スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

【プロキオンステークス 2016】動画・結果/ノボバカラが人気に答え快勝

「プロキオンステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。プロキオンSの出走登録は19頭。カフジテイクやエイシンバッケンなどが出走予定です。秋のJBCスプリントなどにつながる一戦。スピードを生かして勝負。

2017年7月9日(日) | 3回中京4日 | 15:35 発走
第22回 プロキオンステークス(GIII)ダート・左 1400m
Procyon Stakes (G3)

「プロキオンステークス」はダート1400mで行われる別定戦で、1着馬には3,500万円が贈られる。

2017年で22回目を迎え、ダートの短距離を得意とする馬たちが集結した。
過去の勝ち馬にはスターリングローズやブルーコンコルド、ベストウォーリアなどといった交流重賞などで活躍した馬が名を連ねている。

配当的には1番人気が過去10年で3勝・2着2回・3着4回と抜群の強さを見せている。
二桁人気の馬は10年で2回しか馬券に絡んでおらず、大波乱の展開は予想しづらい。

先週の注目レース

CBC賞 2017 シャイニングレイ

【CBC賞 2017】動画・結果/シャイニングレイが接戦を制する

「CBC賞 2017」の動画・結果です。CBC賞の結果は1着:シャイニングレイ、2着:セカンドテーブル、3着:アクティブミノル。「シャイニングレイ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

ラジオNIKKEI賞 2017 セダブリランテス

【ラジオNIKKEI賞 2017】動画・結果/セダブリランテスが三連勝で重賞制覇

「ラジオNIKKEI賞 2017」の動画・結果です。ラジオNIKKEI賞の結果は1着:セダブリランテス、2着:ウインガナドル、3着:ロードリベラル。「セダブリランテス」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

スポンサーリンク

出走予定馬・想定騎手

2017年のプロキオンステークスに19頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭です。

JRA所属馬

  • カフジテイク(福永)57.0kg
  • エイシンバッケン(岩田)56.0kg
  • ブライトライン(川田)56.0kg
  • キングズガード(藤岡佑)56.0kg
  • キクノストーム(小牧)56.0kg
  • メイショウウタゲ(未定)56.0kg
  • ナンチンノン(未定)56.0kg
  • ベストマッチョ(幸)56.0kg
  • イーデンホール(M.デムーロ)56.0kg
  • アキトクレッセント(荻野極)56.0kg
  • コパノチャーリー(未定)56.0kg
  • チャーリーブレイヴ(武豊)56.0kg
  • レヴァンテライオン(未定)53.0kg
  • ゴーインググレート(和田)56.0kg
  • ウォータールルド(酒井)56.0kg
  • コンサートドーレ(未定)53.0kg
  • コパノジョージ(未定)56.0kg

地方馬

  • トウケイタイガー(国分恭)57.0kg
  • マヤノオントロジー(山田)56.0kg

スポンサーリンク

プロキオンステークス 注目出走予定馬ピックアップ

中京競馬場で行われるダートG3・プロキオンステークス。
今年は19頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・カフジテイク(Kafuji Take)

【グリーンチャンネルカップ 2016】動画・結果/カフジテイクが大外一気を決め快勝

カフジテイク・5歳牡馬
24戦7勝 [7-2-4-11]
父:プリサイスエンド
母:テイクザケイク
母父:スキャン
馬名の由来:冠名+母名の一部
前走:ゴドルフィンM・5着(4番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

今年のプロキオンステークス出走馬の中でもっとも実績があるといっても差し支えない成績を残しているカフジテイク。
昨年のこのレース(7着)以降成績が安定。昨年のチャンピオンズカップでは4着、今年初戦の根岸ステークス優勝、フェブラリーステークスでも3着と鋭い末脚に磨きがかかってきた。
前走はドバイ遠征したが、世界の強敵相手に5着なら十分に胸を張れる成績。
帰国初戦で状態が気になるが、得意距離なら末脚不発は考えづらい。

・トウケイタイガー(Tokei Tiger)

かきつばた記念 2017 トウケイタイガー

トウケイタイガー・6歳牡馬
26戦10勝 [10-3-2-11]
父:タイムパラドックス
母:ヒノデモンテローザ
母父:マルゼンスキー
馬名の由来:冠名+虎
前走:夕刊フジ賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:国分恭介)

交流重賞のかきつばた記念ではタムロミラクルやショコラブランといったJRA勢を相手に4馬身の差をつけ圧勝した。
ただ、斤量が52kgと恵まれていた。
今回は中央勢相手に57kgを背負っての闘い。この闘いが試金石となる。

・キングズガード(King’s Guard)

【鳴門ステークス 2016】動画・結果/人気のキングズガードが突き抜ける

キングズガード・5歳牡馬
26戦7勝 [7-8-6-5]
父:シニスターミニスター
母:キングスベリー
母父:キングヘイロー
馬名の由来:王の楯
前走:天保山S・2着(3番人気)
(鞍上予定:藤岡佑介)

前走の天保山ステークスでは2着に敗れたものの勝ち馬とは2kgの斤量差があり、悲観する内容ではなかった。
後方一気の脚質のため展開に左右されるが、切れ味は天下一品。
昨年3着の悔しさを今年は晴らせるか。

・エイシンバッケン(A Shin Bakken)

【藤森ステークス 2016】動画・結果/エイシンバッケンが馬群を捌き差し切る

エイシンバッケン・5歳牡馬
21戦7勝 [7-3-4-7]
父:ヨハネスブルグ
母:エーシンラージシー
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:冠名+スキージャンプ競技場(ノルウェー語)
前走:欅S・1着(1番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

前走の欅ステークスでは後続に2馬身の差をつけ快勝。オープン特別戦2勝目となった。
根岸ステークス3着やフェブラリーステークス4着など重賞でも上位争いをしており、今回も十分にチャンスがある。
ダート1400m戦は【3-2-2-0】と得意にしており、休み明け2走目の今回は怖い一頭となる。

・ベストマッチョ(Best Macho)

ベストマッチョ

ベストマッチョ・4歳牡馬
9戦5勝 [5-2-0-2]
父:Macho Uno
母:Encore
母父:Storm Cat
馬名の由来:最高の逞しさ
前走:麦秋S・1着(1番人気)
(鞍上予定:幸英明)

この馬も1400m戦得意としていて、前走の麦秋ステークスでは逃げ切り勝利を収めた。
人気馬たちが差し・追い込み脚質が多いので前へ行けるのは魅力的。

他には古豪ブライトラインや、アハルテケステークスを制したメイショウウタゲなども出走予定。

プロキオンステークスは2017年7月9日(日)の15時35分発走予定です。

予想オッズ

2017年・プロキオンステークスの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. エイシンバッケン(2.5)
  2. カフジテイク(3.0)
  3. キングズガード(6.0)
  4. ベストマッチョ(7.0)
  5. イーデンホール(11.0)
  6. アキトクレッセント(14.0)
  7. ブライトライン(23.0)
  8. メイショウウタゲ(33.0)
  9. チャーリーブレイヴ(35.0)
  10. トウケイタイガー(45.0)
  11. コパノチャーリー(☆)
  12. キクノストーム(☆)
  13. ナンチンノン(☆)
  14. ウォータールルド(☆)
  15. レヴァンテライオン(☆)
  16. コパノジョージ(☆)
  17. マヤノオントロジー(☆)
  18. ゴーインググレート(☆)
  19. コンサートドーレ(☆)

☆印は50倍以上と予想

今年の出走馬の中で1番人気はエイシンバッケン。前走の勝ちっぷりを見ても重賞で十分に通用するはず。
2番人気はドバイ帰りの重賞ホースカフジテイク、3番人気予想は鋭い決め手が武器のキングズガードと予想します。

10年間の人気別データ

プロキオンステークス 2017 オッズデータ

1番人気は【3-2-4-1】で複勝率90%と好調、2番人気も【1-4-2-3】と複勝率70%で上位人気が堅実。
二桁人気は66頭出走して2頭しか馬券に絡んでおらず、人気薄の出番は少ない。

スポンサーリンク

主な前哨戦

プロキオンステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、プロキオンステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年1月29日(日)根岸ステークス(GIII)

根岸ステークス 2017 カフジテイク

1着:カフジテイク
3着:エイシンバッケン
4着:キングズガード

タイム:1.23.0 馬場:良

【根岸ステークス 2017】動画・結果/カフジテイクが素晴らしい末脚で差し切る

2017年5月3日(水)かきつばた記念(JpnIII)

かきつばた記念 2017 トウケイタイガー

1着:トウケイタイガー

タイム:1.26.8 馬場:良

【かきつばた記念 2017】動画・結果/トウケイタイガーが4馬身差の圧逃V

2017年5月27日(土)欅ステークス

1着:エイシンバッケン
2着:アキトクレッセント

タイム:1.22.1 馬場:重

2017/05/27 東京11R 欅S(OP)【エイシンバッケン】

2017年6月3日(土)麦秋ステークス

1着:ベストマッチョ

タイム:1.23.5 馬場:良

2017/06/03 東京11R 麦秋S(1600万下)【ベストマッチョ】

2017年6月10日(土)アハルテケステークス

1着:メイショウウタゲ
3着:チャーリーブレイヴ
10着:ブライトライン

タイム:1.36.6 馬場:良

2017/06/10 東京11R アハルテケS(OP)【メイショウウタゲ】

2017年6月17日(土)天保山ステークス

2着:キングズガード
9着:ゴーインググレート
13着:キクノストーム

タイム:1.22.4 馬場:良

2017/06/17 阪神11R 天保山S(OP)【サウススターマン】

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年7月9日(日)15時35分発走予定

場所・距離
中京競馬場・ダート・1400m


G3

1着賞金
3,500万円

一週前予想

管理人が独断と偏見で予想した「プロキオンステークス」!
一週前予想です。最終予想と異なる可能性があるので、本予想を記載する枠順発表後の「【プロキオンステークス 2017】データ・追い切り」記事を見ていただけると光栄です。

◎・[最強]競馬ブログランキングへ
(競馬の魅力・ブログ紹介文に記載しています。)
〇・イーデンホール

本命は[最強]競馬ブログランキングに書かせていただきました。
現在の充実ぶりなら馬券の軸に据えたい一頭。圧勝もあり得る。

対抗はイーデンホール。このコースと相性のいいゴールドアリュール産駒で、騎乗予定がデムーロ騎手なのも心強い。
他にはベストマッチョ、アキトクレッセントなども気になっています。

プロキオンステークス・プレイバック

2016年7月10日(日)プロキオンステークス(GIII)

1着:ノボバカラ
2着:ニシケンモノノフ(1/2馬身)
3着:キングズガード(クビ)
4着:ブライトライン(2馬身)
5着:グレープブランデー(1/2馬身)

勝ちタイム:1.22.1
勝利騎手:M.デムーロ
馬場:稍重

2016年・プロキオンステークス

【プロキオンステークス 2016】動画・結果/ノボバカラが人気に答え快勝

【プロキオンステークス 2016】動画・結果/ノボバカラが人気に答え快勝

「プロキオンステークス 2016」の動画・結果です。プロキオンステークスの結果は1着:ノボバカラ、2着:ニシケンモノノフ、3着:キングズガード。「ノボバカラ」が勝利した2016年の当レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のプロキオンステークスは15頭での争いとなった。
前評判ではかきつばた記念を制し、前走の北海道スプリントカップでも2着に入ったノボバカラが1番人気に支持された。

レースは、スタートを決めて好位につけた1番人気ノボバカラが、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、外から追い上げてきた3番人気ニシケンモノノフに1/2馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に2番人気キングズガードに入った。

勝ったノボバカラは、2走前のかきつばた記念で交流重賞は勝っていたが、JRA重賞はこれが初勝利となった。

関連記事

・8月20日には豪華メンバーが予想される札幌記念が開催される。

【札幌記念 2016】動画・結果/ペースを握ったネオリアリズムが金星を挙げる

【札幌記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/北の大地が熱狂する

2017年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース「札幌記念」。2017年で第53回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はネオリアリズムが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。