吉田隼人

吉田隼人騎手が騎乗停止 知人に対し暴力を振るったことが理由 期間は2014年11月12日(水)から2014年12月11日(木)まで
追記:2014年11月26日 第2回裁定委員会で2014年11月12日(水)から2014年12月11日(木)まで騎乗を停止すると発表がありました。
http://www.jra.go.jp/news/201411/112604.html
JRAによると吉田隼人騎手が知人に対し暴力を振るったことが理由に騎乗停止処分を下したと発表になりました。
JRAの発表
吉田 隼人騎手(美浦・フリー)は、平成26年7月30日(水)午後9時頃、札幌市内において知人に対し暴力を振るったことにより、平成26年11月10日(月)、札幌簡易裁判所において罰金刑に処されました。
 このことは、本会の騎手として重大な非行があったものと認められるため、日本中央競馬会競馬施行規程第148条第4項により平成26年11月12日(水)から裁定委員会の議定があるまで同騎手の騎乗を停止することとしましたので、お知らせいたします。
【参考 日本中央競馬会競馬施行規程(抜粋)】
第148条 競馬開催期間内において発生した事由に関する30日以内の調教、騎乗又は馬の出走の停止並びに過怠金の賦課及び戒告の処分は、次項に規定する事項に係る処分を除き、裁決委員が行う。
2 裁決委員は、競馬開催期間内において発生した事由に関し競馬関与の禁止若しくは停止又は30日を超える調教、騎乗若しくは馬の出走の停止の処分を行う必要があると認めた事項その他特に必要と認めた事項については、取調書類に意見を付して裁定委員会に送付しなければならない。
3 前項に規定する事項に関する処分及び競馬開催期間外において発生した事由に関する処分は、裁定委員会が行う。
4 裁決委員は、必要があると認めるときは、裁定委員会の議定すべき事項の関係者に対し、その議定のあるまで、馬の調教、騎乗若しくは馬の出走を停止し、又はその議定のあるまで、その者に係る賞状、賞品若しくは賞金の授与若しくは支払を停止することができる。
http://www.jra.go.jp/news/201411/111203.html
吉田隼人騎手はデビュー11年目。
今年はGIII新潟大賞典をユールシンギングで勝つなどJRA49勝をマークして、関東リーディング8位につけている。
JRA通算580勝(9日現在)。
吉田豊騎手は実兄。
兄・吉田豊騎手は1999年に後藤浩輝騎手から木刀で殴打・暴行される事件が起こした。