スポンサーリンク

【オークス 2016】動画・結果/シンハライトが馬群を捌いて差し切り樫の女王に輝く

「オークス 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。オークスの出走登録は23頭。レーヌミノルやリスグラシューなどが出走予定です。距離を克服しビッグタイトルを手にするのは?

距離の壁を越えて行け

2017年5月21日(日) | 2回東京10日 | 15:40 発走
第78回 オークス(GI)芝・左 2400m
Japanese Oaks (G1)

オークスは芝2400mで行われる定量戦で、1着馬には10,000万円が贈られる。

2017年で78回目を迎え、楽しみな3歳牝馬が集結した。
過去の勝ち馬にはシーザリオやジェンティルドンナといった世界で活躍する馬や、エアグルーヴやブエナビスタといった牡馬相手にG1を制す名牝が名を連ねる。
レースレコードは2012年に優勝したジェンティルドンナ(2:23.6)が記録している。

配当的には1番人気が過去10年で3勝・2着3回・3着1回と多くの馬が馬券に絡んでいる。二桁人気の馬は10年で一頭しか絡んでおらず、大荒れの展開は期待しづらい。

先週の注目レース

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

【ヴィクトリアマイル 2017】動画・結果/アドマイヤリードが差し切りG1初制覇

「ヴィクトリアマイル 2017」の動画・結果です。ヴィクトリアマイルの結果は1着:アドマイヤリード、2着:デンコウアンジュ、3着:ジュールポレール。「アドマイヤリード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

スポンサーリンク

出走予定馬・想定騎手

2017年のオークスに23頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭となっております。

優先出走馬

  • カリビアンゴールド(田中勝)55.0kg
  • ソウルスターリング(C.ルメール)55.0kg
  • ブラックスビーチ(北村宏)55.0kg
  • フローレスマジック(戸崎)55.0kg
  • モズカッチャン(和田)55.0kg
  • ヤマカツグレース(横山典)55.0kg
  • リスグラシュー(武豊)55.0kg
  • レーヌミノル(池添)55.0kg

賞金上位馬

  • アドマイヤミヤビ(M.デムーロ)55.0kg
  • ハローユニコーン(田辺)55.0kg
  • ブラックオニキス(大野)55.0kg
  • ディーパワンサ(内田博)55.0kg
  • ミスパンテール(四位)55.0kg
  • ディアドラ(岩田)55.0kg
  • ホウオウパフューム(松岡)55.0kg
  • マナローラ(蛯名)55.0kg
  • モーヴサファイア(北村友)55.0kg

抽選対象馬(6頭中1頭が出走可能)

  • アドマイヤローザ(未定)55.0kg
  • アルメリアブルーム(未定)55.0kg
  • アンネリース(未定)55.0kg
  • ブルークランズ(未定)55.0kg
  • ムーンザムーン(未定)55.0kg
  • レッドコルディス(未定)55.0kg

スポンサーリンク

オークス 注目出走予定馬ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G1・オークス。
今年は23頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・レーヌミノル(Reine Minoru)

桜花賞 2017 レーヌミノル

レーヌミノル・3歳牝馬
7戦3勝 [3-2-1-1]
父:ダイワメジャー
母:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル
馬名の由来:女王(仏)+冠名
前走:桜花賞・1着(8番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

7番人気で挑んだ桜花賞では好位から進め、最後は人気馬が差を詰めてきたものの後続に半馬身の差をつけ先頭でゴールを切った。
小倉2歳ステークスの勝ちっぷりなどから桜花賞前には距離不安が囁かれたが、見事な勝利となった。
桜花賞後はNHKマイルカップと両にらみだったが、レース間隔を考慮しオークスへコマを進めてきた。
ここでも距離との戦いとなるはず。不安と楽しみが同居する。再び女王の座を目指す。

・リスグラシュー(Lys Gracieux)

【アルテミスステークス 2016】動画・結果/リスグラシューが直線抜け出し重賞初制覇を飾る

リスグラシュー・3歳牝馬
6戦2勝 [2-3-1-0]
父:ハーツクライ
母:リリサイド
母父:American Post
馬名の由来:優美な百合(仏)。母名より連想
前走:桜花賞・2着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

G1戦の阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞ともに2着と悔しい結果に終わっているリスグラシュー。2走とも最後は鋭い末脚で伸びてきてはいるものの届かなかった。
東京コースはアルテミスステークスで勝っており、距離延長もこの馬にはプラスに働きそう。
先週のヴィクトリアマイルではハーツクライ産駒のアドマイヤリードが優勝した。今週はリスグラシューの順番になりそうな気配。

・ソウルスターリング(Soul Stirring)

阪神ジュベナイルフィリーズ 2016 ソウルスターリング

ソウルスターリング・3歳牝馬
5戦4勝 [4-0-1-0]
父:Frankel
母:スタセリタ
母父:Monsun
馬名の由来:魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して
前走:桜花賞・3着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

2歳女王が断然人気で挑んだ桜花賞ではこれまでの伸びを欠き3着に敗れた。キャリア初の敗北となってしまった。
一度の敗戦で評価を下げるのは危険。母スタセリタはフランスオークスやヴェルメイユ賞など長い距離のG1を制した名牝。
やってみなければわからないものの距離はギリギリこなせそう。復権を狙う。

・アドマイヤミヤビ(Admire Miyabi)

【百日草特別 2016】動画・結果/アドマイヤミヤビが人気に答え2勝目

アドマイヤミヤビ・3歳牝馬
5戦3勝 [3-1-0-1]
父:ハーツクライ
母:レディスキッパー
母父:クロフネ
馬名の由来:冠名+優雅な
前走:桜花賞・12着(2番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

2番人気の評価を受けて挑んだ桜花賞だったが、見せ場なく12着に沈んだアドマイヤミヤビ。
ただ、桜花賞前から「オークス向き」と陣営が評価していたように距離が延びるのは歓迎だろう。
アドマイヤ軍団のG1連勝はミヤビにかかる。

・モズカッチャン(Mozu Katchan)

フローラステークス 2017 モズカッチャン2

モズカッチャン・3歳牝馬
5戦3勝 [3-0-1-1]
父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:冠名+人名愛称
前走:フローラS・1着(12番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

桜花賞とは別路線組から注目したいのはフローラステークスを制したモズカッチャン。
現在3連勝中と勢いがあり、前走のゴール前ではまだ余裕がある走りに見えた。
今回もそこまで人気にならないだろうが、軽視すると痛い目にあいそうだ。

・ブラックスビーチ(Black’s Beach)

スイートピーステークス 2017 ブラックスビーチ

ブラックスビーチ・3歳牝馬
5戦2勝 [2-2-0-1]
父:ディープインパクト
母:ビジュアルショック
母父:Kingmambo
馬名の由来:サンディエゴの海岸線
前走:スイートピーS・1着(3番人気)
(鞍上予定:北村宏司)

ここまで1800m以上の距離を中心にレースをしてきたブラックスビーチ。
あまり活躍馬が出ていないスイートピーステークス組だが、今年はどうか。

他には忘れな草賞を勝ったハローユニコーンや、良血馬フローレスマジックなども出走予定。

オークスは2017年5月21日(日)の15時40分発走予定です。

主な前哨戦

オークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、オークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年4月9日(日)忘れな草賞

1着:ハローユニコーン
2着:アルメリアブルーム
5着:ブラックオニキス

タイム:2.04.3 馬場:稍重

【忘れな草賞 2017】動画・結果/ハローユニコーンが接戦を制する

2017年4月9日(日)桜花賞(GI)

1着:レーヌミノル
2着:リスグラシュー
3着:ソウルスターリング

タイム:1.34.5 馬場:稍重

【桜花賞 2017】動画・結果/レーヌミノルが桜の舞台で花咲かす

2017年4月23日(日)フローラステークス(GII)

フローラステークス 2017 モズカッチャン

1着:モズカッチャン
2着:ヤマカツグレース
3着:フローレスマジック

タイム:2.01.3 馬場:良

【フローラステークス 2017】動画・結果/モズカッチャンが波乱を演出

2017年4月30日(日)スイートピーステークス

スイートピーステークス 2017 ブラックスビーチ

1着:ブラックスビーチ
2着:カリビアンゴールド
3着:ムーンザムーン

タイム:1.47.4 馬場:良

【スイートピーステークス 2017】動画・結果/ブラックスビーチが接戦を制する

■□━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■      予想から馬券購入まで、無料で使える競馬データベース! ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 【1】膨大な競馬データが、すばやく、見やすい!
 【2】見たいデータをカスタマイズ!あなただけの競馬データに
 【3】予想印・予想メモを残して次のレースはもう負けない!
 【4】IPAT連動でそのまま馬券が買える!しかも収支計算まで! 


日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年5月21日(日)15時40分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・2400m


G1

1着賞金
10,000万円

オークス・プレイバック

2016年5月22日(日)オークス(GI)

1着:シンハライト 牝3 池添 謙一 2.25.0
2着:チェッキーノ 牝3 戸崎 圭太 2.25.0 クビ
3着:ビッシュ 牝3 M.デムーロ 2.25.1 1/2馬身
4着:ジェラシー 牝3 横山 典弘 2.25.3 1-1/2馬身
5着:ペプチドサプル 牝3 四位 洋文 2.25.3 ハナ

2016年・オークス

【オークス 2016】動画・結果/シンハライトが馬群を捌いて差し切り樫の女王に輝く

【オークス 2016】動画・結果/シンハライトが馬群を捌いて差し切り樫の女王に輝く

「オークス 2016」の動画・結果です。オークスの結果は1着:シンハライト、2着:チェッキーノ、3着:ビッシュ。「シンハライト」が勝利した2016年のオークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

オークス 2016 勝利騎手

【オークス 2016】パトロールビデオ・レース後のコメント/池添「秋はNo.1を証明できるように」

「オークス 2016」のパトロールビデオ・レース後のコメントです。オークスの勝ち馬は1番人気のシンハライト、勝利騎手は池添謙一騎手、勝ちタイムは2:25.0でした。

2016年のオークスは18頭での争いとなった。
前評判では桜花賞でハナ差の2着に敗れたシンハライトが1番人気に支持された。

レースは、道中後方に構えた1番人気シンハライトが、直線で馬群をこじ開けて脚を伸ばし、中団追走から一旦は抜け出した5番人気ビッシュを捕らえ、さらに大外から上がってきた2番人気チェッキーノの追撃も振り切り優勝。2着はクビ差でチェッキーノ、3着はさらに1/2馬身差でビッシュに入った。

勝ったシンハライトは、桜花賞2着の悔しさを晴らし、樫の女王の座に輝いた。

関連記事

・来週には牡馬クラシック第二弾・日本ダービーが開催される。

マカヒキ 日本ダービー

【日本ダービー 2017】出走予定馬・予想オッズ・賞金/新たな筋書きのないドラマの始まり

2017年に東京競馬場で行われる3歳馬の頂点を決める競馬の祭典「日本ダービー」。2017年で第84回を迎える。昨年はマカヒキがサトノダイヤモンドとの壮絶な叩き合いをハナ差制し優勝。2017年はどの馬が頂点に立つのか。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。