スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

ストロングバローズ

「オアシスステークス 2017」の枠順、データの情報です。オアシスステークスのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。これを見ればレースの好走馬が浮かび上がる!

2017年4月22日(土) | 2回東京1日 | 15:45発走
オアシスステークス ダート・左 1600m
OASIS STAKES

関連記事

同じ日にはG3・福島牝馬ステークスが開催される。

クロコスミア

【福島牝馬ステークス 2017】データ・枠順/データから好走馬が見えてくる

「福島牝馬ステークス 2017」の枠順、データの情報です。福島牝馬ステークスのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。レースは2017年4月22日(土)に開催されます。

スポンサーリンク

枠順

オアシスステークス 2017 枠順

人気が予想されるディアデルレイは4枠8番、C.ルメール騎手とコンビを組むベストマッチョは3枠6番、5戦連続馬券圏内に来ているセンチュリオンは1枠2番に入った。

オアシスステークスの気になるデータ

オアシスステークスのデータです。
(青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名)

スポンサーリンク

枠順別データ

オアシスステークス 2017 枠順別データ

(2012年以降に行われた東京ダート1600m戦)
7枠・8枠といった外枠が成績を残している。8枠は複勝率トップの24%を誇り、7枠は複勝率2位で単勝回収値が100越えの142と抜けた好成績を残している。
逆に最内枠の1枠は複勝率、単勝回収値でかなり厳しい数字が残ってしまっている。減点材料になる。

〇・7枠【72-99-76-830】

  • アルタイル
  • ストロングバローズ

〇・8枠【85-97-83-819】

  • メイショウヒコボシ
  • マッチレスヒーロー

×・1枠【34-44-47-797】

  • タイセイファントム
  • センチュリオン

脚質別データ

オアシスステークス 2017 脚質別データ

(2012年以降に行われた東京ダート1600m戦)
直線の長い東京ダートコースであっても逃げ・先行馬が多く馬券に絡んでいる。半数ほど先行したい馬がいるが、上手に立ち回れそうな馬を選択したい。
(下記に馬名がある馬の脚質は想定です。レース展開に左右されますのでご注意ください。)

〇・先行脚質【238-233-189-1357】

  • センチュリオン
  • スーサンジョイ
  • イースターパレード
  • ベストマッチョ
  • ブライトアイディア
  • ポイントブランク
  • ジェベルムーサ
  • ストロングバローズ

種牡馬別データ

オアシスステークス 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた東京ダート1600m戦)

このコースを最も得意としているといってもよさそうな好成績を残している種牡馬はゴールドアリュール。勝ち星の数は2位のクロフネに17勝の差をつけて独走している。複勝率、単勝回収値いずれの数字もいいのでピックアップしたい。

他に取り上げたいのはサウスヴィグラス。多少距離が長そうなイメージだが、こちらも複勝率、単勝回収値ともにいい数字を残している。

〇・種牡馬別での好データ馬(ゴールドアリュール)

  • イースターパレード
  • ブライトアイディア

〇・種牡馬別での好データ馬(サウスヴィグラス)

  • サノイチ

騎手別データ

オアシスステークス 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた東京ダート1600m戦)

二桁勝利以上している騎手の中で注目したい騎手はルメール騎手と内田博騎手。特にルメール騎手は複勝率は驚異の5割越え、なおかつ単勝回収値も100を超えるなど飛びぬけた数字となっている。内田騎手もオアシスステークス騎乗騎手の中で最多勝の35勝で、複勝回収値も83と好成績となっている。

〇・騎手別での好データ馬

  • センチュリオン
  • ベストマッチョ

調教師別データ

オアシスステークス 2017 調教師別データ

(2012年以降に行われた東京ダート1600m戦)

調教師別で見ると、堀調教師は勝ち星は2位で複勝率・単勝回収値ともに素晴らしい数字を残している。今年の堀厩舎からはストロングバローズが参戦する。他には牧調教師の単勝回収値にも注目したい。

〇・調教師別での好データ馬

  • ストロングバローズ
  • ディアデルレイ

東京ダート1600m戦・好成績馬

今年のオアシスステークス出走馬の中で東京ダート1600m戦を得意としている馬をピックアップした。
条件は2戦以上しており、連対率が5割を超える馬に設定した。

〇・東京ダート1600m戦での好成績馬

  • ベストマッチョ【1-1-0-0】
  • ディアデルレイ【2-1-0-0】
  • ジェベルムーサ【2-1-1-1】
  • ストロングバローズ【1-2-0-0】

スポンサーリンク

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・ストロングバローズ(Strong Barows)

ストロングバローズ

ストロングバローズ・4歳牡馬
7戦3勝 [3-3-0-1]
父:Mineshaft
母:Chelsea Ballad
母父:Street Cry
馬名の由来:強力な+冠名
前走:JDD・7着(2番人気)
(鞍上予定:石川裕紀人)

昨年のジャパンダートダービー以来の出走となるストロングバローズ。
データでは枠順、脚質、調教師など多くの部門で馬名が挙がった。
休み明けでも怖い一頭となる。

・ベストマッチョ(Best Macho)

ベストマッチョ

ベストマッチョ・4歳牡馬
7戦4勝 [4-2-0-1]
父:Macho Uno
母:Encore
母父:Storm Cat
馬名の由来:最高の逞しさ
前走:バレンタインS・2着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

こちらも脚質、騎手、コース相性などの複数部門で馬名が挙がったベストマッチョ。
重賞の根岸ステークスこそ大敗したが、それ以外のレースでは【4-2-0-0】と素晴らしい成績を残している。
人気が予想されるが、信頼できそうなデータとなっている。

・ディアデルレイ(Dia del Rey)

ディアデルレイ

ディアデルレイ・6歳牡馬
20戦5勝 [5-4-2-9]
父:キングカメハメハ
母:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:王の日(西)。母名より連想
前走:マーチS・2着(2番人気)
(鞍上予定:柴田善臣)

前走、重賞のマーチステークスでも好走したディアデルレイも取り上げたい。
牧調教師はこのコースを得意としており、本馬も好成績を残す。
好走の勢いは止まらないか。

関連記事

・今月の30日には注目の長距離G1・天皇賞春が開催される。

天皇賞春

【天皇賞春 2017】出走予定馬・予想オッズ・賞金/春の盾は誰の手に

2017年4月30日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦「天皇賞春」。天皇賞春は2017年で第155回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はキタサンブラックがハナ差の接戦を制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。