エアハリファ

エアハリファが右前肢フレグモーネのためフェブラリーSを回避 フェブラリーS 2015
東スポwebの情報によると2015年2月22日に東京競馬場で行われるフェブラリーステークスに出走を予定していたエアハリファが右前肢フレグモーネのため回避すると発表されました。
http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/368105/
エアハリファは前哨戦の根岸ステークスを勝っていてフェブラリーステークスでも有力馬の1頭だった。
今回の回避の理由は右前肢フレグモーネのため。
「フレグモーネ」
皮下の組織に見られる急性の化膿性疾患である。化膿を起こす細菌は、外傷部位から侵入することが大半である。馬では病勢のテンポは極めて早く、一夜のうちに馬の肢が腫〔は〕れ上がることも稀ではなく、激しい疼痛を伴う。早期発見、早期治療が肝心である。
(JRAより参照 http://jra.jp/kouza/yougo/w86.html)
角居調教師のコメント
「今朝の調教前にキズ腫れが見つかったので大事を取って回避します。まだ先のある馬でもあり、今後は治療に専念します」
関連記事
フェブラリーステークス 2015 出走予定馬・登録馬 参考レース