ポルトドートウィユが故障 左前脚屈腱炎 全治1年

日刊スポーツの情報によるとポルトドートウィユが左前脚屈腱炎を発症していると発表されました。

休養から秋の重賞戦線で復帰予定だったが屈腱炎が発覚

父は大種牡馬・ディープインパクト、祖母にエアグルーヴがいる超良血、ポルトドートウィユ。
春のクラシック戦線では、きさらぎ賞や京都新聞杯で2着に入ったものの重賞を勝てずに終わってしまった。

秋に巻き返しを狙っていたところに残念なニュースが飛び込んできました。
ポルトドートウィユはノーザンファーム早来で乗り込まれていたが、左前脚に熱感と腫れがあったことからエコー検査を実施。その結果、屈腱炎と判明。復帰までには1年を要する見込み。

現段階では引退せず、再起を目指す方針。

まだ3歳。一回り大きく成長したポルトドートウィユが帰ってくるのを待ちたいです。

高野調教師のコメント
「秋を目指していたので残念です。しっかり治して復帰を目指したい」

※ちなみに2015年のダービーに出走した馬に故障が多く見られます。
ドゥラメンテ(骨折)、リアルスティール(骨折も神戸新聞杯に出走予定)、ポルトドートウィユ(屈腱炎)、ベルラップ(骨折)、アダムスブリッジ(屈腱炎)。
菊花賞などが手薄になってしまいそうで残念です。

スポンサーリンク

ポルトドートウィユの血統・勝ち鞍

ポルトドートウィユ(Porte d’Auteuil)
父:ディープインパクト 母:ポルトフィーノ 母父:クロフネ
馬名由来:フランスにある駅名。ロンシャン競馬場へはこの駅から直通バスがでる

主な勝ち鞍(レース名をクリックすると動画・結果がご覧いただけます)
きさらぎ賞(2015)2着
京都新聞杯(2015)2着

全弟のポルトフォイユはデビュー戦で5馬身差の圧勝デビュー
ポルトフォイユ 2歳新馬戦 動画・結果

ポルトドートウィユ & 武豊騎手
ポルトドートウィユ & 武豊騎手 posted by (C)M-Kou