スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

【マーメイドステークス 2016】動画・結果/リラヴァティが粘りきって重賞初勝利

「マーメイドステークス 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。マーメイドステークスの出走登録は12頭。トーセンビクトリーやマキシマムドパリなどが出走予定です。賞金を加算し秋につなげる馬は?

2017年6月11日(日) | 3回阪神4日 | 15:35 発走
第22回 マーメイドステークス(GIII)芝・右 2000m
Mermaid Stakes (G3)

マーメイドステークスは芝2000mで行われるハンデ戦で、1着馬には3,600万円が贈られる。

2017年で22回目を迎え、楽しみな牝馬が集結した。
過去の勝ち馬にはエアグルーヴやアドマイヤグルーヴ、ダイワエルシエーロといったG1馬が名を連ねる。
レースレコードは2007年に優勝したディアチャンス(1:58.4)が記録している。

配当的には1番人気が過去10年で2勝・2着1回・3着1回とハンデ戦のためかそこまで信頼できない数字になっている。
二桁人気の馬は10年で8回も馬券に絡んでおり、十分に波乱の可能性を秘めている。

先週の注目レース

安田記念 2017 サトノアラジン

【安田記念 2017】動画・結果/サトノアラジンが外から差し切る

「安田記念 2017」の動画・結果です。安田記念の結果は1着:サトノアラジン、2着:ロゴタイプ、3着:レッドファルクス。「サトノアラジン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

スポンサーリンク

出走予定馬・想定騎手

2017年のマーメイドステークスに12頭が登録を済ませております。
フルゲートに達していないため、全頭出走可能です。

ハンデ戦のため、斤量は発表され次第記載いたします。

※6月5日・追記

ハンデが発表になりましたので記載しました。トップハンデはトーセンビクトリーの56.0kg、最軽量ハンデはハツガツオとリーサルウェポンの49.0kgとなっております。

賞金上位馬

  • トーセンビクトリー(武豊)56.0kg
  • マキシマムドパリ(岩田)55.0kg
  • クインズミラーグロ(幸)54.0kg
  • リーサルウェポン(高倉)49.0kg
  • ビッシュ(福永)55.0kg
  • プリメラアスール(酒井)51.0kg
  • アースライズ(酒井瑠)54.0kg
  • ハツガツオ(未定)49.0kg
  • バンゴール(荻野極)51.0kg
  • ショウナンバーキン(松若)50.0kg
  • ローズウィスパー(北村友)51.0kg
  • キンショーユキヒメ(未定)51.0kg

スポンサーリンク

マーメイドステークス 注目出走予定馬ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G3・マーメイドステークス。
今年は12頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・クインズミラーグロ(Queen’s Milagro)

クインズミラーグロ

クインズミラーグロ・5歳牝馬
24戦5勝 [5-3-6-10]
父:マンハッタンカフェ
母:ジャストトゥートゥー
母父:In Excess
馬名の由来:冠名+奇跡(西)
前走:福島牝馬S・3着(1番人気)
(鞍上予定:幸英明)

ここ三戦は牝馬G3に挑みいずれも三着と惜しい結果が続いているクインズミラーグロ。
この馬は前へ行っても差してもいいレースができるという展開を問わないのが強み。
そろそろ重賞タイトルを手にしたいところ。

・トーセンビクトリー(Tosen Victory)

トーセンビクトリー

トーセンビクトリー・5歳牝馬
17戦6勝 [6-1-3-7]
父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+勝利
前走:阪神牝馬S・6着(5番人気)
(鞍上予定:武豊)

3月の中山牝馬ステークスを制し重賞ウィナーとなったトーセンビクトリー。
勝利の勢いで挑んだ前走の阪神牝馬ステークスでは久々のマイル戦に苦しみ6着に敗れたが、そこまで悲観する内容ではなかった。
阪神コースはローズステークスで3着に入るなど結果を残している舞台。中距離に戻れば主役候補だ。

・ビッシュ(Biche)

【3歳500万円以下】動画・結果/ビッシュが外からまとめて差し切る

ビッシュ・4歳牝馬
8戦3勝 [3-0-1-4]
父:ディープインパクト
母:バランセラ
母父:Acatenango
馬名の由来:牝鹿(仏)
前走:中山牝馬S・10着(3番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

オークスで3着、紫苑ステークスを優勝するなど活躍を見せたビッシュ。
ただ、秋華賞10着を含む近三走はともに二桁着順に沈んでいる。
レース間隔をあけて立て直された効果が出れば勝負になる。

・マキシマムドパリ(Maximum de Paris)

衣笠特別 2015 マキシマムドパリ 動画・結果

マキシマムドパリ・5歳牝馬
20戦5勝 [5-3-7-5]
父:キングカメハメハ
母:マドモアゼルドパリ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:パリの最高(仏)。母名より連想
前走:大阪城S・13着(2番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

今年1月の愛知杯では1番人気に答え優勝。初の重賞タイトルを手にした。
前走の大阪城ステークスでは大敗したが、今回は牝馬限定戦で得意の2000m戦と条件は好転する。
楽しみな一頭だ。

・リーサルウェポン(Lethal Weapon)

リーサルウェポン

リーサルウェポン・6歳牝馬
32戦4勝 [4-8-0-20]
父:ディープインパクト
母:Quick Command
母父:Gold Legend
馬名の由来:致命的な武器
前走:ヴィクトリアM・16着(15番人気)
(鞍上予定:高倉稜)

前々走の福島牝馬ステークスでは前目から粘り込み5着。
展開が向けば。

・バンゴール(Bangor)

テレビ山梨杯 2017 バンゴール

バンゴール・5歳牝馬
15戦4勝 [4-2-3-6]
父:キングカメハメハ
母:ローザブランカ
母父:クロフネ
馬名の由来:バラの品種名
前走:パールS・4着(4番人気)
(鞍上予定:荻野極)

まだ条件馬の身ながら格上挑戦するバンゴール。
大崩れしない安定感は魅力。ハンデ次第では上位も。

他には1000万特別戦を勝ったばかりのアースライズなども出走予定。

マーメイドステークスは2017年6月11日(日)の15時35分発走予定です。

主な前哨戦

マーメイドステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、マーメイドステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年1月14日(土)愛知杯(GIII)

愛知杯 2017 マキシマムドパリ

1着:マキシマムドパリ
3着:クインズミラーグロ
9着:プリメラアスール

タイム:2.01.4 馬場:稍重

【愛知杯 2017】動画・結果/マキシマムドパリが外から豪快に差し切る

2017年3月12日(日)賢島特別

賢島特別 2017 アースライズ

1着:アースライズ

タイム:1.33.4 馬場:良

2017/03/12 中京12R 賢島特別(1000万下)【アースライズ】

2017年3月12日(日)中山牝馬ステークス(GIII)

中山牝馬ステークス 2017 トーセンビクトリー

1着:トーセンビクトリー
3着:クインズミラーグロ
10着:ビッシュ

タイム:1.49.4 馬場:良

【中山牝馬ステークス 2017】動画・結果/トーセンビクトリーが抜け出す

2017年4月22日(土)福島牝馬ステークス(GIII)

福島牝馬ステークス 2017 ウキヨノカゼ

3着:クインズミラーグロ
5着:リーサルウェポン

タイム:1.46.8 馬場:良

【福島牝馬ステークス 2017】動画・結果/ウキヨノカゼが外から差し切る

2017年5月6日(土)パールステークス

パールステークス 2017 ミエノサクシード

4着:バンゴール
7着:ローズウィスパー
9着:ショウナンバーキン

タイム:1.46.1 馬場:良

2017/05/06 京都10R パールS(1600万下・牝)【ミエノサクシード】

スポンサーリンク

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年6月11日(日)15時35分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
3,600万円

マーメイドステークス・プレイバック

2016年6月12日(日)マーメイドステークス(GIII)

1着:リラヴァティ
2着:ヒルノマテーラ(クビ)
3着:ココロノアイ(クビ)
4着:シュンドルボン(クビ)
5着:ハピネスダンサー(クビ)

勝ちタイム:1.59.3
勝利騎手:松若 風馬
馬場:良

2016年・マーメイドステークス

【マーメイドステークス 2016】動画・結果/リラヴァティが粘りきって重賞初勝利

【マーメイドステークス 2016】動画・結果/リラヴァティが粘りきって重賞初勝利

「マーメイドステークス 2016」の動画・結果です。マーメイドステークスの結果は1着:リラヴァティ、2着:ヒルノマテーラ、3着:ココロノアイ。「リラヴァティ」が勝利した2016年のマーメイドステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のマーメイドステークスは14頭での争いとなった。
前評判では3月に行われた中山牝馬ステークスを制しているシュンドルボンが1番人気に支持された。

レースは、好位で進めた6番人気リラヴァティが、3~4コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、最後方追走から追い上げてきた7番人気ヒルノマテーラにクビ差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に5番人気ココロノアイが入った。

勝ったリラヴァティは、オークスを制した半妹シンハライトに続く重賞制覇を果たした。

関連記事

・同日には東京でG3・エプソムカップが行われる。

【エプソムカップ 2016】動画・結果/ルージュバックが鋭い末脚で差し切る

【エプソムカップ 2017】出走予定馬・想定騎手/この舞台で輝く馬は

「エプソムカップ 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。エプソムカップの出走登録は19頭。マイネルミラノやフルーキーなどが出走予定です。東京のこの舞台を得意とするのは誰だ?

・6月末には春のG1総決算・宝塚記念が開催される。

【宝塚記念 2012】CM「The WINNER【宝塚記念】」

【宝塚記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/春のグランプリは一強か

2017年6月25日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦「宝塚記念」。宝塚記念は2017年で第58回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はマリアライトが制した。出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。