にほんブログ村 競馬ブログへ

愛知杯 2017 マキシマムドパリ

「愛知杯 2018」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。愛知杯の出走登録は22頭。マキシマムドパリやクインズミラーグロなどが出走予定です。2013年には470万円の大波乱。ここ2年も34万、12万馬券と波乱の連続。穴党には楽しみな一戦となりそうだ。

2018年1月13日(土) | 1回中京1日 | 15:25 発走
第55回 愛知杯(GIII)芝・左 2000m
Aichi Hai (G3)

愛知杯」は芝2000mで行われるハンデ戦で、1着馬には3,600万円が贈られる。

配当的には1番人気は2勝・2着1回・3着1回と複勝率は4割越え。昨年はマキシマムドパリが1番人気に支持されて勝利をおさめたが、オッズは5.0倍。倍率をみても難しさが伝わってくる。
二桁人気の馬は9年間で76頭が出走して馬券圏内は2勝を含む8頭。ハンデ戦らしく穴馬の激走が目立つ。もっとも人気薄で馬券に絡んだのは2008年のセラフィックロンプ(58.5倍・1着)だ。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは9年で5度と半数を超える。そのうち2度は100万を超える大波乱。今年はどの程度の配当になるのだろうか。

先週の注目レース

シンザン記念 2018 アーモンドアイ

【シンザン記念 2018】動画・結果/アーモンドアイが異次元の末脚でライバルを蹴散らす

「シンザン記念 2018」の動画・結果です。シンザン記念の結果は1着:アーモンドアイ、2着:ツヅミモン、3着:カシアス。「アーモンドアイ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬

2018年の愛知杯に22頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭となっています。

賞金上位馬

  • マキシマムドパリ(藤岡佑介)56.0kg
  • キンショーユキヒメ(秋山真一郎)53.0kg
  • ワンブレスアウェイ(津村明秀)54.0kg
  • クインズミラーグロ(幸英明)54.0kg
  • ゲッカコウ(丹内裕次)54.0kg
  • クィーンチャーム(中谷雄太)5.0kg
  • ロッカフラベイビー(古川吉洋)53.0kg
  • ハッピーユニバンス(池添謙一)52.0kg
  • オートクレール(未定)53.0kg
  • エテルナミノル(四位洋文)54.0kg
  • シャルール(北村友一)54.0kg
  • リーサルウェポン(未定)48.0kg
  • ブラックオニキス(松山弘平)52.0kg
  • コパノマリーン(井上敏樹)51.0kg
  • タニノアーバンシー(松若風馬)52.0kg
  • メイズオブオナー(未定)50.0kg
  • レイホーロマンス(岩崎翼)51.0kg
  • リカビトス(吉田隼人)51.0kg

除外対象馬

  • アンドリエッテ(鮫島克駿)52.0kg
  • レーヌドブリエ(未定)51.0kg
  • ギモーヴ(藤岡康太)52.0kg
  • サンタフェチーフ(M.デムーロ)53.0kg

出走予定馬・ピックアップ

中京競馬場で行われる芝G3「愛知杯」。
今年は22頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・マキシマムドパリ(Maximum de Paris)

マーメイドステークス 2017 マキシマムドパリ

マキシマムドパリ・6歳牝馬
25戦6勝 [6-3-7-9]
父:キングカメハメハ
母:マドモアゼルドパリ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:パリの最高(仏)。母名より連想
前走:中日新聞杯・5着(4番人気)
(鞍上予定:藤岡佑介)

前年度の覇者「マキシマムドパリ」が2018年も参戦する。
昨年は53.0kgのハンデを味方に上り最速の脚で他馬を差し切り重賞初制覇を飾った。その後マーメイドステークスを制し2つ目の重賞タイトルを獲得し、エリザベス女王杯でも4着と健闘した。
前走の中日新聞杯でも牡馬相手に0.3秒差の5着と引けを取らない成績。ハンデ差を考えれば立派だった。
今回はさすがにトップハンデを背負っての一戦となる。実績を見れば致し方なし。3つ目のタイトル獲得なるか。

・クインズミラーグロ(Queen’s Milagro)

クインズミラーグロ

クインズミラーグロ・6歳牝馬
28戦5勝 [5-4-7-12]
父:マンハッタンカフェ
母:ジャストトゥートゥー
母父:In Excess
馬名の由来:冠名+奇跡(西)
前走:エリザベス女王杯・14着(14番人気)
(鞍上予定:幸英明)

昨年の愛知杯で3着に入った「クインズミラーグロ」。
重賞タイトルこそ手にしていないもののG3戦では2着1回、3着4回とあと一歩のとこまで来ている。
ここ2戦こそ敷居が高かったものの、今回はG3戦。チャンスは十分にある。
惜敗続きにピリオドを打てるか。

・キンショーユキヒメ(Kinsho Yukihime)

【デイジー賞 2016】動画・結果/キンショーユキヒメが抜け出し3馬身半差の完勝

キンショーユキヒメ・5歳牝馬
23戦5勝 [5-2-2-14]
父:メイショウサムソン
母:アップルティー
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+雪姫。芦毛なので
前走:JBCレディスクラシック・12着(6番人気)
(鞍上予定:秋山真一郎)

昨年のマーメイドステークスで4着に入った「キンショーユキヒメ」。
条件馬の身で挑んだマーメイドステークスでは51kgの計ハンデを活かし0.1秒差の4着と大健闘を見せた。
その後に条件レースを連勝し、2走前の府中牝馬ステークスでも6着と確実に力をつけてきた。
このコースは昨年1000万条件の小牧特別で勝利しており、結果を残している。
雪姫が寒い中京で大人に変わる。

・ゲッカコウ(Gekkako)

ゲッカコウ

ゲッカコウ・5歳牝馬
25戦4勝 [4-3-4-14]
父:ロージズインメイ
母:チューベローズ
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:月下香。チューベローズの和名
前走:ディセンバーステークス・2着(4番人気)
(鞍上予定:丹内裕次)

久々の重賞挑戦となる5歳牝馬「ゲッカコウ」。
昨年9月のレインボーステークスを勝利し条件クラスを突破。前走のディセンバーステークスではマイネルハニーを捕えられなかったものの安田記念で4着に入ったグレーターロンドンには先着した。
重賞は2016年の秋華賞以来の挑戦となる。しぶとさを活かして上位進出を狙う。

・エテルナミノル(Eterna Minoru)

エテルナミノル

エテルナミノル・5歳牝馬
18戦5勝 [5-3-0-10]
父:エンパイアメーカー
母:ダイワジェラート
母父:フジキセキ
馬名の由来:永遠(伊)+冠名
前走:ターコイズステークス・5着(4番人気)
(鞍上予定:四位洋文)

前走ターコイズステークスで5着に健闘した「エテルナミノル」。
これまでは1600mから1800m戦で結果を出してきており、今回は距離がポイントとなりそうだ。

他にはウオッカの仔で重賞初挑戦となる「タニノアーバンシー」や秋華賞で初の黒星を喫した「リカビトス」、ターコイズステークスで2番人気に支持された「ワンブレスアウェイ」なども出走予定となっています。

愛知杯は2018年1月13日(土)の15時25分発走予定です。

予想オッズ

2018年・愛知杯の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. マキシマムドパリ(3.5)
  2. クインズミラーグロ(4.0)
  3. キンショーユキヒメ(4.5)
  4. サンタフェチーフ(6.0)
  5. ゲッカコウ(8.0)
  6. エテルナミノル(10.0)
  7. アンドリエッテ(13.0)
  8. ワンブレスアウェイ(17.0)
  9. リカビトス(22.0)
  10. メイズオブオナー(25.0)
  11. タニノアーバンシー(33.0)
  12. シャルール(40.0)
  13. ギモーヴ(45.0)
  14. ブラックオニキス(☆)
  15. ハッピーユニバンス(☆)
  16. コパノマリーン(☆)
  17. レイホーロマンス(☆)
  18. レーヌドブリエ(☆)
  19. クィーンチャーム(☆)
  20. ロッカフラベイビー(☆)
  21. リーサルウェポン(☆)
  22. オートクレール(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

10年間の人気別データ

愛知杯 2018 オッズデータ

参考レース

愛知杯に出走予定馬たちの参考レースをピックアップしました。

00:00 エリザベス女王杯
02:24 中日新聞杯
04:32 ターコイズS
06:18 府中牝馬S
08:12 ディセンバーS
10:04 衣笠特別
11:57 逆瀬川S
13:52 オリオンS
16:28 3歳上1000万下(牝)メイズオブオナー

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2018年1月13日(土)15時25分発走予定

場所・距離
中京競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
3,600万円

プレゼンター

愛知杯の表彰式のプレゼンターにはドラマ・映画などで活躍中の磯村勇斗さんが登場予定となっています。
11:30頃にはメディアホールにてトークショー&愛知杯予想会も開催されます。

プレイバック

2017年1月14日(土)愛知杯(GIII)

1着:マキシマムドパリ
2着:サンソヴール(1-1/2馬身)
3着:クインズミラーグロ(1馬身)
4着:マラムデール(クビ)
5着:アンジェリック(ハナ)

勝ちタイム:2.01.4
勝利騎手:岩田 康誠
馬場:稍重

2017年・愛知杯

愛知杯 2017 マキシマムドパリ

【愛知杯 2017】動画・結果/マキシマムドパリが外から豪快に差し切る

「愛知杯 2017」の動画・結果です。愛知杯の結果は1着:マキシマムドパリ、2着:サンソヴール、3着:クインズミラーグロ。「マキシマムドパリ」が勝利した2017年の愛知杯の詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年の愛知杯は15頭での争いとなった。
前評判では前走のカウントダウンステークスで2着に入り、ハンデも手ごろな53kgのマキシマムドパリが1番人気に支持された。

レースは、道中は後方に構えた1番人気マキシマムドパリが、直線で外から一気に突き抜け、2番手追走から粘った10番人気サンソヴールに1-1/2馬身差をつけ優勝。さらに1馬身差の3着に6番人気クインズミラーグロが入った。

勝ったマキシマムドパリはこれが重賞初制覇となった。

関連記事

・今週は他に日経新春杯や京成杯が開催される。

日経新春杯 2017 ミッキーロケット

【日経新春杯 2018】出走予定馬・日程・賞金/年明け最初のG2戦

「日経新春杯」は2018年1月14日に京都競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2018年で第65回を迎え、昨年はミッキーロケットが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

京成杯

【京成杯 2018】予想オッズ・出走予定馬/本番と同じ舞台で

「京成杯 2018」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。京成杯の出走登録は16頭。ジェネラーレウーノやデルタバローズなどが出走予定です。近年なかなかクラシックに直結していない京成杯。今年は楽しみな馬が出てくるだろうか。

・今後は豪華メンバーが集まりそうな京都記念や金鯱賞、大阪杯に注目だ。

京都記念 2017 サトノクラウン

【京都記念 2018】出走予定馬・日程・賞金/ダービー馬参戦で注目度アップ

「京都記念」は2018年2月11日に京都競馬場で行われる強豪が多く集う注目のG2戦。京都記念は2018年で第111回を迎える。昨年はサトノクラウンが連覇を達成した。京都記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

金鯱賞 2016 ヤマカツエース

【金鯱賞 2018】出走予定馬・日程・賞金/注目馬が続々集結

「金鯱賞」は2018年3月11日に中京競馬場で行われる春の大一番のステップレース。金鯱賞は2018年で第54回を迎える。昨年はヤマカツエースが連覇達成した。金鯱賞の出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。

大阪杯 2017 キタサンブラック

【大阪杯 2018】出走予定馬・賞金・日程/新中距離王が決まる

「大阪杯」は2018年4月1日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2018年で第62回を迎える。昨年はキタサンブラックが初代王者に輝いた。2018年・大阪杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。