にほんブログ村 競馬ブログへ

ダノンキングダム

「青葉賞 2017」の枠順、データの情報です。青葉賞のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

2017年4月29日(土) | 2回東京3日 | 15:45 発走
第24回 青葉賞(GII)芝・左 2400m
TV Tokyo Hai Aoba Sho(Japanese Derby Trial) (G2)

出走予定馬・想定騎手

2017年・青葉賞の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

青葉賞

【青葉賞 2017】出走予定馬・想定騎手/晴れ舞台への切符を求め

「青葉賞 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。青葉賞の出走登録は15頭。マイネルスフェーンやアドミラブルなどが出走予定です。ダービー行きの二枚の切符は誰の手に!

枠順

青葉賞

人気が予想されるアドミラブルは7枠10番、戸崎騎手とコンビを組むトリコロールブルーは8枠11番、新人騎手の川又騎手が重賞初挑戦でコンビを組むアグネスウインは3枠3番に入った。

青葉賞の気になるデータ

青葉賞のデータです。
(青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名)

枠順別データ

青葉賞

(過去10回)

枠順によってプラスに働くことはあまり少ないようで、とびぬけて好成績を残す枠は見受けられない。

成績が悪いのは外枠で、中でも7枠は複勝率が一割を割り込んでいる。減点材料となる。

×・7枠【0-0-2-25】

  • ベストアプローチ
  • アドミラブル

脚質別データ

青葉賞

(過去10年)
東京コースの長い直線を活かして差し馬たちの活躍が目立つ。
逃げ切りはかなり厳しい。

種牡馬別データ

青葉賞

(2012年以降に行われた東京芝2400m戦)

この条件でもディープインパクト産駒の好走が目立つ。勝ち数、複勝率はかなり他の種牡馬よりいい。
他には勝ち星数2位で複勝率3割近いステイゴールドをピックアップしたい。

ゼンノロブロイやハービンジャーの成績もいいが、今年は産駒の出走がない。

◎・種牡馬別での好データ馬(ディープインパクト)

  • サーレンブラント
  • ポポカテペトル
  • アドミラブル

〇・種牡馬別での好データ馬(ステイゴールド)

  • ダノンキングダム
  • マイネルスフェーン
  • トリコロールブルー

騎手別データ

青葉賞

(2012年以降に行われた東京芝2400m戦)

この条件で5勝以上しており、なおかつ複勝率が3割を超えている騎手をピックアップ。なかでも1位の戸崎騎手は複勝率5割近いとは恐れ入る。

〇・騎手別での好データ馬

  • トリコロールブルー(戸崎)
  • スズカロング(蛯名)
  • ダノンキングダム(内田)
  • タガノアシュラ(北村宏)
  • イブキ(田辺)

馬体重別データ

青葉賞

(過去10年)

500kgを超える大型馬の成績が目立つ。せめて480kg以上の馬体の馬を選びたいところ。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・500kg~

  • タガノアシュラ
  • アドミラブル

過去4走以内の勝利数別データ

青葉賞

(過去10年)

過去4走以内の勝利数別に成績を調べてみると、好走率では「2勝以上」組がトップとなっている。
近走で成績を残している馬を積極的に狙いたい。

〇・2勝以上

  • ポポカテペトル
  • ダノンキングダム
  • アドミラブル
  • イブキ

前走のレース別データ

青葉賞

(過去10年)

前走のレース別で注目したいのは「毎日杯」、「アザレア賞」、「弥生賞」、「大寒桜賞」の4レース。中でも大寒桜賞は5頭が挑戦して4頭が馬券内に来ている。要注目だ。

〇・上記4レースに該当する馬

  • アドマイヤウイナー(大寒桜賞)
  • ベストアプローチ(弥生賞)
  • アドミラブル(アザレア賞)

人気別データ

青葉賞

(過去10年)

1番人気は成績がいいのだが、他の上位人気馬の成績が安定していないため、馬券はわりと荒れる。
1、2番人気が揃って馬券に絡まなかったのは1度しかなく、どちらかを軸にするのがよさそう。

予想オッズ・追い切りタイム

・2017年・青葉賞の予想オッズ・追い切りタイムに関する記事を公開しました。記事には人気別データやオッズデータも書いております。

アザレア賞

【青葉賞 2017】予想オッズ・追い切りタイム/アドミラブルが人気の中心

「青葉賞 2017」の予想オッズ・追い切りタイムの情報です。青葉賞の予想オッズ・1番人気はアドミラブル。続く人気はトリコロールブルー、ポポカテペトルと予想しています。小頭数ながら権利取りの熱いバトルが展開される。

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・アドミラブル(Admirable)

アザレア賞

アドミラブル・3歳牡馬
3戦2勝 [2-0-0-1]
父:ディープインパクト
母:スカーレット
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:賞賛すべき、立派な
前走:アザレア賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

枠順こそよくないところに入ったが、他のデータでは好成績を連発する。
人気の一角だろうが、期待に応えてくれそう。

・ダノンキングダム(Danon Kingdom)

ダノンキングダム

ダノンキングダム・3歳牡馬
3戦2勝 [2-0-0-1]
父:ステイゴールド
母:ヴィヤダーナ
母父:Azamour
馬名の由来:冠名+王国を築く存在となることを願って
前走:ゆりかもめ賞・1着(2番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

2番目に取り上げる馬はダノンキングダム。
騎手、種牡馬、過去4走以内の勝利数の3つで該当した。距離に不安なく、得意の左回り戦で勝利を狙う。

・トリコロールブルー(Tricolore Bleu)

トリコロールブルー

トリコロールブルー・3歳牡馬
4戦2勝 [2-1-0-1]
父:ステイゴールド
母:ペンカナプリンセス
母父:Pivotal
馬名の由来:フランス国旗の青の部分(仏)
前走:スプリングS・5着(3番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

3番目にはピックアップするのはトリコロールブルー。
鞍上の戸崎騎手はこのコースの相性抜群。ほかにはステイゴールド産駒も成績が良く、楽しみな存在だ。

人気競馬Youtuberの予想動画・青葉賞編

・【競馬予想】2017年 青葉賞の予想【星野るり】

・青葉賞 2017 G2 第514回 穴馬券ネオメソッド 【単複1点勝負】

・【2017青葉賞】コレだけは知っておきたい2つのポイント

関連記事

・日曜日には注目の長距離王決定戦・天皇賞春も行われる。

天皇賞春

【天皇賞春 2017】出走予定馬・予想オッズ・賞金/春の盾は誰の手に

2017年4月30日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦「天皇賞春」。天皇賞春は2017年で第155回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はキタサンブラックがハナ差の接戦を制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。