クロスクリーガーが大腸炎により死亡 2015年のレパードSなど重賞2勝

競馬ラボ・Twitterの情報によるとクロスクリーガーが大腸炎により死亡したと発表されました。

これからのダート界を引っ張っていくはずだったクロスクリーガー

2015年の兵庫チャンピオンS、レパードSを勝ち、ジャパンダートダービーでもノンコノユメに敗れたものの2着に入り3歳ダート界で常に上位争いを繰り広げていたクロスクリーガー。
残念なことに9月21日の朝、大腸炎により亡くなったそうです。

貴重なアドマイヤオーラ産駒で、今後を期待される存在だっただけに残念です。

スポンサーリンク

クロスクリーガーの血統・勝ち鞍

クロスクリーガー(Cross Krieger)
父:アドマイヤオーラ 母:ビッグクィーン 母父:ブライアンズタイム
馬名由来:十字+戦士(独)

主な勝ち鞍(レース名をクリックすると動画・結果がご覧いただけます)
兵庫チャンピオンシップ(2015)
レパードステークス(2015)

ジャパンダートダービー・2着(2015)