にほんブログ村 競馬ブログへ

ステファノス

「オールカマー 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・オールカマーのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からオールカマーでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

2017年9月24日(日) | 4回中山7日 | 15:45 発走
第63回 オールカマー(GII)芝・右・外 2200m
All Comers (G2)

出走予定馬・予想オッズ

2017年・オールカマーの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【オールカマー 2016】動画・結果/ゴールドアクターが得意の舞台で勝利を挙げる

【オールカマー 2017】出走予定馬・予想オッズ/飛躍の足がかりに

「オールカマー 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。オールカマーの出走登録は17頭。アルバートロやステファノスなどが出走予定です。中山コースを得意とする馬の活躍が目立つ。秋への飛躍をここで誓う。

枠順

オールカマー 2017 枠順

オールカマーの枠順が発表されました。
人気が予想されるアルバートは2枠2番、AJCCから休み明けの一戦となるタンタアレグリアは5枠9番、久々の勝利を目指すステファノスは4枠8番に入った。

スポンサーリンク

オールカマー・データ

2017年・オールカマーのデータです。
青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

枠順別データ

オールカマー 2017 枠順別データ

(過去10回)

複勝率が3割を超える成績がいい枠は「2枠」、「3枠」、「5枠」。中でも「3枠」は2008年のやトウショウシロッコ(8番人気・3着)や2014年のクリールカイザー(12番人気・3着)が絡んだため複勝回収値も高くなっている。

成績が良くないのは「4枠」と「8枠」。中でも「4枠」は未勝利で3着が1度あるのみ。過度な期待は禁物。

〇・2枠、3枠、5枠

  • ショウナンバッハ
  • ブラックバゴ
  • グランアルマダ
  • ルージュバック
  • タンタアレグリア
  • マイネルミラノ

×・4枠、8枠

  • ディサイファ
  • ステファノス
  • カフジプリンス
  • ツクバアズマオー
  • トルークマクト

脚質別データ

オールカマー 2017 脚質別データ

(過去10年)
逃げ・追い込みといった極端な脚質の馬の活躍が見られない。好位・中団で構えられる馬を積極的に選びたい。

種牡馬別データ

オールカマー 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた中山芝2200m戦)

中山芝2200m戦で勝ち数トップの種牡馬は「ステイゴールド」。ディープインパクトを抑えての1位。価値がある。
今年はステイゴールド産駒が3頭出走している。目が離せない。
他にも3勝以上を挙げ、複勝率が3割近くだったり、単勝・複勝回収値が高い活躍を見せている種牡馬の産駒をピックアップした。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ショウナンバッハ(ステイゴールド)
  • マイネルミラノ(ステイゴールド)
  • ツクバアズマオー(ステイゴールド)
  • ディサイファ(ディープインパクト)
  • ステファノス(ディープインパクト)
  • デニムアンドルビー(ディープインパクト)
  • モンドインテロ(ディープインパクト)

騎手別データ

オールカマー 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた中山芝2200m戦)

今年参戦している騎手で注目したいのは北村宏司騎手だ。複勝率は5割を超え、単勝・複勝回収値が100を大きく超える。このコースでの信頼度はとても高い。
他には3勝以上していて複勝率が3割近くの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • モンドインテロ(田辺裕信)
  • ルージュバック(北村宏司)
  • ステファノス(戸崎圭太)
  • ブラックバゴ(内田博幸)
  • ショウナンバッハ(柴田善臣)

馬体重別データ

オールカマー 2017 馬体重別データ

(過去10年)

好成績を残している馬体重は440~499kgの馬。中でも480~499kgの馬は10年で7勝を挙げており注目してみてみたい。
大型馬が少し苦戦している傾向にあるようだ。
しっかりチェックしておきたい。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・480~499kg

  • アルバート
  • ステファノス
  • タンタアレグリア
  • マイネルミラノ
  • モンドインテロ
  • ツクバアズマオー

前走レース別データ

オールカマー 2017 前走のレース別データ

(過去10年)
前走重賞を使ってきた馬たちが馬券内のほとんどを占める。重賞での経験がレースで生きるようだ。
オープン特別組は買っても紐、条件戦組にはかなり厳しい数字が並んでいる。

〇・前走重賞組

  • アルバート
  • ショウナンバッハ
  • ルージュバック
  • ディサイファ
  • ステファノス
  • タンタアレグリア
  • マイネルミラノ
  • デニムアンドルビー
  • カフジプリンス
  • ツクバアズマオー
  • トルークマクト

年齢別データ

オールカマー 2017 年齢別データ

(過去10年)
4歳から6歳馬での決着がほとんど。高齢馬には厳しい結果が続いている。

〇・4歳から6歳馬

  • パリカラノテガミ
  • アルバート
  • ショウナンバッハ
  • ブラックバゴ
  • グランアルマダ
  • ルージュバック
  • ステファノス
  • タンタアレグリア
  • マイネルサージュ
  • モンドインテロ
  • カフジプリンス
  • ツクバアズマオー

出走馬の中山芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
中山の芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
中でもツクバアズマオーは中山芝コースで5勝を挙げる相性の良さを見せている。

〇・コース相性

  • パリカラノテガミ
  • ブラックバゴ
  • ルージュバック
  • ディサイファ
  • ステファノス
  • モンドインテロ
  • カフジプリンス
  • ツクバアズマオー

人気別データ

オールカマー 2017 オッズデータ

(過去10年)
1番人気は【4-3-1-2】で馬券に絡まなかった2頭(2012年・ルルーシュ、2014年・サトノノブレス)の前走はG3とオープン特別で、馬券に絡んだ8頭の前走はG1かG2だった。前走で高いグレードのレースに出ていた1番人気の馬は信頼してもよさそう。
そして連対馬20頭中13頭が1~3番人気で、上位人気から馬券を組み立てるのがよさそう。

追い切り・コメント

2017年・オールカマーの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

オールカマー 2017 追い切り

【オールカマー 2017】追い切り・コメント/各馬の状態を見極めろ

「オールカマー 2017」の追い切り・コメントの情報です。オールカマーに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・ステファノス(Staphanos)

ステファノス

ステファノス・5歳牡馬
23戦4勝 [4-5-4-10]
父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母父:クロフネ
馬名の由来:冠(ギリシャ語)。母母名より連想
前走:安田記念・7着(4番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

中山芝2200mで成績のいい「ディープインパクト」産駒からピックアップしたのは「ステファノス」。
ステファノス自身も中山記念3着、皐月賞5着と成績を残している。他にも馬格、騎手、前走レースなどでも好データを得た。
勝ち星からは2年近く遠ざかっているステファノス。久々の勝利を目指して。

・ルージュバック(Rouge Buck)

ルージュバック

ルージュバック・5歳牝馬
15戦5勝 [5-2-0-8]
父:マンハッタンカフェ
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
馬名の由来:ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテル名。母名より連想
前走:ヴィクトリアマイル・10着(2番人気)
(鞍上予定:北村宏司)

このコースを大得意にする北村宏司騎手が騎乗する「ルージュバック」からも目が離せない。
北村宏司騎手はこのコースで複勝率5割越えと心強い。ほかにもルージュバックは枠順、年齢、前走レースなどでも加点された。
近走はさえない結果に終わっているが、新コンビで新たな一面を見せてほしい。

・ツクバアズマオー(Tsukuba Azuma O)

ツクバアズマオー

ツクバアズマオー・6歳牡馬
31戦7勝 [7-4-5-15]
父:ステイゴールド
母:ニューグランジ
母父:Giant’s Causeway
馬名の由来:冠名+東の王様
前走:札幌記念・11着(11番人気)
(鞍上予定:吉田豊)

3頭目には穴馬の「ツクバアズマオー」をピックアップしたい。
全7勝中5勝を中山で挙げている中山巧者。今年は中山金杯を制している。他にも種牡馬、馬格、前走のレースなどでも好走データに当てはまった。
ここ3走は二桁着順と大敗している。中山コースでならもう一度期待してみたいところ。

関連記事

・今週は他に神戸新聞杯が行われる。

【神戸新聞杯 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが見ごたえある叩き合いを制する

【神戸新聞杯 2017】出走予定馬・予想オッズ/実績馬か上り馬か

「神戸新聞杯 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。神戸新聞杯の出走登録は16頭。レイデオロやカデナなどが出走予定です。ダービー馬参戦で楽しみなメンバー構成。春の実績馬か、夏の上り馬か。

神戸新聞杯 2017 追い切り

【神戸新聞杯 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「神戸新聞杯 2017」の追い切り・コメントの情報です。神戸新聞杯に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

神戸新聞杯 2017 枠順

【神戸新聞杯 2017】データ・枠順/データでレースを攻略!

「神戸新聞杯 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・神戸新聞杯のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から神戸新聞杯での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。