【3歳クラシック有力馬・2018】世代を制するのは誰だ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 ダノンプレミアム

競馬ファンが毎年楽しみにしている3歳クラシックについての情報です。
2018年の3歳クラシックも楽しみな馬が多くスタンバイ。
2歳チャンピオンから新興勢力までいろいろな馬にスポットライトを当てています。

あなたの応援する馬はどのような路線から頂点へと向かっていくのかしっかりチェックしておこう!

3歳クラシック有力馬・牡馬

2018年・3歳クラシック牡馬の有力馬をピックアップしました。随時更新予定です。

日本ダービー 2017 レイデオロ

昨年の日本ダービー馬:レイデオロ
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス

3歳牡馬クラシック路線の成績
皐月賞(5着)
日本ダービー(1着)
神戸新聞杯(1着)

・ダノンプレミアム(Danon Premium)

朝日杯フューチュリティステークス 2017 ダノンプレミアム

ダノンプレミアム・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:Intikhab
主な勝鞍:2017年・朝日杯FS
馬名の由来:冠名+高品質。格別な働きを期待して
次走予定:弥生賞

・タイムフライヤー(Time Flyer)

ホープフルステークス 2017 タイムフライヤー

タイムフライヤー・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:タイムトラベリング
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2017年・ホープフルS
馬名の由来:時を超える者
次走予定:若葉ステークス

・ワグネリアン(Wagnerian)

ワグネリアン

ワグネリアン・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2017年・東京スポーツ杯2歳S
馬名の由来:ワーグナーファンの意味
次走予定:弥生賞

・ジャンダルム(Gendarme)

ジャンダルム

ジャンダルム・3歳牡馬
父:Kitten’s Joy
母:ビリーヴ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2017年・デイリー杯2歳S
馬名の由来:アルプス山脈の名峰「アイガー」の絶壁の名
次走予定:弥生賞

・オブセッション(Obsession)

オブセッション

オブセッション・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:パーシステントリー
母父:Smoke Glacken
主な勝鞍:2017年・シクラメン賞
馬名の由来:執念。勝利への執念を見せてほしい。母名より連想
次走予定:弥生賞

・オウケンムーン(Oken Moon)

共同通信杯 2018 オウケンムーン

オウケンムーン・3歳牡馬
父:オウケンブルースリ
母:ムーンフェイズ
母父:エリシオ
主な勝鞍:2018年・共同通信杯
馬名の由来:冠名+母名の一部
次走予定:皐月賞

・サトノフェイバー(Satono Favor)

きさらぎ賞 2018 サトノフェイバー

サトノフェイバー・3歳牡馬
父:ゼンノロブロイ
母:ヴィヴァシャスヴィヴィアン
母父:Distorted Humor
主な勝鞍:2018年・きさらぎ賞
馬名の由来:冠名+恵み
次走予定:スプリングステークス

・ステルヴィオ(Stelvio)

ステルヴィオ

ステルヴィオ・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ラルケット
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2017年・コスモス賞
馬名の由来:イタリア北部にある国立公園
次走予定:スプリングステークス

・グレイル(Grail)

グレイル

グレイル・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:プラチナチャリス
母父:Rock of Gibraltar
主な勝鞍:2017年・京都2歳ステークス
馬名の由来:聖杯
次走予定:皐月賞

・ジェネラーレウーノ(Generale Uno)

京成杯 2018 ジェネラーレウーノ

ジェネラーレウーノ・3歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:シャンハイロック
母父:ロックオブジブラルタル
主な勝鞍:2018年・京成杯
馬名の由来:一番の将軍(伊)
次走予定:皐月賞

牡馬クラシックロード

2018年の牡馬クラシックロード皐月賞・日本ダービー・菊花賞)にスポットを当てました。
どの馬がどのような道を進み頂点へと向かっていくのか。

京成杯 2018 ジェネラーレウーノ

京成杯(G3)
2018年1月14日・2000m

勝ち馬:ジェネラーレウーノ
勝ちタイム:2.01.2 優勝騎手:田辺 裕信
【京成杯 2018】動画・結果/ジェネラーレウーノが抜け出し人気に応える

きさらぎ賞 2018 サトノフェイバー

きさらぎ賞(G3)
2018年2月4日・1800m

勝ち馬:サトノフェイバー
勝ちタイム:1.48.8 優勝騎手:古川 吉洋
【きさらぎ賞 2018】動画・結果/サトノフェイバーが接戦を制する

共同通信杯 2018 オウケンムーン

共同通信杯(G3)
2018年2月11日・1800m

勝ち馬:オウケンムーン
勝ちタイム:1.47.4 優勝騎手:北村 宏司
【共同通信杯2018】動画・結果/オウケンムーンが3連勝で重賞初制覇

弥生賞(G2)
2018年3月4日・2000m

昨年の勝ち馬:カデナ
勝ちタイム:2.03.2 優勝騎手:福永 祐一

スプリングステークス(G2)
2018年3月18日・1800m

昨年の勝ち馬:ウインブライト
勝ちタイム:1.48.4 優勝騎手:松岡 正海

毎日杯(G3)
2018年3月24日・1800m

昨年の勝ち馬:アルアイン
勝ちタイム:1.46.5 優勝騎手:松山 弘平

皐月賞(G1)
2018年4月15日・2000m

昨年の勝ち馬:アルアイン
勝ちタイム:1.57.8 優勝騎手:松山 弘平

青葉賞(G2)
2018年4月28日・2400m

昨年の勝ち馬:アドミラブル
勝ちタイム:2.23.6 優勝騎手:M.デムーロ

京都新聞杯(G2)
2018年5月5日・2200m

昨年の勝ち馬:プラチナムバレット
勝ちタイム:2.15.2 優勝騎手:浜中 俊

日本ダービー(G1)
2018年5月27日・2400m

昨年の勝ち馬:レイデオロ
勝ちタイム:2.26.9 優勝騎手:C.ルメール

セントライト記念(G2)
2018年9月17日・2200m

昨年の勝ち馬:ミッキースワロー
勝ちタイム:2.12.7 優勝騎手:横山 典弘

神戸新聞杯(G2)
2018年9月23日・2400m

昨年の勝ち馬:レイデオロ
勝ちタイム:2.24.6 優勝騎手:C.ルメール

菊花賞(G1)
2018年10月21日・3000m

昨年の勝ち馬:キセキ
勝ちタイム:3.18.9 優勝騎手:M.デムーロ

3歳クラシック有力馬・牝馬

2018年・3歳クラシック牝馬の有力馬をピックアップしました。随時更新予定です。

オークス 2017 ソウルスターリング

昨年のオークス馬:ソウルスターリング
父:Frankel
母:スタセリタ
母父:Monsun

3歳牝馬クラシック路線の成績
チューリップ賞(1着)
桜花賞(3着)
オークス(1着)

・ラッキーライラック(Lucky Lilac)

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 ラッキーライラック

ラッキーライラック・3歳牝馬
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
主な勝鞍:2017年・阪神JF
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)
次走予定:チューリップ賞

・リリーノーブル(Lily Noble)

リリーノーブル

リリーノーブル・3歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:ピュアチャプレット
母父:クロフネ
主な勝鞍:2017年・白菊賞
馬名の由来:百合+気品。百合の花言葉は純潔、威厳
次走予定:チューリップ賞

・マウレア(Mau Lea)

マウレア

マウレア・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2017年・赤松賞
馬名の由来:永遠の喜び(ハワイ語)
次走予定:クイーンカップ

・アーモンドアイ(Almond Eye)

シンザン記念 2018 アーモンドアイ

アーモンドアイ・3歳牝馬
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・シンザン記念
馬名の由来:美人とされる顔の目の形
次走予定:桜花賞

・プリモシーン(Primo Scene)

プリモシーン

プリモシーン・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:モシーン
母父:Fastnet Rock
主な勝鞍:2018年・フェアリーS
馬名の由来:最高(伊)+場面
次走予定:未定

牝馬クラシックロード

2018年の牝馬クラシックロード桜花賞・オークス・秋華賞)にスポットを当てました。
熱き乙女の戦いはどうなっていくのか。

フェアリーステークス 2018 プリモシーン

フェアリーステークス(G3)
2018年1月7日・1600m

勝ち馬:プリモシーン
勝ちタイム:1.34.6 優勝騎手:戸崎 圭太
【フェアリーステークス 2018】動画・結果/プリモシーンが差し切り重賞初制覇

シンザン記念 2018 アーモンドアイ

シンザン記念(G3)
2018年1月8日・1600m

勝ち馬:アーモンドアイ
勝ちタイム:1.37.1 優勝騎手:戸崎 圭太
【シンザン記念 2018】動画・結果/アーモンドアイが異次元の末脚でライバルを蹴散らす

クイーンカップ(G3)
2018年2月12日・1600m

昨年の勝ち馬:アドマイヤミヤビ
勝ちタイム:1.33.2 優勝騎手:C.ルメール

チューリップ賞(G2)
2018年3月3日・1600m

昨年の勝ち馬:ソウルスターリング
勝ちタイム:1.33.2 優勝騎手:C.ルメール

フィリーズレビュー(G2)
2018年3月11日・1400m

昨年の勝ち馬:カラクレナイ
勝ちタイム:1.21.0 優勝騎手:M.デムーロ

フラワーカップ(G3)
2018年3月17日・1800m

昨年の勝ち馬:ファンディーナ
勝ちタイム:1.48.7 優勝騎手:岩田 康誠

桜花賞(G1)
2018年4月8日・1600m

昨年の勝ち馬:レーヌミノル
勝ちタイム:1.34.5 優勝騎手:池添 謙一

フローラステークス(G2)
2018年4月22日・2000m

昨年の勝ち馬:モズカッチャン
勝ちタイム:2.01.3 優勝騎手:和田 竜二

オークス(G1)
2018年5月20日・2400m

昨年の勝ち馬:ソウルスターリング
勝ちタイム:2.24.1 優勝騎手:C.ルメール

紫苑ステークス(G3)
2018年9月8日・2000m

昨年の勝ち馬:ディアドラ
勝ちタイム:1.59.8 優勝騎手:岩田 康誠

紫苑ステークス(G3)
2018年9月16日・1800m

昨年の勝ち馬:ラビットラン
勝ちタイム:1.45.5 優勝騎手:和田 竜二

秋華賞(G1)
2018年10月14日・2000m

昨年の勝ち馬:ディアドラ
勝ちタイム:2.00.2 優勝騎手:C.ルメール

スポンサーリンク

シェアする

フォローする