スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

「大阪-ハンブルクカップ 2017」の枠順、データの情報です。大阪-ハンブルクカップのデータは枠順別や脚質別、騎手別成績のものなどを掲載しています。大阪-ハンブルクカップは2017年4月9日(日)、阪神競馬場・芝1400mで開催されます。

【大阪-ハンブルクカップ 2017】データ・枠順/データから注目の三頭を抽出

2017年4月9日(日) | 2回阪神6日 | 15:00発走
大阪-ハンブルクカップ 芝・右 1400m
THE OSAKA-HAMBURG CUP

スポンサーリンク

2017年・大阪-ハンブルクカップ

枠順

2走前の阪急杯で2着になったヒルノデイバローは5枠6番、デムーロ騎手とコンビを組むブラヴィッシモは1枠1番、前走の高松宮記念で4着に激走したティーハーフは7枠10番に入った。

スポンサーリンク

大阪-ハンブルクカップの気になるデータ

大阪-ハンブルクカップのデータです。データの集計期間は2012年以降に行われた阪神芝1400m戦です。
データが見にくい場合はクリックすると大きい画像で見ることができます。
(青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名)

枠順別データ

複勝率・単勝回収値ともにトップに立つのは4枠。ほかには最内の1枠と大外の8枠がいい成績となっている。
一番微妙な成績なのは7枠。複勝率も単勝回収値も振るわない。

〇・4枠【27-31-26-278】

  • ムーンエクスプレス

×・7枠【29-25-31-396】

  • ベルルミエール
  • ティーハーフ

脚質別データ

逃げた馬がとにかく強い。複勝率4割も単勝回収値350オーバーは驚異的。
逃げそうな馬をしっかり押さえておきたい。

種牡馬別データ

勝利数・複勝率・単勝回収率がともにいいのはダイワメジャー、ディープインパクト、サクラバクシンオー産駒だが、今年はいずれも産駒の出走はゼロ。
上位で注目したいのはハーツクライ産駒。勝ち数も5位で、複勝率3割。単勝回収値・複勝回収値ともに100を超えるハイアベレージを残している。
今年はトウシンイーグルが該当する。芝での勝利は2014年8月以降遠ざかっているのが心配だが・・・。

他には勝利数4位のマンハッタンカフェ産駒(ヒルノデイバロー)、複勝率・複勝回収値がいいアドマイヤムーン産駒(ムーンエクスプレス、ムーンクレスト)に注目したい。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • トウシンイーグル
  • ヒルノデイバロー
  • ムーンエクスプレス
  • ムーンクレスト

騎手別データ

1位の浜中騎手は騎乗馬なし。よって最注目なのは2位の福永騎手を推したい。
複勝率は驚異の47%!ほぼ2回に1回は馬券に絡んでいる計算になる。今年はエポワスでの参戦になる。

他にはM.デムーロ騎手(ブラヴィッシモ)、川田騎手(タガノブルグ)が複勝率4割を超えている。

〇・騎手別での好データ馬

  • エポワス
  • ブラヴィッシモ
  • タガノブルグ

調教師別データ

上位トップ10に入る調教師が管理する今回の出走馬は須貝調教師(ブラヴィッシモ)のみ。注目したい。

〇・調教師別での好データ馬

  • ブラヴィッシモ

大阪-ハンブルクカップ・注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・ブラヴィッシモ(Bravissimo)

ブラヴィッシモ・5歳牡馬
27戦5勝 [5-4-3-15]
父:Fastnet Rock
母:メイキアシー
母父:Sadler’s Wells
馬名の由来:素晴らしい(伊)
前走:オーシャンS・5着(5番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

・ムーンエクスプレス(Moon Express)

ムーンエクスプレス・5歳牝馬
22戦5勝 [5-2-2-13]
父:アドマイヤムーン
母:アモーレペガサス
母父:メジロライアン
馬名の由来:月の超特急
前走:京都牝馬S・5着(13番人気)
(鞍上予定:松山弘平)

・エポワス(Epoisses)

エポワス・9歳せん馬
25戦5勝 [5-7-3-10]
父:ファルブラヴ
母:マニックサンデー
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:フランスの地名
前走:タンザナイトS・2着(9番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

関連記事
日曜日には注目のG1・桜花賞が行われる。

【桜花賞 2017】出走予定馬・賞金・日程/桜のように美しく

この記事を詳しく読む

2017年4月9日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬の重要な1冠目となる「桜花賞」。2017年で第77回を迎える。昨年はジュエラーがハナ差の接戦を制した。2017年はどの馬が桜の女王の栄冠を手にするか。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。