にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

「きさらぎ賞 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。きさらぎ賞の出走登録は11頭。サトノアーサーやプラチナヴォイスなどが出走予定です。きさらぎ賞は2017年2月5日(日)、京都競馬場・芝1800mで開催されます。

きさらぎ賞 2017】出走予定馬・想定騎手/期待馬集う注目レース

2017年2月5日(日) | 2回京都4日 | 15:35 発走
第57回 きさらぎ賞(GIII)芝・右・外 1800m
Kisaragi Sho (NHK Sho) (G3)

きさらぎ賞は芝1800mで行われる別定戦で、春のクラシックを見据えた3歳馬が集う。
1着馬には3,800万円が贈られる。

過去にはスペシャルウィークやネオユニヴァースなどがここを勝ち、後にダービー馬となった。昨年はサトノダイヤモンドがきさらぎ賞を制し、クラシック候補に名乗りを挙げた。

2017年・きさらぎ賞

出走予定馬・想定騎手

賞金上位馬

  • アメリカズカップ(松若)56.0kg
  • プラチナヴォイス(和田)56.0kg
  • ダンビュライト(C.ルメール)56.0kg
  • サトノアーサー(川田)56.0kg
  • タガノアシュラ(岩田)56.0kg
  • エスピリトゥオーゾ(四位)56.0kg
  • スズカメジャー(福永)56.0kg
  • ベルエスメラルダ(小崎)54.0kg
  • マテラレックス(未定)56.0kg
  • ムーヴザワールド(未定)56.0kg
  • ワンダープチュック(浜中)56.0kg

登録馬が11頭のため除外対象馬はおりません。

スポンサーリンク

きさらぎ賞 注目馬ピックアップ

京都競馬場で行われる芝G3・きさらぎ賞。
今年は11頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

サトノアーサー

サトノアーサー・3歳牡馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:キングスローズ
母父:Redoute’s Choice
馬名の由来:冠名+人名より
前走:シクラメン賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

ここまで2戦2勝と無敗のサトノアーサー。前走のシクラメン賞では上り32.7とキレキレの末脚で後続を3馬身半千切る圧勝劇を見せてくれた。

セレクトセールで2億円以上の値が付いた良血馬。無敗でクラシック路線に乗れるか注目だ。

サトノアーサー | 競走馬データ – netkeiba

サトノアーサーの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

プラチナヴォイス

プラチナヴォイス・3歳牡馬
5戦2勝 [2-0-0-3]
父:エンパイアメーカー
母:プレザントブリーズ
母父:マンハッタンカフェ
馬名の由来:白金+声
前走:京都2歳S・6着(2番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

3戦目の2歳未勝利戦で2歳コースレコードで勝ち、その後の萩ステークスでもライバルを寄せ付けない走りで勝ったプラチナヴォイス。勢いそのままに挑んだ前走の京都2歳ステークスでは直線の不利があり6着に敗れた。

仕切り直しの一戦となるきさらぎ賞は2戦2勝の京都1800m戦。巻き返しなるか。

プラチナヴォイス | 競走馬データ – netkeiba

プラチナヴォイスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

ダンビュライト

ダンビュライト・3歳牡馬
3戦1勝 [1-1-0-1]
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン
前走:朝日杯FS・13着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

サウジアラビアロイヤルカップで2着に入り、その後に挑んだ朝日杯フューチュリティステークスでは2番人気に支持されたが、見せ場なく13着に敗れた。

初の1800m戦となるが、距離が延びるのはプラスに出そう。なんとか賞金を加算したいところ。

ダンビュライト | 競走馬データ – netkeiba

ダンビュライトの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

タガノアシュラ

タガノアシュラ・3歳牡馬
4戦2勝 [2-0-0-2]
父:マンハッタンカフェ
母:レイサッシュ
母父:パラダイスクリーク
馬名の由来:冠名+仏教の守護神
前走:朝日杯FS・14着(5番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

ここまで4戦して2勝を挙げているが、2勝とも逃げた時となっている。ペースを握ればしぶとい脚が使えるタイプ。

京都コースは黄菊賞を制した舞台。ハナが取れるかがポイントとなりそうだ。

タガノアシュラ | 競走馬データ – netkeiba

タガノアシュラの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

他にも共同通信杯と両にらみのムーヴザワールドや、野路菊ステークスを勝っているアメリカズカップなども出走予定。

きさらぎ賞は2017年2月5日(日)の15時35分発走予定です。

追い切りタイム

きさらぎ賞に出走を予定している馬の追い切りタイムです。

アメリカズカップ(2/1(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
51.3 37.7 24.8 12.5

サトノアーサー(2/1(水)栗東・CW・不良)

4F 3F 1F
53.8 38.2 11.4

スズカメジャー(2/1(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
53.6 38.5 24.6 11.9

タガノアシュラ(2/1(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
54.7 39.7 25.1 12.4

ダンビュライト(2/1(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
51.4 37.8 24.9 12.6

プラチナヴォイス(2/1(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
56.6 41.3 26.2 12.7

ベルエスメラルダ(2/1(水)栗東・CW・不良)

6F 5F 4F 3F 1F
89.5 72.0 55.7 39.9 12.4

マテラレックス(2/1(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
50.3 37.5 25.0 12.5

出走予定馬の参考レースを振り返る

2016年11月19日(土)・東京
第21回 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)芝・左 1800m
(3着ムーヴザワールド)
【東京スポーツ杯2歳ステークス 2016】動画・結果/ブレスジャーニーが接戦を制し重賞連勝

2016年11月26日(土)・京都
第3回 京都2歳ステークス(GIII)芝・右 2000m
(4着ワンダープチュック 6着プラチナヴォイス)
【京都2歳ステークス 2016】動画・結果/カデナが鮮やかに差し切り勝ち

2016年12月4日(日)・阪神
シクラメン賞 芝・右・外 1800m
(1着サトノアーサー)
2016/12/04 阪神9R シクラメン賞(2歳500万下)【サトノアーサー】

2016年12月18日(日)・阪神
第68回 朝日杯フューチュリティステークス(GI)芝・右・外 1600m
(9着アメリカズカップ 13着ダンビュライト 14着タガノアシュラ)
【朝日杯フューチュリティステークス 2016】動画・結果/サトノアレスが大外一気を決める

2017年1月5日(木)・京都
3歳新馬戦 芝・右 2000m
(1着スズカメジャー)
2017/01/05 京都6R 3歳新馬【スズカメジャー】

2017年1月7日(土)・京都
福寿草特別 芝・右 2000m
(5着ワンダープチュック)
【福寿草特別 2017】動画・結果/サトノリュウガが内から抜け出し優勝

2017年1月21日(土)・京都
3歳未勝利戦 芝・右 2000m
(1着エスピリトゥオーゾ)
2017/01/21 京都5R 3歳未勝利【エスピリトゥオーゾ】

プレイバック

2016年2月7日(日)きさらぎ賞(GIII)
1着:サトノダイヤモンド 牡3 C.ルメール 1.46.9

きさらぎ賞 2016 サトノダイヤモンド 動画・結果 | 競馬の魅力

「きさらぎ賞 2016」の動画・結果です。「きさらぎ賞 2016」の結果は1着:サトノダイヤモンド、2着:レプランシュ、3着:ロイカバード。「サトノダイヤモンド」が勝利したきさらぎ賞の詳しい結果、動画をご覧ください。 きさらぎ賞 2016 サトノダイヤモンド 動画・結果 2016年2月7日(日) | 2回京都4日 | 15:35発走 第56回 きさらぎ賞(GIII)芝・右・外 1800m Kisaragi Sho (NHK Sho) (G3)

2016年のきさらぎ賞は9頭での争いとなった。
前評判ではデビューから2戦2勝の超良血馬・サトノダイヤモンドが1番人気に支持された。

レースは、5~6番手で進めた1番人気サトノダイヤモンドが、直線で楽々と先頭に立って後続を突き放し、最後は外から追い上げてきた4番人気レプランシュに3-1/2馬身差をつけ優勝。さらにアタマ差の3着に2番人気ロイカバードが入った。

勝ったサトノダイヤモンドは、新馬、500万下に続く無傷の3連勝で重賞初制覇を果たした。