スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

【宝塚記念 2016】動画・結果/マリアライトが接戦を制し春のグランプリを制する

「宝塚記念 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。宝塚記念の出走登録は11頭。キタサンブラックやシュヴァルグランなどが出走予定です。春のグランプリを制すのは誰だ?

2017年6月25日(日) | 3回阪神8日 | 15:40 発走
第58回 宝塚記念(GI)芝・右 2200m
Takarazuka Kinen (G1)

宝塚記念は芝2200mで行われる定量戦で、1着馬には15,000万円が贈られる。

2017年で58回目を迎え、G1馬4頭を含む重賞勝ち馬が9頭いる豪華なメンバーが集結した。
過去の勝ち馬には春のグランプリにふさわしく、近年だけでもディープインパクトやオルフェーヴル、ゴールドシップなどといった名馬が名を連ねる。
レースレコードは2011年に優勝したアーネストリー(2:10.1)が記録している。

配当的には1番人気が過去10年で2勝・2着4回・3着2回と大半の馬が馬券に絡んでいる。
二桁人気の馬は10年で3頭しか絡んでおらず、大波乱の展開は期待しづらい。

先週の注目レース

函館スプリントステークス 2017 ジューヌエコール

【函館スプリントステークス 2017】動画・結果/ジューヌエコールがレコードV

「函館スプリントステークス 2017」の動画・結果です。函館スプリントステークスの結果は1着:ジューヌエコール、2着:キングハート、3着:エポワス。「ジューヌエコール」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

ユニコーンステークス 2017 サンライズノヴァ

【ユニコーンステークス 2017】動画・結果/サンライズノヴァが4馬身の差をつけ圧勝

「ユニコーンステークス 2017」の動画・結果です。ユニコーンステークスの結果は1着:サンライズノヴァ、2着:ハルクンノテソーロ、3着:サンライズソア。「サンライズノヴァ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

スポンサーリンク

出走予定馬・想定騎手

2017年の宝塚記念に11頭が登録を済ませております。
フルゲートに満たないため全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • キタサンブラック(武豊)58.0kg
  • シュヴァルグラン(福永)58.0kg
  • ゴールドアクター(横山典)58.0kg
  • ミッキークイーン(浜中)56.0kg
  • サトノクラウン(M.デムーロ)58.0kg
  • レインボーライン(岩田)58.0kg
  • シャケトラ(C.ルメール)58.0kg
  • ミッキーロケット(和田)58.0kg
  • ヒットザターゲット(未定)58.0kg
  • スピリッツミノル(幸)58.0kg
  • クラリティシチー(松山)58.0kg

スポンサーリンク

宝塚記念 注目出走予定馬ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G1・宝塚記念。
今年は11頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・キタサンブラック(Kitasan Black)

天皇賞春 2017 キタサンブラック

キタサンブラック・5歳牡馬
16戦10勝 [10-2-3-1]
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬名の由来:冠名+父名の一部
前走:天皇賞春・1着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

キャリア通算ではG1・5勝、今年の2戦はいずれもG1に挑み完勝してきたキタサンブラック。今回の宝塚記念では春のG1・3連勝の偉業に挑戦する。
昨年の宝塚記念では3着に敗れたものの、当時よりパワーアップしており、今年のメンバーのほうが楽な印象を受ける。
秋には凱旋門賞挑戦プランも浮上しており、勝って堂々と海外挑戦へ挑みたい。

・サトノクラウン(Satono Crown)

サトノクラウン

サトノクラウン・5歳牡馬
13戦6勝 [6-0-1-6]
父:Marju
母:ジョコンダII
母父:Rossini
馬名の由来:冠名+王冠
前走:大阪杯・6着(3番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

昨年末に香港でG1を制し、G1馬の仲間入りを果たしたサトノクラウン。
今年初戦の京都記念を勝利し、3番人気で挑んだ大阪杯では距離短縮に苦しみ6着に敗れた。
今回は1ハロン伸びるのはプラス材料。リーディングトップを独走するM.デムーロ騎手と2つ目のG1タイトル獲得を目指す。

・シャケトラ(Sciacchetra)

シャケトラ

シャケトラ・4歳牡馬
7戦4勝 [4-1-1-1]
父:マンハッタンカフェ
母:サマーハ
母父:Singspiel
馬名の由来:イタリアの幻のデザートワイン
前走:天皇賞春・9着(3番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

ここまでわずか7戦ながら日経賞を制すなど魅力的なパフォーマンスを見せるシャケトラ。
距離延長で挑んだ天皇賞ではチグハグな競馬になってしまい9着に沈んだが、今回は勝利経験もあるコースに戻る。
今回は久々となるルメール騎手に手綱が戻る。8戦目でのG1制覇なるか。

・シュヴァルグラン(Cheval Grand)

シュヴァルグラン

シュヴァルグラン・5歳牡馬
19戦6勝 [6-5-4-4]
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬名の由来:偉大な馬(仏)
前走:天皇賞春・2着(4番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

今年2戦は長距離戦を使いともに2着に入ったシュヴァルグラン。
距離不足が懸念されるが、阪神コースは4勝を挙げる得意コース。
今年の充実ぶりなら昨年以上の結果はついてくるはず。

・ミッキークイーン(Mikki Queen)

ミッキークイーン

ミッキークイーン・5歳牝馬
14戦5勝 [5-5-1-3]
父:ディープインパクト
母:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
馬名の由来:冠名+女王
前走:ヴィクトリアM・7着(1番人気)
(鞍上予定:浜中俊)

阪神牝馬ステークスを快勝し、断然人気で挑んだヴィクトリアマイルでは久々の左回りに苦戦したのか7着と沈んだ。
昨年の有馬記念でも5着に入るなど牡馬の一線級とも渡り合ってきた。
昨年のマリアライトに続き、牝馬の宝塚記念連覇はミッキークイーンに託される。

・ゴールドアクター(Gold Actor)

ゴールドアクター

ゴールドアクター・6歳牡馬
20戦9勝 [9-2-2-7]
父:スクリーンヒーロー
母:ヘイロンシン
母父:キョウワアリシバ
馬名の由来:冠名+男優
前走:天皇賞春・7着(5番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

昨年のオールカマー以来勝ち星から遠ざかっているゴールドアクター。
今年の2戦はイマイチの成績も芝2200m戦では3戦2勝・2着1回と好成績。復活なるか。

他には日経新春杯を勝ったミッキーロケットや、昨年の菊花賞2着のレインボーラインなども出走予定。

宝塚記念は2017年6月25日(日)の15時40分発走予定です。

予想オッズ

2017年・宝塚記念の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. キタサンブラック(1.5)
  2. サトノクラウン(4.0)
  3. シャケトラ(5.0)
  4. シュヴァルグラン(7.0)
  5. ゴールドアクター(8.0)
  6. ミッキークイーン(12.0)
  7. ミッキーロケット(35.0)
  8. レインボーライン(☆)
  9. ヒットザターゲット(☆)
  10. スピリッツミノル(☆)
  11. クラリティシチー(☆)

☆印は50倍以上と予想

今年の出走馬の中で1番人気はキタサンブラック。現役最強馬の走りに期待せざるを得ない。
2番人気は香港でG1を制したサトノクラウン、3番人気予想はC.ルメール騎手とコンビを組むシャケトラと予想します。

10年間の人気別データ

宝塚記念 2017 オッズデータ

過去10年、1番人気は【2-4-2-2】と好調。ただ、3番人気以降が成績が悪く、固い決着収まっていない。
連対馬は幅広く10番人気まで。また、8番人気以下の好走馬7頭中5頭は、その近5年から出ており、近年はやや荒れ模様だ。

スポンサーリンク

主な前哨戦

宝塚記念に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、宝塚記念に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年4月2日(日)大阪杯(GI)

大阪杯 2017 キタサンブラック

1着:キタサンブラック
6着:サトノクラウン
7着:ミッキーロケット

タイム:1.58.9 馬場:良

【大阪杯 2017】動画・結果/キタサンブラックが初代王者に輝く

2017年4月30日(日)天皇賞春(GI)

天皇賞春 2017 キタサンブラック

1着:キタサンブラック
2着:シュヴァルグラン
7着:ゴールドアクター

タイム:3.12.5 馬場:良

【天皇賞春 2017】動画・結果/キタサンブラックがレコードタイムで連覇達成

2017年5月14日(日)ヴィクトリアマイル(GI)

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

7着:ミッキークイーン

タイム:1.33.9 馬場:稍重

【ヴィクトリアマイル 2017】動画・結果/アドマイヤリードが差し切りG1初制覇

2017年5月28日(日)目黒記念(GII)

目黒記念 2017 フェイムゲーム

13着:ヒットザターゲット

タイム:2.30.9 馬場:良

【目黒記念 2017】動画・結果/フェイムゲームが差し切り復活V

2017年6月3日(土)鳴尾記念(GIII)

鳴尾記念 2017 ステイインシアトル

5着:スピリッツミノル

タイム:1.59.4 馬場:良

【鳴尾記念 2017】動画・結果/ステイインシアトルが重賞初制覇

2017年6月11日(日)エプソムカップ(GIII)

エプソムカップ 2017 ダッシングブレイズ

4着:クラリティシチー

タイム:1.45.9 馬場:良

【エプソムカップ 2017】動画・結果/ダッシングブレイズが内から抜け出す

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年6月25日(日)15時40分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・2200m


G1

1着賞金
15,000万円

宝塚記念・プレイバック

2016年6月26日(日)宝塚記念(GI)

1着:マリアライト
2着:ドゥラメンテ(クビ)
3着:キタサンブラック(ハナ)
4着:ラブリーデイ(1-1/4馬身)
5着:ステファノス(2-1/2馬身)

勝ちタイム:2.12.8
勝利騎手:蛯名 正義
馬場:稍重

2016年・宝塚記念

【宝塚記念 2016】動画・結果/マリアライトが接戦を制し春のグランプリを制する

【宝塚記念 2016】動画・結果/マリアライトが接戦を制し春のグランプリを制する

「宝塚記念 2016」の動画・結果です。宝塚記念の結果は1着:マリアライト、2着:ドゥラメンテ、3着:キタサンブラック。「マリアライト」が勝利した2016年の宝塚記念の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の宝塚記念は17頭での争いとなった。
前評判では2015年の二冠馬で、前走のドバイシーマクラシックでも2着に入ったドゥラメンテが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた8番人気マリアライトが、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る2番人気キタサンブラックを捕らえ、さらにゴール前で猛追を見せた1番人気ドゥラメンテも退け優勝。2着はクビ差でドゥラメンテ、3着はさらにハナ差でキタサンブラックに入った。

勝ったマリアライトは、並みいる強豪牡馬を見事打ち破り、2005年のスイープトウショウ以来11年ぶり、史上3頭目となる牝馬による宝塚記念制覇を果たした。

関連記事

・6月28日には春のダート王決定戦・帝王賞が開催される。

【帝王賞 2016】動画・結果/コパノリッキーが後続に3馬身半差をつける圧勝劇

【帝王賞 2017】出走予定馬・日程・賞金/春のダート王を争う

2017年6月28日に大井競馬場で行われる春の中距離ダート王を決める一戦「帝王賞」。帝王賞は2017年で第40回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はコパノリッキーが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。