にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

【秋風ステークス 2016】動画・結果/マルターズアポジーが悠々逃げ切る

「京成杯オータムハンデキャップ 2017」のデータ・枠順の情報です。京成杯AHのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

2017年9月10日(日) | 4回中山2日 | 15:45 発走
第62回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)芝・右・外 1600m
Keisei Hai Autumn Handicap (G3)

出走予定馬・予想オッズ

2017年・京成杯オータムハンデキャップの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【京成杯オータムハンデキャップ 2016】動画・結果/ロードクエストが得意のマイル戦を制する

【京成杯オータムハンデキャップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/秋を告げるハンデ戦

「京成杯オータムハンデキャップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。京成杯AHの出走登録は20頭。マルターズアポジーやロードクエストなどが出走予定です。秋競馬を告げる伝統のハンデ戦。混戦メンバーで予想は難解?

枠順

京成杯オータムハンデキャップ 2017 枠順

京成杯オータムハンデキャップの枠順が発表されました。
人気が予想されるグランシルクは3枠6番、前走の関屋記念で逃げ切り勝ちを決めたマルターズアポジーは3枠5番、NHKマイルカップで3着に入るなど3歳マイル路線で活躍したボンセルヴィーソは1枠2番に入った。

5枠10番から出走予定だったダノンプラチナは左前挫跖(ざせき)を発症したため出走を取り消しました。

京成杯オータムハンデキャップの気になるデータ

2017年・京成杯オータムハンデキャップのデータです。
青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

枠順別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 枠順別データ

(過去10回)

複勝率4割越えと抜けた活躍を見せている枠は「2枠」。昨年のカフェブリリアント(6番人気・2着)も2枠からの好走だった。ほかにも4勝を挙げ複勝率3割の「5枠」にも注目したい。

逆に成績が良くないのは外枠の「7枠」、「8枠」。どちらも複勝率は1割を少し超える程度。外枠の馬は多少減点したい。

〇・2枠、5枠

  • ガリバルディ
  • オールザゴー
  • ウキヨノカゼ

×・7枠、8枠

  • ダノンリバティ
  • ミッキージョイ
  • ロサギガンティア
  • マイネルアウラート

脚質別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 脚質別データ

(過去10年)
開幕週の馬場で逃げ馬有利かと思われたが、10年間で逃げ馬の馬券内はゼロ。毎年厳しいレースとなってしまっている。
ただ、追い込みも決まりにくいのである程度前目のポジションをうまく取れる馬にチャンスが巡ってくる。

種牡馬別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた中山芝1600m戦)

中山芝1600m戦で勝ち数トップの種牡馬は「ディープインパクト」。ダントツにいい成績ではないが、複勝率や回収値でも好成績となっている。
今年はディープインパクト産駒が3頭出走している。目が離せない。
他にも6勝以上を挙げ、複勝率が3割近くだったり、単勝・複勝回収値が高い活躍を見せている種牡馬の産駒をピックアップした。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ガリバルディ(ディープインパクト)
  • トーセンデューク(ディープインパクト)
  • ミッキージョイ(ディープインパクト)
  • ダイワリベラル(ダイワメジャー)
  • ボンセルヴィーソ(ダイワメジャー)
  • ダノンリバティ(キングカメハメハ)

騎手別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた中山芝1600m戦)

今年参戦している騎手で注目したいのは田辺裕信騎手だ。複勝率は3割を大きく超え、単勝・複勝回収値もダントツに高い。このコースでの信頼度は高い。
他には10勝以上していて複勝率が3割近くの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • グランシルク(田辺裕信)
  • ウキヨノカゼ(横山典弘)
  • ガリバルディ(北村宏司)

馬体重別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 馬体重別データ

(過去10年)

好成績を残している馬体重は420~459kgの軽量馬の活躍が目立つ。
しっかりチェックしておきたい。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・420~459kg

  • トーセンデューク

年齢別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 年齢別データ

(過去10年)
5歳馬が5勝を挙げ、勝率はトップ。複勝率を見ると3歳馬の活躍が多いことがわかる。
勝ち馬は3歳から5歳馬が中心で、紐に高齢馬をうまく組み込むと高配当が狙えそうだ。

〇・3歳から5歳馬

  • ボンセルヴィーソ
  • オールザゴー
  • マルターズアポジー
  • グランシルク
  • ブラックスピネル
  • アスカビレン
  • ダノンリバティ
  • ミッキージョイ

斤量別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 斤量別データ

(過去10年)
57キロ以上の斤量の馬が【3-4-2-17】で複勝率35%と好成績を残している。軽量馬の中では53キロの馬が頑張っている。

〇・57キロ以上

  • ガリバルディ
  • マルターズアポジー
  • ウインフルブルーム
  • ブラックスピネル
  • ロサギガンティア
  • マイネルアウラート

前走のレース別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 前走のレース別データ

(過去10年)
前走G1組の好走が目立つ。高いレベルで揉まれた経験が生きる。
条件戦組もよく好走しているが、今年は参戦なし。

〇・前走G1

  • ボンセルヴィーソ
  • ブラックスピネル

所属別データ

京成杯オータムハンデキャップ 2017 所属別データ

(過去10年)
関東で行われるレースなだけあって、美浦所属の馬が良く走っている。

〇・関東馬

  • ダイワリベラル
  • マルターズアポジー
  • グランシルク
  • ウキヨノカゼ
  • ミッキージョイ
  • ロサギガンティア
  • マイネルアウラート

出走馬の中山芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
中山の芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
中でも特に好成績なのはダイワリベラルで【4-3-3-5】と出走馬の中でトップの4勝を挙げている。

〇・コース相性

  • ダイワリベラル
  • オールザゴー
  • マルターズアポジー
  • グランシルク
  • ウインフルブルーム
  • ミッキージョイ
  • ロサギガンティア

人気別データ

京成杯オータムハンデ 2017 オッズデータ

(過去10年)
1番人気は【1-0-1-8】と昨年勝利したが、不振と言っていい成績。2番人気は【5-1-2-2】で複勝率80%と好調で、下位人気の中では7番人気【0-2-2-6】が複勝率40%とまずまずの成績となっている。二桁人気は4頭が馬券に絡んでいる。2番人気を軸に幅広く馬券を買うのがよさそう。

追い切り・コメント

2017年・京成杯オータムハンデキャップの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

京成杯オータムハンデキャップ 2017 追い切り

【京成杯オータムハンデキャップ 2017】追い切り・コメント/各馬の状態を見極めろ

「京成杯オータムハンデキャップ 2017」の追い切り・コメントの情報です。京成杯AHに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

スポンサーリンク

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・マルターズアポジー(Maltese Apogee)

関屋記念 2017 マルターズアポジー

マルターズアポジー・5歳牡馬
22戦8勝 [8-1-3-10]
父:ゴスホークケン
母:マルターズヒート
母父:Old Trieste
馬名の由来:冠名+最高点
前走:関屋記念・1着(7番人気)
(鞍上予定:武士沢友治)

関東馬の中から注目したいのは「マルターズアポジー」。
他にも年齢、斤量、コース相性で加点を得たが、京成杯オータムハンデキャップは逃げ馬が苦戦のデータもあるのが気がかり…。
実績的にはメンバーの中でトップクラス。前走の再現なるか。

・ボンセルヴィーソ(Bom Servico)

ボンセルヴィーソ

ボンセルヴィーソ・3歳牡馬
8戦1勝 [1-2-3-2]
父:ダイワメジャー
母:バイモユリ
母父:サクラローレル
馬名の由来:いい仕事を(ポルトガル語)
前走:NHKマイルC・3着(6番人気)
(鞍上予定:松山弘平)

好成績を残すダイワメジャー産駒からピックアップしたいのは「ボンセルヴィーソ」。
3歳馬はこのレースと相性が良く、他にも前走のレースでも好データを得た。
2勝目が待望の重賞初制覇となるか。

・ダイワリベラル(Daiwa Liberal)

ニューイヤーステークス 2016 ダイワリベラル 動画・結果

ダイワリベラル・6歳牡馬
30戦6勝 [6-4-4-16]
父:ダイワメジャー
母:オレンジジェラート
母父:トニービン
馬名の由来:冠名+自由な、寛大な
前走:パラダイスS・9着(5番人気)
(鞍上予定:津村明秀)

3頭目には穴馬の「ダイワリベラル」をピックアップしたい。
中山芝コースをとても得意としており、種牡馬や所属別のデータでも馬名が挙がった。
昨年の京成杯オータムハンデでは4着と惜しい競馬に終わった。一つでも上の着順を。

関連記事

・今週は他にセントウルステークスが行われる。

【セントウルステークス 2016】動画・結果/ビッグアーサーがスピードの違いで逃げ切る

【セントウルステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/スピードのその先に

「セントウルステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。セントウルSの出走登録は17頭。ダンスディレクターやフィドゥーシアなどが出走予定です。G1へ続く重要な一戦。開幕週の電撃戦を制すのは?

セントウルステークス 2017 追い切り

【セントウルステークス 2017】追い切り・コメント/追い切りが結果につながる

「セントウルステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。セントウルSに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

セントウルステークス 2017 枠順

【セントウルステークス 2017】データ・枠順/激走馬を見抜け

「セントウルステークス 2017」のデータ・枠順の情報です。セントウルSのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。