天皇賞春

ブラウンパンサー、レッドカドーが天皇賞春を辞退へ 外国馬の出走予定はゼロ 天皇賞春 2015
サンケイスポーツの情報によると2015年5月3日に京都競馬場で行われる天皇賞春に選出されていた外国馬2頭が辞退する方向と発表されました。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20150411/ove15041122360003-n1.html
ブラウンパンサー、レッドカドーの2頭は3月17日(火)に締め切られた天皇賞春に、外国馬の予備登録していた。
ブラウンパンサーは2015年のドバイゴールドC(GII)勝ち馬。
馬主がサッカー・元イングランド代表のマイケル・オーウェン氏という事でも有名。
ドバイゴールドCを勝ったあとには天皇賞春を使うプランもあると言われていたが今後はヨークシャーCからアスコットゴールドCへと地元の長距離路線を歩むことを表明。
レッドカドーは2013年の天皇賞春で3着になった馬(2014年は14着)。
4月11日のクイーンエリザベスSで2着した後は、香港のクイーンエリザベス2世Cに向かう意向を表明している。
2頭が出走を辞退したことで2015年の外国馬の出走予定はなくなりました。
関連記事
○レッドカドーは2013、14年に天皇賞春に挑戦した
天皇賞春 2013 フェノーメノ 動画・結果
天皇賞春 2014 フェノーメノ 動画・結果
○ブラウンパンサーはドバイGCを3-1/4馬身差で圧勝していた
ドバイゴールドカップ 2015 ブラウンパンサー 動画・結果