【騎乗停止・2016】内田博幸騎手が斜行で6月26日まで騎乗停止/宝塚記念は騎乗不可

騎乗停止 20160611

【騎乗停止・2016】内田博幸騎手が斜行で6月26日まで騎乗停止/宝塚記念は騎乗不可

【騎乗停止・2016】JRAの発表によると6月11日の東京5レース・ロジセンス号の内田博幸騎手が最後の直線コースで内側に斜行したことについて6月18日から26日まで騎乗停止になる。

裁決レポート

15番ロジセンスの騎手内田博幸を2016年6月18日(土)から2016年6月26日(日)まで9日間の騎乗停止としました。

宝塚記念で騎乗予定だったワンアンドオンリーは騎乗不可

JRAの発表は次の通りです。

『裁決レポート』
 最後の直線コースで、15番ロジセンスが内側に斜行したため、7番ブライトエピローグの進路が狭くなりましたが、その影響がなければ7番ブライトエピローグが15番ロジセンスより先に入線したとは認めなかったため、到達順位通り確定しました。
 この件について、15番ロジセンスの騎手内田博幸を2016年6月18日(土)から2016年6月26日(日)まで9日間の騎乗停止としました。

この騎乗停止により6月26日に行われる宝塚記念で騎乗予定だったワンアンドオンリーは騎乗不可となりました。

~レース後のコメント~

1着 ロジセンス(内田博幸騎手)
「気をつけてはいたのですが、最後は内にどんどん入っていって……。馬はまだ少し重めでしたが、良くなりそうです」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_9039.html

動画はこちら

レース結果・動画

【2歳新馬戦】動画・結果/ロジセンスが審議の対象になるも降着なく勝利

2016年6月11日に行われた「2歳新馬戦」の動画・結果です。2歳新馬戦の結果は1着:ロジセンス、2着:ニシノキッカセキ、3着:ブライトエピローグ。「ロジセンス」が勝利した2歳新馬戦の詳しい結果、動画をご覧ください。…

関連記事

【POG】審議もセーフ 内田博は反省/デイリースポーツ online

「最後は迷惑をかけてしまって申し訳ないです」と内田博幸騎手は反省の表情。「もっと楽に抜けられるかなという手応えだったけどまだ重かった分、少しもたついていました」と振り返った。…