にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

【セントウルステークス 2016】動画・結果/ビッグアーサーがスピードの違いで逃げ切る

「セントウルステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。セントウルSの出走登録は17頭。ダンスディレクターやフィドゥーシアなどが出走予定です。G1へ続く重要な一戦。開幕週の電撃戦を制すのは?

2017年9月10日(日) | 4回阪神2日 | 15:35 発走
第31回 セントウルステークス(GII)芝・右 1200m
Centaur Stakes (G2)

「セントウルステークス」は芝1200mで行われる別定戦で、1着馬には5,900万円が贈られる。

配当的には1番人気は1勝・2着5回・3着2回と複勝率は8割。馬券の軸には最適と言える数字となっている。
二桁人気の馬は10年間で60頭中5頭とまずまず。2年に1度二桁人気が絡むペース。昨年は二桁人気の馬が馬券に絡んでいないだけに今年は激走の気配も。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で5度。その5回中4回は1番人気が絡んでいての高配当。
うまく1番人気と人気薄を絡めたいところ。

先週の注目レース

小倉2歳ステークス 2017 アサクサゲンキ

【小倉2歳ステークス 2017】動画・結果/アサクサゲンキが抜け出し快勝

「小倉2歳ステークス 2017」の動画・結果です。小倉2歳Sの結果は1着:アサクサゲンキ、2着:アイアンクロー、3着:バーニングペスカ。「アサクサゲンキ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のセントウルステークスに17頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭になっています。

賞金上位馬

スノードラゴン(大野)57.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2008104268/

ダンスディレクター(浜中)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2010103303/

メラグラーナ(戸崎)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2012110117/

フィドゥーシア(石橋)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2012110038/

ラインミーティア(西田)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2010105298/

ファインニードル(M.デムーロ)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2013100612/

ツィンクルソード(小牧)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2011103959/

ヒルノデイバロー(四位)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2011104627/

アドマイヤゴッド(北村友)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2012104602/

アルティマブラッド(藤岡康)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2012104128/

ミッキーラブソング(和田)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2011104231/

ワキノブレイブ(未定)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2010105904/

ミッキージョイ(未定)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2012103711/

ナガラオリオン(未定)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2009100970/

プレイズエターナル(池添)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2010100707/

ラヴァーズポイント(川須)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2010104858/

ワキノヒビキ(未定)56.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2012102477/

セントウルステークス 注目出走予定馬ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G2・セントウルステークス。
今年は17頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・フィドゥーシア(Fiducia)

春雷ステークス 2017 フィドゥーシア

フィドゥーシア・5歳牝馬
23戦7勝 [7-5-2-9]
父:Medaglia d’Oro
母:ビリーヴ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:信頼(伊)より
前走:アイビスSD・2着(1番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

オープン特別戦連勝の勢いで挑んだ前走のアイビスサマーダッシュでは1番人気に支持されるもゴール直前で交わされ2着に敗れた。
人気馬とあってマークされた面があり、決して力負けではない感じがした。
今回は全7勝中6勝を挙げている1200m戦。得意舞台と言っていい。
セントウルステークスは母のビリーヴが初重賞制覇を果たしたレース。娘もここで初タイトル制覇なるか。

・ダンスディレクター(Dance Director)

シルクロードステークス 2017 ダンスディレクター

ダンスディレクター・7歳牡馬
21戦7勝 [7-6-1-7]
父:アルデバランII
母:マザーリーフ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:振付師
前走:シルクロードS・1着(3番人気)
(鞍上予定:浜中俊)

今年1月のシルクロードステークスで連覇を達成したダンスディレクター。その後、骨折で休養を余儀なくされ、セントウルステークスは休養明けの一戦となる。
今回は21戦中18戦で手綱を取ってきて、もっともダンスディレクターの背中を知る男、浜中騎手に手綱が戻る。
どのような体調で戻ってきているかをしっかり確認したい。

・メラグラーナ(Melagrana)

【セプテンバーステークス 2016】動画・結果/メラグラーナが鮮やかに外から差し切る

メラグラーナ・5歳牝馬
17戦7勝 [7-1-0-9]
父:Fastnet Rock
母:Ghaliah
母父:Secret Savings
馬名の由来:ざくろ(伊)
前走:CBC賞・10着(1番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

3月のオーシャンステークスを制し、その後の高松宮記念、CBC賞で上位人気に支持されたがともに10着と人気に答えられなかったメラグラーナ。
大敗した2レースはともに中京コースでのレースで、敗因は左回りにあるのか。
阪神コースは3歳時に勝利経験があるものの最近は走っていない。コース相性が気がかりなところ。

・ファインニードル(Fine Needle)

ファインニードル

ファインニードル・4歳牡馬
32戦4勝 [4-3-3-22]
父:アドマイヤムーン
母:ニードルクラフト
母父:Mark of Esteem
馬名の由来:細針
前走:北九州記念・5着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

2走前の阪神1200mで行われた水無月ステークスではトップハンデの57.5kgを背負いながら好タイムで快勝した。
前走の北九州記念でも1番人気に支持されたものの前残りの展開で差し届かず5着に敗れたもののそこまで悲観する内容ではなかった。
阪神コースでは2勝を挙げており、引き続きデムーロ騎手が乗るのも心強い。
G1へ向かうためにも賞金を加算しておきたいところ。

・スノードラゴン(Snow Dragon)

スノードラゴン

スノードラゴン・9歳牡馬
49戦8勝 [8-12-6-23]
父:アドマイヤコジーン
母:マイネカプリース
母父:タヤスツヨシ
馬名の由来:ユリ科の常緑多年草
前走:CBC賞・5着(12番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

2014年のスプリンターズステークス勝ち馬のスノードラゴンも今年で9歳になった。
それでも北海道スプリントカップ3着やCBC賞5着など掲示板を賑わす走りを見せている。抜けた力の馬がいない今回なら久々の勝利もありそうだ。

他にはアイビスサマーダッシュを制したラインミーティアや阪急杯で2着に入ったヒルノデイバローなども出走予定。

セントウルステークスは2017年9月10日(日)の15時35分発走予定です。

予想オッズ

2017年・セントウルステークスの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. フィドゥーシア(3.0)
  2. ファインニードル(3.5)
  3. ダンスディレクター(4.0)
  4. メラグラーナ(4.5)
  5. アルティマブラッド(10.0)
  6. ラインミーティア(15.0)
  7. スノードラゴン(20.0)
  8. ミッキーラブソング(30.0)
  9. ヒルノデイバロー(35.0)
  10. アドマイヤゴッド(45.0)
  11. ラヴァーズポイント(☆)
  12. ナガラオリオン(☆)
  13. プレイズエターナル(☆)
  14. ツィンクルソード(☆)
  15. ワキノブレイブ(☆)
  16. ミッキージョイ(☆)
  17. ワキノヒビキ(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

セントウルステークス 2017 オッズデータ

1番人気は【1-5-2-2】と安定し、ここ5年は連続連対を果たしている。ただ、そのうち優勝したのは昨年のビッグアーサーのみ。アタマ固定は危険。
2番人気以下にも勝利を手にするチャンスは大きい。ここ5年にかぎると、その1番人気連続連対など、連対馬10頭中9頭は6番人気以内の馬。

スポンサーリンク

主な前哨戦

セントウルステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、セントウルステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年1月29日(日)シルクロードステークス(GIII)

1着:ダンスディレクター
4着:ヒルノデイバロー

タイム:1.07.8 馬場:良

【シルクロードステークス 2017】動画・結果/ダンスディレクターが差し切り連覇達成

2017年7月2日(日)CBC賞(GIII)

5着:スノードラゴン
7着:ラヴァーズポイント
10着:メラグラーナ

タイム:1.08.0 馬場:良

【CBC賞 2017】動画・結果/シャイニングレイが接戦を制する

2017年7月30日(日)アイビスサマーダッシュ(GIII)

1着:ラインミーティア
2着:フィドゥーシア
8着:プレイズエターナル

タイム:54.2 馬場:良

【アイビスサマーダッシュ 2017】動画・結果/ラインミーティアが鋭く差し切る

2017年8月6日(日)UHB賞

2着:ヒルノデイバロー
5着:アドマイヤゴッド

タイム:1.07.7 馬場:良

2017/08/06 札幌11R UHB賞(OP)【イッテツ】

2017年8月20日(日) 北九州記念(GIII)

5着:ファインニードル
6着:アルティマブラッド
9着:プレイズエターナル

タイム:1.07.5 馬場:良

【北九州記念 2017】動画・結果/ダイアナヘイローが鮮やかに抜け出す

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年9月10日(日)15時35分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・1200m


G2

1着賞金
5,900万円

一週前予想

管理人が独断と偏見で予想した「セントウルステークス」!
一週前予想です。ここでは注目馬を発表しています。本予想は枠順発表後の「【セントウルステークス 2017】データ・枠順」の記事を見ていただけると光栄です。

注目馬・[最強]競馬ブログランキングへ
(競馬の魅力・ブログ紹介文に記載しています。)
注目馬・フィドゥーシア

注目馬は[最強]競馬ブログランキングに書かせていただきました。
開幕週に行われるセントウルステークスは前が残りやすいレース。前へ行ける馬に注目したい。注目馬の2頭は前へ行けそうなのでうまく粘り込めそう。

セントウルステークス・プレイバック

2016年9月11日(日)セントウルステークス(GII)

1着:ビッグアーサー
2着:ネロ(1馬身)
3着:ラヴァーズポイント(クビ)
4着:アースソニック(クビ)
5着:スノードラゴン(クビ)

勝ちタイム:1.07.6
勝利騎手:福永 祐一
馬場:良

2016年・セントウルステークス

【セントウルステークス 2016】動画・結果/ビッグアーサーがスピードの違いで逃げ切る

【セントウルステークス 2016】動画・結果/ビッグアーサーがスピードの違いで逃げ切る

「セントウルステークス 2016」の動画・結果です。セントウルステークスの結果は1着:ビッグアーサー、2着:ネロ、3着:ラヴァーズポイント。「ビッグアーサー」が勝利したセントウルステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のセントウルステークスは13頭での争いとなった。
前評判では春のスプリントG1・高松宮記念を制していたビッグアーサーが1番人気に支持された。

レースは、先手を取りきった1番人気ビッグアーサーが、そのまま直線に入っても後続を寄せつけず、最終的に2着の2番人気ネロに1馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に9番人気ラヴァーズポイントが入った。

勝ったビッグアーサーは休み明け・斤量58キロも難なくはね除ける完勝で、春秋スプリントGI制覇に向けて弾みをつけた。

関連記事

・今週は他にG3・紫苑ステークスが開催される。

【紫苑ステークス 2016】動画・結果/ビッシュが楽な手ごたえで差し切る

【紫苑ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/昨年はここから秋華賞馬が

「紫苑ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。紫苑Sの出走登録は23頭。ライジングリーズンやディアドラなどが出走予定です。重賞になってからは2度目の開催で昨年はヴィブロスがここから秋華賞馬に。今年はどうなる?

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。