スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

「阪神大賞典 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。阪神大賞典の出走登録は10頭。サトノダイヤモンドやシュヴァルグランなどが出走予定です。阪神大賞典は2017年3月19日(日)、阪神競馬場・芝3000mで開催されます。

【阪神大賞典 2017】出走予定馬・想定騎手/大本命・サトノダイヤモンドが参戦

2017年3月19日(日) | 1回阪神8日 | 15:35 発走
第65回 阪神大賞典(GII)芝・右 3000m
Hanshin Daishoten (G2)

阪神大賞典は芝3000mで行われる別定戦で、1着馬には6,700万円が贈られる。
なお、1着馬には4月に行われる天皇賞春の優先出走権が与えられている。

2017年で65回目を迎え、過去にはメジロマックイーンやナリタブライアン、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、ディープインパクトなど歴史的名馬が勝ち馬に名を連ねる。
近年では2013年から2015年にかけてゴールドシップが三連覇したのが記憶に新しいところ。

配当的には1番人気が強く、10年間で馬券外に飛んだことは1度しかない。三連単も10年間で最高配当が29,520円と安く、平均では9,140円と一万円に満たない数字となっている。
前日の土曜日に行われるファルコンステークスの三連単の平均配当が206,310円なので、かなり固い決着が多いことがわかる。
今年は出走予定馬が10頭しかおらず、さらに断然人気が予想されるサトノダイヤモンドもいるので無茶な穴狙いは厳しいか。

スポンサーリンク

2017年・阪神大賞典

出走予定馬・想定騎手

2017年の阪神大賞典に10頭が登録を済ませております。
フルゲートには達していないため、全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • サトノダイヤモンド(C.ルメール)57.0kg
  • シュヴァルグラン(福永)57.0kg
  • ワンアンドオンリー(武豊)57.0kg
  • タマモベストプレイ(吉田隼)56.0kg
  • トーセンバジル(四位)56.0kg
  • スピリッツミノル(幸)56.0kg
  • レーヴミストラル(川田)56.0kg
  • トウシンモンステラ(小崎)56.0kg
  • マドリードカフェ(川島信)56.0kg
  • ウインスペクトル(丹内)56.0kg

スポンサーリンク

阪神大賞典 注目出走予定馬ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G2・阪神大賞典。
今年は10頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・サトノダイヤモンド(Satono Diamond)

サトノダイヤモンド・4歳牡馬
8戦6勝 [6-1-1-0]
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
馬名の由来:冠名+宝石名。流星の形から連想
前走:有馬記念・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

昨年の菊花賞、有馬記念を制し、最優秀3歳牡馬に選出されたサトノダイヤモンドが参戦。前走の有馬記念でキタサンブラックとクビ差の大激戦を演じたのは昨年のベストレースの1つと言えるだろう。阪神大賞典のあとは天皇賞春が予定されており、本番へ向けていいスタートが切りたいところ。
三か月ぶりにみられるサトノダイヤモンドのレースに期待せざる負えない。

・シュヴァルグラン(Cheval Grand)

シュヴァルグラン・5歳牡馬
17戦6勝 [6-3-4-4]
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬名の由来:偉大な馬(仏)
前走:有馬記念・6着(5番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

前年の阪神大賞典覇者が連覇を狙い今年も参戦する。昨年の阪神大賞典では1番人気の支持に答え2着のタンタアレグリアに2馬身半の差をつけ快勝、重賞初制覇を果たした。その後もアルゼンチン共和国杯を勝ち、G1でも2度の3着と力を示してきた。
断然人気のライバルがいるが、得意の長距離の舞台では主役の座を簡単に渡すわけにはいかない。

・ワンアンドオンリー(One and Only)

ワンアンドオンリー・6歳牡馬
26戦4勝 [4-3-1-18]
父:ハーツクライ
母:ヴァーチュ
母父:タイキシャトル
馬名の由来:唯一無二の
前走:AJCC・5着(6番人気)
(鞍上予定:武豊)

2014年の日本ダービー馬がもがき苦しんでいる。2014年の神戸新聞杯の勝利を最後に16戦連続で負け続けている。
鞍上に昨年のドバイシーマクラシックでコンビを組んだ武豊騎手を久々に迎え、復活のきっかけをつかみたいところ。

・タマモベストプレイ(Tamamo Best Play)

タマモベストプレイ・7歳牡馬
34戦5勝 [5-5-2-22]
父:フジキセキ
母:ホットプレイ
母父:ノーザンテースト
馬名の由来:冠名+最上のプレイ。母名より連想
前走:万葉S・1着(2番人気)
(鞍上予定:吉田隼人)

この頃は長距離戦を中心にレース使ってきているタマモベストプレイ。昨年もオープン特別戦で2度の2着、ステイヤーズステークスで5着と長距離を中心に活躍。
前走の万葉ステークスではしぶとく伸びてスタミナ勝負を制した。うまく粘って馬券圏内を期待したい。

他には日経新春杯など重賞2勝のレーヴミストラルや、前走の皿倉山特別を単勝万馬券で制したウインスペクトルなども出走予定。

阪神大賞典は2017年3月19日(日)の15時35分発走予定です。

追い切りタイム

阪神大賞典に出走を予定している馬の追い切りタイムです。

ウインスペクトル
(3/15(水)美浦・坂路・重・併せ)

800m 600m 400m 200m
56.4 40.9 26.5 13.0

サトノダイヤモンド
(3/15(水)栗東・CW・良・併せ・内)

4F 3F 1F
52.8 38.7 12.1

シュヴァルグラン
(3/15(水)栗東・坂路・良・併せ)

800m 600m 400m 200m
52.8 38.0 25.0 12.8

スピリッツミノル
(3/15(水)栗東・CW・良・併せ・外)

6F 5F 4F 3F 1F
81.7 65.6 51.0 37.8 12.5

トーセンバジル
(3/15(水)栗東・CW・良・併せ・内)

6F 5F 4F 3F 1F
82.6 65.4 50.4 36.7 11.9

レーヴミストラル
(3/15(水)栗東・CW・良・単走)

6F 5F 4F 3F 1F
81.0 65.2 50.5 37.1 11.9

ワンアンドオンリー
(3/15(水)栗東・CW・良・併せ・内)

6F 5F 4F 3F 1F
85.3 68.7 52.8 38.0 12.1

出走予定馬の対戦表

阪神大賞典に出走予定馬たちの対戦表となっています。
()の中は今回の出走予定馬です。レース名をクリックするとYoutubeでレースをご覧いただけます。

2016年11月27日(日)・東京
第36回 ジャパンカップ(GI)芝・左 2400m
勝ちタイム:2.25.8 馬場:良
(3着シュヴァルグラン 8着ワンアンドオンリー 11着トーセンバジル)

2016年12月25日(日)・中山
第61回 有馬記念(GI)芝・右 2500m
勝ちタイム:2.32.6 馬場:良
(1着サトノダイヤモンド 6着シュヴァルグラン)

2017年1月5日(木)・京都
万葉ステークス 芝・右・外 3000m
勝ちタイム:3.06.1 馬場:良
(1着タマモベストプレイ 3着スピリッツミノル 5着マドリードカフェ 8着トウシンモンステラ)

2017年1月17日(火)・京都
第64回 日経新春杯(GII)芝・右・外 2400m
勝ちタイム:2.25.7 馬場:稍重
(8着マドリードカフェ 10着レーヴミストラル)

2017年1月22日(日)・中山
第58回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)芝・右・外 2200m
勝ちタイム:2.11.9 馬場:良
(5着ワンアンドオンリー)

2017年2月18日(土)・東京
第67回 ダイヤモンドステークス(GIII)芝・左 3400m
勝ちタイム:3.35.2 馬場:良
(4着トウシンモンステラ)

2017年2月25日(土)・小倉
皿倉山特別 芝・右 2600m
勝ちタイム:2.40.2 馬場:良
(1着ウインスペクトル)

阪神大賞典・プレイバック

2016年3月20日(日)阪神大賞典(GII)
1着:シュヴァルグラン 牡4 福永 祐一 3.05.8

【阪神大賞典 2016】動画・結果/シュヴァルグランが長距離界の世代交代を告げる | 競馬の魅力

「阪神大賞典 2016」の動画・結果です。阪神大賞典の結果は1着:シュヴァルグラン、2着:タンタアレグリア、3着:アドマイヤデウス。「シュヴァルグラン」が勝利した阪神大賞典の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の阪神大賞典は11頭での争いとなった。
前評判では前走の日経新春杯で2着に健闘したシュヴァルグランが1番人気に支持された。

レースは、中団後方で進めた1番人気シュヴァルグランが、2周目3~4コーナーで外から先団に取り付いて、直線で力強く抜け出し、中団から伸びた4番人気タンタアレグリアに2-1/2馬身差をつけ優勝。さらに3馬身差の3着に3番人気アドマイヤデウスが入った。

勝ったシュヴァルグランは、これが重賞初制覇だった。