「日経新春杯 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。日経新春杯の出走登録は17頭。クリプトグラムやレーヴミストラルなどが出走予定です。日経新春杯は2017年1月15日(日)、京都競馬場・芝2400mで開催されます。

【日経新春杯 2017】出走予定馬・想定騎手/実績馬か上り馬か

2017年1月15日(日) | 1回京都5日 | 15:45 発走
第64回 日経新春杯(GII)芝・右・外 2400m
Nikkei Shinshun Hai (G2)

2017年・日経新春杯

出走予定馬・想定騎手

賞金上位馬

  • ダコール(小牧)58.0kg
  • クリプトグラム(C.ルメール)56.0kg
  • モンドインテロ(V.シュミノー)56.5kg
  • レーヴミストラル(M.デムーロ)58.0kg
  • ヤマカツライデン(池添)55.0kg
  • カフジプリンス(福永)54.0kg
  • ミッキーロケット(和田)55.0kg
  • レッドエルディスト(四位)54.0kg
  • ウインインスパイア(未定)53.0kg
  • トルークマクト(未定)53.0kg
  • アドマイヤフライト(S.フォーリー)55.0kg
  • ピンポン(未定)53.0kg
  • マドリードカフェ(川島)54.0kg
  • アクションスター(松若)53.0kg
  • シャケトラ(浜中)53.0kg
  • マキシマムドパリ(幸)52.0kg
  • テイエムナナヒカリ(未定)49.0kg

登録馬が17頭のため除外対象馬はおりません。

日経新春杯はハンデ戦で行われます。トップハンデはダコールとレーヴミストラルが背負う58.0kgが最も重い斤量となっております。(ダコール重たすぎね?)
最軽量は前々走で500万特別を勝ち、前走の1000万特別では7着に敗れているテイエムナナヒカリが49.0kgの斤量で出走します。

日経新春杯 注目馬ピックアップ

京都競馬場で行われる芝G2・日経新春杯。
今年は17頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

クリプトグラム

クリプトグラム・5歳牡馬
9戦5勝 [5-2-0-2]
父:キングカメハメハ
母:チアズメッセージ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:暗号(神秘的なシンボル)。神秘的な活躍を期待して。母名より連想
前走:目黒記念・1着(3番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

連勝の勢いで挑んだ目黒記念ではマリアライトやヒットザターゲットなどの重賞馬を相手に勝利を収めた。ただ、斤量的に恵まれていたのも事実。さらに今回は骨折休養明けの一戦。状態を見極めたい。

レーヴミストラル

レーヴミストラル・5歳牡馬
11戦4勝 [4-1-1-5]
父:キングカメハメハ
母:レーヴドスカー
母父:Highest Honor
馬名の由来:夢(仏)+見事な(プロヴァンサル語)
前走:天皇賞春・10着(8番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

昨年の日経新春杯覇者。昨年はシュヴァルグラン相手にレーヴミストラルが2kg重い斤量ながらぶっこ抜いて2馬身差の圧勝を見せてくれた。その後の2走は馬場状態や距離が合わなかった感じ。良馬場なら。

シャケトラ

シャケトラ・4歳牡馬
4戦3勝 [3-0-1-0]
父:マンハッタンカフェ
母:サマーハ
母父:シングスピール
馬名の由来:イタリアの幻のデザートワイン
前走:境港特別・1着(1番人気)
(鞍上予定:浜中俊)

まだ条件馬の身ながら果敢にG2・日経新春杯へチャレンジする。全4戦で上り最速の脚を披露。末脚は素晴らしいものを持っている。経験では劣るが勢いなら歴戦の馬たちにも引けを取らない。

ミッキーロケット

ミッキーロケット・4歳牡馬
11戦3勝 [3-5-0-3]
父:キングカメハメハ
母:マネーキャントバイミーラヴ
母父:Pivotal
馬名の由来:冠名+ロケット
前走:菊花賞・5着(4番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

前々走の神戸新聞杯では後の菊・有馬記念を制すサトノダイヤモンド相手にクビ差の接戦を演じた。菊花賞でも差のない5着に入っており、4歳馬の中でも上位の力を持っているとみていいだろう。ここで賞金を加算し、春のG1戦線で同世代のトップたちと戦いたいところ。

他にもグレイトフルSを勝ってOP入りしたカフジプリンスや、アルゼンチン共和国杯4着・ステイヤーズS3着のモンドインテロなども出走予定。

日経新春杯は2017年1月15日(日)の15時45分発走予定です。

出走予定馬の参考レースを振り返る

2016年10月10日(月)・京都
第51回 京都大賞典(GII)芝・右・外 2400m
(6着アクションスター 8着ヤマカツライデン)
【京都大賞典 2016】動画・結果/キタサンブラックが完勝で秋初戦を飾る

2016年10月23日(日)・京都
第77回 菊花賞(GI)芝・右・外 3000m
(5着ミッキーロケット 8着カフジプリンス 9着レッドエルディスト)
【菊花賞 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが最後の一冠で最高の輝きを放つ

2016年12月3日(土)・中山
第50回 ステイヤーズステークス(GII)芝・右・内2周 3600m
(3着モンドインテロ 10着マドリードカフェ 12着ウインインスパイア)
【ステイヤーズステークス 2016】動画・結果/アルバートが得意舞台で連覇

2016年12月11日(日)・阪神
境港特別 芝・右 2200m
(1着シャケトラ)
2016/12/11 阪神9R 境港特別(1000万下)【シャケトラ】

2016年12月23日(金)・中山
グレイトフルステークス 芝・右 2500m
(1着カフジプリンス)
2016/12/23 中山11R グレイトフルS(1600万下)【カフジプリンス】

2017年1月5日(木)・京都
万葉ステークス 芝・右・外 3000m
(5着マドリードカフェ 10着ピンポン)
2017/01/05 京都10R 万葉S(OP)【タマモベストプレイ】

プレイバック

2016年1月17日(日)日経新春杯(GII)
1着:レーヴミストラル 牡4 川田 将雅 2.25.9

日経新春杯 2016 レーヴミストラル 動画・結果 | 競馬の魅力

日経新春杯 2016 の動画・結果です。日経新春杯 の結果は1着:レーヴミストラル、2着:シュヴァルグラン、3着:サトノノブレス。レーヴミストラル が勝利した 日経新春杯 2016 の詳しい結果、動画をご覧ください。 日経新春杯 2016 レーヴミストラル 動画・結果 2016年1月17日(日) | 1回京都6日 | 15:45 発走 第63回 日経新春杯(GII)芝・右・外 2400m Nikkei Shinshun Hai (G2)

2016年の日経新春杯は12頭での争いとなった。
前評判では条件戦3連勝と勢いのあるシュヴァルグランが1番人気に支持された。

レースは、最後方に構えた2番人気レーヴミストラルが、直線で外から一気に各馬を交わし去り、最後は中団から脚を伸ばした1番人気シュヴァルグランに2馬身差をつけ優勝。さらにハナ差の3着に4番人気サトノノブレスが入った。

勝ったレーヴミストラルは、明け4歳の一戦を鮮やかに制し、2015年5月の青葉賞以来となる重賞2勝目を挙げた。