アンタレスステークス 2015 の動画・結果です。アンタレスステークス の結果は1着:クリノスターオー、2着:アジアエクスプレス、3着:ナムラビクター。クリノスターオー が勝利した アンタレスステークス 2015 の詳しい結果、動画をご覧ください。

アンタレスステークス 2015 クリノスターオー 動画・結果

2015年4月18日(土) | 2回阪神7日 | 15:30発走
第20回 アンタレスステークス (GIII)ダート・右 1800m
Antares Stakes (G3)

アンタレスステークス 2015は6番人気のクリノスターオーが制する

1着 7 13 クリノスターオー 牡5 幸 英明 1.49.6
2着 2 3 アジアエクスプレス 牡4 戸崎 圭太 1.49.7 1/2馬身
3着 2 4 ナムラビクター 牡6 M.デムーロ 1.49.7 クビ
4着 3 5 ダノンバトゥーラ 牡4 浜中 俊 1.50.0 1-3/4馬身
5着 3 6 イッシンドウタイ 牡6 和田 竜二 1.50.3 2馬身
6着 6 11 ローマンレジェンド 牡7 岩田 康誠 1.50.4 1/2馬身
7着 1 1 タガノゴールド 牡4 北村 友一 1.50.5 1/2馬身
8着 7 14 ワイドバッハ 牡6 武 豊 1.50.7 1-1/2馬身
9着 5 9 マスクゾロ 牡4 C.ルメール 1.50.8 クビ
10着 1 2 サンレイレーザー 牡6 藤岡 康太 1.50.9 3/4馬身
11着 4 7 ダノンカモン 牡9 菱田 裕二 1.51.3 2-1/2馬身
12着 4 8 トウショウフリーク 牡8 藤岡 佑介 1.51.4 クビ
13着 6 12 マルカプレジオ 牡7 福永 祐一 1.51.7 2馬身
14着 8 16 アスカノロマン 牡4 太宰 啓介 1.52.3 3-1/2馬身
15着 8 15 ポアゾンブラック 牡6 藤田 伸二 1.52.6 2馬身
16着 5 10 サミットストーン 牡7 酒井 学 2.02.6 大差

アンタレスS 2015 勝ち馬:クリノスターオー(Kurino Star O)
父:アドマイヤボス 母:マヤノスターライト 母父:ジェイドロバリー
馬名由来:冠名+スターになる(人気者)+王

スポンサーリンク

動画はこちら

アンタレスステークス 2015 ~レース後のコメント~

1着 クリノスターオー(幸騎手)
「強いと思っていたアジアエクスプレスをマークして行く形になりました。道中はずっと手応えが良かったです。抜け出すとソラを使う面があるので、ギリギリまで追い出しを我慢して行きました。この馬にはいい時に乗せてもらっています。これからどんどん活躍してくれると期待しています。自分が騎乗しているホッコータルマエに迫るものがあると感じています」

2着 アジアエクスプレス(戸崎騎手)
「行きっぷりが良くて、道中もうまく行きました。もう少し外枠なら内を見ながら行けたのですが…」

3着 ナムラビクター(M・デムーロ騎手)
「いいレースでしたが、直線で物見をしていました。期待に応えられず、すみませんでした」

4着 ダノンバトゥーラ(浜中騎手)
「初めての重賞でこれだけやれたということは力をつけているということでしょう。これから強い相手に揉まれていけばまだまだ良くなると思います」

5着 イッシンドウタイ(和田騎手)
「スムースなレースは出来ました。ズブい感じはありますが、動かせば動く感じで、ここに来て力をつけています。今日は勝ち時計が速すぎですね」

6着 ローマンレジェンド(岩田騎手)
「3コーナーで下がって来た馬のあおりを受けてしまいました。まだ衰えてはいませんし、馬体重も問題ありません。今日は運がありませんでした」

7着 タガノゴールド(北村友騎手)
「道中は忙しかったのですが、終いは伸びていました。もう少し追走に慣れてくれば良くなると思います」

10着 サンレイレーザー(藤岡康騎手)
「いい位置を取りに行こうとしたのですが、ペースが上がって追走一杯という感じでした。重賞のペースにもう少し慣れて欲しいです」

13着 マルカプレジオ(福永騎手)
「伸びなかったです。敗因は分かりません。もう少し差を詰めて欲しかったです。道中から少しフワフワしていたような感じでした」

14着 アスカノロマン(太宰騎手)
「中団からのレースはイメージ通りでした。しかし、3コーナーあたりで手応えが怪しくなりました。勝つ時は強いレースをしますが、まだ精神的にしっかりしてくる必要があるのかもしれません」

16着 サミットストーン(酒井騎手)
「3コーナーで仕掛けに行ったところで、手前を替えた時にトモがついていかなかったのか、下がってしまいました。せっかく阪神まで来てくれたのですが、残念でした」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/iii_79.html