ステイゴールド

ステイゴールドの死因は大動脈破裂 5日に急死
サンケイスポーツの発表によると5日に急死したステイゴールドの死因は大動脈破裂と発表されました。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20150206/etc15020614150005-n1.html
ステイゴールドは2月5日、午後2時に今年初の種付けをブリーダーズSSで行った後、容態が急変。
検査の後、北海道苫小牧市の社台ホースクリニック内の馬房で様子を見ていたが、10分ほどして息を引き取った。
6日午前に北海道江別市の酪農学園大学で解剖検査をした結果、死因は大動脈破裂と判明した。
(株)サラブレッドブリーダーズクラブの遠藤幹氏のコメント
「日高地区を代表するトップ種牡馬として、馬主の皆さま、生産者の方々の期待も大変大きく、多くのファンに愛され続けた馬でした。突然このようなことになり残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします。残されたステイゴールドの子供たち、そしてオルフェーヴルをはじめ種牡馬となった子供たちが新しいステージで活躍してくれることを期待しています」
関連記事
ステイゴールドが死亡 オルフェーヴル、ゴールドシップなどのG1馬を輩出