終追い切り
12月20日・栗東・坂路・良
800m 54.4-38.8-24.6-12.0

福永騎手
「めりはりを利かせて反応も良かった。前走より攻めている。ポテンシャルの高さは感じる。乗り味の良さとか馬格とか、とても魅力的な馬」

角居師
「秋3戦目で気合が乗ってきて、動きも素軽くなってきた。天皇賞は馬場が影響したと思うが、ジャパンCはもう少し弾けてほしかった。今度は結果を出している中山なので」

辻野助手
「反応をよくするためで、ジョッキーもいい感触をつかんでくれた。これが実戦につながれば」

・シュヴァルグラン

前走時追い切り・ジャパンカップ(1着)
栗東・坂路・良
800m 56.0-41.0-12.7

1週前追い切り
12月14日・栗東・CW・良
6F 82.7-65.8-51.3-37.9-12.3

友道師
「以前と比べると動くようになっているが、それでも驚くような時計は出ないね。今日は3頭併せで後ろから追い掛ける形。ゴール板を過ぎてもしっかり追うようにとの指示。ジャパンカップの時と同じイメージでやれた。きついローテだった去年と違って、今年は攻められるのがいい」

最終追い切り
12月20日・栗東・坂路・良
800m 54.0-39.5-25.8-12.9

友道師
「この中間は動きが非常にいい。春から調整法を変えて積み上げたものが、前走の結果につながった。体つきなんかは良くなっているしね。中山に替わるけど、スタートは出るようになっているし二の脚も速い。極端な外枠にならない限り、ロスのない競馬ができると思う」

・スワーヴリチャード

前走時追い切り・アルゼンチン共和国杯(1着)
栗東・CW・良
6F 80.4-65.2-50.3-37.0-11.7

1週前追い切り
12月14日・栗東・CW・良
7F 95.8-79.0-63.0-49.4-36.5-11.8

M.デムーロ騎手
「1週前なので、しっかりやったけど、いい感じだったね。手前も替えていたし、右回りも気にならない。キタサンブラックなどライバルは多い。難しいレースになると思うが楽しみ」

最終追い切り
12月20日・栗東・CW・良
6F 79.9-64.3-49.8-36.7-12.0

M.デムーロ騎手
「手前を上手に替えていたし、馬も落ち着いていた。すごく綺麗なフォームで、いつも一生懸命に走ってくる。3歳だけど能力は高い馬だね。相手は強くなるけど自信を持って乗りたい。勝つチャンスはあると思う」

庄野師
「春より筋肉量が増え、思っている以上に成長。以前は東京のほうが走りやすそうだったが、今ならどのコースでも力を出せる。この中間も腹や腰に肉がついたから、プラス体重でも大丈夫」

・トーセンビクトリー

前走時追い切り・エリザベス女王杯(10着)
栗東・坂路・良
800m 52.0-37.6-12.3

1週前追い切り
12月13日・栗東・CW・良
6F 86.0-69.6-54.0-38.8-11.7

辻野助手
「先週の動きが鈍かったので、動く馬と併せた。これで気持ちも入ってくると思う」

最終追い切り
12月20日・栗東・坂路・良
800m 53.4-38.2-24.8-12.6

角居師
「気が乗ってきたし、動きもいいね。強い馬が相手なので、ためて切れる脚を使えれば。器用なので中山は合っている」

・ブレスジャーニー

前走時追い切り・チャレンジカップ(3着)
栗東・CW・良
6F 82.2-66.4-51.1-37.8-12.2

1週前追い切り
キャンターとプール調整

佐々木師
「中2週と限られた時間でどこまで仕上げられるか。日曜(17日)に半マイルだけやって、レース当週は併せ馬でゆっくり追い切る予定。ジョッキーには、来週木曜(21日)に調教に乗ってもらうことになると思います」

最終追い切り
12月21日・栗東・CW・良
7F 97.6-81.8-67.0-52.7-39.1-12.4

三浦騎手
「終始リラックスしていい追い切りだった。前向き過ぎる印象があったけど、今日の感触だと折り合いは気にならない。2500メートルも大丈夫だと思う」

・ミッキークイーン

前走時追い切り・エリザベス女王杯(3着)
栗東・坂路・良
800m 52.0-37.6-12.1

1週前追い切り
12月14日・栗東・坂路・良
800m 53.2-38.5-12.0

池江師
「ラスト1Fで交わすようにとの指示。変わらずいい動きだった」

最終追い切り
12月20日・栗東・坂路・良
800m 52.5-38.3-24.3-11.9

浜中騎手
「しまいの反応を見る形。けいこは動く馬なので大きな変化は感じないが、いい感触だった。若いころはズブいところがあったが、今はスタートも速くなっている」

・ヤマカツエース

前走時追い切り・ジャパンカップ(8着)
栗東・CW・良
6F 80.6-65.6-51.0-37.8-11.5

1週前追い切り
12月13日・栗東・CW・良
6F 81.1-64.4-50.5-37.6-12.3

池添兼師
「動きとしては十分。この時期はいいし、回復も早い。来週はそんなにはやらない予定です。 」

最終追い切り
12月20日・栗東・CW・良
83.0-66.6-51.6-37.7-11.6

池添騎手
「去年の有馬記念は最高の出来だったけど、それに匹敵するぐらい。去年は距離が頭にあったけど、今年は大丈夫と分かってるから、頭に入れなくていい」

池添兼師
「寒い時季がいいんだろう。しまいをちゃんと追って反応も上々。状態は去年と同じくらい。枠順次第だが、やはり内がいい」

・ルージュバック

前走時追い切り・エリザベス女王杯(9着)
美浦・南W・良
4F 51.7-37.4-12.3

1週前追い切り
12月13日・美浦・坂路・良
800m 58.4-43.5-28.3-13.5

大竹師
「今日は控えめに、しまいを伸ばすような調整。カイバも食べているし、元気もある。週末にしっかりやれればと思う」

最終追い切り
12月20日・美浦・南W・良
5F 67.5-52.4-37.9-12.5

大竹師
「まずテンのスピードを求めるように促して、あとは半マイルのところで我慢がきくのか、そして3分3厘の反応と最後の直線の反応などいろいろとテーマはあったのですが、イメージしていた通りに走ってきてくれました。若い頃は抜けてもソラを使うようなところはなかったのですけど、さすがにやっぱり古馬らしく抜くところは抜けて、それでいて上の指示に対してはちゃんと反応してるので、総合的に良い動きだったと思います」

・レインボーライン

前走時追い切り・ジャパンカップ(6着)
栗東・坂路・良
800m 56.9-41.5-12.9

1週前追い切り
12月14日・栗東・坂路・良
800m 56.0-40.1-26.0-12.8

若松厩務員
「火曜に放牧から帰ってきて、変わらず来ている。前走(ジャパンC6着)も後ろからの競馬でよく頑張っていたと思う。」

最終追い切り
12月20日・栗東・坂路・良
800m 60.5-42.4-26.4-12.9

若松厩務員
「いつも通りですね。昨日(19日)に岩田さんも乗ってくれている。あとは鞍上に任せます」

関連記事

・今週は中山大障害や阪神カップが開催される。

【中山大障害 2016】動画・結果/オジュウチョウサンが圧勝で春秋制覇達成

【中山大障害 2017】出走予定馬・日程・賞金/ハードルを越えたその先に

「中山大障害」は2017年12月23日に中山競馬場で行われる秋の障害ビッグレース。中山大障害は2017年で第140回を迎える。昨年はオジュウチョウサンが圧勝した。中山大障害の出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

阪神カップ 2016 シュウジ

【阪神カップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/短距離馬たちによる締めのG2戦

「阪神カップ」は2017年12月23日に阪神競馬場で行われる年末のスピード馬の闘い。阪神カップは2017年で第12回を迎える。昨年はシュウジが制した。阪神カップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・有馬記念後もまだまだ競馬は続く。

東京大賞典 2016 アポロケンタッキー

【東京大賞典 2017】出走予定馬・日程・賞金/今年の締めの大一番

「東京大賞典」は2017年12月29日に大井競馬場で行われるダートレースの総決算の一戦。東京大賞典は2017年で第63回を迎える。昨年は5番人気のアポロケンタッキーが制した。東京大賞典の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

ホープフルステークス 2016 レイデオロ

【ホープフルステークス 2017】出走予定馬・賞金・日程/ひかり輝く希望の先に

「ホープフルステークス」は2017年12月28日に中山競馬場で行われる2歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2017年で34回目を迎える。昨年はレイデオロが制した。ホープフルSの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする