にほんブログ村 競馬ブログへ

青葉賞

「青葉賞 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。青葉賞の出走登録は15頭。マイネルスフェーンやアドミラブルなどが出走予定です。ダービー行きの二枚の切符は誰の手に!

2017年4月29日(土) | 2回東京3日 | 15:45 発走
第24回 青葉賞(GII)芝・左 2400m
TV Tokyo Hai Aoba Sho(Japanese Derby Trial) (G2)

青葉賞は芝2400mで行われる馬齢戦で、1着馬には5,400万円が贈られる。1・2着馬には日本ダービーへの優先出走権が付与される。

2017年で24回目を迎え、楽しみな3歳牡馬が集結した。
過去の勝ち馬にはシンボリクリスエスやゼンノロブロイ、ハイアーゲーム、ウインバリアシオン、フェノーメノが青葉賞を制して日本ダービーでも好走した。

配当的には1番人気が過去10年で4勝しており、複勝率も7割と好成績。二桁人気馬は10年で4頭しか馬券に絡んでおらず、そこまで大荒れすることは少ない傾向にある。

出走予定馬・想定騎手

2017年の青葉賞に15頭が登録を済ませております。
フルゲートに満たないため全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • マイネルスフェーン(柴田大)56.0kg
  • キングズラッシュ(柴田善)56.0kg
  • アドマイヤウイナー(秋山)56.0kg
  • アドミラブル(M.デムーロ)56.0kg
  • イブキ(田辺)56.0kg
  • タガノアシュラ(北村宏)56.0kg
  • ダノンキングダム(内田)56.0kg
  • トリコロールブルー(戸崎)56.0kg
  • ポポカテペトル(C.ルメール)56.0kg
  • サーレンブラント(未定)56.0kg
  • ショワドゥロワ(未定)56.0kg
  • スズカロング(未定)56.0kg
  • ダイシンクイント(川又)56.0kg
  • ベストアプローチ(岩田)56.0kg
  • アグネスウイン(未定)56.0kg

青葉賞 注目出走予定馬ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G2・青葉賞。
今年は15頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・アドミラブル(Admirable)

アドミラブル

アドミラブル・3歳牡馬
3戦2勝 [2-0-0-1]
父:ディープインパクト
母:スカーレット
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:賞賛すべき、立派な
前走:アザレア賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

デビュー戦こそ9着に敗れたものの、2戦目の未勝利戦、前走のアザレア賞と連勝した。中でもアザレア賞では4角2番手から上り最速の脚を使い、後続に3馬身の差をつける強い内容の競馬を見せた。勝ちタイムこそ遅かったものの2400mの距離をこなしたのは大きい。ここでも有力馬の一頭に数えられる。

・マイネルスフェーン(Meiner Sphene)

マイネルスフェーン

マイネルスフェーン・3歳牡馬
8戦1勝 [1-2-4-1]
父:ステイゴールド
母:マイネジャーダ
母父:ジェイドロバリー
馬名の由来:冠名+チタナイトと呼ばれる宝石。母名より連想
前走:京成杯・3着(3番人気)
(鞍上予定:柴田大知)

ホープフルステークス2着や京成杯3着など重賞でも活躍をしているマイネルスフェーン。京成杯後に脚部不安で皐月賞をパスし休養していたが、ダービーに向けて青葉賞で復帰する。
8戦中7回で馬券圏内に入る堅実な馬。ダービーに出るには微妙な賞金。是非とも出走権を取りたいところ。

・ベストアプローチ(Best Approach)

ベストアプローチ

ベストアプローチ・3歳牡馬
5戦1勝 [1-1-1-2]
父:New Approach
母:Sant Elena
母父:Efisio
馬名の由来:最良の方法
前走:弥生賞・4着(7番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

こちらも京都2歳ステークスで3着、弥生賞で4着に入る活躍をしているベストアプローチ。切れる脚はないが、しぶとく粘る競馬を見せている。
父・ニューアプローチはガリレオの仔でスタミナには心配なさそう。距離を武器に勝負に出る。

・ダノンキングダム(Danon Kingdom)

ダノンキングダム

ダノンキングダム・3歳牡馬
3戦2勝 [2-0-0-1]
父:ステイゴールド
母:ヴィヤダーナ
母父:Azamour
馬名の由来:冠名+王国を築く存在となることを願って
前走:ゆりかもめ賞・1着(2番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

前走のゆりかもめ賞は青葉賞と同距離・同コースの一戦。その戦いを前目から押し切りハナ差で勝利した。左回りは2戦2勝。ここでも。

・トリコロールブルー(Tricolore Bleu)

トリコロールブルー

トリコロールブルー・3歳牡馬
4戦2勝 [2-1-0-1]
父:ステイゴールド
母:ペンカナプリンセス
母父:Pivotal
馬名の由来:フランス国旗の青の部分(仏)
前走:スプリングS・5着(3番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

前走のスプリングステークスでは距離が足らなかったのか5着に敗れた。2000m戦は3戦2勝・2着1回と成績を残しており、兄のワールドインパクトも青葉賞2着。距離延長で活路を。

・ポポカテペトル(Popocatepetl)

ポポカテペトル

ポポカテペトル・3歳牡馬
4戦2勝 [2-0-0-2]
父:ディープインパクト
母:ミスパスカリ
母父:Mr. Greeley
馬名の由来:メキシコ富士(標高5426m)
前走:ゆきやなぎ賞・1着(3番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

前走2400m戦のゆきやなぎ賞を勝利。兄は重賞を制したマウントロブソンがいる。

他には大寒桜賞を制したアドマイヤウイナーや、水仙賞を制したイブキなども出走予定。

青葉賞は2017年4月29日(土)の15時45分発走予定です。

主な前哨戦

青葉賞に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、青葉賞に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年1月15日(日)京成杯(GIII)

京成杯

3着:マイネルスフェーン
10着:ポポカテペトル
15着:イブキ

タイム:2.02.5 馬場:良

【京成杯 2017】動画・結果/コマノインパルスが一番人気に答え快勝

2017年2月4日(土)ゆりかもめ賞

ダノンキングダム

1着:ダノンキングダム

タイム:3.35.2 馬場:良

【ゆりかもめ賞 2017】動画・結果/ダノンキングダムがハナ差の接戦を制する

2017年2月25日(土)水仙賞

水仙賞

1着:イブキ

タイム:2.17.2 馬場:良

【水仙賞 2017】動画・結果/イブキが逃げ切り勝ち

2017年3月5日(日)弥生賞(GII)

弥生賞

4着:ベストアプローチ

タイム:2.03.2 馬場:良

【弥生賞 2017】動画・結果/カデナが差し切り重賞連勝

2017年3月11日(土)ゆきやなぎ賞

ゆきやなぎ賞

1着:ポポカテペトル

タイム:2.28.4 馬場:良

【ゆきやなぎ賞 2017】動画・結果/ポポカテペトルが抜け出し2勝目を挙げる

2017年3月19日(日)スプリングステークス(GII)

スプリングステークス

5着:トリコロールブルー

タイム:1.48.4 馬場:良

【スプリングステークス 2017】動画・結果/ウインブライトが混戦を抜け出す

2017年4月1日(土)アザレア賞

アザレア賞

1着:アドミラブル

タイム:2.30.0 馬場:稍重

【アザレア賞 2017】動画・結果/アドミラブルが3馬身差の圧勝

人気競馬Youtuberの動画・青葉賞編

・【2017青葉賞】過去10年分析・傾向 有力馬分析

・青葉賞2017 登録馬先行予想

青葉賞・プレイバック

2016年4月30日(土)青葉賞(GII)

1着:ヴァンキッシュラン 牡3 内田 博幸 2.24.2
2着:レッドエルディスト 牡3 四位 洋文 2.24.4 1-1/4馬身
3着:レーヴァテイン 牡3 C.ルメール 2.24.9 3馬身
4着:プロディガルサン 牡3 戸崎 圭太 2.25.1 1-1/4馬身
5着:メートルダール 牡3 H.ボウマン 2.25.3 1-1/4馬身

2016年・青葉賞

青葉賞

【青葉賞 2016】動画・結果/ヴァンキッシュランが好位から早めに抜け出し快勝

「青葉賞 2016」の動画・結果です。青葉賞の結果は1着:ヴァンキッシュラン、2着:レッドエルディスト、3着:レーヴァテイン。「ヴァンキッシュラン」が勝利した2016年の青葉賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の青葉賞は13頭での争いとなった。
前評判では無傷の2連勝を飾っている良血馬レーヴァテインが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた4番人気ヴァンキッシュランが、直線で一気に各馬を交わして抜け出し、最後は後方から追い上げてきた5番人気レッドエルディストに1-1/4馬身差をつけ優勝。さらに3馬身差の3着に1番人気レーヴァテインに入った。

勝ったヴァンキッシュランは、これが重賞初制覇。本馬及び2着のレッドエルディストは、5月29日に行われる日本ダービーの優先出走権を獲得した。

関連記事

・日曜日には長距離王決定戦・天皇賞春が開催される。

天皇賞春

【天皇賞春 2017】出走予定馬・予想オッズ・賞金/春の盾は誰の手に

2017年4月30日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦「天皇賞春」。天皇賞春は2017年で第155回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はキタサンブラックがハナ差の接戦を制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。