シルクロードステークス 2015 の動画・結果です。シルクロードステークス の結果は1着:アンバルブライベン、2着:サドンストーム、3着:セイコーライコウ。アンバルブライベン が勝利した シルクロードステークス 2015 の詳しい結果、動画をご覧ください。

シルクロードステークス 2015 アンバルブライベン 動画・結果

2015年2月1日(日) | 2回京都2日 | 15:35発走
第20回 シルクロードステークス (GIII) レース動画
芝・右 1200m

シルクロードステークス 2015は2番人気のアンバルブライベンが押し切る

1着 2 3 アンバルブライベン 牝6 田中 健 1.07.9
2着 1 2 サドンストーム 牡6 国分 優作 1.08.0 3/4馬身
3着 8 15 セイコーライコウ 牡8 藤岡 康太 1.08.1 1/2馬身
4着 4 7 ベステゲシェンク 牡5 川田 将雅 1.08.1 クビ
5着 2 4 バクシンテイオー 牡6 A.シュタルケ 1.08.2 クビ
6着 3 6 ブルーストーン 牝4 川島 信二 1.08.2 クビ
7着 1 1 ヘニーハウンド 牡7 浜中 俊 1.08.4 1-1/4馬身
8着 6 12 スギノエンデバー 牡7 幸 英明 1.08.6 1-1/4馬身
9着 5 9 エイシンブルズアイ 牡4 秋山 真一郎 1.08.7 クビ
10着 6 11 ルナフォンターナ 牝6 岩田 康誠 1.08.8 1/2馬身
11着 5 10 マジンプロスパー 牡8 北村 友一 1.08.9 1/2馬身
12着 7 14 ベルカント 牝4 藤岡 佑介 1.09.2 1-3/4馬身
13着 8 16 カオスモス 牡5 池添 謙一 1.09.3 1/2馬身
14着 7 13 ホウライアキコ 牝4 和田 竜二 1.09.3 クビ
15着 8 17 メイショウツガル 牡7 古川 吉洋 1.09.4 1/2馬身
16着 3 5 ワキノブレイブ 牡5 四位 洋文 1.09.4 ハナ
17着 4 8 ニザエモン 牡7 松山 弘平 1.09.5 3/4馬身

シルクロードステークス 2015 勝ち馬:アンバルブライベン
父:ルールオブロー 母:チェリーコウマン 母父:スプレンデイドモーメント
馬名由来:ボールをキープする(独)。転じてがんばること

スポンサーリンク

動画はこちら

シルクロードステークス 2015 レース後のコメント

1着 アンバルブライベン(田中健騎手)
「スタートして先手を取り切ったら、あとはしっかりおっつけました。2番手の馬にこられましたが、馬がよく我慢してくれました。とにかく後続は気にせず、ペースを守ることだけを考えました。一戦ごとに力をつけていますし、よくがんばってくれました」
(福島信晴調教師)
「今回は人気を背負いながら勝ってくれました。これは大きいですね。このあとはGIを目指したいと思います。中京は実績がありませんが、何とかがんばってもらいたいです」

2着 サドンストーム(国分優作騎手)
「馬もしっかり脚を使っています。本当に落ち着いて乗りやすい馬です。ただ、もう少し流れるかと思ったのですが……。勝ち馬に強いレースをされてしまいました」

3着 セイコーライコウ(藤岡康太騎手)
「外枠でしたし、思い切って下げてロスなく運びました。直線も前が綺麗に開いて、いい脚を使ってくれました。逃げた馬が残る展開の中で力を見せてくれたと思います」

4着 ベステゲシェンク(川田将雅騎手)
「この馬には向かないペースの中、直線よく詰めています。このクラスでも十分戦えます」

5着 バクシンテイオー(A.シュタルケ騎手)
「いいスタートからうまく中団につけることができました。抜け出したときはやったと思いましたが、緩い馬場で加速がつきませんでした。もう少し流れるかと思いましたが、勝ち馬のペースになりました」

6着 ブルーストーン(川島信二騎手)
「もう少しスムーズならよかったのですが……。芝自体は問題ありません」

7着 ヘニーハウンド(浜中俊騎手)
「内枠だったので、うまく勝ち馬の後ろからと思っていました。よくがんばっているのですが……」

9着 エイシンブルズアイ(秋山真一郎騎手)
「位置を取りにいこうと思って、出して行きましたが、スピードに乗れませんでした。ガツンと来るところがなかったです。斤量を背負った分があったのか……。人気になっていたのに申し訳ないです」

10着 ルナフォンターナ(岩田康誠騎手)
「一度グッと来ましたが……。直線で脚が上がってしまいました」

12着 ベルカント(藤岡佑介騎手)
「もう少し行くつもりで仕掛けていきましたが、3番手が精一杯でした。4コーナーで早々に手が動く感じでしたし、どうも今日は前向きさが出ていませんでした」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_5240.html